CFD比較ならmelma!

CFD


気になる比較はココ!レーシック

CFDのリスク

CFDやFXなど金融取引を行う際には、常にリスクあるということを忘れてはいけません。
どのようなリスクがあるかを、紹介していきたいと思います。

相場変動リスク

相場の変動を扱っている以上、その差で利益、損益を受けます。レバレッジの倍率により証拠金よりも多くの取引を行うことができるため、損失が預託した証拠金を超えると、さらなる証拠金を請求されることもあります。

レバレッジのリスク

CFDではレバレッジの倍率を使って、今手元にある投資資金を数十倍から数百倍に大きくすることができるメリットがあります。このメリットは投資する立場で考えればとても魅力的な特徴ですが、裏を返せばリスクも存在するのでしっかり理解しておくことが大切です。
メリットはレバレッジ倍率を高くすればするほど予想通りに相場が動けば利益は大きくなりますが、もし株価や為替レート予想とは逆に値が動いた場合は投資資金の損失も大きくなります。もちろん投資になるので失った資金は戻ってきません。 たとえば資金50万でレバレッジ10倍での取引をした場合で、為替レートが仮に1ドル100円から90円に落ちた場合、損は50万にまでなってしまいます。つまり元手の資金が0円になります。
レバレッジの倍率はご自分で決めることができますので、損をしても言い訳をすることができません。初めてご利用の方はレバレッジを低めにして相場感をつかみ、ご自分の投資スタイルに合わせた投資を行うようにすることをお勧めします。

リスクの管理

CFD取引ではリスクを回避するために、一般的に2つの方法があります。

マージンコール

CFDでは投資した商品の損失が一定額を超えると警告が届き、マージンコールが発生します。マージンコールの発生条件はCFD会社によって異なりますが、CFD会社の指定するマージンコール発生証拠金維持率がおおよそ50〜60%程度になったときに発生します。

マージンコールが発生した後の選択肢は、追加証拠金を支払うか強制ロスカットされるかのどちらかです。マージンコールが発生するレベルになったら、損益は確定していませんが最終的に大きな損をする確率が非常に高まっていると考えてください。マージンコールが発生した時点でかなり損をしているので精神的にも辛いかと思います。そのため防ぐためにも、ご自分の予算をしっかり把握し余裕を持ったレバレッジで投資する必要があります。 それでもマージンコールが発生してしまった場合は、追加証拠金を振り込み現状を立て直すようにしましょう。

強制ロスカット

マージンコールが発生した後、追加証拠金を振り込まずさらに損失が大きくなって最低証拠金維持率を下回ってしまった場合、CFD会社によって強制ロスカットされる可能性が高くなります。最低証拠金維持率も各社によって異なりますが、厳しいCFD会社であれば60〜70%程度に設定しています。

強制ロスカットが発生してしまうと、売りと買いにかかわらず投資商品のポジションが強制的に決済されます。そのため必然的に大きな損失を被るため、資金はほとんど底をつくことになってしまうでしょう。 数万円程度の被害であれば大きな痛手にはなりませんが、仮に数百万以上の金額だと手持ち資金がすぐになくなってしまいます。 強制ロスカットを発生させないためにもマージンコールが発生した時点で、すぐに追加証拠金を振り込むようにしましょう。

目的別オススメCFD

目的別オススメCFD
取引手数料や、取扱銘柄数等、人によって重要視している点があると思います。そこで目的別にピックアップいたしました。
参考にして頂いて、あなたに最適の取引企業を見つけていただければ幸いです。

  • 取引手数料で選ぶ
    CMC Marketsの申し込みはコチラ
    CMC Markets
    取引手数料でえらぶなら、CMC Marketsがお勧めです。日本現物株CFDの取引手数料は片道630円(税込)から、株価指数、業種別指数、債券、コモディティ、FXの各CFDは取引手数料完全無料なので、少しでも取引手数料を抑えたい人におすすめです。
  • 安心感で選ぶ
    FXオンラインの申し込みはコチラ
    FXオンラインジャパン
    「2010年度版 顧客満足度の高いネット証券会社ベスト15・FX部門」総合第1位を獲得しており、FX部門の項目別ランキングで見ても、なんと5項目で堂々の第1位を獲得!まさに信頼と実績の証券会社といえます。
  • 取引ツールで選ぶ
    ドットコモディティの申し込みはコチラ
    岡藤商事
    いざCFDを始める時に取引に使うツールは、とても重要な事ではないでしょうか?岡藤商事の取引ツールは高機能な専用アプリケーションを使用した「リッチクライアント版」、インストール不要な「Web版」、いつでもどこでも使える「モバイル版」の3つの豊富な取引ツールを提供しています。
【注意事項】
  • 1.「CFD比較」(以下当サイト)は、ユニティ株式会社(以下弊社)が本ページ参加企業各社の公表データを元に総合的に判断して掲載しています。
  • 2.当サイトにて提供している商品・サービス・情報等全ての情報は、安心してご利用できる企業のみご案内しておりますが、万一本ページでの情報を元にトラブルが生じ被害を被ったとしても、弊社は一切責任を負いかねます。
  • 3.当サイトにおいて、紹介している商品等は弊社が提供するものではありません。商品等に関する注文・お取引・キャンセル・サービスその他に関するお問い合わせはリンク先にある各企業へ直接ご利用者ご自身でご確認ください。弊社では、商品等に関するお問合せは一切対応致しかねますのでご了承ください。
  • 4.当サイトでは正確な情報をお伝えできるように努めておりますが、その内容を保証するものではありません。
  • 5.当サイトをご利用される際は、以上のことをご理解・ご承諾されたものとさせていただきます。