海外旅行

地球の歩き方WEB通信

「地球の歩き方」の新刊案内はもちろん、海外格安航空券&パッケージツアー情報からホームページの人気コンテンツ紹介など、最新の海外旅行情報をお届けします。


全て表示する >

地球の歩き方新刊ニュース/WEB通信Vol.333

2008/03/25

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆「地球の歩き方」編集スタッフ募集のお知らせ◆◇◆ 
「地球の歩き方 ドバイとアラビア半島」「東南アジア」「ギリシア」 
「南アフリカ」編などを担当する編集事務所で現在、編集スタッフを募集中。 
 海外旅行、執筆やもの作りが好きな方大歓迎(編集経験者は考慮)! 
http://www.arukikata.co.jp/staffbosyu06.html 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 先週は卒業式パーティや送別会とわかる宴の余韻にひたる人たちで
 街のあちらこちらがにぎやかでした。

 家の近くでは、うす桃色の花が満開の大木が1本だけあって、思わず
「もう桜?」と近くにかけ寄ると、“あんずの木”と手書きの札が幹に
 貼られていました。誰もがきっと似たような誤解をするんでしょうね。

 4月になれば、入園・入学・入社式など新しい一歩を踏み出す方も
 いらっしゃるのでは?
 いよいよ春本番、あんずの花を追いかけるように桜の便りが届くのも
 まもなくです。

 さて、
 まずは当メルマガ恒例の「ガイドブック表紙あて」クイズからスタート!  

★★【クイズ】この本のタイトルは?★★ 
http://www.arukikata.co.jp/mail/cover75.html

 上記URLを開けていただくと、イラストが現れます。 
 これは「地球の歩き方ガイドブック」何編の表紙でしょうか? 
 わかった方は、メールの“件名/標題”に「○○○編」と 
 「ガイドブックのタイトル名」をお書きください。 
 (「○○○」は3文字ということではありません) 

 メールの本文は空白でもかまいませんが、クイズに対するコメントや 
 WEB通信のご感想などをお書きいただければうれしく思います。 

★前回のクイズの正解と今回の「ヒント」は、 
 このメールの文末のほう(「メルマガ後記」の上)にあります。

▼ご応募はこちらから(お一人1回)▼ 
mailquiz@arukikata.co.jp 

 正解者のなかから抽選で1名様に
 2008年3月発行の「地球の歩き方」最新刊のうち、
 ご希望の1冊をプレゼントします。

■もくじ=============================================================

【1】『地球の歩き方』改訂版のご案内
http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp124cg?booktype=globe

【2】「北京五輪の歩き方」サイト第1弾、“北京早分かりMAP”
http://www.arukikata.co.jp/2008/

【3】春休み&ゴールデンウイークの旅行前に必見♪
  「2008年版 地球の歩き方 エアライン・ランキング」
http://www.arukikata.co.jp/webmag/2008/0801/sp/080100sp_top.html

【4】【取材日記Blog】
   ワット・アルンにある有料顔ハメにご注意(タイ/バンコク)
http://blog.arukikata.co.jp/guidebook/e_report/2008/03/post_126.html

【5】地球の楽しみ方−私のおすすめの旅・その57
  「地球の歩き方ガイドブック 中国」&巻末特別編集
   是必看! 最新北京事情&五輪情報
      地球の歩き方プロデューサー:た
   
◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】『地球の歩き方』改訂版のご案内
http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp124cg?booktype=globe
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

 2008〜2009年の2年間は、「台湾旅行年」。
 一起台湾玩〜台湾を遊ぼう〜をテーマに
 多くのイベントが予定されています。 http://www.go-taiwan.net/
 3月に地下鉄が開通して空港からのアクセスが便利になった高雄、
 毎週土曜の夜間入場が無料になる台北の「故宮博物院」など、
 うれしいニュースが目白押しです。

 そんな台湾をはじめ、
 アジアや太平洋の島々は米ドルの通用度が高く、
 ホテルのレートなども米ドルで設定されていることも多いので、
 ドル安の今こそ、海外旅行を満喫するチャンス!
 週末旅行にもおすすめの旅先です。

 ここでは3月に発行されたばかりの
『地球の歩き方』を紹介します。
 最新情報を満載して登場です!

◆◇2008〜09年は台湾旅行年◇◆

地球の歩き方ガイドブック----------------------------------

【D10】台湾 1764円(税込)
(3月発売済み、記載のないものは以下同じ)
 2007年に開通した「台湾版新幹線」台湾高速鉄道を利用して
 台北から地方へ足を延ばしてはいかがですか?
 このところ施設が充実した個性あふれる温泉に出かけるもよし
 南国スイーツなど台湾の美食を極めるもよし。
 本書の特集を見れば、行きたくなること請け合いですよ!
http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?booktype=globe&isbn=4-478-05543-4

◆◇アジア&リゾートの人気旅行先◇◆

地球の歩き方ガイドブック----------------------------------

【C05】タヒチ/イースター 1764円(税込)
 ゴーギャンが愛した「南太平洋の楽園」タヒチ。
 限りなく青い海に映える緑の島々を求めて、
 世界中からハネムーナーがやってきます。
 モアイ像で知られる神秘の島イースター島も
 実はタヒチから意外に近いんですよ! 
http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?booktype=globe&isbn=4-478-05540-3

【C08】モルディブ 1764円(税込)
「真珠の首飾り」と称されるモルディブは、
 インド洋に浮かぶ珊瑚礁の島々。
 ひとつの島がまるごとリゾートというホテルも多く、
 趣向を凝らしたリゾートが続々とオープンしています。
 マリンアクティビティやスパ情報など最新情報をお届けします。
http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?booktype=globe&isbn=4-478-05541-0

【D01】中国 1869円(税込)
 広大な中国大陸を1冊にまとめた定番の周遊ガイドですが、
 今回の目玉は巻末特別編集の「北京五輪の歩き方」。
 20ページにわたり、競技日程や会場など、
 北京オリンピックを楽しむための情報を掲載しました。
 巻頭特集では山西省をクローズアップしています。
http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?booktype=globe&isbn=4-478-05542-7

【D17】タイ 1764円(税込)
 巻頭特集では仏教遺跡や伝統のお祭りのほか、
 各地のダイビングスポットを特集しました。
 メニュー代わりに使える「タイ料理100選」や
 南国フルーツなど、グルメ特集も充実しています。
「ほほえみの国」タイを多方面にカバーしたガイドブックです。
http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?booktype=globe&isbn=4-478-05544-1

【D26】バリ島 1764円(税込)
 インドネシアで独自の文化と伝統を守るリゾートアイランド、
 バリ島を楽しみ尽くすための1冊。
 島内のエリアガイドはもちろん、かわいいバリ雑貨や
 癒しのエステサロンのほか各地の屋台料理など
 初心者からリピーターまで納得の情報量です。
http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?booktype=globe&isbn=4-478-05545-8

地球の歩き方リゾート----------------------------------

【317】世界のダイビング&スノーケリング完全ガイド 1995円(税込)
 東南アジアや、沖縄、カリブ海、太平洋と
 世界中のダイビングスポットを紹介した1冊。
 巻頭特集では人気の2大エリア、パラオとモルディブを大特集!
 各地のダイビングショップはもちろん、人気リゾートホテルや
 グルメ情報など、アフターダイブ情報も満載です。
http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?booktype=globe&isbn=4-478-05550-2


◆◇地中海とアドリア海は南欧の香り漂う高級リゾート ◇◆

地球の歩き方ガイドブック----------------------------------

【A13】南イタリアとマルタ 1764円(税込)
 ピッツァの本場ナポリをはじめ、
 ポンペイ遺跡や、とんがり帽子の家々のアルベロベッロ、
 シチリア島の神殿など、南イタリアは世界遺産の宝庫。
 巻頭特集のアマルフィ海岸も老舗のリゾートとして人気です。
 食べ物がおいしいのも南イタリアの魅力ですね。
http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?booktype=globe&isbn=4-478-05538-0

【A34】クロアチア/スロヴェニア 1659円(税込)
 今、人気ブレイク中のクロアチアが、いよいよガイドブックで新登場!
 クロアチアのドブロヴニクに代表される美しい旧市街の町並み、
 ヨットが浮かぶアドリア海のリゾートと
 この地域は多彩な表情が旅人を楽しませてくれるはず!
 山岳風景が美しいスロヴェニアも今後注目度アップの予感!
http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?booktype=globe&isbn=4-478-05539-7


◆◇コンパクトでもパリの街歩きに大活躍!◇◆

地球の歩き方ポケット----------------------------------

【14】パリ 1050円(税込)
 こだわりレストラン&ショップの最新情報はもちろん、
 プラン作りに役立つタイプ別モデルルートのほか、
 ポケットに入る別冊マップ付きで町歩きをサポートします。
 短い時間でもパリを満喫できる厳選情報がギッシリ!
 掲載物件のウエブサイトに一発でつながるリンク集も便利です。
http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?booktype=globe&isbn=4-478-05547-2


◆◇ヨーロッパの鉄道旅行必携の書◇◆

■トーマスクック・ヨーロッパ鉄道時刻表 2008初夏号 2200円(税込)
 ヨーロッパ主要国の幹線鉄道の時刻表のほか、
 タイムテーブルの読み方、各国の鉄道事情など、
 ヨーロッパを鉄道で旅するなら知っておきたい知識を日本語で解説。
 巻頭特集では2008年の欧州文化首都に選ばれたイギリスの町、
 リヴァプールを訪ね、ビートルズゆかりの見どころを巡ります。
http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?booktype=globe&isbn=4-478-05546-5


◇◆国内旅行をサポートする新刊が3冊登場!◆◇

地球の歩き方ムック----------------------------------

■北海道の歩き方 880円(税込)
 地元を愛してやまない北海道の達人「旅マイスター」が、
 地元っ子ならではのスポットや過ごし方を伝授してくれます。
 北海道ならではの食はこだわりの大特集。
 日本を代表するフレンチシェフ、三國清三氏が、
 ふるさと北海道の食材の魅力を語ってくれました。
http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?booktype=globe&isbn=649321308

■沖縄の歩き方 石垣・宮古・西表島 880円(税込)
 ゆったりとした時間が流れる離島を楽しむためのコツを
 島を知り尽くした「旅マイスター」たちが案内します。
 エコツアーやビーチといったネイチャー特集のほか、
 島唄や織物といった伝統文化にも深く迫ります。
 島の食材をふんだんに使った絶品グルメ特集も必見です。
http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?booktype=globe&isbn=649321208

地球の歩き方BOOKS----------------------------------

■湘南アトリエ散歩 もの作りに会いに行く 1260円(税込)
 個性的な「つくり手」が多く住む湘南のアトリエを訪ね、
 その作品とこだわり、ライフスタイルを紹介します。
 温かみと愛情が感じられる作品は、どれも癒される逸品揃い。
 アトリエ巡りの途中に寄りたいカフェや雑貨店なども掲載、
 鎌倉、葉山、茅ヶ崎の散策ガイドとしても役立ちます。
http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?booktype=globe&isbn=4-478-07707-8

※価格はすべて定価(税込)です。

──オンラインで「地球の歩き方」を購入するなら───────────
★ダイヤモンド社「地球の歩き方 Books」
□お支払いは代金引換え、またはクレジットカードで。
□1回のご注文金額の合計が税込1500円以上の場合→送料無料
 1回のご注文金額の合計が税込1500円未満の場合→送料300円(税込)
ただし、代金引換えでのご注文の場合は、
ご注文金額の多少にかかわらず、税込200円の手数料がかかります。
(※別途、海外発送もうけたまわっています)

▼「地球の歩き方」書籍の全タイトルがこちらで購入&検索いただけます。
http://book.diamond.co.jp/arukikata/


◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】「北京五輪の歩き方」サイト第1弾、“北京早分かりMAP”
 http://www.arukikata.co.jp/2008/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

 北京五輪の開催まであと136日となりました!
 先週オープンしたばかりの「北京五輪の歩き方」、
 皆さんもうご覧いただけましたでしょうか?
 
 日々変化を遂げる北京では、今まさに五輪準備の真っ最中。
 当サイトでも、五輪開催までにさまざまなコンテンツをアップ予定です。
 
 巻頭特集では、第1回として「北京早分かりMAP」を展開中です。
 北京の繁華街をほぼ網羅しているこの地図は、画面をドラッグして
 動かすこともできるので、行きたい観光スポットがいくつかある場合に
 大まかな位置関係や距離を把握するのに便利です。また各エリアの特徴
 など、街歩きに必要な全体像をイメージするのに役立ちます。
 是非ご活用ください。
http://www.arukikata.co.jp/2008/special_issue/01/

 巻頭特集は今後も第2回、第3回と更新していきますので、
 乞うご期待ください!

 また、フォトコーナーでご紹介する「北京の写真」を大募集しています。
 皆さんの思い出深い「北京」旅行の写真を送ってください。
 採用させていただいた方全員にすてきなプレゼントをご用意しています。
 ふるってご応募くださいね。
http://www.arukikata.co.jp/2008/

◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
【3】春休み&ゴールデンウイークの旅行前に必見♪
  「2008年版 地球の歩き方 エアライン・ランキング」
http://www.arukikata.co.jp/webmag/2008/0801/sp/080100sp_top.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

 春休み突入&最中の方も、ゴールデンウイークに向けて計画中の方も、
 海外旅行のプラン作りに欠かせないエアライン選びには
「2008年版 地球の歩き方 エアライン・ランキング」で
 最新人気ランキング&利用者の熱いコメント集をチェック!

▽総合人気ランキング
http://www.arukikata.co.jp/webmag/2008/0801/sp/080100sp_top.html

▽航空会社別&部門別コメント集
http://www.arukikata.co.jp/webmag/2008/0801/sp/080100sp_05_01.html

 ウワサの大型旅客機・総2階建てエアバスA380が、世界初運航を果たした
 シンガポール航空によるシドニー、ロンドン便に続き、いよいよ
 5月20日成田〜シンガポール路線として日本にもお目見えします。
 エアライン愛好家ならずとも、今までの常識を覆す個室スイート12席など
 究極の空の旅に興味津々!なら、こちらをどうぞ。

▽「シンガポール航空」
http://www.arukikata.co.jp/webmag/2008/0801/sp/080100sp_01_01.html

▽「エアバスA380」
http://www.arukikata.co.jp/webmag/2008/0801/sp/080100sp_04_01.html#01

▽「世界初のオール2階建て旅客機A380[取材体験記]」
http://blog.arukikata.co.jp/guidebook/e_report/2007/12/post_111.html

 より快適なフライトが楽しめるような、搭乗前に知っておくときっと
 役に立つ情報や生の声がぎっしり詰まった「エアライン・ランキング」。
 ご自分の旅行スタイルに合わせて、存分にご活用ください♪

▼帰国したら1票を!
「2009年版 地球の歩き方 エアライン・ランキング」投票はこちらから
https://www.arukikata.ne.jp/cgi/aspservice/contribute/form.cgi?p=36bi6Pbui56Dtsjr6


◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
【4】【取材日記Blog】
   ワット・アルンにある有料顔ハメにご注意(タイ/バンコク)
http://blog.arukikata.co.jp/guidebook/e_report/2008/03/post_126.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

 相変わらずのアジア人気に加えて、今年のゴールデンウイークは
 暦の並びで飛び石連休となるため、タイへの旅行を考えている方も
 多いのでは?

 現地取材中の「地球の歩き方ガイドブック タイ」編担当者から、
 日本人被害も報告されている“有料顔ハメ”について、貴重なレポート
 をお届けしています。

 せっかくの楽しい旅先での記念撮影が台なしにならないよう、
 トラブル事例としてご出発前にご一読いただくよう、強くおすすめします。

▼ワット・アルンにある有料顔ハメにご注意(タイ/バンコク)
http://blog.arukikata.co.jp/guidebook/e_report/2008/03/post_126.html


◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【5】地球の楽しみ方−私のおすすめの旅・その57
  「地球の歩き方ガイドブック 中国」&巻末特別編集
   是必看! 最新北京事情&五輪情報
      地球の歩き方プロデューサー:た
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

 中国が、北京五輪をきっかけに変わろうとしています。
 観光地がずいぶんきれいに整えられています。賑やかで楽しげだけど衛生的
 にちょっと・・・、と思われていた屋台街は許可制になって清潔度が当社比
 数%増。
 悪名高い公衆トイレもちょっとはマシになりました(ちょっとだけど)。

 街の再開発も盛んで、前門が一夜のうちに?更地になって道幅が拡張された
 のは記憶に新しいところ。古い街並は、保存対象の一部を残してどんどん
 新しく立派なビルや広場に造りかえられています。地下鉄も掘りに掘られ、
 計画どおり敷設が進めば、向こう2〜3年のうちに大阪を軽く抜きさり東京に
 肉薄する地下鉄網が完成するはず。当然、全線自動券売機に自動改札です。
 北京地下鉄名物だった、しょぼい紙切れみたいな切符は、昨年秋の5号線
 開通を機になくなってしまいました。北京さん、本気です。

 ここ数年の北京の変わりっぷりは、東京で五輪が開催された1964年に近い
 のではないでしょうか。五輪前後のこの機会に中国を訪れれば、これからの
 中国の大きな変化を肌で感じられようになることでしょう。

 さて、今回の改訂では激変するその北京のページ制作が難航して、ひやひや
 しました。

 巻末特別編集の『北京五輪』では、北京近郊の会場へのアクセス、注目の競技
 を含めた全競技日程を詳細に掲載。チケットがなくても盛り上がれる街なかの
 スポーツバーや、おみやげになる五輪グッズも紹介しています。

 中国全土はもとより、せっかくだからちょっくら五輪にでも行ってみるか、
 という方にはお得な一冊。裏表紙をめくったときに現われる「疾走する
 大熊猫(パンダ)」とともに、現代中国を走り抜けてみてください!

▼【新刊Blog】※ウワサの大熊猫はこちらでどうぞ
 「地球の歩き方ガイドブック(D01)中国」に
  特別巻末特集『北京五輪』が付いてパワーアップ!
http://blog.arukikata.co.jp/guidebook/i_books/archives/2008/02/r_05542-7.php

▼「地球の歩き方ガイドブック(D01) 中国」
http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?booktype=globe&isbn=4-478-05542-7

▼「北京五輪の歩き方」サイト
http://www.arukikata.co.jp/2008/


◆◇――――――――――――――――――――――――――――――――
★前回の【クイズ】この本のタイトルは?の答え★――――――――――――― 

 前回の新刊ニュース号の表紙あてクイズの正解は、 
『地球の歩き方ガイドブック(E03) スタンブールとトルコの大地』でした。
http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?booktype=globe&isbn=4-478-05533-5

 前回のクイズ画面はこちら↓ 
http://www.arukikata.co.jp/mail/cover73.html

 応募者数は222名、うち正解者は215名でした(正解率96.8%)。
 正解者の中から抽選でM.A様に、
 2008年2月発行の新刊/改訂版の中から、
 ご希望の『地球の歩き方』をお送りさせていただきます。

 今回も、お答えとともに多数のコメントをいただきました。
 ありがとうございます。
 その中からいくつかを紹介させていただきます。

○大学の卒業旅行で行ったのですが、一番印象に残っているのは
 ボスポラス海峡クルーズから見た夕日をバックにしたアヤソフィア、
 グランドバザール近くで食べたサバサンド、
 カッパドキアで泊まった洞窟ホテルです。
 絶対にまた行きたいです。

○2年前に旅行してきました。
 バザールの大きさに圧倒されたのを覚えています。
 現在建設中の海底トンネルで、ボスポラス海峡を
 通ってみたいものです。完成が待たれます。

○今年1月に行ってきました。
 金角湾とアヤソフィヤ、ブルーモスクとがよくマッチしており、
 すばらしい眺望を楽しむことができました。

○3年前にトルコに行きました。
 イスタンブール、カッパドキア、トロイ、パムッカレに行きました。
 イスタンブールは特にまた行きたい所です。
 人も食事も街もよかったです。

○トルコは大好きな国です。
 特にアナトリアの田舎!
 ネムルトダーゥで見た朝日は最高でした。

○3回行きましたが、エキゾチックな雰囲気が最高です。
 今度はぜひハマム(※蒸し風呂式の共同浴場)を体験したい。
 ※編集部註

○トルコ、行ってみたいです。
 オスマントルコ時代の遺跡とか、すごく興味あります。
 トルコ料理もおいしそうですし。

○友人が夫婦で出かけて、とてもいいところだったと
 さんざん聞かされました。
 行ってみたいぞ!

○トルコは大好きな国です。
 トルコの皆さんも日本のことを大切に思っていてくださることを知り、
 もっとトルコのことを日本人が知らなければいけないと思っています。

○サバサンド食べました。
 親日で有名な国ですが、食べ物にも共通点があるのかな?
 普通の焼き鯖でした。
 ちなみに私、和歌山県在住ですが、
 和歌山県とトルコがとっても仲よしだってみんな知ってるかな? 

★★★ヒント:今回の【クイズ】この本のタイトルは?★★★―――――

“アドリア海の真珠”と謳われるにふさわしいこの国の人気観光都市は、
 オレンジ色に輝く屋根がひしめく、珠玉の光景で有名です。
 城壁に囲まれた旧市街の目抜き通りからの眺めを、今回初登場の新刊で
 ご紹介しました。

※注:複数国による書名の場合、どちらか一方のみご回答いただいても
   結構です
         ◇

 たくさんのご応募をお待ちしています。
 応募締切は2008年4月18日です。
 正解の発表は、4月22日配信のWEB通信で。
 当選者には、編集部から返信メールでご連絡させていただきます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
 このメールマガジンは「地球の歩き方」ホームページがお届けしています。

 〈4月のご案内〉
 ・第1週、第3週は「海外旅行クチコミ情報とお得な旅ニュース」
 「地球の歩き方・海外旅行クチコミ掲示板」に毎日寄せられる多くの
  投稿から一部をご紹介しつつ、お得な航空券やホテル、セミナーや
  新しい旅行用品などをご案内します。

 ・第2週は「新着特集ニュース」
  地球の歩き方編集スタッフによる新着特集について
  ハイライトをご紹介。旬のコラムや人気クイズもお楽しみください。

 ・第4週は「新刊ニュース」
  『地球の歩き方シリーズ』今月の新刊をすべてラインナップ
  各タイトルの収録内容や改訂ポイントなどを分かりやすく解説。
  弊誌お買い求めの前にぜひ、ご活用ください。
--------------------------------------------------------------------
 メールマガジンに関するご意見、ご感想、お問い合わせは
  emaga@arukikata.co.jp
--------------------------------------------------------------------
 編集・著作:地球の歩き方WEB通信編集部
 ※当メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。
--------------------------------------------------------------------
 (C) Diamond Big Co.,Ltd.
 (株)ダイヤモンド・ビッグ社 「地球の歩き方」
 107-0052 東京都港区赤坂3-5-2 サンヨー赤坂ビル
 (C) Globe-Trotter T&E Inc.
 (株)地球の歩き方T&E
 160-0022 東京都新宿区新宿3-1-13
--------------------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-09-06  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 88 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。