その他健康

なにもしない健康法

様々な健康情報に触れることで養生法、予防法のコアな部分を感じていただきたいと思っています。ブレない健康観を持つことで情報に振り回されないしっかりした視点を身に付けることができます。

全て表示する >

あったかいんだから〜♪(フルイ?)

2017/01/18

こんにちわ!今日も健康法、養生法、予防法のコアを考えて行きましょう。



平熱が「36度未満」は要注意!体温アップで肩こりや疲労も改善 〈美LAB.〉|dot.ドット 朝日新聞出版 https://dot.asahi.com/blab/2017011700070.html



実際には36度前後なら問題ないと思いますが
極端に低いと低体温と呼ばれます。

ちなみに「低体温症」とは直腸温度が35℃以下になった場合、
つまり凍死するかしないかみたいな状況で使われる言葉ですので、
今言ってる「低体温」とは区別して考えないといけません。

あんまり体温が低いと
血行が悪くなる
免疫力が下がる
体の様々な機能が低下しがち
などの弊害が出ますので少し気にした方がいいです。

でも気をつけたからと言って
一朝一夕に改善して行くものでもないので
気長に構えていた方が精神衛生上よろしいのではないかと思います。

「体温は高い方がいいんだなぁ」という意識で
体温を下げそうなことはできる範囲で避けてみる
温かくなりそうなことは無理のない範囲でやってみる
みたいな感じでいいんじゃないでしょうか?

ただ、一日一回お風呂で湯船に入ってよーく温まる
のはお勧めしておきます。
清潔にもなり、健康にもなるということで
あれは日本人の昔からの知恵だと思いますので。

でも最近の若い人は嫌がりますのでとても残念です(´・ω・`)



○今日の視点

体も心も温かい方がいい♪


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2017-01-07  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。