海外旅行

地球の歩き方WEB通信

「地球の歩き方」の新刊案内はもちろん、海外格安航空券&パッケージツアー情報からホームページの人気コンテンツ紹介など、最新の海外旅行情報をお届けします。


全て表示する >

【編集部だより】表紙クイズ/初日の出/沖縄隠れ家/パク・シフ

2009/12/22


 今日は冬至。太陽が南回帰線を通り、一年で最も夜が長い日。極圏では
 極夜となり、まったく陽が昇らない景色が見られます。高い山やビルが
 落とす影も最長で、赤い荒野に伸びる残丘の黒い影も印象的な眺めです。
 あすからは昼が長くなる。いのちが息を吹き返す春が近づく。そんな
 きたる年の幸せを念じて、ご来光を仰ぐ時候となりました。一陽来復。

★☆★当メルマガ恒例の「ガイドブック表紙あて」クイズも
   本メールの最後にあります。ふるってご応募ください★☆★

◆―――――――――――――――――――――――――――――――――
◆「地球の歩き方」編集部による、新刊情報&最新記事をご紹介!
◆―――――――――――――――――――――――――――――――――

◆◇◆【編集部おすすめの旅】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 とっておきのロケーションで初日の出
 2010年はココで決まり!
http://cz.arukikata.jp/cl/X0365761/1/1998830/2201000030 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 2010年を特別な一年にするため、ちょっとユニークな場所で初日の出を
 拝んでみませんか?
 ズバリおすすめはカンボジアのアンコール遺跡。
(写真はこちら↓↓)
http://cz.arukikata.jp/cl/X0365761/1/1998830/2201000030 

 暗闇の中のアンコール・ワットが徐々に明るくなり、背後が真っ赤に染まる
 神秘的な瞬間は、信心が少なくったって、心を打つもの。

 まだまだ物足りないという人なら、ヒンドゥーの聖地であるバナーラスの
 ガンガー(ガンジス河)で沐浴しながら迎える初日の出はいかがでしょう。

 モーセが十戒を授かったシナイ山(エジプト)で、御来光を拝むというのも
 聖なる事始めにぴったりです。(コラム集「歩き語ログ」もご覧ください)
http://cz.arukikata.jp/cl/X0365761/2/1998830/2201000030 
 
 フィジーにあるタベウニ島は、日付変更線が島を二分しているので、
 世界でいちばん早く初日の出を拝むことができる場所。年が明けても
 日付変更線をまたげば2009年に戻ることもでき、誰よりも遅く1年最後の日没を
 観賞することができます。

 常夏の南太平洋では、ニューカレドニアやバヌアツなども人気の島。
 素敵なリゾートで新年を迎えるっていうのもロマンチックですよね。

▼アンコール遺跡を徹底紹介。日の出撮影のコツがわかるかも
ガイドブックD22 アンコール・ワットとカンボジア
http://cz.arukikata.jp/cl/X0365761/3/1998830/2201000030 

▼ガンジス河から拝む初日の出で人生観がかわっちゃうかも
ガイドブックD28 インド
http://cz.arukikata.jp/cl/X0365761/4/1998830/2201000030 

▼シナイ山の御来光、砂漠ならではの満天の星と日の出のダブル御利益
ガイドブックE02 エジプト
http://cz.arukikata.jp/cl/X0365761/5/1998830/2201000030 

▼世界で最初の初日の出を見ることができるタベウニ島へ
ガイドブックC06 フィジー/サモア/トンガ/ツバル/ニウエ/ウォリス&フトゥナ
http://cz.arukikata.jp/cl/X0365761/6/1998830/2201000030 

▼南太平洋のリゾート地ニューカレドニアでも日本より早い初日の出が!
ガイドブックC07 ニューカレドニア/バヌアツ
http://cz.arukikata.jp/cl/X0365761/7/1998830/2201000030 


◇◆◇【新刊レポート!】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 旅先選びのための雑誌『今、こんな旅がしてみたい!』 絶賛発売中!
 メルマガ限定! 担当編集者イチオシ・エリアはここ!
http://cz.arukikata.jp/cl/X0365761/8/1998830/2201000030 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 雑誌『今、こんな旅がしてみたい!』 2010年版を、今年も発売!
 特集では、世界中から厳選した最旬の旅先30ヵ所を発表します。

 30ヵ所のうちの“30番目”に本誌で紹介されている「ペトラ遺跡」が、
 その中でも特に、担当編集者Yのイチオシ。

 ヨルダンにあるペトラ遺跡は、映画「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」
 の舞台にもなったエル・ハズネとよばれる霊廟など、荘厳とした建築が
 数多く存在する地。崖をくりぬいて作られた巨大な霊廟を目の前にすると、
 その存在感に思わず圧倒されてしまいます。
 オススメしたい最大のポイントは、エル・ハズネに辿り着く最後の
 アプローチ。両側を100m近い断崖に挟まれた狭く曲がりくねった道を
 歩いていくと、最後に岩の間から巨大神殿のようなエル・ハズネが
 その姿を現します。その瞬間がこの上なくドラマチックなのです。

 本誌には、この他、珠玉の旅先が詰まっています。次の旅の参考にぜひ!
 
 雑誌『今、こんな旅がしてみたい!』は、全国書店および
 一部のミニストップで絶賛好評発売中!
  売り切れ店が続出のため、書店へお急ぎください。
 
▼地球の歩き方編集部・新刊情報
http://cz.arukikata.jp/cl/X0365761/9/1998830/2201000030 

▼本誌特設ウエブサイト“今旅@WEB”(選ばれた30ヵ所も公開)
http://cz.arukikata.jp/cl/X0365761/8/1998830/2201000030 

▼航空券10万円分が当たる! アンケートも実施中
http://cz.arukikata.jp/cl/X0365761/10/1998830/2201000030 


◆◇◆【冬休みおすすめの新刊】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
冬の沖縄旅は、地元感たっぷりの穴場スポットへ
http://cz.arukikata.jp/cl/X0365761/11/1998830/2201000030 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 沖縄旅の本当のおもしろさは、二度目以降の訪問で、
 さらにその先の沖縄を知ることで、見えてきます。

 青くきらめく自然の姿のままのビーチ、
 島の素材を堪能できる看板のないレストラン、
 絶景をひとり占めできるカフェ…。

 そんな極上スポットの魅力にふれる旅へ出かけませんか?

 このたび、地球の歩き方BOOKSシリーズから
 沖縄をテーマにした新刊『沖縄 南の島の私の隠れ家』が発売。

 本書は、沖縄在住著者おすすめのとっておきスポットを
 紹介する、ビジュアルガイドです。

 一般的な観光スポットは、あえて載せていません。
 沖縄本来の雰囲気が味わえる、地元感たっぷりの
 穴場スポットだけを掲載しています。

 ちょっと人と違う旅をしてみたい方に、 おすすめの一冊です。

▼『沖縄 南の島の私の隠れ家』
http://cz.arukikata.jp/cl/X0365761/11/1998830/2201000030 

▼『沖縄の歩き方 本島&離島 2010〜11』も好評発売中!
http://cz.arukikata.jp/cl/X0365761/12/1998830/2201000030 


◆◇◆【おすすめレポート】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 来年の旅行プランにはこんな国も入れてみたらいかがでしょうか。
 北部エストニア――静謐なる田園の魅力
http://cz.arukikata.jp/cl/X0365761/13/1998830/2201000030 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 バルト、エストニアと聞いても大相撲の力士・把瑠都しか思い浮かばない。
 いまだなじみの薄いエストニアですが、空路9時間半のフィンランド・
 ヘルシンキから乗り継ぐことわずか30分。接続によってはスペインやスイス
 よりもはるかに近い国なのです。

 今回は世界遺産で有名な首都タリンから車で2時間ほど走った、静謐な街、
 北部エストニアを訪ねてみました。

▼北部エストニア――静謐なる田園の魅力
http://cz.arukikata.jp/cl/X0365761/13/1998830/2201000030 


◆◇◆【現地取材特集】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 コロンビア連載特集−2「カリブの海賊」のモデル!
 世界遺産の城壁都市「カルタヘナ」へ
http://cz.arukikata.jp/cl/X0365761/14/1998830/2201000030 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 2010年行ってみたい注目の国、コロンビアの特集を連載でお届けしています。

 レポート第2弾はコロンビア最大のリゾート地として人気のカルタヘナ。
 降り注ぐ太陽とカリブ海のビーチを持つ世界遺産の街です。
 大航海時代の莫大な富を巡って繰り広げられた戦いの歴史が思い浮かぶ
 中世からのコロニアルな街並みを紹介します。

▼「カリブの海賊」のモデル! 世界遺産の城壁都市「カルタヘナ」へはこちらから
http://cz.arukikata.jp/cl/X0365761/14/1998830/2201000030 


◆◇◆【取材日記】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 近況リアルレポ「チェンラーイに行く時に寄り道したい二つの村」
http://cz.arukikata.jp/cl/X0365761/15/1998830/2201000030 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 円高の今だからこそ楽しめる北部タイのレポート。今回は第2回です。

 北タイの中心都市チェンマイから第2の都市チェンラーイへは、バスで
 わずか3時間の距離。しかし山あいの小さな町や村へ寄り道しながら、
 ゆったりと移動するルートもバックパッカーの間で静かな人気があります。
 今回は、たまには小さな町や村へも行きたい、という人におすすめの
 そのルートを紹介します。

 卒業旅行でタイを考えている方、必見です。

▼「チェンラーイに行く時に寄り道したい二つの村」はこちらから
http://cz.arukikata.jp/cl/X0365761/15/1998830/2201000030 


☆仝☆【プレゼント】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 韓流スター、パク・シフさんの直筆のサインをプレゼント
 ファンミーティングに潜入してきました
http://cz.arukikata.jp/cl/X0365761/16/1998830/2201000030 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★仝★

 ドラマ「イルジメ」や「家門の栄光」でじわじわと人気が高まっている
 韓流スター、パク・シフさんのファンミーティングが開かれました。

 日比谷公会堂に集った約2000人を前に、歌やダンスを披露するだけでなく
 客席からの質問に直接答えたり、ドラマで着た衣装をプレゼントしたりと、
 会場全体が興奮のルツボとなる熱いイベントでした。

 そんなイケメン俳優パク・シフさんが、「ソウルの歩き方2010-11」で
 特別インタビューに登場。ソウルでのおすすめスポットや、理想のデート
 プランなど本誌だけに語ってくれたとっておきネタがいっぱいです。

 しかも今回は大サービス。パクシフさん直筆のサインを5名様に
 プレゼントします! 詳しい応募方法は誌面にて。ふるってご応募ださい!

▼注目の韓流スター パク・シフさんファンミーティング潜入レポート
http://cz.arukikata.jp/cl/X0365761/16/1998830/2201000030 

▼「ソウルの歩き方2010-11」はこちら
http://cz.arukikata.jp/cl/X0365761/17/1998830/2201000030 


◎◎◎【ニュースリリース】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 第3回ヨーロッパ・メディア・デーにて
 地球の歩き方編集部のポルトガル作品がウェブサイト部門特別賞受賞
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎◎◎

 12月10日、ETC(在日ヨーロッパ観光委員会)主催の、第3回
 ヨーロッパ・メディア・デーのウェブサイト部門で、地球の歩き方
 編集部は、準優勝にあたる特別賞を受賞いたしました。

 受賞作品は、ポルトガルを扱った「amazing portugal」。
「技巧に頼りすぎずに素材をどう活かすか、今回のテーマである<出逢い>と
<驚き>をいかに演出するかを出版社という立場で真摯に考えた」という
 構成内容と操作性が高く評価され、今回の受賞となりました。
 
 ヨーロッパ・メディア・デーは、在日ヨーロッパ各国政府観光局で
 構成されるETCが、ヨーロッパの観光を促進する優れたメディア
(雑誌・テレビ番組・ウェブサイト)と認めた作品を表彰するもので、
 今回で3回目を迎えています。

▼特別賞受賞作品「amazing portugal」はこちら
http://cz.arukikata.jp/cl/X0365761/18/1998830/2201000030 


★☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【表紙あてクイズ】この本のタイトルは?
http://cz.arukikata.jp/cl/X0365761/19/1998830/2201000030 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 大人気「地球の歩き方ガイドブック」シリーズの表紙あてクイズ。
 上記URLをクリック、何編のイラストか当ててください!

 ご応募はクイズページの《応募する》ボタンからフォームでご回答ください。
(以前の応募用メールアドレスでは届きませんのでご注意ください)

 応募締切は2010年1月22日、正解は1月26日配信のWEB通信で。
 正解者のなかから抽選で1名様に
 2010年1月発行の「地球の歩き方」最新刊からご希望の1冊をプレゼント!

☆★前々回の【表紙あてクイズ】の正解と皆さんからのコメント(抜粋)、
   そしてご当選者はこちら↓↓↓
http://cz.arukikata.jp/cl/X0365761/20/1998830/2201000030 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 このメールは地球の歩き方WEB通信にご登録いただいた方にお送りしています。
【バックナンバー】
http://www.arukikata.co.jp/mail/backnumber.html
【メールマガジンに関するお問い合わせ先】
https://form.arukikata.co.jp/TWAS_FORM/?userid=arukikata&formid=121

 編集・著作:地球の歩き方WEB通信編集部
※当メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。
 (C) Diamond Big Co.,Ltd.
 (株)ダイヤモンド・ビッグ社 「地球の歩き方」
 東京都港区赤坂3-5-2 サンヨー赤坂ビル
 (C) Globe-Trotter T&E Inc.
 (株)地球の歩き方T&E
 東京都新宿区新宿3-1-13
--------------------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-09-06  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 88 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。