ビジネス一般

開眼瞑想による頭脳がAIを活かす

瞑想を行い五感の刺激に動じない強靭、柔軟な頭脳になろう。
周囲からの刺激に受け止めて流す心を持つことです。顕在(力)と潜在(気)とが協力態勢でなくては生き残れないのです。この世代に生き抜く為には開眼瞑想により気(潜在)を高めて自ら深奥の実力をつけることです

全て表示する >

陰100%と陰50%との精神的闘争(1)

2018/07/13

〇========★★★★★★★★〇========★★★★★★★
(一)プロローグ--陰100%と陰50%との精神的闘争(1)
(二)陰陽検出の実践--太陽の生命エネルギー値を検出
(三)開眼瞑想--くつろぎ三段の練習
〇========★★★★★★★★〇========★★★★★★★

眼で読み、耳で聞き、瞑想実践で身体で感得して五官をすべて活用してすべて
を体得しよう。下記HPで耳から、眼から学ぼう。

      http://inyokijutu.jp/kaiganmeisoa16.html

(一)プロローグー陰100%と陰50%との精神的闘争(1)

 (NO15の(2)の潜在エネルギー検出の注記で記した内容)

日本人の場合は陰100%の人は 全人口の95%です。

欧米人は陰100%の人は 全人口の50%です。

チャイナ人は陰100%の人は 全人口の10%です。

南北朝鮮人は陰100%の人は 全人口の1〜3%でしょう。

〇========★★★★★★★★〇========★★★★★★★

この精神的闘争が2106年のホモサピエンスの新人類進化と絶滅との違いとなる

でしょう。 3万9000年前にネアンデルタール人が突然地球上から消えました。

その原因は共食いと近親同志との結縁により絶滅したと言われていますがDNA

では2%ほど現代人の中にネアンデルタール人が入っている人がいると結論して

います。

それ以来の精神的な陰的闘争による陰100%人類と陰50%の人類との進化と

絶滅の争いが始まっていると思われます。

陰100%(潜在意識)とは善的考えを主体にしている。

陽100%(顕在意識)とは損得的考えを主体にしている。

陰陽の二面で考慮しますと

陰100%、陽100%の人は陰と陽との葛藤、摩擦があって考えを決定します。

その摩擦は同数値のの為に葛藤、摩擦によって進歩、進展、成長があります。

従って潜在エネルギー値が上昇するように働きます。

身体運動であれ、頭脳学習であれ幼児から頭脳学習、身体運動を錬磨する

ことでスポーツ選手、文化に秀でた能力を発揮する人達、例えばオリンピック

選手、珠算、将棋の秀でた成績を上げる人は潜在、顕在との葛藤、摩擦に

よって潜在エネルギー値1億5000万オング近くに上昇しています。


陰50%(〜80%)、陽100%の人は 陰<<陽 のために陰陽の摩擦無しに

陽が勝つために潜在エネルギー値が低下してしまうのです。

陰低く 陽高い人は全体的に顕在秀才と呼ばれるような人が多いのです。

陽とは自己主張ですから非常に表面に一気に出てくるのです。

所が陽とは過去に拘り、未来を疎かにしますので現実の面目を重んじて未来

への蓄積が無いために途中で頓挫するのです。

内面の葛藤、摩擦が少ないことは考えが浅いことに繋がるのです。


陰100%の効用は過去、現在、未来を熟慮に繋がり、この葛藤によって1秒間

1500万ビットを身体から気放射して自らの考えを伝播しています。その伝播で

自らを守護しているのです。陰100%の人は危険を前もって気放射で察知して

守っています。従い陰100%の人は事故に遭っても難を逃れています。

                                 次回に続く


□■□■□■□■□☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★□■□■□■□

(二)潜在エネルギー検出方法(6)、太陽の生命エネルギー値を検出

                                  



                 朝の太陽、青丸内より生命エネルギー値を検出
    
  青丸内より検出表の上部空欄に氣を転移します。

  前回は自分自身のエネルギー値を検出しました。数回から10回ほど時期をおいて

  検出を試みましょう。 その都度その検出値をメモしておき、始めはバラバラな値が

  出ても正値に近づいていきます。そして真値を検出出来てきます。

  自らの数値を検出出来なければ訓練、瞑想をしても自らの言動を自らチエックする

  ことはできません。

  太陽のエネルギー値を検出します。

  先ず1億1千万の左の黒点に2〜1秒指先を置き、即KIFルーテインを組み

  黒点、1億1千万以上、と小声で 丹田に置いて右手を引っ張る、固く閉じる

  黒点、1億3500万以上と小声で、丹田に置いて右手を引っ張る、固く閉じる

  黒点、1億7000万以上と小声で、丹田に置いて右手を引っ張る、固く閉じる

  1億9000万の線上に1秒置き、1億9000万と小声で丹田に置いて右手を引っ張る、

  開閉を確認する。

  2億線上に指先を1秒置き、2億と小声で丹田に置いて右手を引っ張る、開閉確認

  2億500万に指先を1秒置き、2億500万と小声で、丹田に置いて右手を引っ張る

  開閉を確認する。

  2億1千万に指先を1秒置き、2億1千万と小声で、丹田に置いて右手を引っ張る

  開閉を確認する。

  2億1500万に指先を1秒置き、2億1500万と小声で、意識を丹田に置いて右手を

  引っ張る、開閉を確認する。

  2億2000万に指先を置き、2億2000万と小声で、意識を丹田に置いて右手を

  引っ張る、開閉を確認する。

  確認して閉じる場合は検出表目盛りはないが

  2億2500万と小声で言って、指先はKIFルーテインのままで意識を丹田に置いて

  右手を引っ張る、開閉を確認する。開いてしまう。

  下げて2億2300万と小声で言って、KIFルーテインのままで意識を丹田に置いて

  右手を引っ張る、開閉を確認する。ルーテイン確認

  下げて2億2100万と小声で言って、KIFルーテイン、意識を丹田に置いて

   右手を引っ張る、開閉を確認する。ルーテイン確認

  自らが一番固く閉じる目盛りを見つけて生命エネルギー値を決定します。



 ーーーーーーーーーーーー
 注記)

  余談ですがオーム死刑囚7人が死刑となりました。その数値を検出。

  エネルギー値0.00000000000001オング、(10のマイナス14乗)

  陰値48%、陽100%、邪気52%でありました。 脳波は54ヘルツ、

  教祖、弟子も全く同一でした。 認知症患者の脳波が56ヘルツですから頭脳を酷使

  、身体をデタラメな修行で鈍感にしてしまったのでしょう。

 30年以上前に本屋でその教えの本が並べられていて本を持ったと同時に寒けと頭痛

 を一瞬に感じたので即手離した記憶があります。

 顕在意識の秀才と潜在エネルギー値高いエネルギーとは別物です、顕在秀才は潜在

  を使用しない習慣にしているために一流大学の秀才がオームに入って死刑囚となった

  のです。

  潜在エネルギー検出は見えない隠れたもので疎かにしていますが自分を守る大切な

  訓練でしょう。 これからの22世紀に向かう時代では人間の潜在意識の大きさを知る

  大切な能力の一つとなるでしょう。

 関連ブログ
 http://blog.livedoor.jp/kansyo2020/archives/52286017.html

   




 



□■□■□■□■□☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★□■□■□■□■□

(三)開眼瞑想ー3分で入眠する法

  今回は三呼吸で入眠する方法をくつろぎ法3段で練習をしましょう。

  1,両方の手足が重たく感じられる。
  2,両方の手足が温かいなあ
  3,心臓がゆったりと力強く打っている。
  
      
  http://kaotensyo.syoutikubai.com/kihakukenkoho0628.html

                    --------------------------------------------------
眼で読み、耳で聞き、瞑想実践で身体で感得して五官をすべて活用してすべて
を体得しよう。下記HPで耳から、眼から学ぼう。

       http://inyokijutu.jp/kaiganmeisoa16.html

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2018-03-04  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。