レーシック比較ならmelma!

レーシック


気になる比較はココ!レーシック

レーシックと後遺症・合併症

レーシック手術による合併症で最も多いのはドライアイであり、American Journal of Ophthalmologyの2006年3月の発表によれば、レーシック後6か月の術後治療期間の後にドライアイに罹患している割合は33.36%です。
アメリカ食品医薬品局のウェブサイトによれば、このドライアイは恒久的に続く恐れがあり、放置した場合、視覚を損ねたり、手術の効果を退行させてしまったりする恐れがあります。
このため、ドライアイに対する術前および術後の適切な評価・処置が必要となり、人口涙や涙点閉塞などによってドライアイの治療に成功した例も多数あります。

ドライアイの他に後遺症や合併症の可能性はありますか?

以下は、よく報告されているレーシックの合併症の一部です。

・手術によるドライアイ
・過剰矯正および矯正不足
・視力の変動
・夜間に光源の周囲に見える暈や星形の視覚異常
・光感受性
・ゴースト像や複視
・フラップのしわ
・照射のずれ
・フラップの下の塵や腫瘍
・フラップの穴
・乱視
・角膜拡張
・飛蚊症
・上皮侵食
・後部硝子体剥離
・黄斑円孔

視覚異常としては、レーシックの術後に、光の周りにモヤが見えるハロ現象や、光を眩しく感じるグレア現象が起きたり、
ものが二重に見える、色の明暗の差があまりなくなって見えてくるといった副作用の危険性があります。
これらは手術前の屈折異常の程度やその他の危険因子に依るため、患者それぞれの危険因子を考慮する必要があります。
医師とよく相談して手術を受けましょう。

目的別オススメレーシック眼科

レーシック眼科を選ぶ時にあなたが気にしている点はどこですか?
症例数や費用等、人によって重要視している点があると思います。そこで目的別でお勧めの眼科をピックアップいたしました。
参考にして頂いて、あなたにピッタリの眼科を見つけていただければ幸いです。

  • 症例数で選ぶ
    錦糸眼科の申し込みはコチラ  

    錦糸眼科

    大事な眼にメスを入れる手術ですから、どれだけの実績や経験値があるか気になりますよね。錦糸眼科ではフェムトレーザーレーシックにおいて43,000症例を超える国内トップクラスの症例数を誇っており、経験豊富な医師が入念なケアを行ってくれるので、安心して手術を受けたい方にお勧めの眼科です。

  • 費用で選ぶ
    SBC 新宿近視クリニックの申し込みはコチラ  

    SBC 新宿近視クリニック

    レーシック手術にかかる費用は大きな問題ですよね。高すぎて受けるのをためらっているという方もいらっしゃるかもしれません。SBC 新宿近視クリニックでは、フェムトレーザーレーシックを両眼12万8000円、追加料金一切なしで受けることが出来ます。ただ料金が安いだけでなく、手術のクオリティにも自信を持っているので、費用も抑えつつ安心して手術を任せたいという方にお勧めします。

【注意事項】
  • 1.「レーシック比較」(以下当サイト)は、ユニティ株式会社(以下弊社)が本ページ参加企業各社の公表データを元に総合的に判断して掲載しています。
  • 2.当サイトにて提供している商品・サービス・情報等全ての情報は、安心してご利用できる企業のみご案内しておりますが、万一本ページでの情報を元にトラブルが生じ被害を被ったとしても、弊社は一切責任を負いかねます。
  • 3.当サイトにおいて、紹介している商品等は弊社が提供するものではありません。商品等に関する注文・お取引・キャンセル・サービスその他に関するお問い合わせはリンク先にある各企業へ直接ご利用者ご自身でご確認ください。弊社では、商品等に関するお問合せは一切対応致しかねますのでご了承ください。
  • 4.当サイトでは正確な情報をお伝えできるように努めておりますが、その内容を保証するものではありません。
  • 5.当サイトをご利用される際は、以上のことをご理解・ご承諾されたものとさせていただきます。