国際情勢

シオンとの架け橋・イスラエルニュース



イスラエルの最新情報を週2回(火・金)お届け。3日分の現地情報が5分でわかります。政治・社会情報を中心に、宗教関係も重点カバー。

全て表示する >

シオンとの架け橋・イスラエルニュース

2019/05/03

◆◆◆◆◆◆◆
|||||||  シオンとの架け橋
_\\|//_    イスラエル・ニュース
__\|/__
___土___  http://www.zion-jpn.or.jp

「エルサレムの平和のために祈れ」 詩 122

本紙の発行は、原則として毎週火曜と金曜です。
=====【今号のポイント】================================
★(1日)新議員による国会が初招集
★(2日)高まる反ユダヤ主義に懸念
★(3日)米和平案は「開始点」と説明
****************************************************
2019年 5月1日(水)
****************************************************
*昨日は選挙後初の国会。120人の議員中、49人が新顔。リブリン
  大統領は「対立の矛先を収めて泥を落とそう」と一致を呼びかけ。エ
  ルデスタイン氏が議長に再任され、3期目を務める事に。(P,H,Y)

*自治政府がテロリストや家族に支給している高額の給付金について、
  EU高官が自治政府に妥協を勧奨。テロリストへの給与支払は支持で
  きないが、社会保障制度の枠で必要額を支給することを提案。(P)

*米和平案を受入れるなら、10億ドルを支援するとサウジアラビアの
  皇太子がアッバス議長に提案したが、議長は「政治生命が危ない」と
  して断ったと、レバノン紙が報道。自治政府はコメントせず。(P)

*もし、イラン船のホルムズ海峡通過を妨害するなら、海峡を封鎖する
  とイラン軍高官が警告。米国が、イラン石油の全面禁輸を命じた事を
  受けての発言。クウェートはイラン軍高官の発言に懸念を表明。(P)

*フランスのイスラエル駐在大使が「イスラエルはすでに人種差別国家」
  だと発言したため、イスラエル外務省が呼び出して抗議した。(H)

*ドイツ与党系のNGOが、4月末の会議にイスラエルの作家ノール氏
  の招待を中止。同氏がドイツの対イラン政策を非難したため。(P)

*ヨルダンのアブドラ国王が、イスラエルからの天然ガス輸入合意の見
  直しを指示。2016年に合意し、今年から納入の予定だった。(H)

*反ユダヤ主義的な風刺画を掲載し謝罪に追い込まれたニューヨーク・
  タイムズ紙が、国際版に再びイスラエルの風刺画を掲載。ネタニヤフ
  首相がモーセに扮し、石板を持ちながら自撮りをしているもの。(Y)

****************************************************
2019年 5月2日(木)ヨム・ハショア
****************************************************
*反ユダヤ主義の「亡霊」が再びヨーロッパに蔓延していると、リブリ
  ン大統領が警告。右派、左派ともに反ユダヤ主義に流れる中、イスラ
  エルがそれらの政治運動と妥協するのは倫理に反すると警告。(P,Y)

*ポーランドのアウシュビッツ・ビルケナウ強制収容所跡で毎年行われ
  る「生者の行進」に1万人が参加予定。若いユダヤ人指導者たちは、
  ホロコースト記念日を反ユダヤ主義と戦う日にすべきだと提案。(P)

*オーストリアでの世論調査で、ホロコーストで6百万人が殺されたこ
  とを知らなかった人が56%。再びホロコーストと同様の事件がヨー
  ロッパの他の国でも起こると考える人は58%に達した。(P)

*ADLが2018年の反ユダヤ主義に関する年次報告を発表。ニュー
  ヨーク州では反ユダヤ主義による攻撃が急速に増加している。(H)

*米国のキリスト教会、シナゴグ、モスクなどでは、テロリストの襲撃
  による損害を保障する特殊な保険を契約する例が急増中。(Y)

*1月に米国で行われた世論調査で、米国のユダヤ人の53%はイスラ
  ム教徒に好感を持ち、イスラム教徒の45%もユダヤ人に好感を持つ
  ことが判明。ユダヤ人とイスラム教徒の関係は意外に友好的。(P)

*紛争による死者をパレスチナ人とユダヤ人が共同で追悼する行事が、
  2005年以来、毎年行われてきたが、今年は181人のパレスチナ
  人が検問所を通過できず、参加できなかったことが判明。(P)

*1944年にハンガリーにいた18歳のユダヤ人少女、オルンステイ
  ンさんが書いた日記が、ヘブライ語と英語に翻訳出版された。(H)

****************************************************
2019年 5月3日(金)
****************************************************
*米政府で中東和平を担当するクシュナー上級顧問は、和平案が問題解
  決の開始点になるとの考えを表明。「現実的な枠組みで、両者にとっ
  て良い結果が得られて、実行可能なもの」を検討中だと説明。(P)

*エジプトがハマスとイスラム聖戦の指導者をカイロに呼び、緊張緩和
  に向けた協議。ロケット砲撃の再開で、緊張が高まっている。(P,Y)

*EUがテロ犯と家族への給付金に反対したため、パレスチナ自治政府
  はロシアに支援を要請。昨日アッバス議長がロシアの代表とラマラで
  会談し、イスラエル政府に圧力をかけるように支援を求めた。(P)

*ヨルダンのアブドラ国王が、ラジズ首相に対する抗議デモを計画し、
  国を不安定化させたとして、側近を含む複数の高官を解任。(H)

*フェイスブック社が、反ユダヤ主義者のファラカン氏や、極右陰謀論
  者ジョーンズ氏らのアカウントを「危険」と判断しブロック。(P,Y)

*ベネズエラでシナゴグやユダヤ学校を運営するラビが窮状を報告。超
  インフレで混乱状態だが、それでも学校やシナゴグは開いており、助
  け合っているという。ベネズエラのユダヤ人は約7300人。(P)

*ナチス占領下のハンガリーで、カストナー博士に助けられたユダヤ人
  約1700人の一部が、毎年博士の家で名誉回復を祈念。博士はユダ
  ヤ人の財産を奪ったと断罪され、戦後イスラエルで殺された。(Y)

*150年前にヨルダンで発見された、紀元前950年頃の石碑の未解
  読部分に民数記にあるバラク王の名前が登場か。当時のメシャ王が、
  昔の伝説的な王を引き合いに出して自らの功績を称える内容。(H)

------------------------------------------------------------
 関連用語データベース・1999年10月以降の記事の全文検索は
  http://www.zion-jpn.or.jp/p0404.htm へどうぞ
-------------------------------------------------------------
[情報源略号表]
 P=エルサレム・ポスト  http://www.jpost.co.il/
 H=ハアレツ       http://www.haaretz.com/
 7=アルツ7       http://www.israelnationalnews.com/
  I=イスラエル・トゥデイ http://www.harvesttime.tv/israel_today/
 Y=イディオット・アハロノット http://www.ynetnews.com/
 ( )内の記号が情報源。メディアにより掲載日が異なる場合もあり。

[転載・引用・再配布について]
 教会活動等の非営利目的ならばOKです。ユダヤ人および
 各宗教教派に批判的な文脈での引用はしないで下さい。
============================================================
発行:「シオンとの架け橋」  http://www.zion-jpn.or.jp/
編集:石井田直二 naoji@zion-jpn.or.jp
============================================================
★購読解除は  http://www.zion-jpn.or.jp/kaijo.htm

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-11-26  
最終発行日:  
発行周期:週2〜3  
Score!: 93 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。