海外旅行

地球の歩き方WEB通信

「地球の歩き方」の新刊案内はもちろん、海外格安航空券&パッケージツアー情報からホームページの人気コンテンツ紹介など、最新の海外旅行情報をお届けします。


全て表示する >

地球の歩き方新着特集ニュース/WEB通信Vol.351

2008/08/12

━━.o+.*o。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 。*o*o。o*。o  「地球の歩き方 エアライン★ランキング」
 *.*o\ ! /*。+ ◆夏休み海外旅行 ご利用エアラインの評価は?◆
 +o.*-- + --o*.* 〜投票キャンペーン中、旅の逸品当たります!〜 
 *.*/ ! \*.o 〔PC画面から〕⇒ http://www.arukikata.co.jp/jump/obcs.html
   *o*.o.*。〔携帯電話から〕⇒ http://www.arukikata.co.jp/webmag/airline/m/
━━*+.。*.+━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 お盆休み真っ最中、連日テレビで北京五輪と高校野球に
 目が釘付け!になっていませんか?

 あるいは早々に海外旅行を満喫してこられた方も多いのでは?
 楽しかった記憶が冷めないうちにぜひ、
 ご利用エアラインについてあなたの評価をお聞かせください!

▼「地球の歩き方 エアライン★ランキング」投票キャンペーン中!
https://www.arukikata.ne.jp/cgi/aspservice/contribute/form.cgi?p=36bi6Pbui56Dtsjr6

 さて、
 まずは当メルマガ恒例の「ガイドブック表紙あて」クイズからスタート! 

★★【クイズ】この本のタイトルは?★★ 
http://www.arukikata.co.jp/mail/cover84.html 

 上記URLをクリックすると「地球の歩き方ガイドブック」の
 表紙イラストが現れます。

 何編の表紙かタイトル(○○編)をお答えください。
 クイズに対するコメントやWEB通信のご感想なども
 お書き添えくださればうれしく存じます。

★前回のクイズの正解と今回の「ヒント」は、 
 このメールの文末のほうにあります。 

▼ご応募はこちらから(お一人1回)▼ 
mailquiz@arukikata.co.jp 
  
 正解者のなかから抽選で1名様に 
 2008年8月発行の「地球の歩き方」最新刊のうち、 
 ご希望の1冊をプレゼントします。


■もくじ============================================================ 

【1】泡盛や琉球ガラスなど、沖縄グッズをプレゼント!
http://www.arukikata.co.jp/okinawa_cp

【2】地球の歩き方×学習院生涯学習センター◆秋の講座募集中!
  「世界遺産100」「トラベルライター入門」「大人の京都学講座」
http://www.arukikata.co.jp/kouza/manabu/
  
【3】取材日記◆シェイクスピア・カントリー 田舎町の愉悦
   〜ストラットフォード・アポン・エイボンからコッツウォルズ
http://www.arukikata.co.jp/webmag/2008/rept/rept33_080700.html

【4】特集記事Blog◆ベンガルールから足を延ばして 
   〜ホイサラ朝の寺院群とジャイナ教の聖地
http://blog.arukikata.co.jp/guidebook/s_article/archives/2008/07/post_41.html

【5】取材日記Blog◆オーストリアアルプス
   〜ダッハシュタイン連峰を望む崖っぷち展望橋
http://blog.arukikata.co.jp/guidebook/e_report/2008/07/post_151.html

【6】取材日記Blog◆「ダナー」ブーツの品質は職人にあり
   〜オレゴン州ポートランド、ダナー・ファクトリー〜
http://blog.arukikata.co.jp/guidebook/e_report/2008/08/post_155.html

【7】青い海!白い砂浜☆この夏はハワイのベストビーチを制覇!!
https://arukikata-op.jp/index.php

【8】旅のコラム/スペイサイドモルトを満喫する旅
   『地球の歩き方ガイドブック スコットランド』
   編集担当 黄木克哲

◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】泡盛や琉球ガラスなど、沖縄グッズをプレゼント!
http://www.arukikata.co.jp/okinawa_cp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

 誰もに喜ばれる本当においしい沖縄みやげって何だろう?
 沖縄で必ず食べておくべき郷土料理って何だろう?

 地球の歩き方編集部では、改めて読者の皆さんに、
「沖縄みやげ&グルメ」に関するアンケート調査を行うことにしました。
http://www.arukikata.co.jp/okinawa_cp

 ご協力いただいた方の中から抽選で、おいしい泡盛にかわいい琉球ガラス、
 やちむんやシーサーストラップをプレゼント!

 アンケートの調査結果は、「沖縄の歩き方 本島&慶良間編 2009-10年版」
 にて公開いたします。

 沖縄好きの皆さん、ふるってご応募ください!

▼「沖縄みやげ&グルメ」アンケートサイトへ
http://www.arukikata.co.jp/okinawa_cp

▼「地球の歩き方MOOK 沖縄の歩き方 本島&慶良間編 2008-09年版」
http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?booktype=globe&isbn=649320908


◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】地球の歩き方×学習院生涯学習センター◆秋の講座募集中!
  「世界遺産100」「トラベルライター入門」「大人の京都学講座」
http://www.arukikata.co.jp/kouza/manabu/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

 先日ご案内したところ「そんな講座あったの?!」と
 うれしい反響しきりの【地球の歩き方×学習院生涯学習センター】
 コラボ企画による「旅を学ぶ」をテーマとした各種コース。

 人気の2コース「必ず行きたい世界遺産100」「トラベルライター入門」
 さらに「大人の京都学講座 京都とっておきの散歩道」も加わり
 この秋からの講座を現在募集中です。

 広い海外・身近な国内に旅ゴコロを刺激されつつ見聞を深め、
 自分の旅行体験を多くの人と分かち合うのに役立つ講座ばかりですよ! 

▼地球の歩き方×学習院生涯学習センター◆秋の講座募集中!
「世界遺産100」「トラベルライター入門」「大人の京都学講座」
http://www.arukikata.co.jp/kouza/manabu/


◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】取材日記◆シェイクスピア・カントリー 田舎町の愉悦
   〜ストラットフォード・アポン・エイボンからコッツウォルズ
http://www.arukikata.co.jp/webmag/2008/rept/rept33_080700.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

 毎日厳しい暑さ続きでビルやアスファルト道路に陽炎が立ち、
 心身ともにぐったり。
 ・・・という方にぜひ、読んでいただきたい特集です。

 英国の偉大なる田舎町に、しばし憩いを求めてみてください。
 文豪シェイクスピアの故郷と、“はちみつ色”の家並みが息づく理想郷。
 
 素朴と豊かさがとけ合う緑の風景に、深呼吸したくなりますよ。

▼シェイクスピア・カントリー 田舎町の愉悦
http://www.arukikata.co.jp/webmag/2008/rept/rept33_080700.html 


◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4】特集記事Blog◆ベンガルールから足を延ばして 
   〜ホイサラ朝の寺院群とジャイナ教の聖地
http://blog.arukikata.co.jp/guidebook/s_article/archives/2008/07/post_41.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

 このタイトル↑↑でどのあたりの地域かすぐ分かる方、
 相当ディープな旅好きの方とお見受けします♪

 答えは、南インド。

 創刊以来、不動の人気を誇る「地球の歩き方 インド」編ですが、
 こうした濃い記事は、スタッフのたゆまぬ取材努力の賜物です。

 観光地化されきっていない土地に、まだまだ夢のようにすばらしい
 自然や人類の叡智が旅人を待っています。
 圧巻の寺院彫刻、必見です。

▼ホイサラ朝の寺院群とジャイナ教の聖地
http://blog.arukikata.co.jp/guidebook/s_article/archives/2008/07/post_41.html
 

◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【5】取材日記Blog◆オーストリアアルプス
   〜ダッハシュタイン連峰を望む崖っぷち展望橋
http://blog.arukikata.co.jp/guidebook/e_report/2008/07/post_151.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

 夏の定番人気のひとつ、ヨーロッパアルプス登山。
 澄んだ青空に緑の山々を望めば、
 疲れも汗も吹っ飛びそう!

 ・・・で、クールダウンついでに最強(?)のアトラクション(!)
 がオーストリアの絶景ハイキングコースにあるのをご存知ですか?

 その名も「ファイブ・フィンガーズ(五本指)」。
 なぜ崖っぷちなのか? なぜ橋なのにアトラクション呼ばわりなのか?
 なぜ暑さもぶっちぎりなのか?

 答えは記事中の写真をご覧ください。
 ちなみに私はその橋に立つと想像しただけで腰が抜けそうです(笑)

▼ダッハシュタイン連峰を望む崖っぷち展望橋
http://blog.arukikata.co.jp/guidebook/e_report/2008/07/post_151.html


◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【6】取材日記Blog◆「ダナー」ブーツの品質は職人にあり
   〜オレゴン州ポートランド、ダナー・ファクトリー〜
http://blog.arukikata.co.jp/guidebook/e_report/2008/08/post_155.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

“インソールを整えながら「もう20年だね」とその職人は答えた。・・・”


 アメリカ編ベテラン編集者による、
 米国老舗ブーツブランドDanner社工場でのひとコマです。

 タフで、機能的で、武骨なくせに
 使い込まれるほど男の色香すら漂うような、そんな逸品。

 いいモノには、いいストーリーがある。
 次のアメリカ旅行で絶対、手に入れたいと思います。

▼「ダナー」ブーツの品質は職人にあり
http://blog.arukikata.co.jp/guidebook/e_report/2008/08/post_155.html
 

◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【7】青い海!白い砂浜☆この夏はハワイのベストビーチを制覇!!
https://arukikata-op.jp/index.php
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇

 ハワイには、全米でも有数の美しいビーチが勢ぞろい。
 今回は、見ているだけでも癒される、ハナウマ湾、カイルアビーチ、
 ワイマナロビーチなどのハワイのベストビーチの数々をハシゴする
 ツアーをご紹介。

 人気のレナーズベーカリーで、揚げたてフワフワのマラサダを
 味わっていただいた後に、たくさんの美しいビーチを周遊して見学します。

 そして、最後にはカネオヘ湾に引き潮の時にだけ現れる、
「天国の海」と呼ばれる浅瀬で泳ぎます。

 夏は海!という方にぴったりの、ハワイのビーチを大満喫できるプランです。

▼キャプテンブルースのベストビーチはしごツアー
https://arukikata-op.jp/index.php?body=tourinfo.php&tourid=29

◎お申込み・問い合わせはインターネット、電話で 
 地球の歩き方 旅プラザ ハワイ オプショナル・ツアー予約センター 
 フリーダイヤル:0120-881-347(日本国内通話無料) 
(営業時間/月〜金10:00〜18:00 土10:00〜15:00) 

 ハワイ現地でのお申し込みは 
 電話 808-951-5131 DFSギャラリア・タワー9F 914号室
(営業時間/9:00〜18:00 年中無休)


◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【8】旅のコラム/スペイサイドモルトを満喫する旅
   『地球の歩き方ガイドブック スコットランド』
   編集担当 黄木克哲
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

 スコッチウイスキーなしにスコットランドは語れない。
 近年はシングルモルトウイスキーがブームということも相まって、
 蒸溜所を訪れることを目的にする旅も人気だ。

 一口に蒸溜所といってもその規模はさまざま。
 アイラ島のボウモアや、スペイサイドのマッカランや
 グレンフィディックといった有名な蒸溜所なら、
 立派なビジターセンターを備えていて、
 作業場を案内するツアーもある。

 もちろん試飲や、ショップで売られているビンテージ物を
 求めるのも楽しみのひとつだろう。

 一方でピトロッホリーにあるエドラダワー蒸溜所や、
 フォートウィリアムのベン・ネヴィス蒸溜所は、
 こぢんまりとした蔵。

 周囲の自然に溶け込むように建ち、
 シングルモルトウイスキーとは、スコットランドの気候や風土が
 育てた酒だということが実感できる。

 蒸溜所はスコットランド全土にあるが、
 ウイスキーの里として名高いのがスペイサイド。

 中心はダフタウンやクライゲラヒ、
 あるいはウイスキー街道の起点ともなるエルギンだろう。

 ダフタウンはグレンフィディックやバルヴェニーといった
 蒸溜所に加え、ウイスキーフェスティバルが盛大に行われる
 ファンならぜひ訪れてみたい町。

 また、クライゲラヒ村にはウイスキーファンでにぎわう2軒のホテル、
 ハイランダー・インとクライゲラヒ・ホテルがある。

 館内に併設されたバーには年代物から今はもう操業していない蒸溜所の酒や、
 ホテル特注のオリジナルボトルなど、珍しいボトルがずらりと並ぶ。

 蒸溜所がある町のパブはウイスキーの種類が充実していることが多く、
 マスターとウイスキー談義に花が咲くこともしばしば。
 蒸溜所の仕込み水を用意しているパブもあって、
 かなり本格的なテイスティングができる。

 ちなみに、ハイランダーインのバーでは、
 マニアの間では憧れのバーテンダー皆川さんがもてなしてくれる。

「スペイサイドではフィッシングもおすすめなんです」とは彼の弁。
 スペイ川は、サーモンフィッシングの聖地でもあり、
 キャスティングの一種、スペイキャストが生まれた場所としても有名だ。
 
 夏はフィッシングやウオーキングが楽しめるところだが、
 スペイサイドはイギリスで最も多く雪が降る地でもある。
 イギリスの最高峰(といっても標高1244mだが)を擁するこのエリアでは、
 スキー場もいくつかあり、ダフタウンからほど近いグランタウンや
 アヴィモアは多くのスキーヤーでにぎわう。

 冬、冷え切った体を、暖炉の前に置き、ウイスキーをごくり。
 体の芯から温まる、こんな楽しみ方ができるのもこの地方ならではだろう。

■おすすめの一冊■ 
『地球の歩き方ガイドブック(A04) スコットランド』
http://www.arukikata.co.jp/guidebook/book/A04.html

◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆ 

★前回の【クイズ】この本のタイトルは?の答え★――――――――――――― 

 前回の新着特集ニュース号の表紙あてクイズの正解は、 
『地球の歩き方ガイドブック(A22) バルセロナ マヨルカ島とスペイン東部』
 でした。 

 前回のクイズ画面はこちら↓ 
http://www.arukikata.co.jp/mail/cover82.html 

 応募者は287名。うち正解者は278名(正解率96.9%)でした。 
 正解者の中から抽選でM.M様に、 
 2008年8月発行の新刊/改訂版の中から、
 ご希望の『地球の歩き方ガイドブック』
 をお送りさせていただきます。

 今回もお答えと共にたくさんの楽しいコメントをいただきました。 
 ありがとうございました。 
 そのなかから、いくつかをご紹介させていただきます。

○バルセロナ!!
 初めて1人で行った街です。
 語学学校に通ったり、街中歩き回ったり、ホームシックになったり、
 思い出がいっぱい詰まってます!!
 しばらく行ってないからまた行きたいなー。

○昨年、5月頃スペインの都市を周っていました。
 その一つの街、バルセロナ。
 宿は、この表紙にも在る“サグラダ・ファミリア聖堂”の近くに取り、
 朝早くに、まだ静かなこの未完成の世界遺産を
 いろんな角度から観察していました。

○10年前に新婚旅行で行きました。
 サグラダ・ファミリア聖堂を始めグエル公園、カサ・ミラなど、
 アントニ・ガウディの建築はこの町の概観を
 美術館の絵画のように飾っていました。
 また、ゆっくりとした気分で訪れたい町です。

○バルセロナオリンピックから
 もう16年経っちゃったんですね

○バルセロナ大好きです。
 のんびりと町歩きが楽しいですね。
 ご飯もおいしい!

○いつかバルセロナに行って
 アントニ・ガウディの建築物を見たくて
 スペイン語の勉強をしています。

○主人と息子は行きましたが 私はまだです。
 ぜひ、行きたいです。
 聖堂にも登りたいです。

○マヨルカ島って、マヨネーズの語源ですよね?


★★★ヒント:今回の【クイズ】この本のタイトルは?★★★――――― 

 映画「インディ・ジョーンズ 最後の聖戦」の舞台にもなった
 イラストの教会は、“水の都”として有名な大運河に抱かれた
 この町の西側に位置しています(ちなみに、この教会のある広場は
 映画「旅情」に登場したお店が近くにあることでも有名)。
 かつて共和国として栄華を極めたこの町の優雅な建築群には、
 町の守護聖人を象徴する、翼を持つ獅子の像がよく見られます。

▼クイズのご応募はこちらから(お一人1回) 
mailquiz@arukikata.co.jp 

※応募締切は2008年9月5日です。正解の発表は、9月9日配信のWEB通信で。 
 当選者には、編集部から返信メールでご連絡させていただきます。 

――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
 このメールマガジンは「地球の歩き方」ホームページがお届けしています。 

 〈8月のご案内〉 
 ・第1週、第3週は「海外旅行クチコミ情報とお得な旅ニュース」 
 「地球の歩き方・海外旅行クチコミ掲示板」に毎日寄せられる多くの 
  投稿から一部をご紹介しつつ、お得な航空券やホテル、セミナーや 
  新しい旅行用品などをご案内します。 

 ・第2週は「新着特集ニュース」 
  地球の歩き方編集スタッフによる新着特集について 
  ハイライトをご紹介。旬のコラムや人気クイズもお楽しみください。 

 ・第4週は「新刊ニュース」 
 『地球の歩き方シリーズ』今月の新刊をすべてラインナップ 
  各タイトルの収録内容や改訂ポイントなどを分かりやすく解説。 
  弊誌お買い求めの前にぜひ、ご活用ください。 

--------------------------------------------------------------------
 メールマガジンに関するご意見、ご感想、お問い合わせは 
  emaga@arukikata.co.jp 
-------------------------------------------------------------------- 
 編集・著作:地球の歩き方WEB通信編集部 
 ※当メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。 
-------------------------------------------------------------------- 
(C) Diamond Big Co.,Ltd. 
(株)ダイヤモンド・ビッグ社 「地球の歩き方」 
 107-0052 東京都港区赤坂3-5-2 サンヨー赤坂ビル 
(C) Globe-Trotter T&E Inc. 
(株)地球の歩き方T&E 
 160-0022 東京都新宿区新宿3-1-13 
--------------------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-09-06  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 88 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。