名言

現代版【松下村塾】リーダー塾

偉人の名言を紹介した現代版【松下村塾】リーダー塾。

松下村塾がリーダーを輩出したように、現代版【松下村塾】リーダー塾も本気でリーダーを輩出します。

毎日12時頃に届く偉人の名言を熟読して、リーダーになろう!

全て表示する >

高杉晋作の名言

2019/08/22

発行人のリーダー塾(とくたけ)です。
拙い文章でお見苦しいところがあるかも知れませんが、
よろしくお願いします。

■発行人おすすめコーナー
■編集後記

_________________________________

■発行人おすすめコーナー
_________________________________

発行人がおすすめのものを、毎日ピックアップしてご紹介していきます。

今日は「高杉晋作の名言」についてです。

江戸時代末期の長州藩士。幕末に長州藩の尊王攘夷の志士として活躍。
国: 日本・長州藩(現在の山口県萩市) 
生: 1839年9月27日 
没: 1867年5月17日(享年27歳) 
1839年9月27日(天保10年8月20日)、長門国萩城下菊屋横丁(現在の山口県萩市)に長州藩士の長男として生まれる。晋作には三人の妹がいた。
1857年(18歳)に吉田松陰が主宰していた松下村塾に入塾。晋作は久坂玄瑞、吉田稔麿、入江九一とともに松下村塾四天王と呼ばれた。
翌年、藩命で江戸へ遊学。1859年に師の松陰が安政の大獄で処刑される。晋作は1860年(21歳)に帰郷後、結婚。
1862年(23歳)に幕府使節随行員として中国の上海へ渡航。清が欧米の植民地となりつつある状況に晋作は大きな影響を受けた。
帰国後、長州藩では尊王攘夷派が台頭し、晋作も桂小五郎(木戸孝允)や久坂玄瑞らと共に尊攘運動に加わり、江戸や京都において勤皇・破約攘夷の宣伝活動を展開し、各藩の志士たちと交流した。
1863年、長州藩は関門海峡において外国船砲撃を行うが、米仏の報復により惨敗(下関戦争)。下関の防衛を任せられた晋作は、百姓・町人など身分に因らない志願兵による奇兵隊を結成した。
京都では薩摩藩と会津藩が結託して長州藩を追放。脱藩して京都へ潜伏した晋作は、脱藩の罪で野山獄に投獄される。
長州藩は1864年8月の禁門の変で敗北して朝敵となり、久坂玄瑞は自害。さらにイギリス、フランス、アメリカ、オランダの4カ国連合艦隊が下関を砲撃、砲台が占拠されると晋作は赦免されて和議交渉を任される。
晋作は再度の長州征討に備えて、防衛態勢の強化を進め、1866年3月には坂本龍馬らを仲介として、薩長同盟が結ばれる。
1866年の第二次長州征伐では海軍総督として軍艦に乗り込み、幕府艦隊を夜襲して退ける。幕府の敗北により、その権威は大きく失墜し、翌年11月の大政奉還への大きな転換点となった。
その後、晋作は肺結核のため療養生活を余儀なくされ、1867年5月17日、大政奉還を見ずして満27歳でこの世を去る。
http://www5e.biglobe.ne.jp/~tokutake/sinsaku.pdf

_________________________________

■編集後記
_________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
発行人おすすめコーナーでは、あなたの役に立つ情報を提供できればと思っています。

ご感想・ご意見は、お気軽にご連絡ください。
では、次号でお会いしましょう!!   リーダー塾(とくたけ)
────────────────────
今日のメルマガはいかがでしたか?
ひとことのご感想をいただけると
励みになります(^^)ご返信ください♪
────────────────────
*  とくたけプロフィール  *
これまでに地方公務員、国家公務員等を経て
リーダー塾の道へ。
社会を豊かにする活動に勤しむ方々の、
リーダー戦略をサポートできることに、
日々喜びを感じています!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-07-14  
最終発行日:  
発行周期:日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。