ビジネス一般

船井幸雄流 本物時代の生き方

読むだけでどんどんついてくる!!幸せ、運、について調べ尽くして40年。経営の神様・舩井幸雄の「運がどんどん良くなる幸せのコツ」と、その言葉に対して(株)本物研究所と(株)船井メディアの代表である佐野浩一が感じること、舩井幸雄の生前の想いなどをお伝えします!

全て表示する >

船井幸雄流 本物時代の生き方

2018/03/14

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■
◆もくじ◆

  ☆  今週のオススメ!
 ☆ 今週の舩井幸雄のメッセージ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ☆ 今週のオススメ!杉檜茶ティーバッグ
 
  昔から春山に入る山師は杉を煎じて飲んで
  いたといいます。それは、杉を飲むことで、
  外からきた杉の花粉をカラダが異物と感じ
  させないようにするからだと言われています。

  その古くからの知恵を活かして、つくられた
  のが「杉檜茶」。ほうじ茶をベースに、100%
  無農薬国産の杉茶と檜茶を配合したお茶です。
  鼻のぐしゅぐしゅ、目がかゆい…が飲むと
  軽減すると評判の商品です。

  http://www.honmono-ken.com/productlist/detail/?id=359

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■  
■■  好かれ、助けられる生き方
■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●皆さまこんにちは!佐野浩一です。

 他者との関係づくりは、日常生活のみならず、
 仕事においてもとても重要なことです。なぜなら、
 私たちは、人との関係で生きている、言い方を
 かえると、人との関係においてしか生きられない
 といって間違いないからです。


 舩井幸雄は、生涯、組織を動かしてきた経営者の
 一人として、そしてその経営を指導する経営コン
 サルティングの立場からも、やはり人間関係づく
 りについては、様々な考察をし、ルール化して
 きています。


 今回は、「一粒の人生論」(2007年・ダイヤモン
 ド社刊)から、舩井独特の人間関係論を導いて
 みたいと思います。
 今回も、「舩井幸雄の言霊」をぜひお楽しみくだ
 さい。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                               
       【舩井幸雄の未来への言霊】

 われわれは。独立した個人として生まれてきます。
 また生きていかねばなりません。分かりやすく
 言えば、世の中には「自分」と「他の存在」しか
 ないわけです。


 したがって、だれでも若い間は「自分」が非常に
 大事で、意識的に「自分」を特別視し、守ろうと
 します。


 しかし、人間としていろんな経験を積み、勉強を
 重ねると、自他同然ということが分かってきます。
 客観的にみると、自分だけが特別のものではなく、
 他と比べて特別の存在でもないことが分かってき
 ます。


 といいましても、このようなことをはっきり知っ
 たのは、六〇歳を過ぎてからのことでした。
 若い間は、自分が特別の存在で、自分が一番大事
 だと思って生きるべきでしょう。それがふつうの
 人間の生き方です。


 ただ人間は、自分一人だけで生きているのではあり
 ません。他の人たちや他の存在と共同生活してい
 ます。そのためには、他の人や存在から「好かれ」
 「助けられる」ほうが、楽しく生きられます。
 「嫌われ」「足を引っぱられる」ことは、やめた
 ほうがいいでしょう。
 これが上手な生き方だと思います。

                    舩井幸雄

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 舩井幸雄は、よく「人から応援される存在になろう」
 と話していました。そのためには、自分自身も人を
 応援する存在でなければなりません。
 やはり、ここでも、出した波動は返ってくるという、
 波動の原理が見事に成り立っていると確認できますし、
 やはりそうでなければいけないと確信を深められます。


 でも、その逆に、「人は自分のことを一番大事に思っ
 ている」と、「すべての答えは自分にあった」
 (2001年、徳間書店刊)に明確に記しています。
 でも、だからこそ、そうして自分のことを大事だと
 思っているのと同じくらい、周囲の人たちも自分の
 ことをそう思っているのだから、大事にしないといけ
 ないと伝えています。
 このように教えられたら、とても腑に落ちてきます
 よね!!

                        感謝

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-07-22  
最終発行日:  
発行周期:隔週  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。