歴史・地理

写真で見る日本の歴史

日本史を活字だけで学ばせません。日本史のお勉強を写真を通して行います。全国にちらばる色々な史跡の写真を、詳しい解説といっしょにお届けします。全国にあるお城、教科書に出てくるお寺など、多数紹介。

全て表示する >

【鹿児島城】本丸の黎明館は見所多し、周囲の石垣は珍しい形の石を用いる|写真で見る日本の歴史

2018/08/11


2018/08/11 発行 Ver. 8.2.4

www.pict-history.com

メールマガジン版

写真で見る日本の歴史

 

まぐまぐ大賞2015 5位 まぐまぐ大賞2014 4位

 

No. 378 鹿児島城(3)

 facebook twitter instagram
本丸の黎明館はみどころたくさん。周囲の石垣は珍しい形の石を用いる。

 


所在地 : 鹿児島市城山町

 

鹿児島城 (3)

Kagoshima Castle

422-1 黎明館入口

本丸に現在ある施設「黎明館」です。第七高等学校造士館時代の門を抜けてアクセスします。さほど広くはない本丸ですが、その本丸の敷地全体に黎明館の建物が建っています。


422-2 黎明館

鹿児島県歴史資料センター黎明館。幕末のイメージが大半を占める鹿児島ですが、それ以外の時代についてもとり上げている施設です。


422-3 黎明館建物

昭和58年(1983)に開館した黎明館は、島津氏の居城、鶴丸城の本丸にあります。

422-4 石垣

鹿児島城の本丸を囲む石垣と堀が、当時の面影を残す数少ない遺構と言えるでしょう。しかし、城郭としての迫力はほとんど感じられません。


422-5アコウの根

解説文によると「幹から気根(露出している木の根)がのびて独特の形状になり、時には他の樹木に寄生して宿主を絞め殺してしまう場合もあります」とのこと。石垣に気根が伸びていて、その生命力を感じます。


422-6 布積み石垣

鹿児島城の石垣は独特です。他にあまり例を見ない切石を並べた布積み石垣となっています。各地のお城の石垣を観察するとこのように独自の「顔」が見えてくるように思います。


422-7 北東隅にある切欠

風水を採用した切欠。北東隅にあるもので、鬼門除けに角を無くすという工夫です。この切欠自体は他のお城をはじめ、全国各地の歴史建造物などにはしばしば見られます。鹿児島城の日本100名城スタンプのデザインは、この部分の石垣が採用されています。


サイト「写真で見る日本の歴史」

http://www.pict-history.com (リンク)

登録・解除/バックナンバー
まぐまぐ

http://www.mag2.com/m/0000119805.html

メルマ! http://melma.com/backnumber_102528/
 

Copyright (c) 写真で見る日本の歴史 All Rights Reserved.

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-11-03  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。