名言

現代版【松下村塾】リーダー塾

偉人の名言を紹介した現代版【松下村塾】リーダー塾。

松下村塾がリーダーを輩出したように、現代版【松下村塾】リーダー塾も本気でリーダーを輩出します。

毎日12時頃に届く偉人の名言を熟読して、リーダーになろう!

全て表示する >

本田宗一郎の名言

2019/02/10

発行人のリーダー塾(とくたけ)です。
拙い文章でお見苦しいところがあるかも知れませんが、
よろしくお願いします。

■発行人おすすめコーナー
■編集後記

_________________________________

■発行人おすすめコーナー
_________________________________

発行人がおすすめのものを、毎日ピックアップしてご紹介していきます。

今日は「本田宗一郎の名言」についてです。

日本の実業家、技術者、ホンダの創業者。 
国: 日本(現在の浜松市天竜区) 
生: 1906年11月17日 
没: 1991年8月5日(享年84歳) 
1906年11月17日、静岡県磐田郡光明村(現:浜松市天竜区)の鍛冶屋の長男として生まれる。 
1913年、6歳のときに尋常小学校(現:浜松市立光明小学校)に入学。在校中に自動車や飛行機を初めて見るなどの経験をする。 
1919年、12歳で尋常高等小学校(現:浜松市立二俣小学校)に入学。 
1922年、15歳で尋常高等小学校を卒業した宗一郎は、東京市本郷区湯島(現:東京都文京区湯島)の自動車修理工場「アート商会」に入社(丁稚奉公)。半年間は、社長の子供の子守りばかりであった。アート商会に6年勤務後の1928年、21歳の宗一郎はのれん分けのかたちで浜松市に支店を設立して独立。宗一郎だけが社長からのれん分けを許された。 
1935年、28歳の宗一郎は結婚。本田宗一郎は自動車修理工場事業を順調に拡大するも、学問的な壁に突き当たり、1937年、30歳で現在の静岡大学工学部機械科の聴講生となり、3年間金属工学の研究に費やす。 
1942年、宗一郎が35歳のときに長男が誕生。 
1945年の 三河地震により工場が倒壊。所有していた会社の全株を豊田自動織機に売却して退社。38歳の宗一郎は「人間休業」と称して1年間の休養に入る。 
1946年、宗一郎は浜松市に本田技術研究所を設立。1948年には本田技研工業を浜松市に設立。従業員20人でスタート。二輪車の研究を始める。 
1949年にホンダの副社長となる藤沢武夫と出会い、二人は共にホンダを世界的な大企業に育て上げる。 
1973年、66歳の宗一郎は本田技研工業の社長を退き、取締役最高顧問に就任。研究所所長は続けた。 
1983年、76歳で取締役も退き、終身最高顧問となる。 
1989年、宗一郎はアジア人初の米国自動車殿堂入りを果たす。 
1991年8月5日、本田宗一郎は84年の生涯を閉じた。 
亡くなる2日前、宗一郎は夫人に「自分を背負って歩いてくれ」といい、夫人は点滴の管をぶら下げた宗一郎を背負い病室の中を歩いた。そして「満足だった」という言葉を遺した。遺族からそのエピソードを聞いた親友の井深大(ソニー創業者)は「これが本田宗一郎の本質であったか」と述べ涙したという。
http://www5e.biglobe.ne.jp/~tokutake/honda.pdf

_________________________________

■編集後記
_________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
発行人おすすめコーナーでは、あなたの役に立つ情報を提供できればと思っています。

ご感想・ご意見は、お気軽にご連絡ください。
では、次号でお会いしましょう!!   リーダー塾(とくたけ)
────────────────────
今日のメルマガはいかがでしたか?
ひとことのご感想をいただけると
励みになります(^^)ご返信ください♪
────────────────────
*  とくたけプロフィール  *
これまでに地方公務員、国家公務員等を経て
リーダー塾の道へ。
社会を豊かにする活動に勤しむ方々の、
リーダー戦略をサポートできることに、
日々喜びを感じています!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-07-14  
最終発行日:  
発行周期:日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。