その他健康

なにもしない健康法

様々な健康情報に触れることで養生法、予防法のコアな部分を感じていただきたいと思っています。ブレない健康観を持つことで情報に振り回されないしっかりした視点を身に付けることができます。

全て表示する >

75℃で1分間!

2017/08/25

こんにちわ!効かせてほぐす整体マッサージ師の前田歩です。

今日も健康法、養生法、予防法のコアを考えて行きましょう。




「75℃で1分以上焼け!」横浜の「安楽亭」でもO-157 80代と10代が入院 | ハザードラボ
http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/1/21637.html #hazardlab @hazardlabさんから




ワタクシお腹が弱いものでこういうニュースには敏感なんです。




”一般的に夏から秋にかけてはさまざまな病原菌による食中毒が発生しやすい季節だが、O-157の感染力は非常に強く、100個程度の菌が体内に入っただけでも発症する(ほとんどの食中毒菌は100万個以上で発症することが多い)。

 水の中や土の中でも数週間から数カ月生き続け、冷凍庫内の低温や、胃酸などの酸性にも強い。

感染を防ぐには、生肉を避け、75℃1分以上の加熱で死滅させるのが一番だ。

また、生野菜にも付着している場合があるため、まな板や調理器具と同様、よく洗ってほしい。”




とのことです。

先日もワタクシの身近なところでバリバリのスポーツマンが食中毒にやられてました。

体力とか関係ないみたいですよ。

どうぞお気を付けください。




P.S.

経験は必要だが、経験によって増える知恵と同じ分量の牡蠣殻が頭に付く。

知恵だけ採って、牡蠣殻を捨てるということは人間にとって大切なことだが、老人になればなるほどこれができぬ。

(秋山真之)


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2017-01-07  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。