海外旅行

地球の歩き方WEB通信

「地球の歩き方」の新刊案内はもちろん、海外格安航空券&パッケージツアー情報からホームページの人気コンテンツ紹介など、最新の海外旅行情報をお届けします。


全て表示する >

地球の歩き方新刊ニュース/WEB通信Vol.273

2006/12/26

◆地球の歩き方WEB通信 Vol.273 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
  新刊ニュース
            http://www.arukikata.co.jp/ [2006.12.26]
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 『地球の歩き方』シリーズの新刊ニュースをいち早くお届け!
              http://www.arukikata.co.jp/guidebook/
――――――――――――――――――――――――――――――――――

----◇◆◇◆◇サンフランシスコ旅行(4泊6日)が当たる!◇◆◇◆◇----
全米で大人気のアウトレットへ行くチャンス!クイズに正解した方の中から
抽選でナパ・プレミアム・アウトレットへご招待の旅が当たります。さらに
はずれた方の中から抽選でレスポートサックとトゥミのアイテムをプレゼント
♪年末年始のセール情報も満載です。 http://www.arukikata.co.jp/mail/1226/
――――――――――――――――――――――――――――――――――

 皆さん、楽しいクリスマスを満喫されましたか?
 年末までのカウントダウン目前ですが、慌しい合間に今年最後の
「地球の歩き方WEB通信」で、ひと息入れてくださいね。

 さて、まずは、おなじみの写真による地名あてクイズからスタート!

★★【クイズ】世界の国から★★
 http://www.arukikata.co.jp/mail/quiz97.html

 上記URLを開けていただくと、
 このメルマガでご案内している2006年12月発行の本に掲載している
 ある「国」の風景写真が現れます。
 この国はどこでしょうか?

 わかった方は、メールの“件名/標題”に
 この「国」の名前をお書きください。

 メールの本文は空白でもかまいませんが、クイズに対するコメントや
 WEB通信のご感想などお書きいただければうれしく思います。

 正解者のなかから抽選で1名さまに、
 2006年12月発行の「地球の歩き方」最新刊のうち、
 ご希望の1冊をプレゼントします。

★前回のクイズの正解と今回の「ヒント」は、
 このメールの文末のほうにあります。

▼ご応募はこちらから(お一人1回)▼
 mailquiz@arukikata.co.jp

■もくじ=============================================================

【1】『地球の歩き方』改訂版のご案内

【2】発表!「地球の歩き方 海外ホテル予約」
  2006年度 人気10都市別・宿泊数上位ホテルランキングBest5

【3】《本日締切!》「乗って実感した満足度の高い航空会社 2006」
    エアライン・ランキング アンケートにご協力ください!

【4】地球の楽しみ方−私のおすすめの旅・その42
  〜敬虔なイスラムの小国 カタールの解放区インランド・シー

【5】★NEW OPEN!★
 地球の歩き方編集部・特集記事ブログ スタートしました!

【6】第3弾・完結編☆スペイン&ポルトガル鉄道特集<前編・スペイン>
   〜「地球の歩き方Webマガジン」12月号〜

【7】おトクにハワイを楽しもう!
 オプショナル・ツアー 〜1月スペシャルキャンペーン

【8】地球の歩き方の旅 海外ボランティア 
殺到しているお問い合わせの中から、質問件数ベスト3をご紹介!


◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】『地球の歩き方』改訂版のご案内
 http://book.diamond.co.jp/arukikata/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

 冬のヨーロッパは、意外な穴場。
 航空運賃が安いこともあってオトクな旅ができるのです。
 春休みの学生旅行でも、人気第1位はイタリア。 
 でも、最近のトレンドは短い旅を何回もすること。
 この時期に旅行を計画している学生さんの3分の1が
 複数回の海外旅行を予定しているとか。ウラヤマシイ・・・。

 ここでは12月に発行されたばかりの
 『地球の歩き方』を紹介します。
 最新情報を満載して改訂されたガイドブックです。

◆◇ヨーロッパのオペラやコンサートは、この時期が旬!◇◆
──『地球の歩き方』ガイドブック──────────────────

【A09】 イタリア 1,764円
(12月発売済み、記載のないものは以下同じ)
 本書はローマ、ミラノ、フィレンツェ、ヴェネツィア、ナポリの五大都市を
 軸に、 南北に長いイタリア半島を隅々まで網羅したガイドブック。
 シチリア島、サルデーニャ島といった島々も詳しく紹介しています。
 グルメやショッピング情報、オペラ鑑賞など役立つコラムも満載!
 http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?booktype=globe&isbn=4-478-05345-6

──『地球の歩き方』ポケット─────────────────────

【14】 パリ 1,050円
 ショッピングや観光などテーマ別におすすめモデルプランを10本収録。
 有名シェフが腕を振るうレストランや人気のカフェ情報、
 パリの最新ショップ情報も詰め込みました。
 短い滞在期間でも着いたその日からパリジャン&パリジェンヌ気分!
 http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?booktype=globe&isbn=4-478-05349-9

──トーマスクック──────────────────────────

◎トーマスクックヨーロッパ鉄道時刻表 日本語解説版 '07初春 2,200円
 本書はヨーロッパの主要路線の時刻表。
 日本語の解説もあり、鉄道旅行者のバイブル的存在の1冊。
 今号のカラー特集では、ドイツを代表するターミナル駅に変貌を遂げた
 ベルリン中央駅を特集しています。
 http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?booktype=globe&isbn=4-478-05350-2

◆◇暖かいところでリゾート三昧◇◆
──『地球の歩き方』BOOKS──────────────────────

◎マレーシアで過ごす1週間 
 シティリゾートKL(クアラルンプール)の誘惑 1,260円
 マレーシアは2007年に独立50周年を迎えます。
 同時に「国際観光年」として、さまざまなイベントが期待されています。
 そんなクアラ・ルンプールは、アジアの最先端都市との顔を持つ街。
 手頃な料金で一流のホテルに滞在しながら、ショッピングを楽しむ・・・。
 もちろん多国籍都市ならではのグルメ情報も満載です。
 http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?booktype=globe&isbn=4-478-07878-5

──『地球の歩き方』ガイドブック──────────────────

【B10】 フロリダ 1,764円
 マイアミ、キーウエスト、オーランドをはじめ、
 フロリダ半島の主要都市を網羅したガイドブック。
 テーマパークの情報も詳しく掲載されていますが
 それだけではない、フロリダの魅力が再発見できる1冊です。
 最新リゾートやグルメ情報など、知らなかったフロリダが見つかります。
 http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?booktype=globe&isbn=4-478-05326-X

【C06】 フィジー/サモア/トンガ 1,764円
 オーストラリアの北東、南太平洋上に浮かぶ楽園の島々。
 本書は青く透き通る珊瑚礁の海で極上のバカンスを満喫するための1冊。
 ゆったりとした時間が流れる珠玉のリゾートホテル情報はもちろん、
 フィジーやサモアに根付く独自の文化や習慣も紹介。
 ダイビングやサーフィンなどのアクティビティ情報も充実です。
 http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?booktype=globe&isbn=4-478-05328-6

【D20】 シンガポール 1,554円
 巻頭特集では肉骨茶やチキンライスなどの屋台グルメから
 世界各国の料理、南国スイーツまでグルメ情報が満載。
 厳選モデルルートや人気リゾートのビンタン島も掲載しており、
 シンガポールを丸ごと楽しめる1冊になっています。
 http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?booktype=globe&isbn=4-478-05343-X

【D27】 フィリピン 1,764円
 大小7000を超える島々から成るフィリピン。
 本書は躍動する首都マニラをはじめ、最大の島ルソン島、
 セブ島などリゾートアイランドが点在するビサヤ諸島などを収録。
 巻頭では世界遺産やリゾートホテルガイドを掲載しています。
 http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?booktype=globe&isbn=4-478-05344-8

──『地球の歩き方』ポケット─────────────────────  

【4】 バリ島 1,050円
 バリ島をエリア別に楽しむための詳細モデルプランはもちろん、
 マリンアクティビティやバリの文化に触れるツアー情報なども収録。
 屋台やレストランで困らない料理図鑑、
 免税店やショッピングセンター情報も充実。
 http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?booktype=globe&isbn=4-478-05348-0

【12】 シンガポール 1,050円
 市内を観光するために必要な交通手段を豊富な写真で親切にガイド。
 別冊にできる32ページの市内地図も観光を強力にサポートします。
 注目のショッピングエリアや最新グルメ&エステなど
 女性にやさしい情報が満載です。
 http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?booktype=globe&isbn=4-478-05347-2

【MOOK】 世界のビーチ&リゾート VOL.3 1,100円
 ヨガやLOHASなどスピリチュアルな生活スタイルが話題を呼んでいる昨今、
 時代の空気に敏感なビーチリゾーターに向けて、
 美容・健康・アンチエイジングなどを軸にビーチ&リゾートを提案。
 世界有数のヘルスリゾートも、美しい写真とともに多数紹介します。
 ニューカレドニア特集も必見です。
 http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?booktype=globe&isbn=649319307

【MOOK】 沖縄の歩き方 人でつなぐ美ら島の旅 本島&慶良間 880円
 さまざまなジャンルで活躍する沖縄の達人16名を旅マイスターと名付け、
 彼らおすすめスポットやモデルコースをたくさん紹介してもらいました。
 おすすめレストランなども店員さんのコメント付き。
 リピーターの人でも沖縄の楽しさを再発見できるコンテンツが満載です。
 ひと味違う、沖縄の情報誌です。
 http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?booktype=globe&isbn=649319406

◆◇ディープなアジア&自然いっぱいの旅へ◇◆
──『地球の歩き方』ガイドブック──────────────────

【D04】 大連・瀋陽・ハルピン 中国東北地方の文化と自然 1,764円
 いにしえより多くの異民族が駆け抜けた中国東北地方。
 巻頭では他民族が作り上げた異国情緒あふれる町並みを余すことなく紹介。
 健康食材を主に使用した中国東北料理も写真付きで掲載しました。
 大連の経済特区にも注目し、ビジネスに利用できるホテルや
 接待に使えるレストランなどの実用情報も満載です。
 http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?booktype=globe&isbn=4-478-05342-1

【D05】 広州・アモイ・桂林 珠江デルタと華南地方 1,764円
 水墨画の世界に入り込んでしまったかのような風景が目の前に広がる桂林や、
 中国南部の経済特区であるアモイにスポットをあてた1冊。
 巻頭情報ではビジネスユースにも対応した快適なホテルを紹介。
 珠江デルタの発展都市、恵州、中山、仏山、江門など新規掲載の都市も
 大幅に増えました。
 http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?booktype=globe&isbn=4-478-05333-2

【D23】 ラオス 1,869円
 タイとベトナムに挟まれたメコン川流域の国ラオスは、
 東南アジア最後の桃源郷とも呼ばれる注目の旅先。
 本書は首都ビエンチャンをはじめ、世界遺産の町ルアンパバーンなど、
 豊かな自然と多くの民族の伝統が生きる国を詳細にガイドしました。
 ラオス料理やナムウー川クルーズも注目です。
 http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?booktype=globe&isbn=4-478-05299-9

【A32】 シベリアとシベリア鉄道とサハリン 1,869円
 本書は、ユーラシア大陸を東西に結ぶ、9000kmを超えるシベリア鉄道を
 停車駅や沿線の風景、機関車や食堂車のメニューなど
 ビジュアルを駆使して詳細に説明します。
 日本とつながりが深い沿海州のウラジオストクやハバロフスク、
 旧日本領だったサハリンなど極東ロシアも収録しています。
 http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?booktype=globe&isbn=4-478-05341-3

【B15】 アラスカ 1,764円
 オーロラや氷河などの大自然、グリズリーやカリブーなどの野生動物など、
 アラスカにはスケールの大きな冒険が待っています。
 本書は専門家による役立つアドバイスも掲載し、
 誰でも安全に楽しめるように構成しました。
 ラストフロンティア(最後の秘境)、アラスカへ誘う1冊。
 http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?booktype=globe&isbn=4-478-05346-4

◆◇長期滞在、留学のための新刊◇◆
──『地球の暮らし方』──────────────────────

【3】 アメリカ 2,310円
 アメリカで生活するための情報が網羅されたハウツー本。
 都市によって異なる住宅エリア、交通、ライフライン、スーパー、
 コミュニテイ、メディア、求人、医療などの実用情報は、
 ニューヨーク、ロスアンゼルス、サンフランシスコ、シカゴ、デトロイトなど
 9都市に分けて掲載しています。
 http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?booktype=globe&isbn=4-478-05280-8

──『地球の歩き方』成功する留学─────────────────

【J】 オーストラリア・ニュージーランド留学 1,575円
 治安の良さや生活のしやすさから
 オーストラリア&ニュージーランドは人気の留学先。
 本書には短期の語学留学から本格的な英語学習の留学まで
 レベルに合わせた138校の詳細プロフィールを収録しています。
 語学学校での留学生活をビジュアルで紹介したPHOTO REPORTや
 先輩の生の声を掲載した留学体験記など読んで役立つ情報が満載です。
 http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?booktype=globe&isbn=4-478-05324-3

※価格は全て定価(税込)です。

──オンラインで「地球の歩き方」を購入するなら───────────
★ダイヤモンド社「地球の歩き方 Books」
□お支払いは代金引換え、またはクレジットカードで。
□1回のご注文金額の合計が税込1500円以上の場合→送料無料
 1回のご注文金額の合計が税込1500円未満の場合→送料300円(税込)
ただし、代金引換えでのご注文の場合は、
ご注文金額の多少にかかわらず、税込200円の手数料がかかります。
(※別途、海外発送もうけたまわっています)

▼「地球の歩き方」書籍の全タイトルがこちらで購入&検索いただけます。
 http://book.diamond.co.jp/arukikata/


◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】発表!「地球の歩き方 海外ホテル予約」
  2006年度 人気10都市別・宿泊数上位ホテルランキングBest5
 http://hotel.arukikata.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

「地球の歩き方 海外ホテル予約」では、2006年度の宿泊数から見た
 人気上位10都市とホテルランキングを発表中です。

 2006年度の宿泊数別人気上位10都市は、
 1位 バンコク、2位 ニューヨーク、3位 パリ、4位 ロンドン、5位 マニラ
 6位 ホノルル、7位 ラスベガス、8位 香港・九龍、9位 ソウル、10位 台北
 でした。

 最多宿泊数を誇るバンコクの宿泊数別ホテル1位は、マンダリン(MANDARIN)。
 パッポンとシロムは20分の距離にあり、地下鉄の駅まで数分という
 ロケーションと手頃な料金が相まって、アクティブな個人旅行者に幅広い
 支持を得ているようです。

▼「地球の歩き方 海外ホテル予約」2006年度人気ホテルランキングはこちら
 http://hotel.arukikata.co.jp/


◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】《本日締切!》「乗って実感した満足度の高い航空会社 2006」
    エアライン・ランキング アンケートにご協力ください!
 http://www.arukikata.co.jp/jump/obcs2006.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

 現在、オンライン投票によるご回答をお願いしております
「エアライン・ランキング2006」アンケートの締切が本日までとなっております。

 おひとりでも多くの方から、乗って実感されたエアラインについて
 ご意見や評価をお寄せいただければ大変ありがたく存じます。
 本日最終日となっておりますが、ご投票のまだな方はぜひ、
 以下URLよりアクセスの上、ご回答をお願いします。

   --------------*アンケートご案内*--------------
 海外旅行が楽しいものになるかどうかの決め手のひとつに、
 利用する航空会社があります。

 皆さんはエアラインを選ぶ際、どんな点を重視されていますか? 
 安全性や経済性、機材や機内設備、乗務員サービス・・・など、旅を快適に
 するのに欠かせないと思われるポイントを教えてください。

 そして気になる各エアラインの評価について、実際のご搭乗体験をもとに
 ぜひ、あなたの生の声をお聞かせください。
 満足した点、もっと改善してほしいと思う点など、部門別評価に加えて
 ご感想やご要望コメントをお寄せいただくのも大歓迎です。

 アンケートのご回答にあたり、お名前やメールアドレスほか個人情報は
 一切お伺いしません。ご回答も本調査以外に転用することはございません
 ので、ご安心のうえお気軽にご回答ください。
   --------------*----------------*--------------

 皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

▼「エアライン・ランキング2006」アンケート投票はこちら▼
 http://www.arukikata.co.jp/jump/obcs2006.html


◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4】地球の楽しみ方−私のおすすめの旅・その42
  〜敬虔なイスラムの小国 カタールの解放区インランド・シー
           編集者 梅原敏賀津
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

 カタール政府の招待を受け、観光関係者数人のグループで訪れたときのこと。
 到着すると現地の新聞各紙の取材を受け、ずいぶん小さなニュースを取り上
 げるものだななどと思ったものだが、もっと驚いたのはその翌日だった。

 我々の訪問を取り上げた新聞がホテルに届けられた。
 そこに掲載されていた写真。
 ひとりだけ参加していた女性の服装が、ある新聞ではロングドレスに、
 別の新聞ではスラックス姿と全紙で異なっていたのだ。

 その日、彼女はちょうど膝上くらいのスカートのスーツを着ていた。
 カタールは外国人女性には比較的寛容で、決して問題のある服装ではない。
 しかし、これがカタールのイスラムを象徴する出来事なのだ。
 彼女の腰から下は各社ごとに修正されていたのである。

『ドーハの悲劇』や『衛星テレビ局アルジャジーラ』、そして先日の『ドーハ・
 アジア大会』と、カタールは意外に日本での知名度が高い。
 しかし、その旅行事情はほとんど伝えられていないのが実情だ。
 その理由は近隣諸国に比べて抜きん出たものがないから。
 免税天国アラビア半島とはいえショッピングは隣国バーレーンに及ばないし、
 歴史遺産などの見どころはオマーンやイエメンのほうが豊富。
 リゾートとしてなど、あのドバイにはとうていかなわない。

 あえて言うならば、そのすべてを網羅しながらも、どこか中途半端なのが魅力
 なのだ。
 新聞の修正写真が象徴するように、敬虔であるぶんイスラム色は強い。
 その信仰に基づいた、アラブ的でのんびりとした生活テンポは、他の国の
 どこより残されている。

 そんなカタールにも解放区がある。
 国の最南端近くに広がるインランド・シーと呼ばれるアラビア湾の内海だ。
 首都ドーハからは4輪駆動車でのツアーでしか行くことはできない。
 なぜなら、途中いくつもの巨大な砂丘を超えて、砂漠の道なき道を走らなく
 てはならないからだ。

 まるでジェットコースターのようなスリリングなドライブを楽しみつつ、たどり
 着く先にあるのは、美しい白砂のビーチと、多くの水鳥たちが舞う波穏やかな
 ラグーン。それまでの荒涼とした風景からは想像もつかない別天地だ。

 ここにはちょっとしたビーチハウスがあり、女性も外国人であればビキニ姿で
 過ごすことができる。そんなラグーンの対岸に見えているのは、カタールよりも
 もっと厳格なイスラム教国のサウジアラビアの領土。
 なんともシュールな気分にさせられるのも、インランド・シーならではの
 体験だろう。

【DATA】
 インランド・シーのツアーの例
<カタール航空Discover Qatar>
 http://www.qatarairways.com/index.php?id=997,0,0,1,0,0

〔梅原敏賀津/編集者
『地球の歩き方・ドバイとアラビア半島の国々』『同・フィジー/サモア/
 トンガ』『地球の歩き方・タヒチ/イースター島/クック諸島』『同・スリ
 ランカ』ほかを担当〕


◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【5】★NEW OPEN!★
 地球の歩き方編集部・特集記事ブログ スタートしました!
 http://blog.arukikata.co.jp/guidebook/s_article/    
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

 地球の歩き方のガイドブック編集スタッフによる、旬な話題や人気のテーマ
 をお届けする「特集記事ブログ」がスタートしました。

 特集第1弾の「私のとっておきのクリスマス」は、ヨーロッパ各編の
 ガイドブック担当編集者による、お気に入りの楽しみ方をご披露しましたが
 ご覧いただけましたか?

 これからも随時、気になるトピックスや注目のデスティネーションを
 ご紹介していきますので、ぜひ一度覗いてみてください。

▼地球の歩き方編集部・特集記事ブログ はこちらから▼
 http://blog.arukikata.co.jp/guidebook/s_article/


◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【6】第3弾・完結編☆スペイン&ポルトガル鉄道特集<前編・スペイン>
   〜「地球の歩き方Webマガジン」12月号〜
 http://www.arukikata.co.jp/webmag/2006/0612/sp/061200sp_top.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

 地球の歩き方編集部による旬の旅情報「地球の歩き方Webマガジン」。
 最新号の「スペイン&ポルトガル鉄道特集<前編・スペイン>」は、
 本日完結編をアップしました。

 今回はマドリッドから世界遺産トレドへの途中下車の旅を紹介しています。
 注目は、降車駅からトレド旧市街までの詳細アクセス。
「最寄り駅から歩いていけるの?」という疑問にバッチリお答えします。

 その他スペイン最新鉄道事情やチケット&パス購入手続き、また
 貴重な列車図鑑画像など、スペインを鉄道で旅するのに必要な情報も
 しっかりサポートしています。
 
▼特集「スペイン&ポルトガル鉄道特集」はこちらから
 http://www.arukikata.co.jp/webmag/2006/0612/sp/061200sp_top.html

〜その他「Webマガジン」最近の記事から〜
◎「ロンドンぶらぶらウオーキング&ミュージアムめぐり」
 http://www.arukikata.co.jp/webmag/2006/0611/sp/061100sp_top.html

◎「雄大なアメリカを実感する鉄道旅行 
 エンパイア・ビルダー号でスローな旅を」
 http://www.arukikata.co.jp/webmag/2006/0610/sp/061000sp_top.html


◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【7】おトクにハワイを楽しもう!
 オプショナル・ツアー 〜1月スペシャルキャンペーン
 http://arukikata-op.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

 ハワイのお正月は大晦日の花火と爆竹の音で幕を明けます。
 アメリカの正月休みは元旦のみ。2日からは通常の生活に戻ります。
 ハワイの1年でもっとも寒いのが1〜2月ですが、ホノルルの平均最低気温
 は18℃くらい。日中は最高気温が25℃以上の日もあります。

 ハワイは1月もカルチャー、スポーツアクティビティ、ディナーショーなど
 多彩な楽しみがいっぱい!
 ハワイの旅をより楽しいものにするには、アクセスや言葉の不安が少なく
 気軽に参加できるオプショナル・ツアーの利用がおすすめです。
 アクティブな体験ツアーから、知らなかったハワイに触れるユニークなもの
 まで、1月スペシャルキャーンペンを上手に利用しておトクにハワイを楽し
 みましょう!

▼ハワイ1月のスペシャルキャンペーンはこちら
 http://www.arukikata.co.jp/arukikata-op/

▽お問い合わせ・お申し込みはインターネットで
 http://arukikata-op.jp

◎地球の歩き方 ハワイデスクオプショナルツアー予約センター
 ハワイ現地でのお申し込みは808-951-5131
 (営業時間/ハワイ時間:8:00〜17:00 年中無休)


◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【8】地球の歩き方の旅 海外ボランティア 
殺到しているお問い合わせの中から、質問件数ベスト3をご紹介!
 http://www.arukikata.co.jp/volunteer
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆
 
 現在たくさんの方からお問い合わせをいただいている
 地球の歩き方の旅 海外ボランティア。

 今回は、電話や説明会でのご質問の中から問い合わせ件数の多いものを
 ご紹介し、お答えします。お申し込みの前の参考にしてください。
 
◎質問件数ナンバー1◎
→Q、いつまでに申し込めばよいでしょうか。 
 
→A、通常であれば1ヵ月前までに・・・、とご案内しておりますが、
 昨年に比べ今年は応募多数により残席が少なくなってきています。
 年内までにお申し込みいただければ間に合うコースが多いですが、
 特に応募者の多いインド、カンボジア、ベトナム、インドネシア、
 エジプト関連のコースにつきましては、特に残席が限られていますので、
 少しでも早くお申し込み下さい。

◎質問件数ナンバー2◎
→Q、語学力がなくて心配です・・・。 
 
→A、ほとんどのコースで日本語ガイドがお世話しますので、
 疑問が生じたらぜひ質問してください。そして、海外ボランティア
 ツアーで大切なのは言葉ではなくて気持ちです!
 ジェスチャーを使ってのコミュニケーションにもぜひトライを!
(日本語ガイドが同行する日程や時間などの詳しい情報は各旅行会社に
 お問い合わせ下さい。)

◎質問件数ナンバー3◎
→Q、持って行くと便利なものは何ですか?

→A、持ち物は基本的に通常の旅行と同じです。
 どのコースも現地の人と交流する時間が多いので、日本の文化や生活を
 紹介できるもの(みなさんのお写真や折り紙など)があるとよいでしょう。
 またアジア方面の国ではオールシーズン日焼け止めと帽子は欠かせません。
 それから洗剤を持っていき現地で服や下着を洗濯すると、荷物も軽く
 なり、清潔なので一石二鳥です!
 
▼地球の歩き方の旅 海外ボランティア ウェブサイトはこちら▼
 http://www.arukikata.co.jp/volunteer/

▼体験談や企画満載。海外ボランティアマガジン(無料)資料請求はこちら▼
 http://www.arukikata.co.jp/volunteer/info/vo_co.html

▼好評開催中。海外ボランティア 説明会の日程・ご予約はこちら▼
 http://www.arukikata.co.jp/volunteer/info/guide2.html
 
◆◇――――――――――――――――――――――――――――――――
 ★前回の【クイズ】世界の街角からの答え★―――――――――――――

 前回の新刊ニュース号の
 【クイズ】世界の国からの正解は「フランス」でした。
 http://www.arukikata.co.jp/mail/quiz96.html

 出題の写真は上から「ジヴェルニー、モネの庭」「モン・サン・ミッシェル」
「パリ、エッフェル塔」でした。

▼『地球の歩き方ガイドブック【A06】フランス』 をチェック!
 http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?booktype=globe&isbn=4-478-05295-6

 応募者数は399名、うち正解者は392名でした(正解率98.2%)。
 正解者の中から抽選で、静岡県のS様に、
 2006年11月発行の新刊/改訂版の中から、
 ご希望の『地球の歩き方』をお送りさせていただきます。

 今回も、お答えとともに多数のコメントをいただきました。
 ありがとうございます。
 その中からいくつかを紹介させていただきます。

○数年前フランスに行きましたが、宿泊したホテルの朝食に出てくる
 クロワッサンが美味しくて忘れられません。
 クロワッサンだけでなく、どこで食べてもパンが美味しかったです。
 また、フランスに行くためにワインの勉強を始めて以来、
 どっぷりとワインにハマッてしまいました。

○素敵な写真で、すぐにでも行きたくなりました!
 10年前、ノルマンディーの小さな教会で結婚式を挙げました。
 なのに、モンサンミッシェルへ行ってないんです・・・行かないと!

○1998年フランスW杯の際、モンサン・ミッシエルを訪れた。
 草原を抜けると忽然と現れるその姿に大感動!
 行ってみたい世界遺産として超人気らしいが、
 既に行って見てきたことが、ちょっと自慢!

○現在中東から北アフリカを通りヨーロッパ旅行中です。
 確か前々回の問題はそのエジプトで私がメールを開きました。
 しかも歩き方に載っているカイロのinternet 4 Uで見ていました。
 そして、今回はフランスのボルドーでこのメールを読みました。
 2度もこのような体験をしましたので初めて応募させてもらいました。

○最初の写真はモネの「睡蓮」のモデルの庭園ですね。
 次のは世界遺産の「モンサンミッシェル」
 最後は「エッフェル塔」
 まだフランスは未踏の地ですが、いつか行ってみたい場所です。
「ダヴィンチコード」の舞台になったルーブル美術館も訪れてみたいです。

○ブッシュ・ド・ノエルはフランス語でノエルが「クリスマス」、
 ブュッシュは「木、丸太」で「クリスマスの薪」の意。
 その名の通り薪(または切り株)の形をしたクリスマスケーキの
 定番ですよね!大好きです。

○10年ほど前、フランスに旅行に行きました。
 パリの街中をぶ〜らぶらお散歩し、公園で一休みし、雑貨屋さんを物色し、
 ドキドキで地下鉄に乗り・・・とても有意義な時間を過ごせました。
 その中で今でも1つだけ後悔が。
 それは街中のあちらこちらで売っていた焼き栗を買い損ねたこと。
 今でも天津甘栗の売り場なんかを通るたび「食べたかったな〜」と
 思い出しちゃいます。

○何日もかけて、ルーブル美術館を制覇するのが私の夢です。
 ひたすらそれだけを祈って日々くらしています

○卒業旅行、新婚旅行とパリには2回行きましたが、
 モンサンミッシェルには行ったことがありません。
 名物のオムレツも食べてみたいし、久しぶりに行ってみたいです。

○ジベルニーのモネの家とモンサンミッシェル。
 パリからの日帰りですが、どちらも行ってきました。
 モネの家は、お庭にはモネの絵に描かれたままの風景があり
 室内には、日本の浮世絵が飾られ、とてもきれいな所でした。
 今度はバラのアーチが美しい季節に行きたいと思っています。

○書くことがないぐらい、30年前から何度も訪れてます。

○フランス、レンヌに本社がある会社に勤めています。
 モンサンミッシェルは、絶対に行ってみたいのですが、
 地元なので、ついでに本社詣出を強要されるに決まってるし、
 内緒で行くわけにもいかず・・・悩みは深まるばかりです。


★★★ヒント:今回の【クイズ】世界の国からのヒント★★★―――――

 クリーンシティ、ガーデンシティとも呼ばれるこの国にはチキンライス
 やバクテ、ラクサなど多民族国家ならではの名物料理がずらり。また
 文豪に愛され、よく知られたカクテルの発祥の地ともなったホテルは
 あまりにも有名。
 
         ◇

 たくさんのご応募をお待ちしています。
 応募締切は2007年1月26日です。
 正解の発表は、1月30日配信のWEB通信で。
 当選者には、編集部から返信メールでご連絡させていただきます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 このメールマガジンは「地球の歩き方」ホームページがお届けしています。

 〈12月のご案内〉
 ・第1週、第3週は「海外旅行クチコミ情報とお得な旅ニュース」
「地球の歩き方・海外旅行クチコミ掲示板」に毎日寄せられる多くの
  投稿から一部をご紹介しつつ、お得な航空券やホテル、セミナーや
  新しい旅行用品などをご案内します。

 ・第2週は「Webマガジンニュース」
  地球の歩き方編集スタッフによる最新Webマガジン特集について
  ハイライトをご紹介。旬のコラムや人気クイズもお楽しみください。

 ・第4週は「新刊ニュース」
  『地球の歩き方シリーズ』今月の新刊をすべてラインナップ
  各タイトルの収録内容や改訂ポイントなどを分かりやすく解説。
  弊誌お買い求めの前にぜひ、ご活用ください。
--------------------------------------------------------------------
 メールマガジンに関するご意見、ご感想、お問い合わせは
  emaga@arukikata.co.jp
--------------------------------------------------------------------
 編集・著作:地球の歩き方WEB通信編集部
 ※当メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。
--------------------------------------------------------------------
 (C) Diamond Big Co.,Ltd.
(株)ダイヤモンド・ビッグ社 「地球の歩き方」
 107-0052 東京都港区赤坂3-5-2 サンヨー赤坂ビル
 (C) Globe-Trotter T&E Inc.
 (株)地球の歩き方T&E
 160-0022 東京都新宿区新宿3-1-13
--------------------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-09-06  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 88 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。