国際情勢

シオンとの架け橋・イスラエルニュース



イスラエルの最新情報を週2回(火・金)お届け。3日分の現地情報が5分でわかります。政治・社会情報を中心に、宗教関係も重点カバー。

全て表示する >

シオンとの架け橋・イスラエルニュース

2019/08/02

◆◆◆◆◆◆◆
|||||||  シオンとの架け橋
_\\|//_    イスラエル・ニュース
__\|/__
___土___  http://www.zion-jpn.or.jp

「エルサレムの平和のために祈れ」 詩 122

本紙の発行は、原則として毎週火曜と金曜です。
=====【今号のポイント】================================
★(31日)パレスチナ人住宅も建設へ
★(1日)クシュナー顧問が中東を歴訪
★(2日)右派勢力の統合交渉は失敗
****************************************************
2019年 7月31日(水)
****************************************************
*シャケド元法相が率いる右派連合の予想議席数は13〜14。右派の
  リクードと中道左派の青と白はいずれも30議席で、右派連合が第三
  勢力になる。イスラエル我が家党は約10議席の見込み。(P,H,Y)

*西岸地区のイスラエルが管理するC地区に、7百戸のパレスチナ人住
  宅を建設する計画を安全保障閣議で承認したとの報道。さらに6千戸
  を建設するとも。米国の圧力に屈したと見て右派は反発。(P,H,Y)

*パレスチナのシュタイエ首相は、もしイスラエルが2国家共存を受け
  入れないなら、ヨルダン川から地中海までの範囲で、パレスチナ人よ
  りユダヤ人の数が少なくなり、イスラエル国は「死ぬ」と主張。(P)

*イスラエルは、スペインの社会主義党のアサディ議員の入国を安全上
  の理由で拒否。議員はレバノン生まれのパレスチナ人。ラマラとテル
  アビブで開催される社会主義国際会議に出席する予定だった。(H)

*国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)が不適切な活動を行
  っていると指摘されているため、スイスは拠出金を一時停止。(P)

*エジプト政府が、貧困が拡大していると発表。貧困ライン以下の人は、
  2000年には16.7%だったが、昨年は32.5%に。(Y)

*テルアビブでLGBTQの若者14人を収容する施設前で、16歳の
  アラブ系少年が家族に刺され重傷。性的指向が原因と見られる。(H)

*最新の世論調査によると、9月の総選挙に行くアラブ系市民は42%
  で以前より増加。左派政党がアラブ系市民を重視した政策を打ち出し
  ているため、アラブ系市民が政治に関心を持っているもよう。(P)

****************************************************
2019年 8月1日(木)
****************************************************
*米国のクシュナー上級顧問が、和平交渉のため中東5ヶ国を歴訪中。
  ヨルダンを訪問した後、イスラエルでネタニヤフ首相と会談。トラン
  プ大統領は、アラブ諸国の平和サミットを主催するもよう。(P,H,Y)

*イランのザリフ外相個人に制裁をかけると、米国財務省の外国資産管
  理部門が発表。同外相は「最高指導者ハメネイ師が決めた無謀な政策
  を実行に移す人物」であり制裁の対象だと財務長官は説明。(P,H)

*国防軍が2014年のガザ戦争以来最大規模の、4日間の軍事訓練を
  完了。数百人の予備役兵士を招集し、空軍、海軍も参加した。(P,H)

*米上院が、現在カナダ駐在大使のクラフト氏を、国連大使に任命する
  ことを承認。同氏は経験不足だとして民主党は反対していた。(P)

*ハマスのテロによって被害を受けた米国人が、テロ組織の情報発信を
  助けたとしてフェイスブック社を訴えたが、米国の地裁は、情報発信
  のシステムを提供した会社は情報の内容に責任は無いと判断。(P,Y)

*イスラエルがC地区にパレスチナ人用住宅を建設する計画について、
  パレスチナのアッバス議長は「パレスチナ人は西岸地区全体に住宅を
  建設する権利があり、イスラエルの承認は不要」と一蹴した。(H)

*2001年の同時多発テロを起こしたビンラディンの長男で後継者の
  ハムザが死亡したと米メディアが報道。詳しい状況は不明。(Y)

*エルサレム市改造工事中の渋滞を緩和するため、スモトリッチ交通相
  が、メバセレット・シオン付近を通る新道路の建設検討を指示。しか
  し、森林や古代遺跡が失われ、回復不能になると懸念の声も。(H)

****************************************************
2019年 8月2日(金)
****************************************************
*シャケド氏率いる統一右派連合と極右のオツマ・イェフディット党の
  連合交渉は決裂し、結局、両党は別々に選挙に臨むことに。統一右派
  連合との連立を目指すリクード党にとっては不利な展開。(P,H,Y)

*昨日早朝、ハマスのテロリスト1人が手榴弾と銃で武装し、イスラエ
  ル南部に侵入して兵士らを負傷させたが、すぐ射殺された。(P,Y)

*昨日昼間、ゴラン高原のシリア側にあるクネトラ西部にミサイル攻撃。
  イスラエル軍によるものだと、シリアでは報じられている。(P,Y)

*右派リクード党のキッシュ議員と、中道左派の青と白党のヘンデル議
  員に、二国家共存について聞いたところ、2人とも否定的回答。ただ
  しヘンデル議員はパレスチナ人の自治を保証したいと述べた。(P)

*青と白党のガンツ党首が、リクードとの連立について質問され「イス
  ラエルにとって最良の選択を」と答えたため、青と白党がリクード党
  と連立するとの見方が拡散。ガンツ氏はあわてて否定した。(P)

*米トランプ大統領がキャンプ・デービッドでアラブ諸国のサミットを
  開き、中東和平案を発表するとの報道を米大統領府高官が否定。(Y)

*サウジアラビアは、女性が男性保護者または配偶者の許可なく旅行す
  る事を認めるなどの改革を実施。同国は女性を二級市民扱いしている
  として、長年にわたり国際社会から非難を受け続けている。(P)

*今年前半の帰還移民の数は1万6千人余り。ロシアからは7割増だが
  フランスや米国からの移民数は減少。帰還者の半数はロシアからだが、
  帰還は出来ても、ユダヤ法上はユダヤ人でない人が多い。(H)

------------------------------------------------------------
 関連用語データベース・1999年10月以降の記事の全文検索は
  http://www.zion-jpn.or.jp/p0404.htm へどうぞ
-------------------------------------------------------------
[情報源略号表]
 P=エルサレム・ポスト  http://www.jpost.co.il/
 H=ハアレツ       http://www.haaretz.com/
 7=アルツ7       http://www.israelnationalnews.com/
  I=イスラエル・トゥデイ http://www.harvesttime.tv/israel_today/
 Y=イディオット・アハロノット http://www.ynetnews.com/
 ( )内の記号が情報源。メディアにより掲載日が異なる場合もあり。

[転載・引用・再配布について]
 教会活動等の非営利目的ならばOKです。ユダヤ人および
 各宗教教派に批判的な文脈での引用はしないで下さい。
============================================================
発行:「シオンとの架け橋」  http://www.zion-jpn.or.jp/
編集:石井田直二 naoji@zion-jpn.or.jp
============================================================
★購読解除は  http://www.zion-jpn.or.jp/kaijo.htm

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-11-26  
最終発行日:  
発行周期:週2〜3  
Score!: 93 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。