トップ > メールマガジン発行規約

メールマガジン発行規約

本規約は、ユニティ株式会社が、melma! 利用規約及びマイメルマ!規約(以下総称して「利用規約」といいます)に基づきマイメルマ!の会員となったユーザーに対して、メールマガジンの発行サービスを提供するにあたり、その諸条件を定めるものです。

メールマガジンを発行するユーザーには、melma! 利用規約マイメルマ!規約(以下総称して「利用規約」といいます)に加えて本規約が適用されるものとします。利用規約と本規約が抵触する場合は、本規約が優先するものとし、その他の部分については、利用規約と本規約が同時に適用されるものとします。尚、本規約において使用する用語の定義については、melma! 利用規約第1条及びマイメルマ!規約第1条及び本規約第1条に定めるとおりとします。

第1条(定義)

本規約において使用される用語の定義は以下に定める通りとします。尚、本条に記載のない用語については、melma! 利用規約第1条に定める通りとします。

「発行者」
マイメルマ!の発行サービスによりメールマガジンを発行していて、そのメールマガジンをユーザーに発行する契約を弊社と取り交わした個人、法人等


「発行インセンティブ」 発行者に対して弊社から付与する特典を数値化したポイントや、メルマ!の有料サービスの利用権を指すものとなり、ポイントに関しては一定のポイントを貯めることで金銭または商品、権利に替えることが可能となるものです。

第2条(メールマガジンの発行)

  1. 会員は、本規約に従い、メールマガジンを発行できるものとします。

第3条(登録審査)

  1. 会員はメールマガジンの発行サービスを利用するにあたって、以下各号の表現・内容を含む書き込みまたは情報の掲載を行ってはならないものとし、万一掲載等が行われた場合は、弊社による裁量にて、掲載された表現及び内容(以下「表現・内容」という)の一部又は全部を削除、修正、編集できるものとし、会員は一切の異議を述べないものとします。
    また、弊社は、以下各号に抵触する表現・内容を発行するメールマガジンに掲載した会員との契約を解除することができるものとします。
    1. 違法又は反社会的な表現・内容
    2. 社会通念上、暴力的と解釈され、又はその恐れのある表現・内容
    3. 公序良俗に反する表現・内容
    4. 著作権その他の知的所有権を侵害するおそれのある表現・内容
    5. 肖像権を含む第三者の権利を侵害するおそれのある表現・内容
    6. わいせつ、アダルト、出会い系関連の表現・内容
    7. 違法薬物、脱法ドラッグ、違法武器(3Dプリンタ等で容易にそれが作成できるような設計図・設計情報も含む)、クラッキングの手段や結果、未公開の弊社あるいは他社のサービスや製品の脆弱性の情報や内容、または本項前述の全てを直接的且つ容易に取得できる手段や情報
    8. ねずみ講、マルチ商法、マルチまがい商法、ネットワークビジネス関連(MLM、連鎖販売取引、マネーゲームなどを含む)の情報
    9. サイドビジネス(SOHO、在宅ビジネスなど)の情報を提供しているメールマガジンで具体的に事業内容や販売商品などが明記されていない内容
    10. 宗教勧誘のみを強く目的とした表現・内容、あるいは特定宗教を貶める事を目的とした表現、内容
    11. 個人情報のうち、被開示者の承諾を得られていないと弊社が判断した情報
    12. 特定の個人、法人、団体、組織等を誹謗、中傷、攻撃する表現・内容
    13. 本条各号に抵触するウェブサイト、広告、キャンペーンページへのリンク
    14. 既に発行済みのメールマガジンと同一又は酷似する内容
    15. melma! オフィシャルマガジンや弊社からのお知らせ、告知であるとの誤解を与える表現・内容
    16. 広告掲載が著しく多く、広告収入が主たる目的であると弊社が判断したもの
    17. 弊社の提供しない他Webサービスやサイトへの誘導のみを目的としたもの
    18. 弊社の提供しない他のWebサービスやサイトの会員限定コンテンツを閲覧する為のパスワードや識別IDのみの配信を目的とした内容
    19. その他、弊社が不適当と認めた表現・内容
  2. 弊社は、申請するメールマガジンの記事内容が極端に少なく、説明が明らかに不十分な場合には、当該メールマガジンの発行を認めない場合があるものとします。
  3. 弊社は、申請するメールマガジンの記事内容がクリエイティブコモンズに代表されるような、共有及びオープンなライセンスを持つ文章のみで構成され、発行者独自の解釈や視点、工夫が見られないと合理的に判断した場合、当該メールマガジンの発行を認めない場合があるものとします。

第4条(メールマガジン発行者の義務)

  1. 発行者は、メールマガジンの内容を、魅力あるものとして充実させる義務を負うものとします。
  2. 発行者は、メールマガジンを定期的に発行し、より多くの読者に購読されるよう努力する義務を負うものとします。
  3. 発行者は、弊社の定める登録フォームに記載した内容、登録メールマガジンのID番号、自己のメールアドレスまたはログインに必要な識別IDおよびパスワードを管理する義務を負うものとします。
  4. 発行者は、弊社が登録内容を確認する書類(住民票や商業登記簿謄本を含む)の提出を求めた場合、これに速やかに応じる義務を負うものとします。
  5. 発行者は、第三者の氏名、写真、談話および肖像、商標、著作物等を使用したメールマガジンを発行する場合、権利者から利用許諾を得ている旨、当該メールマガジン内に記述する義務を負うものとします。
  6. 発行者は、メールマガジンを構成するテキストや画像データについて、自らの責任において保存する義務を負うものとします。
  7. 発行者は、発行者が運営するウェブサイトにおいて、メールマガジンの登録フォームを設置した場合、melma! を利用して発行されるメールマガジンであることを当該ウェブサイト上に告知し、 melma! 利用規約(http://melma.com/contents/law.html)のリンクを掲載する義務を負うものとします。また、利用規約として設置したリンク先URLに変更が無いか、弊社ウェブサイトで告知される情報を遅延無く確認する義務を負うものとします。
  8. 発行者は、弊社からの連絡及び告知を遅滞なく確認し、必要な対応を行う義務を負うものとします。

第5条(著作権)

  1. 発行者が弊社の定める発行審査を正規に通過し、その後発行されたメールマガジンの著作権は、発行者に帰属します。ただし、弊社と発行者の間に別途取り決めがある場合は、それに従うものとします。
  2. 発行されるメールマガジン内容の著作権者が別途存在する場合、発行者は著作権者に本規約の同意をとる必要があります。
  3. 発行されるメールマガジンが共著である場合や、複数の著作権者の著作物を含む場合、発行者はその全ての権利者に対して、本規約の同意をとる必要があります。
  4. 発行されるメールマガジン内容の著作権者が別途存在する場合、あるいは複数の著作権者の著作物を含む場合、著作権者と発行者の間に起こった係争は当事者間で解決する事とします。また、そのような係争が発生した場合、係争に係わるアカウント情報操作等の業務を弊社に依頼した事によって起きたあらゆる損害の請求を弊社へ行わないものとします。

第6条(インセンティブの付与について)

  1. 発行者に対する弊社指定の広告掲載に対するインセンティブや、発行に対するインセンティブ(以下、発行インセンティブ)の付与、及び利用については、弊社からそのサービスが提供されている間、別途melma! 利用規約に記載し、発行者もそれに準じるものとします。

第7条(禁止事項)

  1. 発行者は、弊社との契約に基づき発生した権利を第三者に譲渡し、又は担保に供するなどの一切の処分をしてはならないものとします。
  2. 発行者は、弊社の定める登録フォームに、虚偽の内容を登録してはならず、特定の個人、法人、団体、組織等へのなりすまし行為をしてはならないものとします。
  3. 発行者は、melma! 以外の場所又はサービス又は第三者機関を通じて手に入れたメールアドレスを、その所有者の許可なく自己のメールマガジンの購読者メールアドレスとして登録し、配信してはならないものとします。
  4. 発行者は、不正に発行インセンティブを獲得するすべての行為(以下「不正行為」という)を行ってはならないものとします。不正行為には、読者あるいは第三者に対する発行インセンティブの発生するアクションの依頼を含みますが、これに限りません。また、当該事実が判明した場合、弊社から警告を行うものとし、発行者は、弊社から既に支払われた発行インセンティブの全額を当該事実判明日より1週間以内に返還しなければならないものとします。弊社から発行インセンティブが支払われていない場合は、その権利を全て失うものとし、不正行為によって発生した発行インセンティブのシステム修正作業、あるいは広告主に対する償還作業に掛かった弊社作業費用や諸経費の請求があった場合、それに応じなければならないものとします。
  5. 発行者は、発行インセンティブを獲得する行為を第三者に代理で依頼する事や、第三者に代理で行われる事が明白なネットワーク等への参加を行ってはならないものとします。
  6. 発行者は、発行インセンティブの獲得のみを目的としてメールマガジンを発行してはならないものとします。
  7. 弊社は、弊社からの警告後も不正行為に改善がみられない場合に、当該メールマガジンを廃刊し、弊社によって与えた、発行者に対する権利や発行者の受益を全てはく奪し、会員登録を解除する権利を有するものとします。
  8. 手段、方法の如何を問わず、弊社が発行するコンテンツあるいは弊社が広告主から依頼を受けて発行するコンテンツに記載されたURLに対し、不正なクリックあるいはそれに類する一切の不正行為を行う事を禁止します。ここでいう不正とは、過度なクリックや参照元の詐称、プログラム(電子計算機を機能させて一の結果を得ることができるようにこれに対する指令を組み合わせたものとして表現したものをいう)による自動化などを差しますが、これに限りません。
  9. 発行者は、同一内容のメールマガジンを複数のカテゴリに登録することはできないものとします。
  10. 弊社からの承認後、メールマガジン申請時の内容と大幅に変更されたメールマガジンを発行することはできないものとします。
  11. 同一または類似した内容のメールマガジンを複数回発行するような、いわゆるスパム行為はできないものとします。
  12. 発行者のメールマガジン内やmelma!サイト上での発行者ページに弊社が挿入する広告あるいはコンテンツを媒体の種別を問わず無断で転載してはならないものとします。
  13. 配信システムに過度の負荷をかけるような配信行為はできないものとします。尚、負荷の程度は弊社が判断するものとし、弊社はその詳細を公開する義務を負わないものとします。
  14. プログラム(電子計算機を機能させて一の結果を得ることができるようにこれに対する指令を組み合わせたものとして表現したものをいう)等を用いて読者登録並びにマイメルマ!登録およびその他のユーザー登録機能を直接呼び出して読者登録をする事はできないものとします。

第8条(弊社の権利)

  1. 弊社は、発行者の事前の承諾を必要とせず、契約を交わしているメールマガジンを利用してユーザーに対し告知・広告・PRを行う権利を有します。
  2. 弊社は、発行者の事前の承諾を必要とせず、弊社が適切と判断する方法にてメールマガジンを分類し、又分類後も適宜その分類を変更する権利を有します。
  3. 弊社は、以下各号に該当するメールマガジンについて、廃刊(メールマガジンの削除)の可否について事前の連絡を行うこと無く、当該マガジンを廃刊できる権利を有します。
    1. 最後に発行してから半年以上発行していないメールマガジン
    2. 発行者新規登録後、2ヶ月以上発行していないメールマガジン
    3. その他、本規約に抵触するメールマガジン
  4. 弊社は、発行者のメールマガジンの中に、広告を挿入することができるものとします。
  5. 弊社は、不正対策システム等を利用して、メールマガジンの管理及び監視を行うことができるものとします。
  6. 弊社は、第三者から発行者により発行されたメールマガジンによって、第三者の権利やプライバシー等を侵害する旨の通知を受け取った場合、通知された内容を精査し、発行されたメールマガジンあるいは申し出に該当する法律条例その他を勘案し、発行者への事前連絡なく、一時的なメールマガジンの配信処理停止あるいは非表示処理等を行う権利を有します。その後、発行者へ電子メールによる通知を行い、7日以内に発行者より有効な回答が無かった場合、そのメールマガジンあるいは該当の記載のある記事内容を恒久的に削除する権利を有し、発行者からの理由開示請求及び通知を送付した第三者のいかなる情報の開示にも応じる義務が無いものとします。
  7. 弊社は、緊急を要すると弊社が判断した場合、発行者の事前の了承を得ることなく、バックナンバーページあるいはそれに類する弊社が公開の権利を有する領域におかれた記事内容あるいはメールマガジン紹介内容等、メールマガジンに付随する一切の情報を削除、非表示あるいは一部編集する権利を有します。また、削除、非表示あるいは一部編集に対して、発行者からの理由開示請求に応じる義務が無いものとします。
  8. 弊社は、発行者の了承を得ることなく、各種検索サイトの検索結果ページにバックナンバーページあるいはそれに類する弊社が公開の権利を有する領域の内容が掲載されなくなる手段、あるいは掲載を行う手段を講じることができるものとします。

第9条(契約解除・損害賠償)

  1. 発行者が本規約に違反した場合には、弊社は、事前の通告を行うことなく直ちに当該発行者のメールマガジンの登録を解除し、発行者との契約を解除します。
  2. 契約解除以後に支払期の到来する発行インセンティブに関する弊社並びに弊社が提携する発行インセンティブの提供社の支払義務は、一切消滅するものとします。

第10条(免責)

  1. 弊社は、以下各号の事由に起因する場合、発行者に対して事前に通知することなく、本サービスの全部又は一部を停止することができ、当該事由に起因して発行者又は第三者に損害が発生した場合、一切の責任を負わないものとします。
    1. 定期的又は緊急に本サービスのサーバ保守・点検を行う場合
    2. 火災・停電等により本サービスの運営が不能となった場合
    3. 天災地変、テロ等により本サービスの運営が不能となった場合
    4. 本サービスのシステム不良及び第三者からの不正アクセス等により本サービスを提供できない場合
    5. その他弊社が必要と判断した場合
  2. 弊社は、前項の事由等によりメールマガジンが不着・誤配・遅配したことにより発行者が損害を被った場合にも、一切の責任を負わないものとします。
  3. 弊社は、登録メールマガジンのID番号、自己のメールアドレスまたはログインに必要な識別IDおよびパスワードの管理について一切の責任を負わないものとし、当該情報が発行者以外の第三者に使用されたことにより当該発行者が損害を被った場合にも、一切の責任を負わないものとします。
  4. 発行者は、本サービスの利用により、第三者に損害が発生した場合には、自己の責任と費用により解決するものとし、弊社に何らの損害・負担を与えないような適切な措置を講じなければならないものとします。
  5. 発行者は、発行者と第三者の間に紛争が発生した場合には、自己の責任と費用により解決するものとし、弊社に何らの損害・負担を与えないような適切な措置を講じなければならないものとします。
  6. 発行者は、発行者の執筆した記事やプロフィール、メールマガジンの名称や説明等により第三者との間に紛争が発生し、当事者間で解決を行う必要が発生した場合には、弊社と第三者が求める場合、第三者に連絡先を開示する事に応じなければならないものとします。ただしこの連絡先情報は、必ずしもその時点で弊社に登録された情報である必要は無いものとしますが、第三者あるいは弊社からの連絡を遅延無く確認する事ができる必要がある情報であるものとします。
  7. 弊社は、発行希望者に対して、発行申請を不承認とした理由を開示する義務を負わないものとします。

第11条(規約改訂)

  1. 弊社は、随時本規約を改訂することができるものとします。
  2. 本規約を改訂しようとする場合、別途定めるmelma! 利用規約に定められた規約改訂の告知期間や手段と同一の手段、条件をもってこれを告知するものとします。
  3. ユーザーは、前項に定める効力発生の時点以降、当該内容の不知又は不承諾を申し立てることはできないものとします。
  4. 弊社は、規約の改訂内容に関して、差分提供等を行う義務がないものとし、規約に関してはユーザー自身が同意した時点の規約内容の保持及び、改訂内容との比較を行う必要があるものとします。

第12条(合意管轄裁判所)

本規約は日本法に従って解釈され、弊社と投稿者との紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。




平成19年11月30日 改訂
平成22年5月1日 改訂
平成23年4月1日 改訂、4月4日施行
平成23年9月1日 改訂
平成26年6月11日 改訂
平成29年8月30日 改訂、9月6日施行