その他健康

なにもしない健康法

様々な健康情報に触れることで養生法、予防法のコアな部分を感じていただきたいと思っています。ブレない健康観を持つことで情報に振り回されないしっかりした視点を身に付けることができます。

全て表示する >

健康格差に勝つ!

2017/12/05



こんにちわ!効かせてほぐす整体マッサージ師の前田歩です。

今日も健康法、養生法、予防法のコアを考えて行きましょう。




日本が「長寿大国」と言えなくなる日。ハーバード大教授に聞く、深刻すぎる理由
http://www.huffingtonpost.jp/2017/12/01/health-disparities-in-japan_a_23292489/




”改めて「健康格差」の解消に取り組むのは、個人だけではなく、国家、企業をはじめとした社会全体が協力しなければ、なかなか改善できない、解決できない問題だと思います。
健康は、幸福度とも強い関連があります。今や政策目標は、GDP(国内総生産)だけでは不十分です。
経済成長の本来の目的は、国民の健康や幸福感を高めることにあるという根本に立ち戻ってほ
しいと考えています。”




例えば非正規雇用が増えていることとか低賃金長時間労働のブラック企業とか

効率最優先の経営とか完全な自由貿易を目指すこととか…

どう考えても個人の健康を害する方向にしか向かわないように思えます。


ストレスに起因する疾病は年々増えてますけど

これなんかも社会的な要因を何とかしないと個人では対処が難しいレベルにまで達しているように思えます。


国家レベルで言うと政府の収支を黒字化するために公共投資を削減するなど

景気回復をあからさまに妨害するような政策です。

簡単に言うなら政府のお財布を守る為なら国民はどうなっても構わないと言ってるようなものです。


残念ながら日本政府は「国民の健康や幸福感を高める」という政策目標にはあまり関心がないようです。

これは「現在の政府閣僚が間違ってる」ということではなく

与野党問わず全国会議員が共有しているマインドだとワタクシは思っています。

しばらくはかなり絶望的な状況なんじゃないでしょうか。




という現状を踏まえたうえで

それでもなおワタクシたちは個人的に「自分なりの幸福」とか「そこそこの健康」を手に入れなければならないわけです。

これはかなりの努力と忍耐を要することだと思いますがガンバって参りましょうね。

そのためにまず必要なことは「良質な健康情報に触れること」だと思います。

上にあげた記事はかなり良いと思いますので目を通しておくことをおススメします。




「健康格差」あなたはどう思いますか?




【あなたの質問にがんばってお答えする動画】


凝ってる方じゃなくて逆側が痛いのはなぜ?
https://youtu.be/AHSQHaeEcbg

施術中にされる質問の「あるある」なんですけど
ワタクシなりにお答えいたしました。


【時々更新する気楽な健康情報】


腰痛を悪化させる七つの習慣
https://ameblo.jp/mamenayatsu/entry-12332939038.html

腰痛予防は重き荷を負うて長き道を行くがごときなのです。


【キャンペーン情報】


ボディケア前田の12月のキャンペーンはお顔のリフトアップ施術プレゼントです。
無料ですので特別嫌じゃなかったら受けてみてください。
時間は通常の施術プラス3分〜5分ですのでお手間はとらせません。
ワタクシとしてはマジのデータ収集と
皆さんに喜んでもらって楽しく年末を迎えようという魂胆です。
気楽に楽しんでください♪


【編集後記】


ちょっと風邪をひいてしまいました。
今回は少し長引いて治るまでに4日かかってしまいました。
あなたもどうぞお気を付けください。

マンションの給水方式変更工事のため
12月17日(日)9時〜5時まで断水になります。
お手洗いご使用の際はバケツでジャーっと流していただくことになりますので
どうしても嫌だという方はその時間にご来店されない方がいいと思います。


●^∀^人^∀^●

【ボディケア前田】

詳しくはこちら : http://mamenayatsu.com/
営業日 : 月金土日
営業時間 : AM9:00〜PM10:00
次のお休み : 12月 5、6、7
簡単ネット予約 : https://reserva.be/mame782


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2017-01-07  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。