国際情勢

シオンとの架け橋・イスラエルニュース



イスラエルの最新情報を週2回(火・金)お届け。3日分の現地情報が5分でわかります。政治・社会情報を中心に、宗教関係も重点カバー。

全て表示する >

シオンとの架け橋・イスラエルニュース

2019/01/01

◆◆◆◆◆◆◆
|||||||  シオンとの架け橋
_\\|//_    イスラエル・ニュース
__\|/__
___土___  http://www.zion-jpn.or.jp

「エルサレムの平和のために祈れ」 詩 122

本紙の発行は、原則として毎週火曜と金曜です。
=====【今号のポイント】================================
★(30日)作家のオズ氏が79歳で死去
★(31日)新しい右派政党の誕生で波紋
★(1日)米軍のシリア撤退は段階的か
****************************************************
2018年 12月30日(日)
****************************************************
*作家のアモス・オズ氏が79歳で死去。エルサレムポスト紙は「預言
  者エレミヤのように平和を語った」とする弔辞を掲載した。(P,Y,H)

*右派のユダヤ人の家党幹部のベネット氏とシャケド氏が世俗系の新右
  派政党の結成を発表。ネタニヤフ首相率いるリクードの支持者獲得を
  目指す。リクードのレゲヴ文化相は「偽物に注意」と警戒。(P,H,Y)

*ネタニヤフ首相がブラジルを訪問、ボルソナロ新大統領と会談したが、
  大使館のエルサレム移設については発表なし。アラブ世界がブラジル
  からの牛肉の輸入をボイコットすると警告しているためか。(P,Y)

*先週金曜日もガザ境界での暴動は続き、久しぶりに1人が死亡。ガザ
  からイスラエルに対して、1発のロケット砲攻撃があった。被害は無
  かったが、国防軍はガザのハマス拠点をミサイルで攻撃。(P,H,Y)

*ガザからの放火風船は一時下火になっていたが、再び2個の爆発物つ
  き風船が飛来。警察は住民に注意するよう呼び掛けている。(P,Y)

*エジプトのピラミッド近くで、ベトナム人らの乗った観光バスの横で
  爆弾が爆発し4人が死亡、11人が負傷する大規模なテロ。(P,H,Y)

*ラテンアメリカの都市部住民の23%は、スペインなどで強制改宗さ
  れたユダヤ人たちの子孫だとする論文が雑誌に掲載された。(H)

*ハバッド活動家のアルファシ氏が「写真家」として北朝鮮を訪問。許
  可は得られたが、現地では多くの危ない目に。金日成の像に頭を下げ
  るように強要された時は、特別な祈りを唱えた等と明かした。(Y)

****************************************************
2018年 12月31日(月)
****************************************************
*ベネット氏とシャケド氏が結成を発表した新右派政党は、緊急の世論
  調査で、6〜14議席を獲得するとの予想。一方、両氏が選挙の後で
  元のユダヤ人の家党と統一会派を作るとの見方も出ている。(P,H,Y)

*ブラジルの新大統領は、同国大使館のエルサレムへの移転について明
  言しなかったが、ネタニヤフ首相は「時間の問題だ」と説明。(P,Y)

*ブラジルを訪問中のネタニヤフ首相が福音派クリスチャンの大会へ。
  「福音派とイスラエルは最良の友人同士だ」などと演説した。(P)

*侮辱のため床に描いたイスラエル国旗上に、ヨルダンの閣僚が立つ写
  真が公開され大問題に。同国は「平和条約は守る」と釈明。(P,H,Y)

*シンベトが西岸地区の入植地のイエシバで、右派の少年3人を逮捕。
  テロ実行を目指していた疑い。報道管制が敷かれており、詳細は報じ
  られていない。少年は弁護士との接見を認められている。(H,Y)

*米国の自治政府に対する補助金から、テロの賠償金を差し押さえられ
  るとする法律が米国でもうすぐ施行されるため、自治政府が補助金の
  受取を拒否する可能性。混乱に乗じてハマスが台頭する懸念も。(Y)

*今年の移民者数は昨年より5%増となり約3万人に。うち1万5百人
  はロシアからで、前年比45%の増加。米国とカナダからの移民は3
  千5百人でほぼ前年並み。フランスからの移民は減少した。(P,Y)

*ユダヤ教は西暦の新年を祝うことに反対しているが、世俗的な人々を
  中心に大晦日のカウントダウンなどに参加する人が増加。イスラエル
  での調査で、約20%が何らかの催しを行うことが判明した。(P,H)

*持家でない家に住む人々が徐々に増加し3分の1を超えたと統計局が
  発表。建国以来、持家率は増加傾向だったが最近は減少中。(H)

****************************************************
2019年 1月1日(火)
****************************************************
*汚職事件で捜査を受けるネタニヤフ首相は、仮に検察が起訴の方針を
  固めても、検察の聴取が済み、起訴されるまでは辞任しない考えを表
  明。選挙が終わるまで検察は手続きを進めないとの見方も。(Y,P,H)

*米軍のシリア撤退は段階的に実施へ。ネタニヤフ首相がトランプ大統
  領に要請か。首相はブラジルでポンペオ米国務長官と、また帰国後に
  はボルトン米大統領補佐官とシリア情勢について協議予定。(Y,P,H)

*作家のアモス・オズ氏の葬儀には親友のリブリン大統領も出席。「こ
  うすれば君は怒るだろうが」と言いつつ棺にキッパを置き弔辞を述べ
  た。オズ氏は無宗教だが、大統領は伝統としてユダヤ教を守る。(P,Y,H)

*自治政府が「東エルサレムの土地をユダヤ人に売った罪」で53歳の
  男性を終身の重労働刑に。男性は米国籍とイスラエルの居住権を持ち
  不逮捕特権があるはずなのに、なぜ逮捕されたかは不明。(P,H,Y)

*エジプトのシシ大統領が同国で肥満が広がっていることを批判したあ
  と、自らも運動を開始。中東でも肥満は恥との意識が浸透中。(Y)

*ニューヨークタイムズ紙が、昨年6月にガザの看護師が射殺された事
  件を詳細に検証して「戦争犯罪」だと非難する記事を掲載。(Y,P)

*西岸地区に住む1万人のパレスチナ人のメッカ巡礼の準備が整ったと、
  国防軍が発表。アレンビー橋を渡りヨルダン経由でメッカへ。(P)

*人気モデルのラファエリが、居住地を偽り脱税した容疑で起訴される
  もよう。弁護団は不起訴を期待。捜査は4年越しだった。(Y,P)

------------------------------------------------------------
 関連用語データベース・1999年10月以降の記事の全文検索は
  http://www.zion-jpn.or.jp/p0404.htm へどうぞ
-------------------------------------------------------------
[情報源略号表]
 P=エルサレム・ポスト  http://www.jpost.co.il/
 H=ハアレツ       http://www.haaretz.com/
 7=アルツ7       http://www.israelnationalnews.com/
  I=イスラエル・トゥデイ http://www.harvesttime.tv/israel_today/
 Y=イディオット・アハロノット http://www.ynetnews.com/
 ( )内の記号が情報源。メディアにより掲載日が異なる場合もあり。

[転載・引用・再配布について]
 教会活動等の非営利目的ならばOKです。ユダヤ人および
 各宗教教派に批判的な文脈での引用はしないで下さい。
============================================================
発行:「シオンとの架け橋」  http://www.zion-jpn.or.jp/
編集:石井田直二 naoji@zion-jpn.or.jp
============================================================
★購読解除は  http://www.zion-jpn.or.jp/kaijo.htm

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-11-26  
最終発行日:  
発行周期:週2〜3  
Score!: 93 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。