国際情勢

シオンとの架け橋・イスラエルニュース



イスラエルの最新情報を週2回(火・金)お届け。3日分の現地情報が5分でわかります。政治・社会情報を中心に、宗教関係も重点カバー。

全て表示する >

シオンとの架け橋・イスラエルニュース

2019/02/22

◆◆◆◆◆◆◆
|||||||  シオンとの架け橋
_\\|//_    イスラエル・ニュース
__\|/__
___土___  http://www.zion-jpn.or.jp

「エルサレムの平和のために祈れ」 詩 122

本紙の発行は、原則として毎週火曜と金曜です。
=====【今号のポイント】================================
★(20日)米大使館と領事館を3月に合併
★(21日)極右勢力の政権入りに懸念の声
★(22日)ネタニヤフ政権打倒で合同会派
****************************************************
2019年 2月20日(水)
****************************************************
*神殿の丘の黄金門付近で、十数人のパレスチナ人が再び騒ぎを起こし
  て警察官らと衝突。19人のパレスチナ人らが逮捕された。(P,Y)

*エルサレムにある米領事館は、移設された米大使館と3月初めに合併
  させると米政府が発表。昨年に発表されていた動きだが、時期は未定
  だった。米領事館はパレスチナ政府との連絡を担当している。(P,H)

*反ユダヤ的事件が続くフランスでは、昨夜、各地で反ユダヤ主義に反
  対する集会。14の政党が協力、パリでは数千人が参加。(P,H,Y)

*英労働党の議員7人が「コルビン党首になって、労働党は組織的な反
  ユダヤ主義、差別主義に成り下がった」として離党を発表。英労働党
  は伝統的にユダヤ人と良い関係にあったが、新党首で変化した。(H)

*ネタニヤフ首相が4月9日の総選挙前にモロッコを訪問すると発表。
  首相は昨年9月に、米国でモロッコの外相と会談していた。イスラエ
  ルとモロッコは国交がないが、貿易や観光などで関係を持つ。(Y)

*イランで31歳の同性愛者が絞首刑にされたとの報道を受け、米政府
  が同性愛の処罰に反対すると宣言。自らも同性愛者である米大使がE
  Uに共調を呼びかけた。同性愛を犯罪とするのは現在71ヶ国。(P)

*国連職員の3分の1が、過去2年間にセクハラを経験したとの報告。
  国連は専門家委員会を設置し、事務総長に提言を行うと決定。(P)

*ダマスカス門で3人の兵士を刺して射殺されたテロリストの母親が、
  TVのインタビューを受け、息子の「英雄的な行為」を称賛。(P)

****************************************************
2019年 2月21日(木)
****************************************************
*新党を設立したガンツ氏と有未来党のラピド氏が選挙協力に向けて話
  し合いを行ったことが判明。両党が合併するとの見方もある。(P,Y)

*極右組織カハの流れをくむ団体と、右派のユダヤ人の家党が、ネタニ
  ヤフ首相の強い要請を受けて合同会派を結成へ。テロ組織と見られて
  いる団体が政権に参加することに、多くの団体から懸念の声。(H,P)

*ネタニヤフ首相とプーチン大統領の会談が予定されていたが、突然中
  止に。選挙対策を優先させたいネタニヤフ首相の意向か。(H,P)

*4月の総選挙で重視する争点を有権者に聞いたところ、物価が32%、
  治安が26%、パレスチナ紛争解決は11%。紛争解決の道は二国家
  共存案が28%、自治区を併合する案が22%の賛同を集めた。(P)

*昨年11月以来となる、放火風船による火災が発生。ハマスが再開を
  指示したもよう。イスラエル国防軍はハマス拠点に報復。(P,H,Y)

*イスラエルが代行徴収した税金を毎月自治政府に送金する中から、テ
  ロ報奨金の分を差し引くとしたことに、アッバス議長が反発。「何が
  あっても殉教者らへの支給金は絶対に止めない」と宣言した。(P,Y)

*入植地の支援は「戦争犯罪」だとのパレスチナ人の訴えを不受理にし
  たのは不適切だと米上級審が判断。裁判が行われる可能性も。(P,Y)

*イスラエルの民間企業が製作した月探査機「ベレシート」が今夜米国
  から打ち上げへ。成功すれば米、露、中に続いて4ヶ国目に。(P,Y)

*世界教会協議会(WCC)が資金を出して運営するEAPPIは、メ
  ンバーを送り込んで国防軍の活動を監視した上、国に帰って「神学用
  語を使って反ユダヤ的講演をしている」と、監視団体が指摘。(P)

****************************************************
2019年 2月22日(金)
****************************************************
*米国時間で昨夜、イスラエル時間では今日未明にイスラエルの月探査
  機が米国から打ち上げ。民間としては世界初の快挙に期待。(H,P,Y)

*ガンツ氏の回復党とラピド氏の有未来党の協議がまとまり、合同会派
  で選挙に臨むと発表。緊急に行われた世論調査では、ネタニヤフ首相
  率いるリクードを上回る議席数を獲得するとの予想に。(P,H,Y)

*ネタニヤフ首相はガンツ氏とラピド氏の合同会派形成を強く警戒し、
  左派的な政策がイスラエル国家の安全を危うくすると攻撃。(P,H,Y)

*人気が低迷する左派メレツ党のザンドバーグ党首が、労働党に合同会
  派形成を呼びかけたが、労働党が手続き上の困難を理由に拒否。(H)

*首相の要望で中止になっていたネタニヤフ首相とプーチン露大統領の
  会談は、来週水曜に開催される予定だと、イスラエルが発表。(P)

*イスラエルとパレスチナの間では一方的行動ばかりが行われており、
  やがて戦争になると、国連のムラデノフ中東特使が警告した。(Y)

*エルサレムで開催された経済会議で講演したイスラエル駐在のフリー
  ドマン米大使が、入植者とパレスチナ人の経済関係促進を呼びかけ。
  パレスチナ自治政府は「入植の推進になる」として強く反発。(P,Y)

*サウジアラビアで勢力があるイスラム教ワッハーブ派は、ユダヤ教の
  影響を受けていると、イラン軍スレイマニ将軍が発言した。(P)

*米国のユダヤ人俳優スモレット氏が、トランプ支持者と見られる2人
  から暴行と差別的な暴言を受けたと訴えていた問題で、本人が2人に
  依頼して演技をさせた疑いが濃厚に。警察が本人を取調べ中。(P,Y)

------------------------------------------------------------
 関連用語データベース・1999年10月以降の記事の全文検索は
  http://www.zion-jpn.or.jp/p0404.htm へどうぞ
-------------------------------------------------------------
[情報源略号表]
 P=エルサレム・ポスト  http://www.jpost.co.il/
 H=ハアレツ       http://www.haaretz.com/
 7=アルツ7       http://www.israelnationalnews.com/
  I=イスラエル・トゥデイ http://www.harvesttime.tv/israel_today/
 Y=イディオット・アハロノット http://www.ynetnews.com/
 ( )内の記号が情報源。メディアにより掲載日が異なる場合もあり。

[転載・引用・再配布について]
 教会活動等の非営利目的ならばOKです。ユダヤ人および
 各宗教教派に批判的な文脈での引用はしないで下さい。
============================================================
発行:「シオンとの架け橋」  http://www.zion-jpn.or.jp/
編集:石井田直二 naoji@zion-jpn.or.jp
============================================================
★購読解除は  http://www.zion-jpn.or.jp/kaijo.htm

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-11-26  
最終発行日:  
発行周期:週2〜3  
Score!: 93 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。