ビジネス一般

開眼瞑想による頭脳がAIを活かす

瞑想を行い五感の刺激に動じない強靭、柔軟な頭脳になろう。
周囲からの刺激に受け止めて流す心を持つことです。顕在(力)と潜在(気)とが協力態勢でなくては生き残れないのです。この世代に生き抜く為には開眼瞑想により気(潜在)を高めて自ら深奥の実力をつけることです

全て表示する >

2106年進化の新人類誕生(2)

2018/06/08

〇========★★★★★★★★〇========★★★★★★★
(一)プロローグ--2106年進化の新人類誕生(2)
(二)潜在エネルギー値検出方法
(三)開眼瞑想--3分で入眠する法(2)
〇========★★★★★★★★〇========★★★★★★★

眼で読み、耳で聞き、瞑想実践で身体で感得して五官をすべて活用してすべて
を体得しよう。下記HPで耳から、眼から学ぼう。

      http://inyokijutu.jp/kaiganmeiso11.html

(一)プロローグー2106年進化の新人類誕生(2)

コンピューターは 0と1との二進法であります。

現代の世の中を考えると0が無くて1の顕在科学だけが幅を利かせている状態

であります。見えない0の潜在意識の科学を無視しているのです。

例えば顕在医学だけが日本では採用されていますが欧米では気療法においても

保険が採用されています、ヨーロッパでは霊起療法が医師に活用されています、

そのルーツである日本では一切使用されていません、潜在医学は無視されて、

顕在医学だけを使用されて医療機器が代用される状況です。

現代は顕在だけを使用して1秒間1500万ビットの潜在意識を使用しないで

1秒間15ビットの顕在意識だけを使用して社会を指揮している状況です。

コンピューターが二進法で複雑な計算がしているように顕在、潜在意識

の二面を活用すれば多くの難病を解決されると思われます。


ブログで記したことで少子化で問題になっていますが、不妊症の夫婦が意外と

多いことが解ります。この問題の解決法ははっきりしています、医学が遅れて

いるのです、その問題を抱えている人達は夫婦のどちらかが異性の気の流れを

持っているのです。従い男女であっても同性の人同志であるのです。

異性気の流れを正常に改善してからでないと子供を誕生することはできない

のです。 それを潜在意識の医学に無知な医師が金銭ばかりをかける手法

で一組に500万円以上かけさせる商法を行っている現状です。

潜在意識の知識があれば解決法は容易に見つかるはずであります。

医学だけでなくすべての職業においても同じで潜在意識の学びを加えること

によって高い視野からの飛躍法がみつかるのです。

政治においても世界でも、日本でも潜在意識の学びがあれば高い潜在エネ

ギーを持った統率者が誕生するのです。

関連記事)気による不妊治療解決法PDF(HPにて)

□■□■□■□■□☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★□■□■□■□

(二)潜在エネルギー値検出方法(1)

  実際に潜在エネルギー値の検出方法を説明していきます。

 生命エネルギー値、生体エネルギー値と言う場合もあります。

 見えないものですから、他からは摩訶不思議と思われるかもしれません。

 しかし見た目には1億5000万の人と小数点以下の人を比べても顕在の眼で

 区別できない場合があります。所が10のマイナス30乗以下の人が元気で存在

 した人が次の日に心臓麻痺で亡くなったという例を多く見たり聞いたりしていると

 見えないが実際にエネルギーは有ることが確信できてきます。 しかし前もって

 その前知した結果を公表などすれば反社会人として訴えられることがあります

 のでどんな重大なことであっても前知する検出をしない、周囲に言わないことを

 常に肝に銘じて慎重に実施しています。

 

 

  エネルギー値としては2億2000万オング〜1億〜 0 〜10のマイナス38乗

 迄目盛っています。

 冬の元日の朝明けの太陽が2億2000万オングの値であったことから最高値

 を目盛りました。次に2億オングは宗教家空海、心理学者ユングが2億近似

 値であります。 1億オングは人間が生まれた時が皆この数値になっています。

 胎児が母親の胎内の写真から検出すると2億オングが検出されています。

 このエネルギー検出表の上部の空欄に検出する氣を定着させてその値を

 下部目盛りで測定する方法をとっていきます。


 
□■□■□■□■□☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★□■□■□■□■□

(三)開眼瞑想ー3分で入眠する法(2)

 左手は親指と小指とを接触、右手は親指と人差し指とを接触ー氣ルーテインを組む

  リラックス、身体(からだ)がゆったりとして、深い眠りに入っている

  口をすぼめて長く吐き出す。

   
  眠る前にあぐら座の姿勢、布団に座って、又は椅子に座って3分ほどの精神集中

  を行います。

  
  〇リラックス、からだがゆったりとして、深い眠りに入っている

  口をすぼめて長く吐き出す。

  眼は開けて1メートルほど前の空間を細目で見つめる

  〇リラックス、からだがゆったりとして、深い眠りに入っている

  口をすぼめて長く吐き出す。

  10回ほど唱和して、だいたい3,4分で終了。

  その後に床に入って寝入る。

  寝入る前に、両手のルーテインを組みますが、両脇に組んで両手は合わせる

  ことはしない。

  眼を閉じてから

  リラックス、からだがゆったりとして、深い眠りに入っている

   口をすぼめて長く吐き出す

   3回行なうことで眠りに入っていく。

   その後眠りに導入しないときの対処法は、

   息を吐き出すときに丹田より両足先に息を流すイメージ

   息を吐く、足先に息を流すようにする、イメージを行う。

   この息を吐き出す時に足先へながすようにする。

  
  (女性の場合は背中腰部分から膝裏を通す感じでかかとへ流すイメージ)


注記)前回(NO10)の円内のリラックスで3回から5回で瞼が閉じてしまうように

  なれば1分から3分ですばやく入眠できるようになります。

   

                    --------------------------------------------------
眼で読み、耳で聞き、瞑想実践で身体で感得して五官をすべて活用してすべて
を体得しよう。下記HPで耳から、眼から学ぼう。

      http://inyokijutu.jp/kaiganmeiso11.html

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2018-03-04  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。