雑学

古今東西よもやま話

昔から現代まで、それぞれの国や地方の人々の暮らしの中でさまざまな出来事が起き、それに関わる「お話」があります。これまで受け継がれてきたその日常的、非日常的な伝承を織り交ぜて書いてみます。

全て表示する >

アラビア文字はなぜ右から書くの?

2008/11/07





 □===========================□

     ―――古今東西よもやま話―――15号

 □===========================□

  ★ 文字を横書きするとき日本の漢字やかな、ローマ字は左
    から右へ書きます。ところがアラビア文字は逆で右から
    左へ書きます。どうして他の一般的な書き方と逆なので
    しょうか。
  
  ★ 私どもの生活にはいろいろな記号が使われています。そ
    の中で日常よく知られているドル、円、ポンド、ユーロ
    の貨幣について、その記号の由来について書いてみます。

 △△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△


   《 なぜアラビア文字は右から書くのか? 》


 英語やヨーロッパ各国の文字は左から右へ書くのに、アラビア文字

はどうして右から左へ書くのだろうか。

 もともと英語のアルファベットであるラテン文字やアラビア文字は

今から3500年ほど前、地中海の東岸シリア沿岸北部に居住していたフ

ェニキア人が使っていた文字だった。

 このフェニキア文字が右から左へ書かれていて、その後ギリシャ文

明に受け継がれてアルファベットの起源になった。

 これが、いつ頃から左から右へ書くようになったのかは確たる史料

がないが、ギリシャからローマに伝わったアルファベットは西暦初年

ごろから左から右へ書くようになったと考えられている。

 どうして左から右へ変わったのかについては、アラビア語は母音が

少なかったので左右どちらから書いてもそれほど気にはならなかった

が、ギリシャ語は母音が多いので右か左か書く方向を決めねばならな

い過程で、これまでとは反対の向きに書くようにしよう考えたのだろ

うかと言語学の専門家はみている。

 そして、今使われている各国の文字の中で、右書きのものはアラビ

ア文字とヘブライ文字の2種類だけだそうだ。

 ただ右からの書き方で厄介なのは数字の書き方。

 数字は、元々インドで使われていたアラビア数字は左から書くので

同じ「アラビア」でも文字は右から、数字は左からとヤヤコシイ。

 それで右から書いていて、数字を書くときは左から読んだ右端の数

字から逆に書くという面倒な書き方をせねばならない。

 例えば、右から書いていって数字の1234を書くときは4321

と書き、読むときは左から1234と読む。

 数式も2+3=5は右から5=3+2と書いて左から2+3=5と

読むそうだ。

 もっとヤヤコシイのは音楽の楽譜。小学校の教材のように楽譜に歌

詞が付いている場合、楽譜は左書きで歌詞は右書きというわけにいか

ないし、楽譜の音符と歌詞はそれぞれ対になっているのだから歌詞に

合わせて楽譜も右書きになっているそうだ。

 考えてみるに現在使っているアルファベットの起源をたどると当時

「正常」な書き方だった右から書くフェニキア文字に辿り着く。

 それが年代が下がるにつれ、左から書くラテン文字が本流となって

しまったわけ。

 だからこのタイトルも「なぜアルファベットは左から書くのか?」

とした方が適切なのかも知れない。


 ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽


   《貨幣記号の由来》


  $について
  
 アメリカの貨幣単位ドルは元々 dollar でダラーと発音するのにこ

の言葉が入ってきた明治時代の初めごろ日本式にドルラルと呼んでい

たのが縮められてドルになった。

 記号は $ でSに縦棒が一本と二本と2種類ある。(パソコンでは

$しか出ない)

 この記号になった訳は、アメリカがまだ独立する前の北米地域のメ

キシコとそのメキシコを支配していたスペインの通貨ペソがその根源

だとされている。

 ペソを表すPとSを重ねて書く内に$になったといわれる。$の棒

が二本の場合はヘラクレスの柱を表しているそうだ。

 ヘラクレスの柱とは?

 ギリシャ神話によると、大昔の地中海の西端はヨーロッパとアフリ
カは地続きだった。これは海洋民族のギリシャ人にとっては外洋への
出口がなく非常に都合の悪いことだった。
 そこで、状況の解決を願われたギリシャ神話で最大の英雄であるヘ
ラクレスは地中海西端の大地を南北二つに割ってギリシャ人に大西洋
へ航行する出口をつくってやった。
 こうして出来たのがジブラルタル海峡で、割れた大地が再び元に戻
らぬようにヘラクレスはイベリア半島の今のスペイン南端とアフリカ
のモロッコ北端に巨大な柱のようにそそり立つ岩山を建てた。

 話が横道にそれました。元へ戻します。

 ドル記号にヘラクレスの柱に見立てた二本棒が描かれているほかに

スペインの象徴としてその国章と国旗にもリボンを巻かれたヘラクレ

スの柱が図柄として描かれている。
 

 ¥について

 円の貨幣記号は ¥ 。円は“えん”だからローマ字では en のはず

だが英米人にはインでエンと発音してくれない。そして当時幕末では

円の「エ」は“わ行”の「ヱ」で「je イェ]と発音していた。この発

音によると江戸はYedo、蝦夷はYezo、恵比寿はYebisuとなる。

 それで円はYenとなりイェンと発音し、YenのYに二本の短い横線を

入れて¥となった。二本の横棒にはさして意味はないそうだ。


 £について

 イギリスの通貨は古代ローマ時代からの影響をいくつか受け継いで

いて今のポンドを使う前は重さの単位でもあるライブラ(libra)と言

っていた。

 それで通貨の記号は libra の L の筆記体に短い横棒を入れて£と

なった。

 そのあと、ポンドというやはり重さの単位が通貨の単位としても使

われるようになった。

 そのため、お金の単位がライブラからポンドと名称を変えても永い

間イギリスでは通貨の記号はライブラをお金の単位として慣れ親しん

できたので、£のまま現代に至っているのだそうだ。
 
  
 ユーロ記号について

 1999年にヨーロッパの共通通貨として生まれたユーロ。その記号は

⊂に短い二本の棒が横に突き出ている形。Europa(ヨーロッパ)のEに

似ている。

 (ユーロの記号はパソコンに出ますが、機種依存文字で使えないの
で字形の説明で換えました)

 
 ⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔


 よく「60歳過ぎたら家のローンなど組むなよ。大変なことになる

ぞ」と言いますね。

 私がその60歳過ぎて、それをやってしまったのです。なぜ家を買

ったのかの経緯は省きますけど・・・。

 ホント大変です。第一、働こうにも職などありません。

 ツテや先輩の紹介で短期的な仕事で食い繋ぎ、二進も三進もいかな

い中で、あと3万でもあればと思っていた時このホームページに出会

いました。

 http://fortuneoy.sakura.ne.jp/kisgr/nabe/

  そしてこの仕事を始めるキッカケになりました。

 今では、希望額以上の収入になり、これで先行き明るくなりそうで

す。本当にこの巡り合わせに感謝しています。


 ◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

メールマガジン名 古今東西よもやま話
発行者は     寸言居士
このメルマガのお問い合わせは:nvuj44@yahoo.co.jp
解除URLは: http://melma.com/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2008-01-15  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。