国際情勢

シオンとの架け橋・イスラエルニュース



イスラエルの最新情報を週2回(火・金)お届け。3日分の現地情報が5分でわかります。政治・社会情報を中心に、宗教関係も重点カバー。

全て表示する >

シオンとの架け橋・イスラエルニュース

2019/03/01

◆◆◆◆◆◆◆
|||||||  シオンとの架け橋
_\\|//_    イスラエル・ニュース
__\|/__
___土___  http://www.zion-jpn.or.jp

「エルサレムの平和のために祈れ」 詩 122

本紙の発行は、原則として毎週火曜と金曜です。
=====【今号のポイント】================================
★(27日)イラン外相が突然辞任し波紋
★(28日)ガザからの風船が空中で爆発
★(1日)ネタニヤフ首相の起訴を発表
****************************************************
2019年 2月27日(水)
****************************************************
*ネタニヤフ首相が極右カハ系勢力との連携を目指したため、米では強
  い反発。首相支持を表明した団体傘下のラビが怒りの辞任。(P,Y)

*英政府がヒズボラをテロ組織に指定したため、英国会で論戦。コルビ
  ン党首率いる労働党は、ヒズボラのテロ組織指定に反対。(P,H,Y)

*イランのザリフ外相が突然に辞任を発表したことで、様々な波紋。ネ
  タニヤフ首相は「辞任して良かった」などと発言。イラン核合意をま
  とめた同外相が去ったことで、今後の方向性は不透明に。(P,H,Y)

*極右勢力の選挙出馬を差止める訴えをメレツ党が選挙管理委員会に提
  出。右派はこれに対抗してアラブ政党の差止めを要求した。(P,H)

*アルゼンチンのチーフラビが自宅で襲撃され重傷。犯人が「お前はラ
  ビだ」等と言っていたため、反ユダヤ的事件だとの見方が強まってい
  るが、ユダヤ人共同体内部の恨みが原因だとの見方もある。(P,H,Y)

*ガザの衛生状況が極度に悪化しているため、テロ以外にも近隣住民に
  被害が及ぶ恐れがあると専門家が警告。伝染病の大発生で境界フェン
  スに人が殺到したり、伝染病を持った蚊が近隣を襲う可能性も。(Y)

*福音派クリスチャンのユダヤ人支援団体IFCJでは、指導者のエク
  スタイン師の急死にともない、娘のヤエルさんが後任に就任。(P)

*鉄道のペタティクバ駅の自動改札機の上に陣取って乗客を迎える「ミ
  ッチー」という猫の映像がフェイスブックで大人気。しかし、もうす
  ぐ駅舎の改造工事が行われるため、駅は猫の「里親」を公募中。(P)

****************************************************
2019年 2月28日(木)
****************************************************
*ガザから飛来した風船に取り付けられた爆発物が空中で爆発。新しい
  戦術か。国防軍はガザのハマス拠点に報復の空爆を実施。(P,H,Y)

*ネタニヤフ首相がロシアでプーチン大統領と会談。ロシア機撃墜事件
  以来、冷却していた両国関係の修復を意味すると見られる。(P,H)

*司法長官は、ネタニヤフ首相を起訴する方針を今日にも表明する構え。
  実際の起訴は事情聴取を経てからになるが、選挙への影響は必至。ま
  た、選挙で当選しても起訴されれば首相職の継続は不可能。(P,H,Y)

*アルアクサ殉教団指導者だったズベイディを、新たなテロを計画した
  容疑でシンベトが逮捕。ズベイディは、武装闘争を放棄してイスラエ
  ルから恩赦を得たが、自治政府に逮捕されるなど複雑な経歴。(P,H)

*米政府のクシュナー上級顧問は、中東和平案についてアラブ各国と協
  議。米の仲介に反対するトルコのエルドアン大統領とも会談。(P,H)

*EU議会で反国防軍の左派NGO「沈黙を破る」が証言したことに対
  抗して、パレスチナ武装勢力の悪質さを予備役兵士のNGOも証言。
  イスラエルを代表して異なる立場の団体がEUで対決した。(P,Y)

*パレスチナ自治政府がテロ犯と家族に支給する高額の報奨金の額を、
  自治政府に送金する税金から差引いてイスラエルが送金したところ、
  反発した自治政府が「オスロ合意違反」だとして全額を返金。(H)

*米国ピッツバーグの長老派神学校での会議で「シオニズムは東欧の金
  持ちユダヤ人の発明」などの反ユダヤ的講演があったとの報道。(P)

*イスラエルの企業が、すぐに防弾チョッキになるリュックサックを開
  発。校内での銃乱射事件が続発する米国での販売を目指す。(P,Y)

****************************************************
2019年 3月1日(金)
****************************************************
*資産家から高額の贈り物を受け取り便宜を図った疑惑と、好意的な報
  道をさせるため便宜を図った疑惑などについて、ネタニヤフ首相を贈
  収賄などの容疑で起訴する方針を、司法長官が発表した。(P,H,Y)

*首相を汚職で起訴するとの発表を受け、首相と与党側は「魔女狩り」
  などとして強く反発。選挙戦を続ける構えだが、新党を立ち上げ首相
  の座を目指すガンツ氏は、首相が辞任すべきだと発言した。(P,H,Y)

*国連人権理事会の調査委員会が、ガザ境界での暴動で国防軍がパレス
  チナ人の子供、障害者、記者らを意図的に狙い銃撃したと報告。ネタ
  ニヤフ首相は「イスラエル憎悪と偽善の新記録だ」と一蹴。(P,H,Y)

*ガンツ氏から40年前にセクハラを受けたと、同じ高校の女性が主張。
  ガンツ氏は強く否定し、名誉棄損で女性を訴える構え。(P,H,Y)

*米和平案は、パレスチナ国家設立ではなく、自治の拡大を目指すだけ
  の内容だとパレスチナの新聞が報道。事実かどうかは不明。(Y)

*イスラム教とユダヤ教の食物規定に従う、ハラールとコシャーの食品
  は、動物虐待により生産されているため「オーガニック」の表示は不
  可だとEUが決定。ハラールやコシャー禁止に向けた流れか。(P)

*エルサレムとユダヤ人の歴史的関係を消す歴史改ざんが進んでいると、
  イスラエルの元外交官のゴールド氏が、米での演説で警告。(P)

*エルサレム付近での激しい雨のため、自動車が水に流され、乗ってい
  た男性2人が救助隊に助けられた。また、エルサレムでは東西を分け
  る分離壁の一部が雨により崩れ、パレスチナ人住民が喜んだ。(Y,H)

------------------------------------------------------------
 関連用語データベース・1999年10月以降の記事の全文検索は
  http://www.zion-jpn.or.jp/p0404.htm へどうぞ
-------------------------------------------------------------
[情報源略号表]
 P=エルサレム・ポスト  http://www.jpost.co.il/
 H=ハアレツ       http://www.haaretz.com/
 7=アルツ7       http://www.israelnationalnews.com/
  I=イスラエル・トゥデイ http://www.harvesttime.tv/israel_today/
 Y=イディオット・アハロノット http://www.ynetnews.com/
 ( )内の記号が情報源。メディアにより掲載日が異なる場合もあり。

[転載・引用・再配布について]
 教会活動等の非営利目的ならばOKです。ユダヤ人および
 各宗教教派に批判的な文脈での引用はしないで下さい。
============================================================
発行:「シオンとの架け橋」  http://www.zion-jpn.or.jp/
編集:石井田直二 naoji@zion-jpn.or.jp
============================================================
★購読解除は  http://www.zion-jpn.or.jp/kaijo.htm

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-11-26  
最終発行日:  
発行周期:週2〜3  
Score!: 93 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。