ビジネス一般

開眼瞑想による頭脳がAIを活かす

瞑想を行い五感の刺激に動じない強靭、柔軟な頭脳になろう。
周囲からの刺激に受け止めて流す心を持つことです。顕在(力)と潜在(気)とが協力態勢でなくては生き残れないのです。この世代に生き抜く為には開眼瞑想により気(潜在)を高めて自ら深奥の実力をつけることです

全て表示する >

2106年の進化した新人類誕生

2018/06/01

〇========★★★★★★★★〇========★★★★★★★
(一)プロローグ--2106年の進化した新人類誕生(1)
(二)陰陽検出の実践--顕在意識=潜在意識とは
(三)開眼瞑想-- 3分で入眠する法
〇========★★★★★★★★〇========★★★★★★★

眼で読み、耳で聞き、瞑想実践で身体で感得して五官をすべて活用してすべて
を体得しよう。下記HPで耳から、眼から学ぼう。

      http://inyokijutu.jp/kaiganmeiso10.html

(一)プロローグー2106年の進化した新人類誕生(1)

H・G・ウエルズ SF未来小説家が「世界はこうなる」

 [THE SHAPE OF THINGS TO COME] という予言書を昭和8年「1933年」に

出版されました。2106年に起点にして過ぎ去った地球上に起こった事件を回想

しています。

日本が2つの原子爆弾を落とされて敗戦することが記されていました。

その後の小説の予言がことごとくその通りの事件が起こっています。

2059年には超大国がチャイナとロシヤと朝鮮半島との中間点に誕生して

世界が安定社会になると予言しています。

その後2106年にはホモサピエンスの最大の進化であるポリプと呼ばれる新人類

が誕生すると記されています。

その新人類は見た目は普通と全く変わらないが脳力が他の人種と違ったものを

持っていると記されています。

その進化した新人類の候補になろうと真剣に目指しています。

その「世界はこうなる」にはウエルズはその新人類は見た目には普通と全く

変わらない唯頭脳が優秀、身体が秀逸であると記されている。

それは潜在エネルギー値2億オング、

陰(潜在意識)100%、陽(顕在意識)100%の団体を指しているのであろう。                               

潜在も顕在ともに100%活用する頭脳でそれを活用するエネルギーが強力

最高であれば恐れるものは何もない、その団体が数万人であれば知恵で

世界を指揮することが出来るはずであります。

□■□■□■□■□☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★□■□■□■□

(二)陰陽検出の実践ー 顕在意識=潜在意識とは

陰陽検出において陰数値を検出することは人物の過去、現在、未来を見通す事

に繋がります。 他人の潜在意識を探り出すことは自らの過去、現在、未来を見

通す事に繋がります。 潜在意識には時間が無いのです、すなわち過去現在

未来が自由自在に動けるのです。

過去に行こうと思えば即過去であり、思った箇所が現視点となるわけです。

顕在意識には時間が存在します、良く考えてみれば当たり前のことですが別々に

考えると不思議な世界、頭脳が同時に働いていることになります。

潜在意識は一度経験したことは一切忘れなく、良いことも悪いことも記憶に刻印

されます。 

顕在意識は一度記憶、経験したことをしばらくすると忘却してしまいます。

この全く異なる頭脳を人間は天から授かっていて思考しています。

その異なる二つの頭脳を動かすところのエネルギーが2億オングとはその顕在と

潜在意識の境がなくなり顕在に過去、未来が一瞬に見渡すことができることに

なることです。 過去の悪いことの群れが一斉に押し寄せても押しつぶされない

強い精神になることが望まれます。

その為には過去の事象を瞑想で現在に降り注いでも悪い思い出も経験として

知恵に置き換えておく必要があります。 そうすることによって過去の体験を

有効活用できるようになるのです。

□■□■□■□■□☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★□■□■□■□■□

(三)開眼瞑想ー  3分で入眠する法
   
    
上図の1のリラックスを見ながら「リラックス、身体がゆったりとして深い眠りに入っている」

 と心の中で唱えます。 2のリラックスに見ながら「リラックス、身体がゆったりとして深い

 眠りに入っている」と心の内で唱えます。

 3のリラックスを見ながら「リラックス、身体がゆったりとして深い眠りに入っている」を

 心の内で唱えます。

 順番に4,5,6、順次移りながら唱えていきます。始めは二周目に行っても目が閉じない

 で唱えるでしょう。 しかし徐々に20,16,13,8,と少ない回数で瞼がとじてしまいます。

 4,5回唱えると即眼が閉じてしまうようになります。時には1回唱えると瞼が閉じてしまう

ように成るときもあるでしょう。 三回以内に瞼が重くなって閉じてしまうようになってきます。

 
                    --------------------------------------------------
眼で読み、耳で聞き、瞑想実践で身体で感得して五官をすべて活用してすべて
を体得しよう。下記HPで耳から、眼から学ぼう。

      http://inyokijutu.jp/kaiganmeiso10.html

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2018-03-04  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。