消費者金融比較ならmelma!

消費者金融


気になる比較はココ!消費者金融比較

消費者金融の審査ポイント

消費者金融からキャッシングを受けるためには審査に通過しなければなりません。つまり審査に通過するということは審査に落ちるという可能性も存在することになります。 では何を見られているのかというと簡単に言うならば「返済能力」と「信用性」です。 下記では具体的に審査でどの点で返済能力と信用性をチェックされているかご説明いたします。

他社借り入れによる審査ポイント

借り入れ件数は「年収」と同じくらい審査にとって重要なポイントとして見られます。 一番重要なことは借り入れ件数に関してはウソをついてもばれる仕組みになっているので、決してウソはつかないようにしましょう。 消費者金融から借り入れをすると信用情報機関という場所に登録されます。いつ、いくら、どこから借りたのか、返済状況まで全ての情報が登録されています。消費者金融ではこの信用情報機関を共有して一人ひとりの他社利用状況を把握する事ができるのです。それゆえウソをついてもばれるだけで、むしろ自分の信用を下げてしまい評価を悪くし、審査に通過しづらくなってしまいます。
また信用情報機関ではどの程度のスパンで何社に審査の申し込みを行ったのかまでデータとして残ってしまうので、やみくもに何社か申し込みを行うこともよくはありません。一社ごとに借り入れ可能か慎重に調べてから申し込みを行うようにしましょう。 審査に通過するためには極力借り入れ件数は少なくし、一社から借り入れを行うようにする必要があります。最近では限度額500万円まで借り入れ可能な消費者金融も出てきたので、多額の借り入れが必要な方はそういう消費者金融に申し込みをしてみることをオススメします。

年齢による審査ポイント

社会的には年配の方ほど信頼性は高く、若い人ほど信頼性は低いと考えられます。しかしキャッシングにおいては、職に就いていることを前提として若い人ほど審査に通りやすく、年配の方ほど審査に通りにくくなると考えられています。 若い人の場合は一般的に収入が少なく、この年代であればお金が足りなくなってしまうことはよく起こる事として見なされます。そのためそれほど評価が下がる事も無く、将来的には年齢と比例して収入が増えていくと考えられるので返済能力はあると判断されます。またたとえ職を失ったとしても、次の職を見つけやすい年齢である点も考慮されています。 一方で年配の方は一般的に貯蓄もあり収入に困ることは少ないと考えられており、若い年代の方と比べるとどうしても信用性の観点で審査の通過率が低くなってしまいます。(ただ収入等の情報や理由によっては、年配の方でも変わりなく審査には通過します) そのため年配の方は他の審査通過ポイントで自分自身の信用性を高める必要があるといえるでしょう。もしくは借り入れの目的を明確にして返済能力があることを訴える事が効果的と考えられます。

年収による審査ポイント

審査ポイントの重要なポイントの一つとして「年収」が挙げられます。 年収はその人の返済能力があるかの判断とどの程度の限度額なら返済可能かを調べる判断基準となります。つまり年収が多ければもちろん審査には通りやすくなります。 そのためまず審査に通過するために、定職に就くことが重要です。年収が高く一定の収入があり返済能力が高いと認められることで、消費者金融の審査に通過しやすくなるといえるでしょう。 また年収はどの程度の限度額なら返済可能かを調べる判断基準にもなっています。条件や時代によっても変わってきますが、限度額は一般的に年収の10%程度が一つの目安といえます。ただ例えば年収500万円の方であれば50万円が限度額になりますが、返済実績の無い新規の方であれば40万円程度が限度額になる場合もあるので注意は必要です。 とはいっても、返済実績を積んで信頼性を高めていけば年収に応じて限度額も段々と高くなっていくので、自分の収入額を高める事も重要と言えるでしょう。

職業による審査ポイント

アルバイトやパート・非正社員や正社員など様々な雇用形態がありますが一番評価の高い対象は正社員です。その中でも年収の高い職種のほうが信用性が高いと言えますが、実際は公務員などの安定性のある職種のほうが非常に審査において有利となります。 とはいっても勤続年数が長く、一定の収入を得る事ができる方であればどのような職種でも審査には通過しやすいと言えるでしょう。そのため転職を考慮に入れている方は転職前に消費者金融から借り入れを行ったほうが審査には通過しやすいのでオススメです。 また無職はそれだけで信用性の問題から審査がかなり厳しくなります。一定の収入が得られないため返済能力が無いと見なされるのが一般的なのでまずは職に就くことが重要と言えるでしょう。

居住形態による審査ポイント

居住形態も審査のポイントの一つとしてチェックされます。 居住形態のみで審査に落ちる事はありませんが、住所不定の方や頻繁に引越しを繰り返す人の場合、消費者金融が貸金を回収できなかったりトラブルが発生する可能性が高くなってしまいます。 そのため居住形態は持ち家や社宅であれば非常に有利といえるでしょう。特に持ち家の場合は引っ越す場合も少なく、家賃の支払いも無い事から毎月の支出が少なくなるので好まれます。一見、マイホームを購入したばかりの場合は住宅ローンの返済に追われる可能性があることから審査にマイナスだと思われがちですが、住所が変わらないポイントはとても審査に強く、借家よりもプラスに見られます。 また居住年数も審査のポイントで持ち家があり居住年数が長い方は居住形態の観点からは高く評価され、審査にとても強いと考えられます。

人柄による審査ポイント

消費者金融では申込者の人柄も審査ポイントの一つとして見ています。 例えば身なりや服装、電話や店頭での応対、質問に対する仕草や行動を見て総合的に審査に通しても大丈夫か判断しています。担当した方にとっては初めて会うのだから普段の態度も知りませんし、厳しく見られることは当たり前とも言えるでしょう。また無人契約機ではカメラが付いていて、実際に会っていないことから店頭での申込以上に厳しくチェックされている可能性もあります。
そのため人柄でよく評価されるためには担当者からの質問に曖昧に答えず、借り入れ目的を明確にして答えるましょう。何よりも「約束をきちんと守る人間」としてのイメージを与えることが審査に通過する近道となります。
最近では店舗からの申し込みではなく、ウェブ上で審査からキャッシングまで行う方が増えてきています。実際に店頭で応対が苦手な方から多くの支持を集めて利用者も増え、店舗での審査には落ちたがウェブ上での審査には通過したという方も増えてきているようです。ぜひ一度お試しください。

【注意事項】
  • 1.「消費者金融比較」(以下当サイト)は、ユニティ株式会社(以下弊社)が本ページ参加企業各社の公表データを元に総合的に判断して掲載しています。
  • 2.当サイトにて提供している商品・サービス・情報等全ての情報は、安心してご利用できる企業のみご案内しておりますが、万一本ページでの情報を元にトラブルが生じ被害を被ったとしても、弊社は一切責任を負いかねます。
  • 3.当サイトにおいて、紹介している商品等は弊社が提供するものではありません。商品等に関する注文・お取引・キャンセル・サービスその他に関するお問い合わせはリンク先にある各企業へ直接ご利用者ご自身でご確認ください。弊社では、商品等に関するお問合せは一切対応致しかねますのでご了承ください。
  • 4.当サイトでは正確な情報をお伝えできるように努めておりますが、その内容を保証するものではありません。
  • 5.当サイトをご利用される際は、以上のことをご理解・ご承諾されたものとさせていただきます。