ジャーナリズム

ゲンさんの新聞業界裏話

新聞拡張員ゲンさんが、悪質な勧誘員から身を守る方法、営業理念や人生勉強に役立つ情報、新聞業界の裏話などを語りかけます。全編関西弁で語られているゲンさんの軽妙で面白く、含蓄の深い世界をお楽しみください。


全て表示する >

第538回 ゲンさんの新聞業界裏話 ■新聞販売店物語 その29 終わりなき店長批判

2018/09/28

■新聞販売店物語 その29 終わりなき店長批判


「また同じ相談者からの同じような質問か?」

ハカセに思わず、そう訊き返した。

今回で6度目。ここ3年9ヶ月ほどの間やから回数自体、特別多くはない。そ
れ以上の頻度で相談や質問をされて来られる方は、他にも相当数おられるしな。

もちろん、いくら質問の回数、頻度が多くても問題はない。困っておられる方
の相談や質問にはいつでも快く答えさせて貰うてるつもりや。

問題は、相談の内容が毎回殆ど同じという点や。ワシは、その都度、回答しと
るのやが、その回答が何も活きていない。

というか、ワシが回答したこと自体何もなかったかのように、また新たに同じ
ような質問を繰り返している。

本当に、ワシの回答を見ておられるのか、参考にしておられるのかと疑いたく
なる。

ワシの回答した時とは違う状況が発生したのなら分からんでもないが、たいて
いは毎回、「特定の店長」に対する苦情に終始している。

そして、その時々のワシの回答もほぼ同じや。

これが、ハカセからの依頼やなく、身近な人間からなら間違いなく「何回も同
じことを言わせるな」と一蹴しとるが、「そこを何とかお願いします」と、ハ
カセに回答を求めて来られると、そうも言えず引き受けてしまう。

ハカセは、人にものを頼むのが上手い。半分は、誤魔化されて納得させられて
いるだけなのかも知れんのやが、その時には断り切れない雰囲気になっている
んやな。

「Q&Aでの回答は、何もその相談者一人のためではなく、それを見に訪れる
人のためでもあるのですからお願いしますよ」と言われると、つい「そうか」
となる。

確かに、ワシらにとっては複数回、同じ相談、質問であっても、それぞれのペ
ージを初めて訪れた方にとっては、「それだけの出来事」としか受け取らんさ
かいな。

しかし、そのハカセが今回ばかりは、「どうして、こんなに同じような相談、
質問ばかりされるのでしょうね」と、さすがに訝しそうに言った。

「同じような相談をしなければいけない、あるいは、そうなってしまう理由が
何かあるのではないでしょうか」と。

そう言われると、それを否定するだけの材料と根拠が、ワシにはない。

それを探る意味でも、その相談者S氏から、今まで寄せられた相談とワシの回
答を振り返ろうと思う。

まず最初は、2年9ヶ月前。

……………………………………………………………………………………………

http://siratuka.sakura.ne.jp/newpage10-1359.html  より引用

NO.1359 従業員を批判する店長について  

投稿者 Sさん  投稿日時 2015.12.31  AM 7:04


こんにちは。いつも拝見させていただいております。

私が勤めている販売店は会社組織で、やってまして勤めて25年になります。

相談に乗って頂きたいのは、半年前に赴任してきた店長のことです。その店長
は仕事しないで朝から晩まで座ってて暇さえあれば、従業員を批判したり悪口
ばっかり言って自分は仕事しません。

言う人に対しては表向き、上手に持ち上げといて陰では、平気で言う人の悪口
をいいます。

前おった店も、そういうことが、あって従業員の人と揉めたので、こっちにき
たそうです。

その店長の上の上司に相談したら、アホは相手にするなと言われました。今後
どう付き合っていいのか教えて下さい。


回答者 ゲン


『その店長は仕事しないで朝から晩まで座ってて暇さえあれば、従業員を批判
したり悪口ばっかり言って』というのが言葉どおりやとするとロクな人間やな
いようや。程度の問題もあるが、その手の人間は、業界でもさして珍しくはな
い。

一般論としては、上司という人から『アホは相手にするな』と言われたのなら、
そうしといた方がええ。

また、その上司にも、しつこく『その店長』の苦情は言わん方がええやろ。言
えば、その上司は『その店長』に、「○○(あんた)が、こんなことを言うと
るが本当か?」と訊くはずや。

『従業員を批判したり悪口ばっかり言って』といった伝聞証拠の場合、『その
店長』は、間違いなく「そんな事実はありませんよ」と言うはずや。

例え、それが事実であったとしても上司は「いい加減にしとけよ」と言うて終
わることの方が多い。『その店長』も、その場では「分かりました」と言うや
ろ。それで終いや。

その後、『その店長』は告げ口をした、あんたを間違いなく恨む。直接的な嫌
がらせに出るかも知れんし、あるいは、それこそあることないことを吹聴され
るかも知れん。

そうやとするとタチが悪い。タチの悪い店長に鉄槌を下すことができるのは、
その上司か社長、経営者くらいしか新聞販売店にはいない。

『その店長』と、それらの人たちとの関係性にもよるが、ちゃんとした会社組
織なら、ほっといてもそのうち「能力なし」と判断され、降格、左遷、または
解雇されることもあり得る。

今回『前おった店も、そういうことが、あって従業員の人と揉めたので、こっ
ちにきた』というのは左遷されたということやないのかな。

普通の人間なら、そういうことがあれば、このままでは拙いと考えるもんやが、
その手の人間には、そういう思考が欠落しとるから、改めることはない。実際、
何も直っていないからこそ、あんたも苦情を言うておられるのやろうがな。

そういう人間は黙っていても自滅するもんや。ただ、それを待てばええ。

ただ一つ、例外があるのは、会社のトップと『その店長』との関係が密接な場
合や。身内や縁故関係の深いケースやな。

その場合は、自滅を期待するのは難しいかも知れん。新聞販売店の中には実力
や人望とは関係なく、身内や縁故関係が深いというだけで昇格させることが、
ままあるさかいな。

あんたにとって最悪な結果として、将来、『その店長』が社長になることすら
考えられるわけや。

まあ、そうなったら、そんな販売店は持たんやろうがな。

いずれにしても、ロクでもない上司には表だった反抗をするのは得策やないと
いうことや。一番賢いのは自滅を待つことやな。自滅が望めそうでなく、『そ
の店長』に堪えられないのなら、あんた自身で今後の身の振り方を考えるしか
ない。

悪いが、このケースでのアドバイスは、それくらいしかないと思う。

……………………………………………………………………………………………

2度目は、その7ヶ月後。

……………………………………………………………………………………………

http://siratuka.sakura.ne.jp/newpage10-1381.html     より引用

NO.1381 自分に甘くて他人に厳しい店長について

投稿者 Sさん  投稿日時 2016. 6.29  AM 6:56


ゲンさんこんにちわ。いつも、拝見させていただいています。

店長のことなんですけど、自分も仕事中に喫茶店行ってコーヒー飲みに行くの
に人が、行くと「今仕事中やから、行くな」と、言います。

先日も集金に行くには、まだ早いから、喫茶店で時間潰しにコーヒー飲んでた
ら、店長が、来て「何してるんや」と、言われました。

「集金行くのにまだ早いから、時間潰しをしているんです」と、言ったら、
「仕事しないで、喫茶店にばっかり行く人間は、いらんから、社長に言うてや
めてもらう」と、言われました。

そのことに対して、納金80%は、できてますので、「どうぞ言って下さい」と、
言いかえしました。

これも、解雇の理由になりますか? ゲンさん教えて下さい


回答者 ゲン


通常なら、勤務時間中に『喫茶店で時間潰しにコーヒー』を飲んでいたという
のは、あかんことやと言うしかない。

もっとも、そのことを指摘した上司である店長も『仕事中に喫茶店行ってコー
ヒー』を飲みに行っていたということやから、人のことを言えた義理ではない
とは思うがな。

せやからと言うて、あんたのしたことを正当化することはできん。仕事時間中
にサボって喫茶店に行ったのは、あんたが悪い。これは、その現場を押さえら
れているわけやから、どうしようもない。

店長も同じことをしているから、自分がしても構わない、文句を言われる筋合
いなどないと、あんたが考えとるのやとしたら、それは間違っているとしか言
えん。

店長が、勤務時間中にサボっている部下を見つけて叱責したこと自体は、管理
者としては正当な業務やったと見なされる可能性が高い。例え、自分のことを
棚に上げていたとしてもな。

店長が仕事中に喫茶店行ってコーヒーを飲んでいたという事実があったとして
も、あんたがした事とは別や。それはそれで別途、その店長が責任を問われる
だけのことにしかならん。

ただ、あんたの場合、『解雇の理由になりますか?』については微妙な部分が
ある。

通常の会社なら、上司の指示を無視して反抗的な態度を取ったということで人
事権のある人間の判断次第では『解雇理由』になることもある。

もっとも、それが法律的に認められるかどうかは、そのケース毎で違うてくる
から一概には言えんがな。

それには、新聞販売店での勤務形態というのも大きく影響する。その店長が勤
務時間と言っていた時間帯が、本当に勤務時間内やったのか、どうかによって
大きく違うてくる。

労働基準法第32条で『.使用者は、労働者に、休憩時間を除き1週間について
40時間を超えて、労働させてはならない』、『使用者は、1週間の各日につ
いては、労働者に、休憩時間を除き1日について8時間を超えて、労働させて
はならない』と決められている。

一般的な専業と呼ばれる社員は、早朝時の出勤は午前2時くらいから午前6時
くらいに終わり、昼は正午くらいに出勤するのが普通や。

『1日について8時間を超えて、労働させてはならない』ということからすれ
ば、正午に出勤した場合、午後4時には仕事を終えさせなければならない。

それ以上、働かせる場合は残業手当を支払わなければならないと法律で決めら
れているが、新聞販売店で、そんなことをしているケースは、まずない。

つまり、あんたが『集金に行くには、まだ早い』と言われている時間帯が、
『1日について8時間』以内に該当する時間内であれば勤務時間中ということ
になるし、それ以外の時間で、尚かつ残業代を支払って貰っていないのであれ
ば勤務時間外と考えられる。

勤務時間中に、『喫茶店で時間潰しにコーヒー』を飲んでいて、それについて
謝罪もなく上司に反抗したというのであれば『解雇理由』にされても仕方がな
いかも知れん。法的にも認められる可能性がある。

しかし、勤務時間外であれば、『喫茶店で時間潰しにコーヒー』を飲んでいた
としても何ら責められる筋合いのものではないということになる。

従って、店長の言い分を以て『解雇理由』にすることはできんということや。

万が一、社長が『解雇通告』をした場合、その言い分が法的に認められること
はないと断言できる。そのことについて法廷で争えば、かなりの高確率で勝て
るものと考える。

業界では、なぜか集金業務は出来高制で、それにいくら時間をかけようが残業
代など一切出ない仕組みになっている。

まあ、そんなことをすれば集金代金より残業代の方が高くついてしまうという
理屈でな。それが業界の一般的な考えになって集金に関してだけは出来高制に
なっている。

これは本来、おかしなことで時間を拘束されて業務を強要されている限りは残
業代を支払う義務が使用者にはあるものと考えられるが、そうはなっていない
わけや。それをおかしいと考える風潮すら業界にはない。

あんたの場合、店長から指摘されたのが勤務時間中か、勤務時間外かで大きく
違うということや。それで判断するしかない。

ただ、逆切れに近い状態で、その店長に言い返したのは拙かったと思う。まあ、
あんたの場合は、過去の経緯から、その店長と反目していたから、そうした気
持ちも分かんではないがな。

普通、こんなケースでは「すみませんでした」と、まずは謝っておいた方が無
難やったし、賢かったと思う。

先ほど、ワシが言うたような正論をぶつければ、今度は、その店長とやなく、
社長と敵対関係になりかねんさかいな。

今までのあんたの話を聞く限り、その店長は嫌だというのは伝わってくるが販
売店や社長が嫌ということでもなさそうやから、あんたに非のあることで争う
のは得策やないと思うがな。

結論として、もし、その社長が「事情を訊きたい」と言ってくれば、「店長も
同じことをしていたので私もそれで良いと思っていました。納金も80%は、でき
ていましたので。でもサボったことは反省しています。以後は、そんなことの
ないように気をつけます。どうもすみませんでした」とでも言えば、今回は収
まるのやないかな。

……………………………………………………………………………………………

3度目が、その半年後。このあたりまでは、相談内容が若干違うから、それな
りの回答をすることに抵抗は、さほどなかった。

少し、愚痴の多い人やなと思うてたくらいや。その程度なら問題はない。

……………………………………………………………………………………………

http://siratuka.sakura.ne.jp/newpage10-1394.html    より引用

NO.1934  腐った店の事務員とこの店長どう思いますか?

投稿者 Sさん  投稿日時 2016.12.20  PM 1:10


ゲンさんこんにちはご無沙汰しています。

前の販売店から、移動して半年たつのに前任の店長や、その店で働いている事
務員が、今だに嫌がれせして困っています。

前の店の近くの喫茶店で、食事しに行って、会っても挨拶しないのに、よその
店である事ない事悪口を言いふらしたりしてるそうです。

前の店の事務員は、その店では、1番古株なので、自分より仕事できる人や目
立つ人は、おもしろくないらしく、わざっとイケズしたり、暇があればその店
長と一緒で、人のあら探しして、逐一その店長に報告します。

先日頼まれた人の新聞代払いに行っただけで、お金が足りなくて、その事務員
から、電話かかって来てわざわざ店に払いにこなくても、いいから前の喫茶店
のママさんに預けといてと、言われました。

その店長は、一回用事できただけで、しょっちゅう来てると、同じ、系列の店
の販売店にわざわざ電話して言います。

私もかかわりたくないから、ムシしてますけど、ゲンさんは腐った店の事務員
とこの店長どう思いますか?


回答者 ゲン


『ゲンさんは腐った店の事務員とこの店長どう思いますか?』ということやけ
ど、あんたの話を聞く限り、どうしようもない連中やとしか言いようがないな。

そんな連中は、あんたの言われるとおり『かかわりたくないから、ムシしてま
す』というのが一番ええと思う。

ただ、それにより、あんたの立場や信用に傷つき仕事ができなくなる、または、
その恐れが大やと感じられるのなら話は別や。

無視するだけでは済まないケースもあるし、あんたが無視しているのを良いこ
とに「こっちの話が本当やという証拠に、あいつは何も言えへんからな」と、
さらに悪評を言いふらすということも十分考えられる。

まあ、それでも、その連中をよく知る大半の人は、それを真に受けるとは思わ
んがな。

ただ、そういう根も葉もない噂でも幾度となく聞かされ続けると、それが真相
だと勘違いする人も中には出てきて、それが広まる恐れもある。

噂とは怖いもので、何も事情を知らない第三者は、聞かされた話だけが真実だ
と思い込む。

その連中は当然のように、あんたについて「あいつは悪いやっちゃ。こんな悪
さしてんねんで」と、それこそ、ない事でもあるかのように言うてるはずやさ
かい、噂もその線に沿って広まっていくことが多い。

伝言ゲームと一緒で、多くの人間を介しているうちに、とんでもない話に成長
していることが、ままあるさかいな。

ネット上に拡散している噂話の類の大半が、それやと思う。そうなってから、
それを打ち消すのは大変や。反論すればするほど深みに嵌る危惧すらある。

それを憂慮するのなら、そうならんうちに手を打つしかない。

『よその店である事ない事悪口を言いふらしたりしてるそうです』というのが
確かな証拠、および証言の取れるものやったら、直接本人たちに「あんたら、
これ以上そんな根も葉もない、良い加減な噂話を広めるつもりなら、名誉毀損
罪で警察、および検察に訴えますよ」と警告すればええ。

名誉毀損罪は、刑法第230条第一項で、「公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損
した者その事実の有無にかかわらず、3年以下の懲役もしくは、禁錮または50万
円以下の罰金に処する」と定められている。考えているほど軽い罪やない。

「公然と」というのは、不特定または多数の人が認識できる状態を指す。

吹聴している話が真実か嘘かを問わず、特定の人間を貶(おとし)める、社会
的評価を下げる目的で言うた場合に適用される法律や。

これは最寄りの警察署、検察庁に告訴することで成立する。被害届けも出せる
が、それやと、よほどのケースでもない限り捜査されることもなく、それだけ
で終わってしまう可能性が高い。

もっとも、告訴であっても受理されるか、どうかは、それぞれの事案の内容、
および警察署、検察庁次第やさかい確かなことは告訴してみな分からんがな。

ただ、警告の意味で本人たちに、そう言うのはアリやと思う。たいていの者は、
あんたが本気で、そうしようとしている思えば、それ以上の噂は控えるはずや。

あんたが連中を「厄介な人間」と考えているのと同じように、連中もあんたを
「厄介な人間」だと知ることにもなるやろうしな。

その警告をしたにも関わらず、意図的に悪意を持って、噂を広めようとしてい
ることが確実であれば、例え一度めは受理されなかったとしても次からは受理
される可能性が高まるしな。

あるいは、「目には目を」ということで、「噂には噂を」と考え、連中の悪評
を広めたらええやないかと言われる人もいるが、それは止めといた方が無難や。

反対に、あんたが名誉毀損で訴えられかねんさかいな。

もちろん、そんな面倒なことになって、この先、連中といがみ合うのが嫌やと
言われるのなら、最初に言うてたように無視する手もあるがな。

いずれを選ばれるかは、あんた次第や。良う考えて決められたらええ。

……………………………………………………………………………………………

4度目が、それから10ヶ月後。このあたりから、正直、この相談者は大丈夫
なのかと考えるようになった。

……………………………………………………………………………………………

https://archives.mag2.com/0000265583/20171103084626000.html   より引用


NO.1418 ええかっこしいの店長の上の上司について

投稿者 Sさん  投稿日時 2017.10.18  PM 0:15


ゲンさんお久しぶりです。

ええかっこしいの店長の上の上司のことなのですけど、私が、今の販売店に来
れたのは今の店長の上司の後ろ立てがあったので来れることが、できました。

その時その上司は今の販売店の店長にどのように言ってたかわからないけど、
かなりええかっこして言ってたそうです。

前の店にいてたその店長と一緒で、以前おった店で代表してて景気が悪くなっ
て店を辞めたそうです。

代表になる前は今いてる販売店にいてたので、当時お世話になってた会長さん
(今は亡くなっています)にお願いして雇ってもらって他の店の販売店には、自
分は亡くなった会長さんに来てくれと頼まれたので来たとええかっこして言っ
てるそうです。

その上司だから自分の思いと違ったので自分の顔を潰されたと思って最近私に
嫌がらせをしてきます。

そこの店で不配をすると一件につき300円の罰金を取るそうです。

他の人が不配をすると注意するだけで、罰金は取らないそうですけど、私が不
配するとたとえ一件でも罰金取ります。

自分の顔を潰されたから、私に対しても、見せしめでやっていると思います。

以前おった店長もそういう人だったのでその上司もそういう人だと思いました。
お互いの共通店は、自分より強い人には何も言えなくて弱いものには偉そうに
言うところが、そっくりです。

この上司には今後どのように対応して言ったらよろしいでしょうか?


回答者 ゲン


『そこの店で不配をすると一件につき300円の罰金を取るそうです』ということ
自体は、不配による信用失墜、代替新聞の新聞代および配達するための人件費、
謝罪のためのサービス品、解約事由にされるかも知れないというリスクなどが
伴い、損害を被っていると考えられるから、それについての賠償を請求してい
るので法律的には問題ないものと考えられる。

新聞販売店に限らず罰金制度を設けている業種や会社は他にナンボでもあるし
な。それからすれば、特に、えげつないというほどのものやないと思う。

但し、その場合、その度毎の現金回収であれば、という注釈はつくがな。

給料からまとめて天引きということになると減給の制裁に該当して違法性を問
われることになるかも知れん。その場合は上限額が決められている。

労働基準法第91条(制裁規定の制限)に、『就業規則で、労働者に対して減
給の制裁を定める場合においては、その減給は、1回の額が平均賃金の1日分
の半額を超え、総額が1賃金支払期における賃金の総額の10分の1を超えては
ならない』というのがあるさかい、その範囲内か、どうかが問題になる。

『他の人が不配をすると注意するだけで、罰金は取らないそうです』というの
が本当だとして、『私が不配するとたとえ一件でも罰金取ります』というのは、
あんたにとっては不公平で面白くないことかも知れんが、これについても法律
的には取り立てて問題になるほどのことでもない。

ミスを犯した者から罰金を取るか、取らないかは、その事業者次第という側面
が強いから、『注意するだけで、罰金は取らない』というのは何の問題もない。

それと同じように、あんたの場合に関しては『罰金を科す』に値すると判断し
たとしても止むを得ないということになる。

同じ『不配』行為であっても事情と経緯によって、叱責の度合い、ペナルティ
のかけ方に違いが出るのは、世間でもよくあることやしな。個人的な好き嫌い
も含めて。

それでは納得できんと言われるのなら、『ええかっこしいの店長の上の上司』
のさらに上の立場の責任者、経営者あたりに「不公平です」と直談判してみる
という手も残されている。

もっとも、話を聞く限り、あんたの意見に耳を傾ける責任者や経営者は少ない
やろうがな。

なぜか。それは不公平であろうが、なかろうが、あんたが『不配』をしたとい
うのは事実やからや。

それについて『ええかっこしいの店長の上の上司』が下した判断を咎める経営
者は、まずいないやろうと思う。

あんたに求められるのは、まずは『不配』について反省の気持ちを示すことや。
悪いが、あんたの話から、その気持ちや姿勢が何も伝わって来ない。

その反省の弁がなく、『他の人間もしているのに何で自分だけ、そんな目に遭
わなあかんねん』と言われても説得力に欠ける。

それはちょうど、交通違反をして、「他にも違反している者がいるのに、どう
して、俺だけ捕まえるんや」と喚く違反者の姿に似ている。

本人は、それで正当な主張をしているつもりなのやろうが、第三者からは、と
てもそうは見えん。

他の誰かが、どうであれ、『不配』をした事実に対しては、それなりのペナル
ティを受けても仕方ないのやないかな。

まずは、真摯に、それを受け容れるところから始めな、誰もあんたの言うこと
に耳など貸さんと思うがな。

それに、『他の人が不配をすると注意するだけで、罰金は取らないそうです』
というような、あやふやな言い回しは戴けない。

『〜そうです』と、又聞き的なことを言われて、「そら、あかんな」てなこと
を言う責任者や経営者など殆どおらんさかいな。

せめて、『他の人が不配をすると注意するだけで、罰金は取らない』という具
体的な事実、事例を挙げ、それが如何に悪質なことかを主張することや。

『その上司だから自分の思いと違ったので自分の顔を潰されたと思って最近私
に嫌がらせをしてきます』というのも、具体的に誰もが納得できるような事実
を示さないと、単に、あんたの被害妄想からくる思い込みやと思われかねない。

最高責任者や経営者に直談判するのが難しい、できないというのであれば、
「どこにでも、そんな人がいる」と考えて、その店で働く限りは、ほっとくし
かない。

人には相性というものがある。あんたに嫌いなタイプの人間がいるように、相
手にとってもあんたが嫌いなタイプの人間に該当しているということは十分考
えられる。

そうなると、やることなすことがお互いにとって気に食わないということにな
る。

明らかに、相手に非があると客観的に分かる事案であれば、ワシもそれはあか
んと言えるが、『ええかっこしいの店長の上の上司』とか『かなりええかっこ
して言ってたそうです』というのも、あんたが、その人間を嫌っているから、
そんな印象、感想を抱いているとしか思えんという気になる。

『かなりええかっこして言ってたそうです』というのは、人により、ひんしゅ
くを買うことかも知れんが、言うてみれば、それで終わることや。

その一事を以て、悪いと決めつけられることなどできん。それは単に、そうい
う性質の人間というだけのことで済む。

あんたにしても、あんたを知る人から見れば「愚痴や文句の多い、いけ好かな
い人」と思われているかも知れんしな。

『この上司には今後どのように対応して言ったらよろしいでしょうか?』につ
いては、あんたの見方、考え方を変えない限り、今後も悪い方向にしかならん
やろうと思う。

結局は、以前の販売店が、そうやったように、また他の店を探さなあかんこと
になる。

もちろん、そうしたければ止めはせんが、そうしたくないのなら、今の状況を
しっかり認識して、殊更に『ええかっこしいの店長の上の上司』と考えて毛嫌
いはせんことや。

そうすれば、そうするほど、相手も、あんたを目の敵にすることが考えられる。

先ほども言うたが、人は嫌われれば、嫌った人間を嫌うもんや。その時点では
お互い様ということになるが、その場合は立場が上の者の方が圧倒的に有利に
なる。

たいていの場合、下の立場の者は我慢して働き続けるか、その我慢に耐えかね
て辞めるかの二者択一になる。

ベストなのは、その『ええかっこしいの店長の上の上司』とやらを好きになる
ように努力するか、理解する、あるいはすべてを許すことや。

そうすれば、あんたの気持ちの持ち方も変わってきて楽になれると思う。

その次にベターなのは、何を言われても気にせずマイペースを貫くことやが、
今までのあんたの話から、そうするのはとても無理そうやな。

苦言を呈すようやが、相手の欠点や性格ばかりに目を向けて批判していると、
結果として、自分自身を追い込んでロクなことにならんさかい止めておいた方
がええと言うとく。

世の中には自分とウマの合わない人間などゴマンといるし、気に食わないと思
える者もそこら中にいるもんや。そう割り切ることも必要やと思う。

ただ、そんな人たちでも付き合い方次第では味方になることもあるし、友人に
なれることだってある。

少なくとも、摩擦を起こさず付き合っていくことくらいはできるはずや。あん
たの心の持ち方次第でな。

あんたに、それができるか、どうかは分からんが、以上が、ワシからのアドバ
イスということになる。

……………………………………………………………………………………………

5度目は、その2ヶ月後。この時には、前回のワシの回答が無視された形にな
っていると考え、この相談者に対して、かなりきつめに意見させて頂いた。

……………………………………………………………………………………………

https://archives.mag2.com/0000265583/20180112080529000.html   より引用

NO.1420 急に無視する店長について 

投稿者 Sさん  投稿日時 2017.12. 8  AM 7:24


ゲンさんお久しぶりです。

今の職場に移動して1年になります。今の職場の店長のことですけど、以前は
その店長と普通に会話してたけど、最近になってから、その店長とケンカして
たわけもなく揉めてたわけもないのに急に私のこと無視してきました。

原因ばわからないけど、他の従業員の人に対しては、普通に楽しそうに会話し
ているそうです。

職場の人にその店長のこと聞いたら、人によって態度が違うので中には、その
店長が嫌でやめた人もいるそうです。

どこの職場の店長でも自分よりも、強い人には、何も言えなくて自分よりも弱
い人には八つ当たりしたり弱いものいじめしたりするそうです。

どこの新聞販売店の店長は、こんなもんですか?

教えて下さい。


回答者 ゲン


『以前はその店長と普通に会話してたけど、最近になってから、その店長とケ
ンカしてたわけもなく揉めてたわけもないのに急に私のこと無視してきました』
というのは、普通に考えれば何かあったとしか思えんな。

あんたの何気ない言葉や態度に気を悪くしたのかも知れんし、誰かに、あんた
のことを悪く吹き込まれたということも考えられる。

そうでなくても人間の世界では、本人にそのつもりがまったくないにも関わら
ず、些細なことで相手を不快にさせたり、誤解を招いたりすることが往々にし
て起きるもんや。

『原因ばわからないけど、他の従業員の人に対しては、普通に楽しそうに会話
しているそうです』ということが気になって仕方がないのなら、思い切って、

「店長、私に何か気に入らないことでもあるのでしょうか。最近、無視されて
いるように感じるのですが」とストレートに訊くという手もある。

そうすれば、その店長が、あんたを避けている理由を話してくれるかも知れん。

但し、それは1対1の時やないとあかんで。第三者がいるところで、いきなり
そんなことを訊けば、いちゃんもんをつけられた、あるいは文句を言ってきた
と勘違いされて、引っ込みがつかなくなり、よけい話がややこしくなるさかい
な。

まあ、普通、そんなことは訊きにくいやろうとは思うがな。

『職場の人にその店長のこと聞いたら、人によって態度が違う』ということや
が、『人によって態度が違う』てな人間は、どこにでもいる。

こういう場合の対応は、下の立場である、あんたの方から常に挨拶し続けるこ
とがベストやと思う。

根気よく、早朝は「お早うございます」、帰りは「お先に失礼します」と、あ
んたの方から、にこやかに挨拶し続けることや。

よく帰り際に「お疲れさま」と言う人がいるが、それは目上の人間が下の者に
かける言葉やさかい、中には、その一言で気を悪くする人もいるから、そうい
うことも知っておかれた方がええ。

「お疲れさま」より「お先に失礼します」と言うとく方が無難やと。

どんな人でも、毎日、挨拶されたら、挨拶し返さんわけにはいかんようになる
はずやし、それで蟠(わだかま)っていたものが自然に解(ほぐ)れてくるこ
とも考えられる。

最悪なのは、「こっちが挨拶しているのに無視しやがって」と考え、「それな
ら、こっちも」と無視を決め込むことや。こうなると、関係の修復が不可能に
なる。

ただ、「こちらだけ挨拶しても無視されるのは嫌な思いをして損をするだけだ」
と考える人がおられるかも知れんが、それは違うと言うとく。

実は、無視されても挨拶をし続けているという事実が、あんたに対する周りか
らの評価を上げることに繋がるんや。けっして損にはならない。

その両者を見比べた人は、どう思うやろうか。

挨拶をされて無視していると「何と心の狭い人だ」と思われても仕方ないし、
逆に、無視されても挨拶をし続けている人には、「何て度量の大きい人だ」と
見られるのが普通やと思う。

つまり、無視されても挨拶をし続けることが、却って、あんた自身の値打ちを
上げることになるわけや。そう考えれば、嫌な思いをしているという気も薄ら
ぐのやないやろうか。

『その店長が嫌でやめた人もいるそうです』というのは、そういう事実がある
のかも知れんが、それは、あまり気にせん方がええと言うとく。

と言うか、あんたの相談には『そうです』という言葉が連続しとるが、そうい
った又聞きによる先入観はなくした方がええと思うよ。

所詮、又聞きでは、実際どちらに非があるかは分からんさかいな。そういう先
入観が入れば、あんた自身も、その店長のことが良くは見えんようにもなるし
な。

人は悪い部分ばかりに目を向けると際限なく、悪く見えてくるようになる。逆
に、良いところだけを見るようにすれば、良く見えるようにもなる。

人には良いところもあれば悪いところもある。それはあんたやワシについても
言えることや。

それが人間やと理解して頂ければ、ワシの言うてる意味も分かって貰えるはず
やと思う。
                      
まずは、あんた自身が謙虚になって、「ひょっとしたら、何か拙いことでも言
ったか、怒らせるようなことでもしたかしたのかな」と考えて見られることや。

何でもそうやが、相手の非を詰(なじ)るのやなく、自分にも非があるのやな
いかと一歩下がった考え方をすることが、結果として人と人の関係を円滑にす
るのやと思うがな。

『どこの職場の店長でも自分よりも、強い人には、何も言えなくて自分よりも
弱い人には八つ当たりしたり弱いものいじめしたりする』というのは論外やが、
それにしても『そうです』とあるから又聞きの域を出ていないようや。

悪いが、又聞きや憶測の入った相談に乗る気にはなれんさかい、それに対して
のコメントは控えさせて頂く。

また、『八つ当たりしたり弱いものいじめしたり』という事が本当にあるのな
ら、その具体的な事例を示して貰わないと判断のしようがないとも言うとく。

物の見方にはいろいろあって、一方から見ただけでは判断を誤ませるようなこ
とはいくらでもあるさかいな。

具体的な事例があれば第三者としての公平な目で判断ができる。アドバイスは、
それなくしてはできないと考えて欲しいと思う。

あんたの場合は『以前はその店長と普通に会話してた』ということのようやか
ら、あんたも別に嫌っていたわけやないと思う。

それであるなら、挨拶をし続けることで、その関係が、まだ修復可能やないか
な。もっとも、どうされるかは、あんたの判断次第やけどな。

『どこの新聞販売店の店長は、こんなもんですか?』というのは、当然のこと
ながら違う。

人間の社会が、そうであるように新聞販売店にも良い人もいれば悪い者もいる。
また、見る人次第で良くも悪くも見えるということがある。

世の中に『こんなもの』というのは存在しない。それが、存在するとすれば、
その人が『こんなもの』と思い込んでいるだけのことにすぎないと思う。

……………………………………………………………………………………………

そして、今回、6度目の相談が、つい先日、2018年9月21日にあった。

……………………………………………………………………………………………

件名 無愛想で浮き沈みが激しい店長との接し方

投稿者 Sさん  投稿日時 2018年09月21日 午後 1:23


こんにちはご無沙汰しています。店長のことですけど、店長は誰とも挨拶しな
いけど、言う人や自分のお気に入りの人に対しては、どんなに機嫌が悪くても
ニコニコ笑って会話します。

自分の嫌いな人に対しては無表情で会話ひとつもしないし、自分の嫌いな人が
仕事でミスをすると揚げ足とった見たいな言い方をして相手を批判して、自分
の都合悪いことはそんなこと言ったかなと言って上手いこと逃げます。

お気に入りの人が仕事でミスをすると気つけてやと笑ってすまします。

店長が配達してる地域のお客さんには無愛想で評判は悪くて集金人さんでも納
金持って来ても挨拶はしないし、ご苦労様の一言がないから店長がいないとき
に納金持ってきます。

無愛想で浮き沈みの激しい店長と、どのように接したらよろしいでしょうか?

アドバイスをお願いします。


回答者 ゲン


『無愛想で浮き沈みの激しい店長と、どのように接したらよろしいでしょうか
?』ということについては、あんたから寄せられた過去の似たような相談の回
答で何度も言うてるはずやけどな。

それでも敢えて、『アドバイスをお願いします』ということなら、今までの回
答と重なるが、そんな上司とは適当に距離をおいて接することや。

それができそうもないのなら、あんた自身で今後の身の振り方を考えるしかな
いと思う。

『自分の嫌いな人に対しては無表情で会話ひとつもしないし、自分の嫌いな人
が仕事でミスをすると揚げ足とった見たいな言い方をして相手を批判して、自
分の都合悪いことはそんなこと言ったかなと言って上手いこと逃げます』とい
う上司など、どこにでもいとると割り切らなあかん。

『お気に入りの人が仕事でミスをすると気つけてやと笑ってすまします』とい
うのも含めて、そんな人間なんやと考えるしかない。

もっとも、そんな人間でも上司やから、表向き反抗するようなことはせず、何
を言われても「はい、はい」と受け流しておくことや。

対立すれば、立場上、困ることになるのは下の者、弱い立場の者と相場が決ま
っとるしな。

以上が、今回の相談に対するワシからのアドバイスや。

あんたからの相談は、これで6度目くらいになると思うのやが、どこまでワシ
のアドバイスが届いているのか、少しに疑問に感じられる。

通常の相談者は、「アドバイスが役に立ちました」とか、「アドバイスどおり
にしましたがダメでした」といった具合に感想を添えて、次の質問、相談をさ
れて来られるのやが、今までのところ、あんたにはそれがない。

アドバイスをしたことに対して感謝してくれとまでは言わんが、せめて、それ
らのアドバイスの是非、結果くらいは教えて欲しいと思う。

あるいは、ワシのアドバイスに対して反論があるのなら、それを伝えて頂きた
い。

残念ながら、あんたには、それがない。正直言うて、伝わっているのか、どう
かすら分からないアドバイスをするのは、しんどい。

あんたは、いつも特定の「店長」に対する不満を口にされておられるが、以前
の回答で、

……………………………………………………………………………………………

人は悪い部分ばかりに目を向けると際限なく、悪く見えてくるようになる。逆
に、良いところだけを見るようにすれば、良く見えるようにもなる。

人には良いところもあれば悪いところもある。それはあんたやワシについても
言えることや。

それが人間やと理解して頂ければ、ワシの言うてる意味も分かって貰えるはず
やと思う。
                      
まずは、あんた自身が謙虚になって、「ひょっとしたら、何か拙いことでも言
ったか、怒らせるようなことでもしたかしたのかな」と考えて見られることや。

何でもそうやが、相手の非を詰(なじ)るのやなく、自分にも非があるのやな
いかと一歩下がった考え方をすることが、結果として人と人の関係を円滑にす
るのやと思うがな。

……………………………………………………………………………………………

と言うたように、今回も同じことを言わせて頂く。

他人の悪口を言う前に、ご自分はどうなのかと省みられることを勧める。

言うて悪いが、ワシは自分のことを棚に上げて、他人を腐す人間は好きにはな
れん。例え、あんたの言うてることが100%本当やとしてもな。

もっとも、人の悪口をワシらに言うて気が済まれるというのなら、それはそれ
でええ。いくらでも聞く。

ただ、それについてのアドバイスやコメントは、おそらく同じにしかならんや
ろうと思う。

そして、サイトやメルマガに掲載するのは今回が最後になると言うとく。誰も
他人に対する悪口や不満を聞きたいとは思わんさかいな。

……………………………………………………………………………………………

ちょっと辛辣にすぎた回答やったかも知れんが、これで、この相談者の方が、
ワシの言うてる意味を理解して頂けたらええのやけどな。

冒頭でハカセが『同じような相談をしなければいけない、あるいは、そうなっ
てしまう理由が何かあるのではないでしょうか』と言うてたことは、結局、ワ
シらには分からんかった。

この相談者の言動から心理的、精神的な分析で分かるのかも知れんが、ワシら
はセラピストでも精神科医でもないさかい、それを判断するのはとても無理や。

結果、何も分からないと言うしかない。

もっとも、今回のワシの回答で何らかの返答があれば、その内容次第では、こ
の相談者にワシらでは伺い知れない闇のようなものがあると推測できるのかも
知れんがな。

あるいは、脅迫観念、思い込みの強い人なのか、単にそういう性質の人なのか
といった点についても。

いずれにしても、この相談者からのワシの回答に対する返信を待ちたいと思う。


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

■HP『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』新着情報

しばらくの間、このコーナーは休止とさせて頂きます。


『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』
URL http://siratuka.sakura.ne.jp/
Mail  hakase@siren.ocn.ne.jp 管理人 ハカセ

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

有料メルマガ『白塚博士の有料メルマガ長編小説選集』のお知らせ


メルマガスタンド「まぐまぐ」で有料メルマガ『白塚博士の有料メルマガ長編
小説選集』
http://siratuka.sakura.ne.jp/newpage14.html
 
月額 216円  配信予定日 毎週土曜午前中。 
登録にはクレジットカードが必要  登録当月無料。 

PC、携帯、スマートホン、iPad のメールアドレスから登録可能

『第1話 新聞販売店残酷物語 恩讐の彼方から』完結

『第2話 我ら、やもめ団ここにあり』完結

『第3話 大津坂本人情街道秘話』完結

『第4話 狙われた男たち』完結

『第5話 新聞大逆転の法則』完結

『第6話 黎明期の新聞拡張物語 神武梅乃の伝説』完結

『第7作 新聞業界暗黒物語 悪い奴ら』完結

『第8作 黎明期の新聞拡張物語 受け継がれる伝説』完結

『第9作 カポネによろしく』2017. 4.15 配信開始


著者 白塚 博士

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

書籍販売のお知らせ 

作品題名『ゲンさんの新聞勧誘問題なんでもQ&A選集 電子書籍版パート1』
http://siratuka.sakura.ne.jp/newpage21.html

Kindleストア
http://www.amazon.com/dp/B00EA0NDFU

honto電子書籍ストア(「ゲンさん」で検索)
http://honto.jp/ebook.html

ゲンさんの新聞勧誘問題なんでもQ&A選集 電子書籍版パート1
http://honto.jp/ebook/pd_25182317.html

著者 白塚 博士
出版社 みずほ出版
販売価格350円
購入はPCでも可能。但し、PCでは今のところ読めません。
対応端末 
Kindleタブレット、iPhone、iPad、Androidスマートフォン、
Androidタブレット、Androidタブレット大


作品題名『新聞拡張員ゲンさんの新聞勧誘問題なんでもQ&A選集』
著者 白塚 博士
出版社 みずほ出版
販売価格 1,470円(税込み)

販売方法 インターネット
Amazon(アマゾン)での販売は在庫が少なくなったため終了しました。
今のところ増刷の予定はありません。
代金引換郵便……2010年9月1日より日本全国送料、代金引換手数料無料。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 
メールマガジン:ゲンさんの新聞業界裏話
発行日:毎週金曜日

発行責任者:ハカセ
公式サイト:『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』
URL  :http://siratuka.sakura.ne.jp/
Mail  : hakase@siren.ocn.ne.jp

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
記事を読んだら、あなたの評価をつけてください。
評価は3段階で簡単にできますので、本メールの一番下からご参加ください!
___________________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2008-05-25  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 91 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。