経営

仕事力を研く

仕事力は、経営者・マネジャー・一般社員に、またビジネスマン以外にも必要です。個人や組織が持つ高度な知識や能力は仕事力が有ってこそ活きます。組織人28年、経営改善活動支援15年超の生き方から得たものを、未来を担う人たちに毎週お伝えします。


全て表示する >

メンバーを邪魔しているのは誰?:考房だより171/仕事力を研く950

2020/01/15

 
 おはようございます。
 今日は、入社同期生の集まりがあります。もう55年の付き合いです。
その間に色々な事がありました。悲喜こもごも、喜びも悲しみも幾年月、
という感じでしょうか。未だ元気にバリバリやっている人もいれば、
既にあちらの世界に入った人もいます。後に続く人たちのために、今の
自分は何ができるのだろうか。ふと考えさせられることがあります。

 今回のお勧めは、寒い冬にも気持ちが温もる次の言葉です。

◎目に暖かい冬の陽◎

 厳寒の季節のせいか、たよりない冬の陽も目に暖かく感じられます。
沈みかかっている夕陽を浴びながら、外気が冷え冷えとしてくる中で、
干し物を取り込むのを手伝わされた子供の頃を思い出します。寒さに 
震えつつも、目に暖かい冬の陽に素晴らしい明日を感じる一時でした。

 目に暖かいと言えば、窓の灯りもそうです。残業で遅くなった冬の
帰り道、見上げた民家の窓に暖かい灯影を感じ、早く帰ろうと思わず
足早になった昔のことを思い出します。

 これからもどうぞお元気にお過ごしください。

 ==============================
 ※今回のコンテンツ
   1.メンバーを邪魔しているのは誰?:考房だより171
   2.不穏、不安との同行に自信を持とう:心学からのヒント
 ==============================

        ☆☆ 仕事力を研く ☆☆

       -----2020年1月2週号-----

◆メンバーを邪魔しているのは誰?:考房だより171◆

 チームの生産性を下げる原因は、管理者の行動にあることが多いよう
です。例えば次のような行動です。
 ・思い付きによる指示や命令
 ・でき上がり品質の過剰な要求

 ・見もしないデータや資料の提出要求
 ・適切さを欠いた短納期の指示
 ・必要とは思えない人の会議への出席指示
といったことなど、まだまだ挙げることができます。

管理者のこのような行動は、メンバーが進めている仕事を中断したり、
その仕事から時間を奪ったりしますから、メンバーの生産性を阻害する
ことになります。

 メンバーの生産性を下げれば、当然チーム全体の生産性も下がって
しまいます。「そんなことは解っている」と言われそうですが、管理者
たちの多くがこのようなチーム運営を行っているのです。

 今は変化の激しい時代です。その中で仕事を進めている訳ですから、
突然の変化に対応しない訳にはいきません。そんな環境の下でチームの
生産性を阻害する行動を極少化する管理者行動とは、どのようなもの
なのでしょうか。

 目標と計画、そして実行と振り返りという基本的なところで、ルール
を明確にすること以外には無さそうです。

即ち、チームの機能の強化目標を明確にし、その達成に向けた活動方針
を打ち出し、メンバー1人1人の活動計画をメンバーと話し合いながら
具体的なレベルで作成した上で、日々、毎週、毎月の報告の仕方や
管理者からのアドバイスの仕方を決めて実行していれば、こんな事態が
頻発することはないでしょう。

 生産性の低いチームは、管理者が無計画な場当たり的対応に追われて
いるケースが殆どです。管理者が権威をかざして指示・命令を出せば、
メンバーは理不尽と思いながらも従うものです。

その結果、メンバーの仕事は中断されたり、時間を奪われたりして、
チームの生産性はガタ落ちになります。こんな管理者はメンバーの邪魔
をしているとしか言いようがありません。

 管理者は適当なインターバルで自分の行動を振り返ってみる必要が
あります。今日1日、今週1週間どうだっただろうか。メンバーの邪魔
をしなかったと言い切れるだろうかと。


※このメールマガジンは、転送することができます。
 ・読んで欲しいと思う方がおられる場合には、本誌を全文で
  転送してください。
 ・毎号転送するのがお手数の場合は、下記のメールアドレス宛に
  転送先のアドレスをご連絡ください。次の号から配信いたします。
    <hiro.oshima@nifty.com>
 ・転送先の方に下記サイトから読者登録をして頂くこともできます。
  まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0000087454.html
  メルマ  http://www.melma.com/backnumber_60009/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★サイト「経営改善で会社を元気に」に次のメッセージを掲載中です
  *組織の意識を集中するために
    http://kokenpat.cafe.coocan.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆不穏、不安との同行に自信を持とう:心学からのヒント◆

 私たちの生き方は、心の在り方にも左右されます。これを追究する
ことは生き方の向上につながります。心の在り方を追究する上でヒント
になりそうな言葉を贈りますので、自己の現状と突き合わせてみて、
少しの間だけでも想いを巡らしてみてください。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  おのれの心中が穏やかでないと感じることがある。これ、何らかの
 変化を求めていることの証だ。不穏、不安との同行は変化の中に身を
 置くことに付きものなのだ。不穏、不安との同行に自信を持とう。
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★災害時、節電、計画停電のリスクへの対応策に!
 ・ガスエンジン発電機が、自家発電、非常用電源に最適です
 ・燃料は都市がス、あるいはプロパンガスですから、黒煙、NOx、
  SOxの排出が無く、エコ対応です
 ・ランニングコストは従来のディーゼル発電機なみです
 ・詳細は下記のウェブサイトをお訪ねください
   http://j-eco-techno.co.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎いつもご高覧いただき、ありがとうございます

 本誌バックナンバーのタイトルテーマの内容は、下記サイトの
 「仕事力:既刊号」に掲載しています

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-03-16  
最終発行日:  
発行周期:毎月4回、週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。