レーシック比較ならmelma!

レーシック


気になる比較はココ!レーシック

レーシックと保険

レーシックは高額な医療のため、なんとかして費用を抑えたいものです。
そこで医療費の補助を受けるために、健康保険を考える方もいるでしょう。
健康保険とは、日本の公的医療保険制度、すなわち社会保障のうち社会保険(医療保険)に分類され、
健康保険に加入する被保険者が医療の必要な状態になったとき、その医療費を保険者が一部負担する制度をいいます。
日本では「国民皆保険」とされ、生活保護の受給者などの一部を除き、日本国内に住所を有する全国民、
および日本に1年以上在留資格のある外国人が何らかの形で健康保険に加入するように定められています。
そこで、健康保険でレーシックの手術費用を軽減することはできるのでしょうか?

レーシック手術に健康保険は使えますか?

レーシックでの視力回復手術は自由診療になりますので、健康保険は使えません。
手術費用は負担が大きいため、躊躇される方もいるのではないでしょうか。
レーシックだけではなく、レーザー治療で行われる視力矯正手術の全てに健康保険は適応されません。
その代わり、加入している生命保険や医療保険によっては一次給付金を受けられる可能性があります。
詳しくは生命保険会社に問い合わせてください。
また医療費控除の対象になりますので、支払われた領収書は大切に保管し、忘れずに確定申告を行いましょう。

医療費控除は受けられますか?

医療費控除は、年間の医療費が10万円を超える場合に確定申告をすると、税金の還付金を受け取ることが出来るというものです。
レーシックの手術費用はほとんどの場合10万円を超えるので、確定申告をする事が可能です。
ただし、管轄の税務署によっては対象外となる場合もあり、手術費用の全額が戻ってくるとは限らないので確認してください。
確定申告の対象にレーシックの手術費用がある場合は、領収書が必要になるので、
領収書をきちんと発行してくれるレーシック眼科を選びましょう。
レーシックの手術を受ける病院への交通費や処方薬費用の領収書も対象となるので、しっかり保管をしておきましょう。
また、他にかかった医療費や扶養している家族の分も合計して申請できるので、忘れずに申告し還付金を受け取るようにしましょう。

目的別オススメレーシック眼科

レーシック眼科を選ぶ時にあなたが気にしている点はどこですか?
症例数や費用等、人によって重要視している点があると思います。そこで目的別でお勧めの眼科をピックアップいたしました。
参考にして頂いて、あなたにピッタリの眼科を見つけていただければ幸いです。

  • 症例数で選ぶ
    錦糸眼科の申し込みはコチラ  

    錦糸眼科

    大事な眼にメスを入れる手術ですから、どれだけの実績や経験値があるか気になりますよね。錦糸眼科ではフェムトレーザーレーシックにおいて43,000症例を超える国内トップクラスの症例数を誇っており、経験豊富な医師が入念なケアを行ってくれるので、安心して手術を受けたい方にお勧めの眼科です。

  • 費用で選ぶ
    SBC 新宿近視クリニックの申し込みはコチラ  

    SBC 新宿近視クリニック

    レーシック手術にかかる費用は大きな問題ですよね。高すぎて受けるのをためらっているという方もいらっしゃるかもしれません。SBC 新宿近視クリニックでは、フェムトレーザーレーシックを両眼12万8000円、追加料金一切なしで受けることが出来ます。ただ料金が安いだけでなく、手術のクオリティにも自信を持っているので、費用も抑えつつ安心して手術を任せたいという方にお勧めします。

【注意事項】
  • 1.「レーシック比較」(以下当サイト)は、ユニティ株式会社(以下弊社)が本ページ参加企業各社の公表データを元に総合的に判断して掲載しています。
  • 2.当サイトにて提供している商品・サービス・情報等全ての情報は、安心してご利用できる企業のみご案内しておりますが、万一本ページでの情報を元にトラブルが生じ被害を被ったとしても、弊社は一切責任を負いかねます。
  • 3.当サイトにおいて、紹介している商品等は弊社が提供するものではありません。商品等に関する注文・お取引・キャンセル・サービスその他に関するお問い合わせはリンク先にある各企業へ直接ご利用者ご自身でご確認ください。弊社では、商品等に関するお問合せは一切対応致しかねますのでご了承ください。
  • 4.当サイトでは正確な情報をお伝えできるように努めておりますが、その内容を保証するものではありません。
  • 5.当サイトをご利用される際は、以上のことをご理解・ご承諾されたものとさせていただきます。