ライフプランニング

ぶっけんの毎日ホッ法華経!

お釈迦さまが一番最後にようやく説き明かされた最も重要な未来を示した経典「法華経」と毎日接しましょう!法華経の全28品を毎月28日間、僅か一品一句づつ順番配信一巡を毎月繰り返すことで、無理なく28品全文をわずか1年で習得!ここだけの無料法華経メールマガジン!

メルマガ情報

創刊日:2015-03-02  
最終発行日:2019-06-19  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 非表示   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

6月19日号 父母所生の清淨の肉眼 【法師功徳品第十九】(五〜八行)

2019/06/19

6月19日号 父母所生の清淨の肉眼 【法師功徳品第十九】(五〜八行)
   
 
★★ きょうの謎!
 
その謎1:
 
有頂天とは、調子が良すぎるという意味ではないしょうか?
   
その謎2:
 
天上界の中の色界とはどういう世界なのでしょう?
 
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
■第2-19日 Vol.47
 
  【法師功徳品第十九】(五〜八行)
   
  父母所生の清淨の肉眼
   
■■今日の一偈一句
 
 
 是の善男子・善女人は父母所生の清淨の肉眼をもつて、三千大千世界の内外の所有る山・林・河・海を見
 
 
 ること、下阿鼻地獄に至り、上有頂に至らん。亦其の中の一切衆生を見、及び業の因縁・果報の生處悉く
 
 
 見、悉く知らん。
                        
    
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
__________________
 
■■■  今 日 の 解 読 ! (苦)
__________________
   
この良家の男子・女人は父母から頂いた生まれつきの清浄の肉眼を用いて、三千大千世界の内外のあらゆる
 
山・林・河・海を見ることは、下は阿鼻地獄に至り、上は有頂天にまで至るまでを見るに等しい。またその
 
中に住む一切の衆生の状況を見、およびそれらの業の因縁・果報の生ずる所を隅々まで見、隅々までを知る
 
ことができるのだ。
   
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
__________________
 
■■■■ 今 日 の 振 返 り !(脱)
__________________
   
今日も何とか解き明かした感じです。
そろそろ、これまで矛盾していた提婆逹多と釈迦との関係などもだいぶはっきりしてきたようにも思えます

   
阿修羅の存在は、たとえ帝釈天に負けたといっても、釈迦は完全に阿修羅側の佛法を間違えているとは言っ
ていないところが偉いですね。
その逆に人間界のすぐ下で人間界にとって一番密接に守護してくれている竜神なのかもしれません。
  
また、ある意味では畜生界以下の世界が氾濫を起こさないように恐がらせてでも見張っていてくれているの
が阿修羅かもしれません。
されど、だからといって、人間として阿修羅を上に立て知恵や教えを被ろうとするのは根本的には逸話の混
じった間違いな大乗仏教初期のような大昔の考えであり、今の人間界としては佛法上の欲界という三界に存
在していることをわきまえながら、欲界の王者帝釈天の支配に置かれている身としての知恵や行動を究める
べきです。
   
この世の中は釈迦の教え一つだけでは動いていないのですよね。
欲界の王者帝釈天に負けて特殊な別な方法で生き抜く世界も平行して存在して来ているのです。
私たちが見上げている宇宙にもその先の裏側にある欲望や物質を越えた世界があるように、私たちの住む世
界にも大きく判断すれば異なる二つの世界が共に関連して動いているはずです。 
  
今回もお読みいただき、誠にありがとうございました。
末永くご愛読いただけますよう、今後とも何とぞよろしくお願いいたします。
    
  (ぶっけん)
 
▽▲▽  ご予告: 明日AM6時発行
 ▽ 
 ▲  
▲▽▲  〜 威音王如來・劫を離衰、國を大成 〜 
   
     【常不軽菩薩品第二十】(四〜十一行)
  
    です。 乞うご期待! それではまたね^〜^   
        
   
☆彡 明日の品ブログページへ
⇒ https://jouan167.jimdo.com/buddha0220/
   
☆彡 本日の品ブログページへ
⇒ https://jouan167.jimdo.com/buddha0219/
   
☆彡 先月の本品ブログページへ
⇒ https://jouan167.jimdo.com/buddha0119/
 

最新のコメント

  • コメントはありません。