その他健康

なにもしない健康法

様々な健康情報に触れることで養生法、予防法のコアな部分を感じていただきたいと思っています。ブレない健康観を持つことで情報に振り回されないしっかりした視点を身に付けることができます。

全て表示する >

フレイルとは?

2017/11/19



こんにちわ!効かせてほぐす整体マッサージ師の前田歩です。

今日も健康法、養生法、予防法のコアを考えて行きましょう。




高齢者のフレイルは自立喪失リスクが約2倍に―東京都健康長寿医療センター - ニュース - ケアマネジメントオンライン
http://www.caremanagement.jp/?action_news_detail=true&storyid=14422




フレイルというのは新しい概念で、英語の意味は「虚弱」「脆弱さ」です。

定義もまだはっきり定められてなくて一応

【フレイルの評価表】
1. 体重が減少
2. 歩行速度が低下
3. 握力が低下
4. 疲れやすい
5. 身体の活動レベルが低下
 これら5つのうち、3つが当てはまるとフレイルとみなされます。
※ 日本では、記憶力の低下なども考慮した評価表を検討中

ということのようです。




これ「サルコペニア」に似てますけど

サルコペニアが筋肉量の異常な低下を意味するのに対し

フレイルはもう少し広い範囲でその人の健康度を評価しようとするもののようです。




で、フレイルの状態になると要介護になる可能性が極めて高いというデータが出たんだそうで。

自分でできる注意としては

歩行時間、歩行距離、歩行速度の維持。

握力を含む上半身の筋力の維持。

ということになるのではないかと。




こういうのは年を取ってから「さぁ、始めましょう」とはなかなかいかないものなので

やはり若いうちからいくらかは運動やウォーキングの習慣を身に付けておく方がいいと思います。

無茶なダイエットも筋力の維持に悪影響を及ぼしますので

まぁ20代まででやめておくのが無難ではないでしょうか?




先々を見据えて今のうちからぼちぼち始めておけばそれほど大変な思いをすることはないんじゃないのかなと思います。

健康ってそういうものですよね?




あなたはどう思いますか?




【最新動画】

肩が凝ってるかどうかわからないあなたへ
https://youtu.be/YJwjcoW6CVk



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2017-01-07  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。