名言

老子小話

老子小話@Mackyの続きです。
老荘思想の香りで世情を述べてみたいと思います。関心のおありの方はお付き合いをよろしくお願いいたします。

全て表示する >

TaoChat@900

2018/02/10

愚に耐よと窓を暗す雪の竹
(蕪村)

今回の言葉は、蕪村の句です。
「蛍の光 窓の雪」というように昔の人は、
冬は、窓の外の雪明りで勉強しました。
部屋の窓の外には竹が植わっています。
そこに雪が積もり、窓を暗くしている。
障子には雪で太った竹の影が映っている
かも知れません。
それを見て蕪村は「愚に耐えよ」と感じました。
愚というのは、読書や勉強をしないことです。
まるで外の竹が、「読書できなくても我慢せよ」
といっているようだと詠っています。
現代なら、スマホを取り出して時間をつぶす
でしょうから、こんな句は生まれません。
昔は、寒い夜に読書する明かりがなければ、
あとは寝るしかありません。
大雪に閉ざされた北陸地方の方々は、蕪村さん
の句を身体で理解できると思います。
自然の猛威の前に、ひとは耐え忍ぶしかない。
まるで自然が「愚に耐えよ」と言っている。
この場合の愚は、なすすべがない状態です。
蕪村にせよ芭蕉にせよ一茶にせよ、自然から
学んだことを多くの句に詠んでいます。
自分も先人の生きた昔に戻ったら、どう感じる
だろうかと考えるのも面白いかもしれません。

有無相生

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-05-02  
最終発行日:  
発行周期:毎週土曜日  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。