その他健康

なにもしない健康法

様々な健康情報に触れることで養生法、予防法のコアな部分を感じていただきたいと思っています。ブレない健康観を持つことで情報に振り回されないしっかりした視点を身に付けることができます。

全て表示する >

枕の高さは?

2017/09/12



こんにちわ!効かせてほぐす整体マッサージ師の前田歩です。

今日も健康法、養生法、予防法のコアを考えて行きましょう。




緊張型頭痛の予防法2つ!
https://youtu.be/pZ67-VHhsFw




動画で言ったことなんですが

すごくやってみてもらいたいことなのでメルマガでもお知らせしておきます。

緊張型頭痛でお悩みの方はぜひお試しください。

枕なしで寝る…だけなんですけどね。

頭が落ち着かない場合は小さめのバスタオルを丸めて

首の下に置いてみてください。

首の下ですよ。後頭部ではありません。

首こりがひどい方だとちょっとのけぞってるように感じるかもしれません。

でも大丈夫です。慣れますので。

結局、「頸椎の生理的わん曲を保ったまま横になる」ことが大事なんじゃないかと気が付きました。

枕が高い方がいいのか低い方がいいのかという風に考えてしまうとドツボにはまります。

そうではなくて自分の首の姿勢をできるだけ自然に保つにはどうすればいいかを考えるのです。

あなたがもし緊張型頭痛で悩んでいるとか

首こりがひどいとか朝起きた時、首が固まってすぐには動けないとかなら

騙されたと思ってぜひ一度試してみてください。



もし枕を買おうという場合でも

頸椎のわん曲が保たれているかを確認してからにすれば

残念な結果にならなくて済むと思います。



やってみた結果などもぜひ教えてください。

よろしくお願いします。


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2017-01-07  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。