トップ > メルマ!ガ オブ・ザ・イヤー 2010
あなたが選ぶ! メルマ!ガ オブ・ザ・イヤー 2010
皆様、このたびは「メルマ!ガ オブ ザ イヤー 2010」の投票にご協力いただき誠にありがとうございました。今年の栄えある「メルマ!ガ オブ ザ イヤー 2010」の受賞メルマガが決定致しましたので、ここに発表致します!!

投票してくださった皆様のコメントも掲載しておりますので、ぜひお読み下さい!
総合大賞
ハロー!株式
優秀賞
怪談・逢魔が時物語 −怖い投稿が本やCDになる!− 里山を歩こう
e-doctor ドクタースマートの医学なんでも相談室 日本人なら漢字を知ろう!1日5分この漢字の意味は?
新人賞 審査員特別賞
本シェルジュがオススメする今日の一冊 日刊 時事ニュース
 
見事、受賞されたメルマガ発行者様には受賞トロフィーのかわりに、受賞者専用「黄金の登録フォーム」を進呈致します。また、バックナンバーページには本年度の受賞認定マークが掲載されます。

惜しくも受賞を逃した方々のメールマガジンの中にも本当に優れたものが数多くございました。
ぜひ来年のメルマ!ガ オブ ザ イヤーを目指してがんばってください。

それでは来年もmelma! をどうぞ宜しくお願い致します。
総合大賞 : ハロー!株式
このメルマガを読む
受賞者の喜びの声 この度、本誌「ハロー!株式」が『総合大賞』を受賞致しました。06年と07年は「マネー部門賞」、08年と09年、そして10年は3年連続で栄えある『総合大賞』を頂き、これで5年連続での受賞となりました。
これもひとえに皆様方のご支援の賜物であり、心から御礼申し上げます。
本誌の発行を始めてから10年近く経ちますが、皆様方のお役に立ちたいという一心で株式投資を中心に様々な話題や情報をお届けしてまいりました。
この度の賞に慢心することなく、心の励みとして今後もよりお役に立てる内容・情報をお届けするよう邁進してまいりますので、今後ともご支援の程、何卒よろしくお願い申し上げます。
投票者コメント --株式投資について良心的アドバイスをしている。また、株式の外各種データに基ずく解説や情報など興味ある記事があり、大変為になる。
--毎日 正確な情報と鋭い相場観をありがとうございます。投資初心者にとってバイブルです。思えば、投資を始めてすぐ、100年に一度と言われる金融危機に見舞われどうしていいかわからず立ち尽くす私に、偉大なメンターのごとく毎日送られてくるメルマガは、大変感謝してます。特に、終わりに書いてある投資に関する言葉が好きです。
--株からはリタイヤした今も、巻頭のコメントが読みたくて、毎日楽しみに待っています。ご近所さんや友達との会話になくてはならぬ虎の巻です。
受賞者の喜びの声 わちゃー! 優秀賞ですかいな。めちゃ嬉しいですわ。今年最大の栄誉です、はい。
この素晴らしい賞は、怪談を愛してやまない熱い読者みんなが獲得した賞やと思います。
しかも怪談という闇にうごめくジャンルでの受賞は、草場の陰からユーレイたちも喜んでくれてるはずです。
今から発行者・雲谷斎は、逢魔が時物語を応援してくれはった善男善女のみんなと受賞祭に突入します。合掌。
投票者コメント --無料メルマガなのに売ってる本に負けないクオリティの怪談が読めるのはすごいです。いろいろなタイプの怪談があって笑ってしまうような話、ホッとする話、泣ける話など飽きません。もっともっと続けていってほしいので応援します。
--皆さんの体験談が聞けて、世の中には不思議な事が本当に起きているんだなあといつも実感しています。私も少なからず体験しているので、本当に自分が参加できて、少しでも皆さんの興味あるマガジンになればと思っています。
--気軽に読める怪談を配信しています。主催者の雲谷斎さんも、まったりとした文章で読み終わった後の怖さを中和してくれています。怪談好きさんはもちろん、ちょっとだけ怖がりたい方にもオススメです。
受賞者の喜びの声 皆さま、本当にありがとうございました。
皆皆さまのお蔭で、今年も優秀賞を戴くことができました。
身に余る光栄です。本当にありがとうございました。
メルマ!ガオブザイヤーは、2005年から6年連続の受賞です。
この偉業を成し遂げられたのは、ひとえに読者の皆さまの応援・ご支援のお蔭です。
来年も頑張りますので、今後とも応援のほどお願い申し上げます。
しかし、最近は読者の方の数が増えません。
皆さまの周りで「メルマガを読んでもいいよ」という方がいらしたら、是非、購読をお奨めしてください。よろしくお願いいたします。
それから、病気のことでご質問のある方は、遠慮なくご相談ください。
投票者コメント --病院まで行けない場合など、またこんなこと聞いていいかな?というときでも顔が見えない分気楽に質問でき、また他の方の病気で自分も聞いてみたかったことが度々ありとても参考になります。
--病院に行くのは時間がない、行っても待たされる、病院にいくのは大げさになる、セカンドオピニオンを求めにいったら今の先生に失礼か、、病院に行ったら費用がかかる、、などなどでつい手遅れになる可能性が多い今日。が、なんとネットを利用して、「ファミリードクター」的にお話を伺える。更に詳細が必要な時は、病院の何科を尋ねればいいか教えてもらえる、という意味で画期的。自分の常識と異なってる時も多いので非常に役立ちます。 勿論、手軽で無料の反面、実際の診療と異なり直接的な患部などのチェックは不可能でその分、浅くなるのはやむおえないが、今後は、静止画や動画の添付、体温・血圧・脈拍・血糖値その他のネット通信などによりより高度(かつ有料)な情報交換で実際の診療に限りなく近づいて行く大きな可能性まで秘めたサイトです。医療関係の法律などの変更も不可避にしていく可能性を秘めており、将来の医療のあり方までを考えさせられるサイトです。
--内科のお医者様でありながら、内科以外の症例相談にも乗って頂ける貴重なメルマガです。 回答は確実で、メルマガ発行日までに相談メールを送信すると、次回のメルマガ誌上でお返事頂ける対応の速さ、末永く続けて欲しいメルマガです。
優秀賞 : 里山を歩こう
このメルマガを読む
受賞者の喜びの声 自然の中で出会った生きものたちとの感動や喜びを、できるだけ多くの方に伝えたいと思って、メールマガジンの配信をはじめました。
来年で、「里山を歩こう」は10歳になります。
これからも皆さんに愛されるメルマガであり続けるよう、いつもピュアな気持ちで里山を歩いていきます。
応援していただいた皆さん、本当にありがとうございました。
投票者コメント --よくこれまで取材できると感心しなが、完全にCDに保存しながら楽しんでいます。これからもよい企画を楽しみにしてます・・お身体にはお気を付けくださいね・・。タイでロングステイ中の一老人です
--東京から沖縄に赴任して定年を迎え、時々子供の頃に駆け回った里山の風景を見られて、派手さはありませんが、何となくほっとする写真がコメントと共に配信されて癒されています。そろそろ本土に帰りたくなってきました。
--何時も楽しみに拝読しています。欠かさずに必ず拝読しています。時間があれば里山に出かけますが、写真機等は持って出ませんが、このメルマガを思い出しながら「何の植物ふだったろうか」「どんな動物が通ったろうか」と、このメルマガを思い出しながら里山を歩いています。
受賞者の喜びの声 読者の皆さん!やりました!5年連続の賞受賞! 今年も昨年に続き「優秀賞」頂きました〜!!
離婚しても金!あ、金じゃないか(笑)にゃはは!
もう、男、熱意上げ郎、感激でマジ男泣きっス!(TωT)
今後も、読んで元気になる楽しい温かい漢字マガジンを熱意の限り!書き続けて行きます!
投票して頂いた皆さん!本当に!ありがとうございました!!
そして、少しでも漢字に興味のある方!是非!読者になってみてください!よろしくです☆
投票者コメント --漢字にまつわるためになるお話のみならず、人生についても教えてもらっている。困難に立ち向かう勇気さえもらえた!
--日本人である以上漢字が読めない書けないでは情けないので、このメルマガには本当にお世話になっています。筆者の家族話も毎回楽しく、読んだ後にとても元気になれるメルマガです。
--いつも楽しませてもらってます。知らない漢字、勉強になります(#^.^#)娘さんたちの素敵なパパですね♪これからも頑張ってください〜。
受賞者の喜びの声 このたびは、栄えある賞を戴きまして、とてもうれしく存じます。
本メルマガは偉い先生による書評ではなく、30〜40代のビジネスパーソンと同じ目線に立った書評メルマガです。
これが読者の皆様からの共感を得られたのならとてもありがたいことです。
また、新人賞にお選びくださいましたmelma! 編集部の皆さま、ほんとうにありがとうございます。
これからも、本シェルジュ達から、頑張るビジネスパーソンへの贈り物として、素敵な本を紹介していけたらと思います。
投票者コメント --普段仕事で忙しくしていると、本を探す時間がどんどん削られて行くのですが...このメルマガのおかげで良い本に出あえ続けています!
--付箋や気づきなど、紹介されている本のサマリとして見られるところもあり、大変助かっています。
--本の内容によって紹介してくれる人が違うので、毎号新鮮でおもしろい!これからも続けてください!
審査員特別賞 : 日刊 時事ニュース
このメルマガを読む
受賞者の喜びの声 はじめまして、現在中学生の火神仁です。
この度、当誌「日刊時事ニュース」が栄えある審査委員特別賞を受賞いたしました。
正直、自分でもまだ状況を理解しきれていません。受賞メールを頂いたときは本当に武者震いがしました。
いまから、わずか2カ月程前の10月6日からメルマガの発行を始めたばかりで多分いままでの受賞メルマガの中では創刊から最も早い受賞だと思います。
そして、中学生が発行するメルマガでも初めてだと思います。
創刊後から、ほぼ毎日夜遅く部活から帰ってきてはメルマガを発行するという日々を過ごしてきました。
3年生の時から、世界的企業を育て上げるのを夢に資金も何もない状態から最初に思いついたのがメルマガの発行です。
いまも、起業を目指し日々メルマガの事などをニュースリリースでメディアに配信するなど精進しています。
読者の皆さん、審査員の皆さんこのメルマガを支えてくれた全ての皆様。本当にありがとうございます。
これからも、もよりお役に立てる内容・情報をお届けするよう邁進致しますので応援よろしくお願いします。

著者 関連リンク
(リンク先はメルマ!のページではありません)
著者へのお問い合わせ先
bungeidou@infoseek.jp

まぐまぐ版「日刊 時事ニュース」
http://www.mag2.com/m/0001198091.html
火神仁公式ブログ
http://ameblo.jp/kagamijin/
公式ツイッター
https://twitter.com/kagamijin
投票者コメント --毎日、通勤時間にまとめて読みます。コンパクトなので読みやすいです。
--毎日すごいと思います。
--大変分かりやすくまとめられていて感心します。