国際情勢

シオンとの架け橋・イスラエルニュース



イスラエルの最新情報を週2回(火・金)お届け。3日分の現地情報が5分でわかります。政治・社会情報を中心に、宗教関係も重点カバー。

全て表示する >

シオンとの架け橋・イスラエルニュース

2019/05/25

◆◆◆◆◆◆◆
|||||||  シオンとの架け橋
_\\|//_    イスラエル・ニュース
__\|/__
___土___  http://www.zion-jpn.or.jp

「エルサレムの平和のために祈れ」 詩 122

本紙の発行は、原則として毎週火曜と金曜です。
=====【今号のポイント】================================
★(22日)サウジが緊急会議を招集
★(23日)自治政府が和平案を拒絶
★(24日)熱波で多数の火災が発生
****************************************************
2019年 5月22日(水)
****************************************************
*アラブ首長国連邦が、6月下旬にバーレーンで行われる「平和と繁栄」
  会議を歓迎。パレスチナ人が苦難を脱し、安定と繁栄の未来を得られ
  るよう期待を表明。サウジアラビアも会議参加を発表した。(P,H)

*サウジアラビアがアラブ諸国の首脳を招き30日に緊急サミットを開
  催へ。12日に石油タンカーに武装勢力から攻撃があったため。(P)

*ネタニヤフ首相と全議員に不逮捕特権を与える法案が国会へ。提案者
  のリクード党議員は首相の要請は無かったと主張。野党議員は「市民
  は盗んではならないが、議員は盗んでもいいのか」と揶揄。(P,H,Y)

*19日にシリア北部でアサド政権軍が塩素ガス攻撃を行った疑いがあ
  ると、国務省が発表。違反があれば対処すると警告を行った。(P)

*ドイツのメルケル首相が、フランスの大統領およびロシアの大統領と
  電話会談を行ったと、事務所を通じて発表。議題はイラン問題で、イ
  ランに対して核合意に残るよう説得する事で一致したという。(Y)

*25日に米国オハイオ州のユダヤ人地区で行われるKKKのデモに、
  ユダヤ人団体が懸念。主催者は覆面し合法的武器を持つと宣言。千人
  規模の抗議デモ参加団体の中には、反ファシスト武装団体も。(P)

*米国フロリダ州でイスラエル領事が同性愛者のデモに参加したところ、
  福音派の牧師が懸念を表明、イスラエル支持の集会を延期した。(H)

*国際企業のシェル石油が、人工知能による車両点検装置を開発するイ
  スラエルの企業に投資へ。人間より的確に故障を発見できる。(P)

****************************************************
2019年 5月23日(木)
****************************************************
*米和平案が部分発表されるバーレーンでの会議にパレスチナが反対し
  ているため、アラブ諸国は懸念。自治政府高官らは会議を開き対応を
  検討するが、米和平案を拒絶する姿勢は変わらないもよう。(P,H)

*米からの支援中止で危機に瀕する国連パレスチナ難民救済事業機関U
  NRWAが6月下旬のバーレーンでの会議と同じ日にパレスチナの経
  済会議を行う予定。米和平案への対決姿勢を示すためか。(P)

*国防軍がガザの漁業海域を15海里から10海里に縮小すると発表。
  イスラエル南部11箇所で放火風船などで火事があったため。(P,H)

*欧州では今日から26日までEU議会選挙。反ユダヤ的な右派大衆迎
  合主義者らの動向に現地のユダヤ人は神経を尖らせている。(P,H)

*米軍が5千〜1万人の部隊の中東派遣を検討しているとの報道。米軍
  中央司令部の要請だが、国防総省がそれを承認するかは不明。(P)

*トルコの国防相が、ロシア製のS−400ミサイルの購入で米国の反
  発は予想していると発言。トルコは米国からF−35戦闘機を購入す
  る交渉を進めているが、米国は軍事情報の漏洩を懸念している。(Y)

*ユダヤ人作家のカフカの手書き原稿の所有権争いが決着し、ドイツの
  警察がエルサレムの国立図書館代表に原稿を引き渡す式典がドイツで
  行われた。数千頁の手紙、脚本、日記、詩などが含まれる。(H)

*歴史ある大手のユダヤ人慈善団体UJAが人気投票で支援するプロジ
  ェクトを決めたところ、イスラエルと米国の同性愛者の関係を強化す
  るプロジェクトが高得点を得て、15万ドルの支援を獲得した。(P)

****************************************************
2019年 5月24日(金)
****************************************************
*昨日は熱波がイスラエル全土を襲い、気温が37度まで上昇、強い風
  も吹いたため20箇所で火事が発生。3千人以上が家から避難する事
  態に。煙を吸い込んだため病院で手当を受けている人も。(P,H,Y)

*連立政権の交渉期限が迫る中、ネタニヤフ首相が各党を招待して官邸
  で緊急会合。しかしイスラエル我が家党のリーバーマン氏は出席を拒
  否した。他の党は共同声明を出し、政権構築に協力を約束。(P,H)

*イランは米の圧力に屈せず、たとえ爆撃されても降伏はしないと、ロ
  ウハニ大統領が宣言。イラン軍のバケリ参謀長は、敵による「冒険主
  義」は強力な反撃を招く事になると警告、軍事衝突を示唆。(P,H,Y)

*米国のグリーンブラット中東特使が、国連パレスチナ難民救済機関(
  UNRWA)に解散を勧告したが、同機関の事務局長は拒否。最大支
  援国だった米国からの資金が止まり、同機関は資金が枯渇状態。(Y)

*ラザロの復活で知られるエイザリヤにパレスチナが警察署を建てたが、
  イスラエル政府の許可が出ず使用できなくなっていることが判明。当
  該地区はオスロ合意でイスラエル政府の管理となっているため。(P)

*元最高裁長官のバラク氏とベイニシ氏が、最高裁の権限制限を目指す
  ネタニヤフ首相の動きを厳しく非難。「私が長官だったら辞任を考え
  る」と語り、民主主義と憲法を守る使命が危うくなると警告。(H)

*首相や議員に不逮捕特権を与える法案に、国民の大多数が反対。リク
  ード党支持者でも賛否がほぼ同数、中道派では反対が85%。(P)

*アラブ系市民らが、暴力行為の取締り強化を求め、ワジアラ地区から
  国会まで車列を走らせ抗議。アラブ人地区は犯罪率が高いため。(Y)

------------------------------------------------------------
 関連用語データベース・1999年10月以降の記事の全文検索は
  http://www.zion-jpn.or.jp/p0404.htm へどうぞ
-------------------------------------------------------------
[情報源略号表]
 P=エルサレム・ポスト  http://www.jpost.co.il/
 H=ハアレツ       http://www.haaretz.com/
 7=アルツ7       http://www.israelnationalnews.com/
  I=イスラエル・トゥデイ http://www.harvesttime.tv/israel_today/
 Y=イディオット・アハロノット http://www.ynetnews.com/
 ( )内の記号が情報源。メディアにより掲載日が異なる場合もあり。

[転載・引用・再配布について]
 教会活動等の非営利目的ならばOKです。ユダヤ人および
 各宗教教派に批判的な文脈での引用はしないで下さい。
============================================================
発行:「シオンとの架け橋」  http://www.zion-jpn.or.jp/
編集:石井田直二 naoji@zion-jpn.or.jp
============================================================
★購読解除は  http://www.zion-jpn.or.jp/kaijo.htm

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-11-26  
最終発行日:  
発行周期:週2〜3  
Score!: 93 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。