CFD比較ならmelma!

CFD


気になる比較はココ!CFD

CFDとは

CFDとは「Contract For Difference」の略で「差金決済契約」をいい、世界中の株式や指数、商品、債権などの市場での値動きをそのまま反映しながら、実際に現物株等を所有することなく、その取引における売買価格の差によって損益が決定する取引のことです。

取引の流れとしては株式のように取引所が注文を取り次ぎを行なうのではなく、相対取引で投資家が取引する相手はCFD取引業者と行います。形式はFXと同じで証拠金取引の形を取っており、取引を行うためにはまず証拠金が必要となります。
証拠金とは証券会社が個人に代わって買い付けや売り付けなどの取引をする際に必要なお金を保証するもので、証券会社が顧客の未払いで損をしないようにするための担保としてのお金です。この証拠金を元手に、レバレッジという倍率をかけて実際にある金額よりも数十倍から数百倍と、さらに大きな金額で取引をすることができます。これを利用することで資産をより一層有効に活用することができます。

またなんといってもCFDの最高の魅力は投資対象が非常に幅広い点が挙げられます。CFD取引では日本だけでなく世界中の株や株価指数、債権、金や石油などの商品に至るまで何千種類という金融商品から自由に選んで24時間取引することが可能です。今までは株は株式市場、FXであれば外国為替市場だけでしか取引できないのが当たり前でしたが、CFDでは口座を一つ開設するだけでどちらの取引もすることができます。 さらにCFDでは売りから始めることも可能で、下落局面で相場が下にいくと予想するのであれば、売りから入って利益を出すことも可能です。

元々は機関投資家のみが取引できた商品ですが、現在ではアメリカ・フランス・ドイツ・イギリスなど世界70カ国の個人投資家によって取引され知名度も上がってきています。
日本では現状だとFXの方が有名で馴染みが薄くまだ新しい金融商品ですが、イギリス・ロンドンでは全金融市場シェア30%、オーストラリアでは15%を占めるほど世界的にメジャーで人気のある商品と言えます。

すでにFX等で取引を行っている方は、もちろんこれから投資を考えている人にも、注目する金融商品です。

目的別オススメCFD

目的別オススメCFD
取引手数料や、取扱銘柄数等、人によって重要視している点があると思います。そこで目的別にピックアップいたしました。
参考にして頂いて、あなたに最適の取引企業をを見つけていただければ幸いです。

  • 取引手数料で選ぶ
    CMC Marketsの申し込みはコチラ
    CMC Markets
    取引手数料でえらぶなら、CMC Marketsがお勧めです。日本現物株CFDの取引手数料は片道630円(税込)から、株価指数、業種別指数、債券、コモディティ、FXの各CFDは取引手数料完全無料なので、少しでも取引手数料を抑えたい人におすすめです。
  • 安心感で選ぶ
    FXオンラインの申し込みはコチラ
    FXオンラインジャパン
    「2010年度版 顧客満足度の高いネット証券会社ベスト15・FX部門」総合第1位を獲得しており、FX部門の項目別ランキングで見ても、なんと5項目で堂々の第1位を獲得!まさに信頼と実績の証券会社といえます。
  • 取引ツールで選ぶ
    ドットコモディティの申し込みはコチラ
    岡藤商事
    いざCFDを始める時に取引に使うツールは、とても重要な事ではないでしょうか?岡藤商事の取引ツールは高機能な専用アプリケーションを使用した「リッチクライアント版」、インストール不要な「Web版」、いつでもどこでも使える「モバイル版」の3つの豊富な取引ツールを提供しています。
【注意事項】
  • 1.「CFD比較」(以下当サイト)は、ユニティ株式会社(以下弊社)が本ページ参加企業各社の公表データを元に総合的に判断して掲載しています。
  • 2.当サイトにて提供している商品・サービス・情報等全ての情報は、安心してご利用できる企業のみご案内しておりますが、万一本ページでの情報を元にトラブルが生じ被害を被ったとしても、弊社は一切責任を負いかねます。
  • 3.当サイトにおいて、紹介している商品等は弊社が提供するものではありません。商品等に関する注文・お取引・キャンセル・サービスその他に関するお問い合わせはリンク先にある各企業へ直接ご利用者ご自身でご確認ください。弊社では、商品等に関するお問合せは一切対応致しかねますのでご了承ください。
  • 4.当サイトでは正確な情報をお伝えできるように努めておりますが、その内容を保証するものではありません。
  • 5.当サイトをご利用される際は、以上のことをご理解・ご承諾されたものとさせていただきます。