その他健康

なにもしない健康法

様々な健康情報に触れることで養生法、予防法のコアな部分を感じていただきたいと思っています。ブレない健康観を持つことで情報に振り回されないしっかりした視点を身に付けることができます。

全て表示する >

便秘を軽く考えない

2017/04/19



こんにちわ!効かせてほぐす整体マッサージ師の前田歩です。

今日も健康法、養生法、予防法のコアを考えて行きましょう。




慢性便秘症、治療へ初指針 高齢化社会の到来で増加|佐賀新聞LiVE 
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/422673




難しいことはいいのですが大事なのはココ




” 慢性便秘の人は生存率も低下するという。排便時の力みなどが脳卒中や心臓疾患などに関連してくるようだ。さらに腹部膨満感や腹部不快感などにより、身体的、精神的に生活の質(QOL)が非常に落ちている。

 「日本の医師は、便秘で困った患者が来ると排便回数ばかり聞く。便秘の大多数を占める排便困難の人が『毎日出ている』と答えると、『では心配いらない』で終わり」

 排便困難の人は、分割排便や残便感の訴えが強いが、そのつらさが医師に伝わっていない。便秘だが1日4〜5回排便している人は珍しくなく、多くの患者が不適切な治療を受けているという。

 「便秘治療のゴールは便形状の正常化。適度な軟らかさを持ったバナナのような便で完全排便を目指す。完全排便で快便感が取り戻せる」”




というわけで便秘は寿命まで縮めてしまう!ということを知っておいていただきたく。

どうすれば便秘を改善できるのかについては今後ご紹介すると思いますが、今日のところは便秘を軽く考えないようにしましょうという注意喚起です。




○今日の視点

便秘は生存率やQOLを低下させてしまいます。


P.S.

富は是(これ)一生の財(たから)、
身滅すれば即ち共に滅す。

智は是万代(ばんだい)の財、
命終われば即ち随(したが)って行く。

【訳】

 富は自分が生きている間は大切なものですが、
 死んでしまえば墓の中まで
 持って行けるものではありません。

 それに対して智恵は万代も後まで残るものです。
 自分が死んでも、
 子孫まで受け継がれていくものなのです。

 『子どもと声に出して読みたい「実語教」』(齋藤孝・著)




正しい知恵を受け継いでいきたいですね。


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2017-01-07  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。