その他健康

なにもしない健康法

様々な健康情報に触れることで養生法、予防法のコアな部分を感じていただきたいと思っています。ブレない健康観を持つことで情報に振り回されないしっかりした視点を身に付けることができます。

全て表示する >

カロリーゼロ理論とサプリ選び

2018/08/14



こんにちわ!効かせてほぐす整体マッサージ師の前田歩です。

今日も健康法、養生法、予防法のコアを考えて行きましょう。



健康ブームに一石を投じる? サンド伊達の「カロリーゼロ理論」に好反響 
https://www.oricon.co.jp/special/51568/



「カステラをつぶすと小さくなるのでカロリーはゼロになる」とかいうアレです。

健康ブームも行き過ぎた感があるし、そろそろ反動があるんじゃないかなと思っていたらこういう形できましたね。

ワタクシこういうの嫌いじゃないのです。

体にいいものってあんまりおいしくないことが多いので

悪かろうが何だろうがたまにはうまいものが食べたいですよね。

その時に、恐る恐る食べるんじゃなくて「カロリーゼロだ!」と思って楽しく食べた方が

精神衛生上よろしいんじゃないかと思います。

仕事が終わった後のビールなんて問答無用でうまいですからね。



粗悪サプリに潜む健康被害の知られざる恐怖 「薬」と「食品」の違いから理解しておこう
https://toyokeizai.net/articles/-/231657



今さら中国製のサプリを選ぶ人はいないと思いますので論外と致します。

良いものもあり悪いものもあり、効果のあるものもありないものもある

という状況で自分に合った良いものを選ぶのは至難の業です。

しっかり考えて選んでいただきたいと思いますが

一番気をつけないといけないのは怪しげな情報に騙されないようにすることです。

最悪の敵は「自称専門家+マスメディア」の強力タッグです。

サプリの場合は「お医者さん+テレビ」ということになるでしょうね。

どうしても「お医者さんが言うんだから…」という心理が働いてしまいますし

それがテレビで放送されたら「いいかも!」と簡単に思ってします。

普通の人から見たらやはり権威ある人の言葉は信じてしまいがちですから。



脳科学という学問分野は存在しないにもかかわらず「脳科学者だ!」と名乗る人たちがいますけど

世間話程度のことを言っても「脳科学的に…」とか言われると「そうなんだ」と思ってしまうあの感じです。

あれをやられてしまうともうほとんど打つ手なしですので怖いです。

必ずしも正しいことを言うとは限りませんので。



というわけでワタクシが思うサプリメントの選び方は

中国製は避ける。まぁ韓国製も。中東辺りのものもちょっと…

あんまり高価なもの非常識に安価なものは避ける。

ねずみ講みたいな売り方のものはやめとく。

「一週間で7キロやせる!」とか「10才若返る!」とか「余命宣告された私が今では…!」とか

「二十歳の頃のあの元気が!妻も驚いています!」とか「飲み始めて1か月で彼からプロポーズされました!」とか

常識的に考えて「ない」ものはやめとく。

テレビや雑誌で強く薦められたものはとりあえずやめとく。

…ぐらいでいかがでしょうか?

ビタミン剤とか青汁とかプロテイン系のものとかが無難ですよね。



あなたならどんな基準で選びますか?



【キャンペーン情報】


ボディケア前田の8月のキャンペーンは好評につき
7月に引き続きお顔のリフトアップ施術プレゼントです。
皆さんに喜んでもらって楽しくやろうという魂胆です。
気楽に楽しんでください♪


【編集後記】


12日に誕生日を迎えました。
もうこの年になると嬉しいのか悲しいのかよくわかりません。
ただただつつがなく生きていきたいと思いました。前田です。

※ https://goo.gl/maps/L3dMPCqMJdD2
↑口コミなどはコチラに投稿していただけると泣いて喜びます。
もちろんお礼は施術でなんかします。


●^∀^人^∀^●



【ボディケア前田】

詳しくはこちら : http://mamenayatsu.com/
営業日 : 月火金土日
定休日 : 水木(9月から木曜日も営業する予定です)
営業時間 : AM9:00〜PM10:00
次のお休み : 8月15日、16日
簡単ネット予約 : https://reserva.be/mame782

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2017-01-07  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。