海外旅行

地球の歩き方WEB通信

「地球の歩き方」の新刊案内はもちろん、海外格安航空券&パッケージツアー情報からホームページの人気コンテンツ紹介など、最新の海外旅行情報をお届けします。


全て表示する >

地球の歩き方新着特集ニュース/WEB通信Vol.355

2008/09/09

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆ロスアンゼルス往復航空券やNikon D40レンズキットがあたる!◆◆◆
 旅のお金を賢く選ぶなら、安心かつ便利なトラベラーズ・チェック(T/C)
 がオススメ! T/Cを使ったロスアンゼルスの旅の様子を公開中。
 T/Cを購入された方の中から抽選で豪華賞品があたるキャンペーン実施中。
 詳しくは ⇒ http://www.arukikata.co.jp/amextc
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 本日9月9日は「重陽の節句」「救急の日」。
 おもしろいところでは「手巻寿司の日」(くるくる巻く)や
「カーネルズ・デー」(某フライドチキン店の創業者誕生日)、
 なんていうのも。

 そろそろ食欲の秋本番、今月は連休を利用して
 美食めぐりの旅なんていいですね!

 もちろん、海外旅行からご帰国の際はお忘れなく1票を!

▼「地球の歩き方 エアライン★ランキング」投票キャンペーン中!
https://www.arukikata.ne.jp/cgi/aspservice/contribute/form.cgi?p=36bi6Pbui56Dtsjr6

 さて、
 まずは当メルマガ恒例の「ガイドブック表紙あて」クイズからスタート! 

★★【クイズ】この本のタイトルは?★★ 
http://www.arukikata.co.jp/mail/cover86.html 

 上記URLをクリックすると「地球の歩き方ガイドブック」の
 表紙イラストが現れます。

 何編の表紙かタイトル(○○編)をお答えください。
 クイズに対するコメントやWEB通信のご感想なども
 お書き添えくださればうれしく存じます。

★前回のクイズの正解と今回の「ヒント」は、 
 このメールの文末のほうにあります。 

▼ご応募はこちらから(お一人1回)▼ 
mailquiz@arukikata.co.jp 
  
 正解者のなかから抽選で1名様に 
 2008年9月発行の「地球の歩き方」最新刊のうち、 
 ご希望の1冊をプレゼントします。


■もくじ============================================================ 

【1】初心者でもパリ通になれる! とっておきのパリ散歩
  「地球の歩き方MOOK パリの歩き方 2009-10」のご紹介
http://blog.arukikata.co.jp/guidebook/i_books/archives/2008/09/m_05610-3.php

【2】「地球の歩き方 エアライン★ランキング」
   夏&秋の海外旅行、利用した航空会社の評価は?
https://www.arukikata.ne.jp/cgi/aspservice/contribute/form.cgi?p=36bi6Pbui56Dtsjr6
 
【3】特集記事◆クイズ? グダンスクの歩き方
http://www.arukikata.co.jp/webmag/2008/rept/rept34_080800.html
 
【4】特集記事◆ブラジル現地取材レポート第3弾 
      新・世界七不思議とは? リオ・デ・ジャネイロ
http://blog.arukikata.co.jp/guidebook/s_article/archives/2008/09/post_44.html

【5】特集記事◆映画『セックス・アンド・ザ・シティ』特別企画
   緊急座談会&おしゃれなニューヨークの歩き方
http://blog.arukikata.co.jp/guidebook/s_article/archives/2008/08/post_45.html

【6】地球の歩き方×学習院生涯学習センター◆秋の講座募集中!
  「世界遺産100」「トラベルライター入門」「大人の京都学講座」
http://www.arukikata.co.jp/kouza/manabu/

【7】新登場!ハワイのスピリチュアルヒーリングツアー
http://arukikata-op.jp/ 

【8】旅のコラム/旧満鉄総裁室を公開〜大連満鉄旧跡陳列館
   『地球の歩き方ガイドブック 大連・瀋陽・ハルビン』
   編集担当 中村正人

◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】初心者でもパリ通になれる! とっておきのパリ散歩
  「地球の歩き方MOOK パリの歩き方 2009-10」のご紹介
http://blog.arukikata.co.jp/guidebook/i_books/archives/2008/09/m_05610-3.php
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

 何はなくとも、一度は行ってみたい憧れの街、パリ。
 いや、一度と言わず、何度でも行きたい街です。

 漠然とした憧れがつのり、旅立つことを決めたものの、
 実際に、どこで何をしたらいいのかはわからない・・・
 という人のために、新しいガイドブックができました!

 テーマは「パリ散歩」。
 初心者でもパリ通になれる、とっておきのモデルコースを、
 パリ在住アーティストの猫沢エミさん、お菓子研究家の
 いがらしさん、デザイナーの木戸麻里子さんがナビゲートします。

 このほか、話題のビオ(オーガニック)レストランやビストロ情報も。
 パリの今を知りたい人、必見のガイドブックです。

 ぜひ、書店で手にとってみてくださいね。

▼「地球の歩き方MOOK パリの歩き方 2009-10」
http://blog.arukikata.co.jp/guidebook/i_books/archives/2008/09/m_05610-3.php

 ◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】「地球の歩き方 エアライン★ランキング」
   夏&秋の海外旅行、利用した航空会社の評価は?
https://www.arukikata.ne.jp/cgi/aspservice/contribute/form.cgi?p=36bi6Pbui56Dtsjr6
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

 先週、東欧旅行から帰国した友人の、
「機内で出された赤ワインがおいしくて感動した!」
 という発言がきっかけとなり、そもそも同じワインで
 地上と空の上で味わいは変わるのか、
 変わるとしたらそれを計算してセレクトされたのか、
“空の上のソムリエ”なんてカッコイイよね・・・
 などと話が盛り上がりました。

 この夏、海外旅行で飛行機に乗った方、
 満足度と合わせて、素朴なギモンや思いつきがあったら
 ぜひ一緒に聞かせてくださいね♪

 ちなみに
▼「地球の歩き方 エアライン★ランキング」キャンペーン&投票
⇒パソコンからのご応募はこちら
https://www.arukikata.ne.jp/cgi/aspservice/contribute/form.cgi?p=36bi6Pbui56Dtsjr6

⇒携帯電話からのご応募はこちら
http://www.arukikata.co.jp/webmag/airline/m/


◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】特集記事◆クイズ? グダンスクの歩き方
http://www.arukikata.co.jp/webmag/2008/rept/rept34_080800.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

 突然ですが、クイズです。

 問1:そもそも「グダンスク」って、どこでしょうか?

 問2:第2次世界大戦が始まった地って本当?

 問3:世界で最も美しい音色と称されたパイプオルガンがある?

 旅ゴコロを刺激される全18問はこちら↓↓

▼クイズ? グダンスクの歩き方
http://www.arukikata.co.jp/webmag/2008/rept/rept34_080800.html


◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4】特集記事◆ブラジル現地取材レポート第3弾 
      新・世界七不思議とは? リオ・デ・ジャネイロ
http://blog.arukikata.co.jp/guidebook/s_article/archives/2008/09/post_44.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

 連載特集・最終回は、「地球の歩き方ガイドブック ブラジル」編
 編集担当によるリオ・デ・ジャネイロの名所ベスト3です。

 サッカーファンの聖地マラカナン・スタジアムや
 新・世界七不思議にも選ばれたコルコバードの丘のキリスト像、
 そしてぜひ見て頂きたいのが、「砂糖パン」という名前の巨岩。

 未知の世界が広がる南米への旅を満喫してください。

▼新・世界七不思議とは? リオ・デ・ジャネイロ
http://blog.arukikata.co.jp/guidebook/s_article/archives/2008/09/post_44.html


◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【5】特集記事◆映画『セックス・アンド・ザ・シティ』特別企画
   緊急座談会&おしゃれなニューヨークの歩き方
http://blog.arukikata.co.jp/guidebook/s_article/archives/2008/08/post_45.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

 日本でも多くの女性たちから熱い支持を得た、
 アメリカの人気TVシリーズ「セックス・アンド・ザ・シティ」
 が映画化されたのを受け、当編集部・映画同好会では急遽、
 物語の舞台であるニューヨークの街と映画を200%楽しめる
 緊急座談会&映画に登場するシーンやファッションの見どころを
 特集しました。

 SATCファンの方、お見逃しなく!

▼映画『セックス・アンド・ザ・シティ』特別企画
   緊急座談会&おしゃれなニューヨークの歩き方
http://blog.arukikata.co.jp/guidebook/s_article/archives/2008/08/post_45.html

 
◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【6】地球の歩き方×学習院生涯学習センター◆秋の講座募集中!
  「世界遺産100」「トラベルライター入門」「大人の京都学講座」
http://www.arukikata.co.jp/kouza/manabu/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

 9月は区切りの季節。
 暑かった夏に別れを告げて気分一新、何か始めたいと思いませんか?

 旅が好きで誰かと感動を分かち合いたい、
 未知の世界や人類の偉大な遺産について理解を深めたい、
 日本の美と伝統を京都を通じて学びたい・・・。

 そんな方はぜひ、【地球の歩き方×学習院生涯学習センター】
 コラボ企画による「旅を学ぶ」をテーマとした各種コースを
 ご検討ください。いずれも人気の講座なので、お申込みはお早めに!

▼地球の歩き方×学習院生涯学習センター◆秋の講座募集中!
「世界遺産100」「トラベルライター入門」「大人の京都学講座」
http://www.arukikata.co.jp/kouza/manabu/

◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【7】新登場!ハワイのスピリチュアルヒーリングツアー
http://arukikata-op.jp/ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇

 世界有数のスピリチュアルスポットハワイ。
 中でもオアフ島に点在する7箇所のパワースポッを巡るツアーが新登場!

 ワイキキを出発し、ハワイカイ、マカプウ、アイエア、ノースショア
 などに存在するパワースポットを周ります。
 それぞれの聖地でハワイのマナを感じ、癒しの1日をお過ごしください。

▼オアフ島から元気をもらおう♪ヒーリングツアー
http://arukikata-op.jp/index.php?body=tourinfo.php&tourid=307

☆日本からのハワイ旅行手配も始めました☆
 航空券・ホテル・パッケージツアーなどの手配を承ります

▼地球の歩き方 旅プラザ ハワイ トラベル・コンシェルジュサービス
http://arukikata-op.jp/concierge/index.html

◎お申込み・問い合わせはインターネット、お電話で 
 地球の歩き方 旅プラザ ハワイ コールセンター 
 フリーダイヤル:0120-881-347(日本国内通話無料) 
(営業時間/月〜金10:00〜18:00 土10:00〜15:00) 

 ハワイ現地でのオプショナルツアーのお申し込みは 
 電話 808-951-5131 DFSギャラリア・タワー9F 914号室
(営業時間/9:00〜18:00 年中無休)

◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【8】旅のコラム/旧満鉄総裁室を公開〜大連満鉄旧跡陳列館
   『地球の歩き方ガイドブック 大連・瀋陽・ハルビン』
   編集担当 中村正人
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

 日露戦争後、日本が中国東北地方で運営した半官半民の国策会社「南満
 洲鉄道株式会社(満鉄)」の設立は1906年11月26日。翌07年大連に本社
 屋を移転したが、その100周年という節目にあたる2007年9月、旧満鉄本
 社屋(現・瀋陽鉄道局大連鉄道事務所)内に今も残る旧満鉄総裁室と多
 目的ホールの復元と開放が実施され、「大連満鉄旧跡陳列館」として見
 学可能になった。

 満鉄の初代総裁は台湾の民政長官として殖産興業による経済政策が評価
 されたことで起用された後藤新平だ。後藤が使った総裁室は建物の2階に
 あり、46平方メートルほどの広さである。当時の机やイス、歴代総裁の
 写真パネルなどがぽつんと置かれているきりだが、写真資料をもとに元
 どおりに配置したという。その隣の多目的ホールは天井の高い164平方
 メートルもの空間で、満鉄史を紹介する写真パネルや当時使われた「満鉄」
 ロゴ入りの食器や徽章、マンホールなどが所狭しと置かれている。

 もともとこの本社屋は日露戦争直前のロシア統治時代に学校として建て
 られた建物を満鉄が修築し、1908年に完成させたもの。終戦で満鉄が消
 滅した後は、大連市の鉄道局事務所として使われてきた。「大連満鉄旧
 跡陳列館」はこの重厚かつ巨大な鉄道局事務所の西翼の一部を改装した
 ものだ。

 これまで満鉄の旧総裁室や膨大な関連資料は非公開とされていた。満鉄
 関連の本格的な資料展示施設は中国で初めてのもの。陳列館の復元と開
 放に向けて尽力したのは、大連東北国際旅行社という地元の旅行会社だ。
「地球の歩き方 大連・瀋陽・ハルピン」編でも毎回取材協力をお願いして
 いる同社の周世和総経理は、大連国際ウオーキング大会を主催するなど、
 大連の旅行業界を代表する人物。数年前から「満鉄総裁室を公開したい」
 と語っていたが、3年越しの準備が実を結び、大連鉄道局や旅游局からの
 正式な認可を受け、開館の運びとなった。

 陳列館の入場は有料。鉄道局の建物の一部ということもあり、常時公開で
 はない。入館希望者は大連東北国際旅行社日本部(Tel.86-411-88902007)
 に事前に申し込み、現地ツアーとして参加することになる。同社では、
 旧満鉄の特急「あじあ」号車両に乗って旅順に行く半日観光や、路面電車
 に乗って旧日本人街を訪ねる「満鉄歴史めぐり」など、ユニークなオリジ
 ナルツアーを多数催行している。

■おすすめの一冊■ 
『地球の歩き方ガイドブック(D04) 大連・瀋陽・ハルビン』
http://www.arukikata.co.jp/guidebook/book/D04.html

◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆ 

★前回の【クイズ】この本のタイトルは?の答え★――――――――――――― 

 前回の新着特集ニュース号の表紙あてクイズの正解は、 
『地球の歩き方ガイドブック(A11) ミラノ、ヴェネツィアと湖水地方』
 でした。
http://www.arukikata.co.jp/guidebook/book/A11.html 

 前回のクイズ画面はこちら↓ 
http://www.arukikata.co.jp/mail/cover84.html 

 応募者は181名。うち正解者は174名(正解率96.1%)でした。 
 正解者の中から抽選で兵庫県のA.M様に、 
 2008年9月発行の新刊/改訂版の中から、
 ご希望の『地球の歩き方ポケット5 香港』
 をお送りさせていただきました。

 今回もお答えと共にたくさんの楽しいコメントをいただきました。 
 ありがとうございました。 
 そのなかから、いくつかをご紹介させていただきます。

○まさに表紙の建造物の近くに宿泊したことがあります。
 3回訪れていますが、やはり一番の思い出は
 カーニバルに仮装で参加したこと!!
 マスクをつければ誰でも主役になれるんです。
 あの迷路のような街を中世の格好で巡るのは素敵な体験でした。
 春夏秋冬、朝昼夕、いつ過ごすにしても魅力的な街です。

○映画「旅情」は大好きな映画です。
 イタリアは、一度は行きたいと思っている憧れの地です。

○何年か前にニースとセットでミラノに行きました。
 ドゥオーモに行ったり、最後の晩餐の絵を見たり、
 プラダでお買い物したり・・・
 最近やっていない、女の子の海外旅行の王道のような旅をしました。
 町並みも素敵、食べ物もおいしい。また行ってみたいです。

○ミラノはまだ行ったことがありませんが、
 ヴェネツィアには2回行きました。

○ヴェネツィアへ行ったら、ゴンドラには必ず乗るべきですね。

○湖水地方はとても素敵なところですよね。

○ヴェネツィア、今年の年末年始に母と子供を連れて行く予定です。
 子供だけなら歩き回るけど、母がいるとヴァポレットかな、
 とか計画中で。
 私は学生時代以来、20年ぶり・・・。
 いったい海の浸食はどれほど進んでいるでしょうか?

○ミラノのドゥオーモ、コモ湖での遊覧、ヴェネツィアでのゴンドラと
 サンマルコ広場・・・。
 6年も前の旅なのに、つい先日旅をしてきたようにはっきりと思い出されます。


★★★ヒント:今回の【クイズ】この本のタイトルは?★★★――――― 

 イラストのモダンな建物は、この国最大の港町に立つ魚市場。
 屋根の曲線はカモメをかたどったものだそう。料理や芸能文化に
 魅せられる日本人観光客も多く、歴史的にも日本との縁が深い国です。

▼クイズのご応募はこちらから(お一人1回) 
mailquiz@arukikata.co.jp 

※応募締切は2008年10月10日です。正解の発表は、10月15日配信のWEB通信で。 
 当選者には、編集部から返信メールでご連絡させていただきます。 

――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
 このメールマガジンは「地球の歩き方」ホームページがお届けしています。 

 〈9月のご案内〉 
 ・第1週、第3週は「海外旅行クチコミ情報とお得な旅ニュース」 
 「地球の歩き方・海外旅行クチコミ掲示板」に毎日寄せられる多くの 
  投稿から一部をご紹介しつつ、お得な航空券やホテル、セミナーや 
  新しい旅行用品などをご案内します。 

 ・第2週は「新着特集ニュース」 
  地球の歩き方編集スタッフによる新着特集について 
  ハイライトをご紹介。旬のコラムや人気クイズもお楽しみください。 

 ・第5週は「新刊ニュース」 
 『地球の歩き方シリーズ』今月の新刊をすべてラインナップ 
  各タイトルの収録内容や改訂ポイントなどを分かりやすく解説。 
  弊誌お買い求めの前にぜひ、ご活用ください。 

--------------------------------------------------------------------
 メールマガジンに関するご意見、ご感想、お問い合わせは 
  emaga@arukikata.co.jp 
-------------------------------------------------------------------- 
 編集・著作:地球の歩き方WEB通信編集部 
 ※当メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。 
-------------------------------------------------------------------- 
(C) Diamond Big Co.,Ltd. 
(株)ダイヤモンド・ビッグ社 「地球の歩き方」 
 107-0052 東京都港区赤坂3-5-2 サンヨー赤坂ビル 
(C) Globe-Trotter T&E Inc. 
(株)地球の歩き方T&E 
 160-0022 東京都新宿区新宿3-1-13 
--------------------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-09-06  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 88 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。