国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:2018-10-19  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

最新記事

最新のコメント

  • 下津井よいとこ2018-10-13 23:55:45

    外国人労働者の受け入れは重大な禍根を残します。絶対に反対しましょう。

     人手不足には好ましいことも多々あります・

     人手不足ぐらいの状態でなければ賃金は上昇しにくくなります。

     人手不足で経済が健全化すると云うこともあります。例えば、収益性が悪いにも関わらず、非正規の低賃金雇傭に依存して大都市部で過剰に林立しているコンビニエンスストアが維持出来なくなり整理されるのは悪いことではありません。

     借り手や買い手がつくかどうか分からないにも拘らずビルを次々に建てて、怪しげなマンション投資勧誘で売り逃げすると云うことも人手不足で減少すると思います。

     通販会社が配送を極端に安い費用で運送会社に押し付けることで、商店街やスーパー、量販店などの一般店に対して不公正な競争で有利に立つと云うことも減少するでしょう。

     人手不足で困る分野もあると思います。然し、今後技術革新が急速に進むことが予想されており、多くの分野での労働力が補われ、また寧ろ人手が過剰になるのではないかとも言われています。

     外国人労働者の導入にもし仮に何らかの経済的な利得があったとしても、外国人の流入にはそれを遙かに上回る、次元の異なる重大な問題や危険性があります。

     ヨーロッパに見られるような深刻な文化的な衝突を我が国で引き起こすことがあってはなりません。

     学者や作家、芸術家、外国語教員などの外国人が我が国に住むのは問題ありません。然し、それ以外の外国人労働者は決して受け入れてはなりません。

     

     

    このコメントのついた記事をみる
  • 下津井よいとこ2018-10-12 21:47:07

    第2回 懐かしの昭和・戦中戦後の大音楽会

     日時 平成30年10月14日(日)正午から

     場所 下田市民文化会館にて

    (那須戦争博物館のホームページに案内が出ています。)



    (平成28年迄九段会館などで開催されていた「帝国陸海軍軍楽隊大演奏会・軍装の会」の後継の大会です。また東京でも開催して欲しいと思います。)(帝国陸海軍軍楽隊は平成元年に再結成され、当初は靖国神社の境内、次いで平成22年迄は九段会館、以後は日本青年館や日本消防会館で軍楽隊演奏会を行っていました。数少ない軍歌の演奏会でした。軍楽隊出身者の高齢化などにより平成28年秋の大会で以って惜しまれながら休止となりました。)









    (余談ですが、昭和流行歌謡の全盛期は「波浮の港」に始まったと言ってよいでしょう。ラジオ時代の始まりを飾った歌でもありました。その「波浮の港」が昭和3年にレコード化されてから今年で90年になります。)



      

    このコメントのついた記事をみる
  • 名無しさん2018-10-11 16:41:52

    台湾に国民党があるように、日本にも共産党や各民進党がある。

    そのどちらも中国に与して、自国の国民の足を引っ張る政党である。

    このコメントのついた記事をみる
  • 下津井よいとこ2018-10-04 21:55:13

    「春日権現験記絵 甦った鎌倉絵巻の名品」……10月21日迄、三の丸尚蔵館にて



    靖国神社秋季例大祭……10月17日から20日迄



    台湾高座会留日75周年歓迎大会……10月20日、大和市文化創造拠点シリウス大ホールにて

      (事前申込が必要です。大会ホームページをご覧下さい。)

    日本橋恵比寿講べったら市……10月19日、20日

    根津千駄木下町まつり……10月20日、21日、根津神社にて



    小田原おでん祭り……10月6日、7日、小田原城址公園にて

    東京タワー台湾祭……10月6日、7日、8日

    「浮世絵最強列伝 江戸の名品勢ぞろい」……10月10日から10月22日迄、横浜高島屋にて(東京と大阪でも来年開催されます。)

    「歌川広重没後160年 広重目線」……10月8日迄、足立区立郷土博物館にて

     

    (日程などは再度ホームページ等で御確認のうえ、お出掛け下さるようお願いします。)



      

    このコメントのついた記事をみる
  • 下津井よいとこ2018-10-03 22:40:22

    豊洲市場郵便局の風景印……10月11日から使用開始です。

     (豊洲市場への一般見学者の立ち入りは、いつから可能なのか分かりませんが、使用開始は上記の通りとなっています。)

     



     (現在の中央築地郵便局の風景印は10月5日(金曜日)迄の使用となっています。但し、もう外部からの立ち入りは出来ないかもしれません。またトラックやターレーが頻繁に行き来している道路を渡らないといけないので安全上の問題もあります。築地市場が開業した当時からの貴重な建物があります。見学する価値があるところなのですが、通行上の安全に問題がありますので、近づくことをお勧めしてよいのかどうかわかりません。)(築地市場内での通行上の安全の問題は、外部からの見学者に限らず、築地市場に勤務している人の場合も同様のようで、豊洲への移転が求められる要因の一つなのですね。)

     

    このコメントのついた記事をみる