海外旅行

地球の歩き方WEB通信

「地球の歩き方」の新刊案内はもちろん、海外格安航空券&パッケージツアー情報からホームページの人気コンテンツ紹介など、最新の海外旅行情報をお届けします。


全て表示する >

地球の歩き方新着特集ニュース/WEB通信Vol.323

2008/01/16

◆◆地球の歩き方WEB通信 Vol.323 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 
  地 球 の 歩 き 方 新着特集 ニ ュ ー ス 
            http://www.arukikata.co.jp/ [2008.01.16] 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 
 ここでしか読めない ガイドブックに収まりきらない お役立ち情報! 
              http://www.arukikata.co.jp/guidebook/ 
―――――――――――――――――――――――――――――――――― 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 フロリダ ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートの歩き方
 山手線の内側面積1.5倍もの敷地に、これまで見たこともない規模で広がる
 ディズニー王国。世界各国の文化、未来、大自然、シネマの世界、そして
 ディズニー・ドリームを体験できる4つのテーマパークを遊びつくそう!
 URL⇒ http://www.arukikata.co.jp/wdw/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 お正月が明けてすぐの連休も過ぎ、
 さすがにそろそろ本格始動!、という方も多いのでは?
 
 さて、
 まずは当メルマガ恒例の「ガイドブック表紙あて」クイズからスタート! 

★★【クイズ】この本のタイトルは?★★ 
http://www.arukikata.co.jp/mail/cover70.html 

 上記URLを開けていただくと、イラストが現れます。 
 これは「地球の歩き方ガイドブック」何編の表紙でしょうか? 
 わかった方は、メールの“件名/標題”に「○○○編」と 
 「ガイドブックのタイトル名」をお書きください。 
 (「○○○」は3文字ということではありません) 

 メールの本文は空白でもかまいませんが、クイズに対するコメントや 
 WEB通信のご感想などをお書きいただければうれしく思います。 

★前回のクイズの正解と今回の「ヒント」は、 
 このメールの文末のほう(「メルマガ後記」の上)にあります。 

▼ご応募はこちらから(お一人1回)▼ 
mailquiz@arukikata.co.jp 
  
 正解者のなかから抽選で1名様に 
 2008年1月発行の「地球の歩き方」最新刊のうち、 
 ご希望の1冊をプレゼントします。


■■―――――――――――――――――――――――――――――――― 

「地球の歩き方ガイドブック/編集部」サイトで日々生まれる最新情報。 
 取材先の新たな発見やよもやま話、ガイドブックには載せきれない(載せら 
 れない?!)ちょっと気になる話、とっておきのネタ・・・などなど、 
「地球の歩き方」ガイドブックシリーズの編集スタッフがお届けしている 
 新着&注目記事から、おすすめ情報をご紹介します。 

■もくじ============================================================ 

【1】★☆★発表!★☆★
  「2008年版 地球の歩き方 エアライン・ランキング」
http://www.arukikata.co.jp/airlineranking2008

【2】ハワイ・オアフ島豪華ホテル無料宿泊券が当たるプレゼントキャンペーン
   あなたのオアフとっておき情報が特集記事に〜クチコミ大募集!
http://www.arukikata.co.jp/oahu/

【3】この冬、ハワイ旅行を予定している方は必見!
  憧れのブランドが最大65%OFF チェルシー・プレミアム・アウトレット
http://www.arukikata.co.jp/chelsea

【4】海外ボランティア 説明会は1月が最後のチャンス!ご予約はお早めに
http://www.arukikata.co.jp/volunteer/ 

【5】旅のコラム/「最後の植民地」を楽しむバカンス
   『地球の歩き方ガイドブック ニューカレドニア』
   編集担当 梅原敏賀津

◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
【1】★☆★発表!★☆★
  「2008年版 地球の歩き方 エアライン・ランキング」
http://www.arukikata.co.jp/airlineranking2008
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆ 

 お待たせしました!
 2008年版の最新「地球の歩き方 エアライン・ランキング」発表です!

 2007年版も想像を超えた反響を頂きましたが、
 今回もますます内容・ボリュームともにパワーアップ☆
 編集部エアライン・ランキングチーム渾身(!)の力作ですが、
 もちろん、ご投票頂いた皆さんのご協力の賜物と深く感謝申し上げます。

 総合ランキング上位20位のエアラインについても気になるところですが、
「地球の歩き方 エアライン・ランキング」恒例の8部門:
 接客・機材・機内食・利便性・経済性・安全性・娯楽・利用者特典
 についてもそれぞれトップ10を発表していますので、
 行き先や旅の目的、ご同行者などから、気になる項目別についても
 ぜひチェックしてみてください。

 また今回も、投票とともにお寄せ頂いた皆さんからの生の声を、
 20社別/11項目別に一挙大公開!
 大きくランクアップした航空会社は、その理由がコメントを読めば
 おのずと分かってきますよ。

 どうやって航空会社を選べばいいのか迷っている方、
 利用することが決まっているのにどんな航空会社かピンと来ない方、
 お気に入りのよく利用するエアラインの評価が気になる方、
 そしてもちろん、
 この先海外旅行に行きたいな〜、と思っている方、
 ぜひ、結果をご覧の上、お役立ちサイトとしてブックマークに
 加えておいてくださいね♪
 
▼「2008年版 地球の歩き方 エアライン・ランキング」
http://www.arukikata.co.jp/airlineranking2008


◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】ハワイ・オアフ島豪華ホテル無料宿泊券が当たるプレゼントキャンペーン
   あなたのオアフとっておき情報が特集記事に〜クチコミ大募集!
http://www.arukikata.co.jp/oahu/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

 現在、「地球の歩き方」ホームページでは、ハワイ・オアフ島の豪華ホテル
 宿泊券などが当たる、「とっておき!ハワイ・オアフ島への旅」プレゼント
 キャンペーンを実施中!
http://www.arukikata.co.jp/oahu/

 2月下旬には、ハワイ・オアフ島を思う存分楽しんでもらうために、
 お友達同士やカップル、ファミリー、シニアの皆さんそれぞれにおすすめの
 アクティビティやホテル、滞在プランの特集ページがオープン予定です★

 そこであなたの声を大募集! 
“こんなところに行ってみたい”、“こんなところがおすすめ”など、
「地球の歩き方」ハワイ編集スタッフが皆さんからお寄せいただいた情報や
 ご意見をもとに、とっておきの特集記事を作っちゃいます!

 しかも今回、投稿をお寄せいただくと、
 伝統とアロハスピリッツに守られ世界中のセレブから愛されてきたホテル
 モアナ サーフライダー ウェスティン リゾートや、
 ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ビーチリゾート&スパの無料宿泊券、
 クルーズご招待やオアフ島ビジュアル本などなど、豪華プレゼントが
 抽選で20名様に当たります! 
 今だけの特別企画、この機会をお見逃しなく!

▼「とっておき!ハワイ・オアフ島への旅〜クチコミ大募集」へのご投稿はこちら
http://www.arukikata.co.jp/oahu/

たくさんのご応募をお待ちしています★


◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】この冬、ハワイ旅行を予定している方は必見!
  憧れのブランドが最大65%OFF チェルシー・プレミアム・アウトレット
http://www.arukikata.co.jp/chelsea
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

 全米40ヵ所以上に展開する「チェルシー・プレミアム・アウトレット」
 は世界の一流ブランドアイテムが毎日25%〜65%OFF!

 え?65%OFF?ホントに?と思われる方は必見です。
 どれだけおトクにショッピングを楽しめるのか、一般モニターの
 ファミリーに実際に体験してきてもらいました。

  ハワイ・ワイキキから約75分の「ワイケレ・プレミアム・アウトレット」
 ではファミリー向けのアイテムや、コーチといった憧れのブランドが、
 今回の買物ではなんと30〜60%オフと驚きのプライスに。

 ロスアンゼルスの体験談も公開中です。
 今後も、ニューヨークの体験談が公開される予定です。
 この冬にアメリカ旅行を計画している方もいない方も、是非、ご覧に
 なってみてください。

 ブランドアイテムが当たるプレゼントクイズも実施中! 

▼チェルシー・プレミアム・アウトレット ブランドショッピングガイド
http://www.arukikata.co.jp/chelsea/


◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
【4】海外ボランティア 説明会は1月が最後のチャンス!ご予約はお早めに
http://www.arukikata.co.jp/volunteer/ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆ 

 海外ボランティア説明会に多くの方が参加しています!
 11月から開催しているこの説明会、今シーズンは1月末で終了となります。
 つまり、今が最後のチャンス!ぜひご参加ください。

  ボランティアの申し込みは電話・インターネットが中心ですので、
 直接担当者と話せる機会はとっても貴重なんです!

 初心者でも分かりやすいように、説明会では質疑応答を中心に行うので、
 コミュニケーションをとりながらのアットホームな雰囲気の中、
 ご相談を気軽にできる場にしたいと考えています。

 興味のある方、参加ご希望の方はお早めに、
 下記申し込み画面より申し込みください。

○海外ボランティアの各コース担当が直接、わかりやすく説明します
▼説明会の日程・ご予約はこちら
http://www.arukikata.co.jp/volunteer/info/guide2.html

○24時間お問い合わせ受付中。マガジン未掲載のWeb限定コースも!
▼地球の歩き方の旅 海外ボランティア
http://www.arukikata.co.jp/volunteer/ 

○現地レポートや体験談など読み物ページや最新のコースが満載です
▼海外ボランティアマガジン(無料)資料請求はこちら 
http://www.arukikata.co.jp/volunteer/info/vo_co.html 


◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【5】旅のコラム/「最後の植民地」を楽しむバカンス
   『地球の歩き方ガイドブック ニューカレドニア』
   編集担当 梅原敏賀津
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆ 

 かつて巨大な植民地帝国を築いた歴史を持つフランスには、21世紀となった
 現在もいくつかの海外領土がある。その多くは経済的な自立が難しい地域で、
 海外県、海外準県という本国の一部として保護されている。

 だが、フランス領でもニューカレドニアには、「特別共同体」というここだ
 けの行政区名が付けられている。そこには20世紀に入ってから起こった独立
 運動に対し、フランスが最大限の譲歩を行った経緯がある。独立派の主張を
 受け入れながらも、それを先延ばしにするための選択でもあり、実質的には
「植民地」であると考えるのが一般的だ。

 南太平洋の島々は、トンガ王国以外すべてが植民地の歴史を持つものの、い
 ずれも民族色の濃い文化を残している。ところが、独立への動きとは裏腹に、
 ニューカレドニアのフランス色はとても強い。先住民族であるカナックにし
 ても、ほとんどが流暢なフランス語を話し、日常的にフランスパンを食べる
 暮らしをしている。同じ南太平洋のフランス領であるタヒチでは、総人口の
 うち先住ポリネシア系が82%でフランス系12%なのに対し、ニューカレドニ
 アではカナックが43%でフランス系が37%と、住民構成にもフランス色の強
 さは顕著に表れている。

 植民地という言葉には、必ずしもプラスのイメージがあるわけではない。だ
 が、ニューカレドニアにおいては「南太平洋でありながらフランス」という、
 この「植民地的な在り様」こそが最大の魅力となっている。

 たとえば食事。グルメ大国である本国さながらの質の高いフランス料理を味
 わえるレストランは数多い。豊かなワインリストからお気に入りを見つけ、
 南国特有の開放的な雰囲気の中でグラスを傾けるのは、むしろフランスでは
 できない体験。その一方で、南の島でありながら、高級店でのディナーでは
「それなりの服装」を求められる「フランス的なわずらわしさ」もまた、日本
 人にとっては逆に楽しみとも言えるだろう。

 フランスが誇る高級ブランド品は安く買えるし、南仏を彷ふつさせる街並み
 を歩けば、気分はさながらプロムナード(フランス語で散歩)。ビーチ沿い
 にテーブルを並べるカフェでひと休みでもすれば、フレンチ・バカンスも完
 璧だ。

 ニューカレドニアをフランスが手放さないのは、ニッケルをはじめとする鉱
 物資源の豊かさにあると噂されている。つまりそれは、自立の道が決して険
 しくはないことも意味している。2014年以降に実施が決定している国民投票
 によっては、独立が現実となる可能性もある。21世紀に残された「最後の植
 民地」のひとつへ、その「心地よさ」を楽しみに行くのは、もう「今」しか
 ないのかもしれない。

■おすすめの一冊■ 
『地球の歩き方ガイドブック(C07) ニューカレドニア/バヌアツ』 
http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?booktype=globe&isbn=4-478-05513-7


◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆ 

★前回の【クイズ】この本のタイトルは?の答え★――――――――――――― 

 前回の新着特集ニュース号の表紙あてクイズの正解は、 
『地球の歩き方ガイドブック(B07) ボストン&ニューイングランド地方』でした。 
http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?booktype=globe&isbn=4-478-05487-1

 前回のクイズ画面はこちら↓ 
http://www.arukikata.co.jp/mail/cover68.html 

 応募者は255名。うち正解者は250名(正解率98%)でした。 
 正解者の中から抽選でT.I様に、 
 2007年12月発行の新刊/改訂版の中から、
 ご希望の『地球の歩き方』をお送りさせていただきます。

 今回もお答えと共にたくさんの楽しいコメントをいただきました。 
 ありがとうございました。 
 そのなかから、いくつかをご紹介させていただきます。

○松坂の応援に行きたいです。

○日本人大リーガーを応援しながら、アメリカ横断ドライブを
 したいと思っています。松坂の試合もボストンで見たいものです。

○私は松井秀喜選手の大ファン!!!
 来年こそ、日本人対決を観戦するため、
 ニューヨークもしくはボストンへ出かけるぞ〜っ!

○松坂と岡島が見たくて、8月にボストンに行ってきました。
 レッドソックスの本拠地フェンウェイパークはすごい盛り上がりで、
 日本とはまた違ったメジャーの熱気を感じました。
 また来年も行きたいなー。

○松坂が入団する以前に2度ほど球場まで行きましたが、
 チケットが売り切れで入場することが出来ませんでした。
 きっと今はさらににチケットの入手が難しいでしょうね。

○いつか、MLB の試合を見に行きたいと思っています。
 それからここは学生の街。
 研究者になるのが子供の頃の夢でした・・・

○2004年5月末にボストンに5日間滞在。
 ボストン美術館、イザベラ・ガードナー美術館など。
 ハーバード大学へ足を延ばしフォッグ美術館。大学の美術教育のために
 設立されたらしいが、素晴らしいコレクションに驚嘆。アイビー・リーグ
 の歴史の重み、伝統の厚みをつくづく思い知らされた。

○珈琲が香る街

○昔、この街に住んでいました。
 その頃は、日本ではフェンウエーパークをどのくらいの人が知っていた
 でしょうか?
 落ち着きのある、クラムチャウダーやロブスター、オイスターがおいしい
 街です。また、秋の紅葉、春の新緑はすばらしいです。
 また、是非、住んでみたいです。

○ボストン美術館のレストランで食べたクラムチャウダーが忘れらません。

○妹夫婦が転勤で引越したのがボストンです。
 いつも綺麗な写真が送られてきます。
 そのたびにため息ついて、行った気になってます。

○ボストン近郊は、英国からの移住で始まったアメリカの開拓の歴史を
 見ることができます。
 ケープコッドでホエールウオッチングクルーズに参加したのも懐かしく
 思い出されました。
 落ち着いた町並みのボストンへもう一度訪れたいです。

★★★ヒント:今回の【クイズ】この本のタイトルは?★★★――――― 

 サンポーニャやケーナの哀愁を帯びた音色が奏でる『コンドルは飛んで行く』、
 黄金の帝国や空中都市、そしてあの巨大な地上絵など、古代文明の謎と
 ロマンに満ちた、どこか日本人のDNAをくすぐる国といえば・・・
(この本の書名である国名をお答えください。複数ある場合は
 どれか1ヵ国でも結構です)


▼クイズのご応募はこちらから(お一人1回) 
mailquiz@arukikata.co.jp 

※応募締切は2008年2月8日です。正解の発表は、2月13日配信のWEB通信で。 
 当選者には、編集部から返信メールでご連絡させていただきます。 

――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
 このメールマガジンは「地球の歩き方」ホームページがお届けしています。 

 〈1月のご案内〉 
 ・第2週、第4週は「海外旅行クチコミ情報とお得な旅ニュース」 
 「地球の歩き方・海外旅行クチコミ掲示板」に毎日寄せられる多くの 
  投稿から一部をご紹介しつつ、お得な航空券やホテル、セミナーや 
  新しい旅行用品などをご案内します。 

 ・第3週は「新着特集ニュース」 
  地球の歩き方編集スタッフによる新着特集について 
  ハイライトをご紹介。旬のコラムや人気クイズもお楽しみください。 

 ・第5週は「新刊ニュース」 
 『地球の歩き方シリーズ』今月の新刊をすべてラインナップ 
  各タイトルの収録内容や改訂ポイントなどを分かりやすく解説。 
  弊誌お買い求めの前にぜひ、ご活用ください。 

-------------------------------------------------------------------- 
 メールマガジンに関するご意見、ご感想、お問い合わせは 
  emaga@arukikata.co.jp 
-------------------------------------------------------------------- 
 編集・著作:地球の歩き方WEB通信編集部 
 ※当メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。 
-------------------------------------------------------------------- 
(C) Diamond Big Co.,Ltd. 
(株)ダイヤモンド・ビッグ社 「地球の歩き方」 
 107-0052 東京都港区赤坂3-5-2 サンヨー赤坂ビル 
(C) Globe-Trotter T&E Inc. 
(株)地球の歩き方T&E 
 160-0022 東京都新宿区新宿3-1-13 
-------------------------------------------------------------------- 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-09-06  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 88 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。