資格

シスアド一直線!

「なにそれパソコンの資格?」「パソコンも含め、実用的な知識が身につくので、現在とても人気の高い国家試験です!」「難しいんじゃ?」「シスアド研究所が丁寧に判り易くサポートします!」

全て表示する >

◆シスアド一直線! 094号

2004/08/26

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■

    シスアド一直線!  第 094 号        2004/08/26 発行

       〜 848人のシスアド取得を目指す方のために 〜

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■


┌─[ 目 次 ]─────────────────────────┐

   〆 はじめの挨拶
   〆 今日の問題
   〆 解説と解答
   〆 おわりの挨拶

├─[ ご注意 ]─────────────────────────┤

 このマガジンは図表などを文字で表すこともありますので、ぜひ等幅フォ
 ントでご覧ください。図表がズレなくなります。
 各種メールソフトの設定方法は下のアドレスをご参照ください!
 http://www.mag2.com/faq/mua.htm

└─────────────────────────────────┘


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃┃ ● ┃  はじめの挨拶
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


おはようございます。

久しぶりの発行で、少々キンチョウギミの私!!
先週はお騒がせしました(T_T)

ココ何年も体調が悪いことなんか滅多にありませんでした。
ちょっとした風邪やらはあったのですが・・・

今回ほどヒドイのは初めてでして、ケースケにも迷惑をかけてしまいました。

お見舞いメールなど貰った時など、涙が出てきてしまいそうなほどに・・・
本当にありがとうございました。


さて、今週の問題いってみましょう!!



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃┃ ● ┃  今日の問題  ( 平成14年度 春季 問57 )
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


“コンピュータウイルス対策基準”において、ウイルスを発見した場合にシス
テム管理者が行うべき事後対応の項目として、適切なものはどれか。



 【ア】アクセス履歴を記録し、一定期間保存する。

 【イ】ウイルス感染の必要情報を経済産業省が指定する者に届ける。

 【ウ】システムにインストールされた全ソフトウェアの構成情報を保存する。

 【エ】バックアップを行い、データを一定期間保管する。



----------------------------------------------------------------------
このスペースに広告を載せてみませんか? 文章のレイアウト上、もともと大
きなスペースが開く場所のため行数の多い広告でも受付可能です!
お値段は「読者数×(広告行数÷2)」なのでご都合にあった大きさでどうぞ♪
さらに広告の上下に最低4行のスペースを確保しますから、普通のヘッダー広
告よりも興味がひきつけられること請け合いです (^_-)-☆
[お問い合せ先]shisuken_project@yahoo.co.jp
その他ご相談に応じさせていただける部分もあるかと思いますので、まずは
お見積もりだけでもいかがですか? お気軽にメールください!
----------------------------------------------------------------------




┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃┃ ● ┃  解説と解答
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


コンピュータウィルス対策基準とは、「コンピュータウイルスに対する予防、
発見、復旧への対策」をまとめたものです。

ウイルスでの対策基準はシステムユーザ、システム管理者、システム供給者、
ネットワーク事業者、システムサービス事業者、それぞれで対策方法が違いま
す。

「コンピュータウイルス対策基準」で検索すると詳しいことが分かります。

今回の問題では「システム管理者が行うべき事後対応の項目として〜」とのこ
とでした。


システム管理者基準・事後対応では

 ・ウイルス感染の拡大を防止するため、感染したシステムの使用を中止する
  こと。

 ・ウイルス感染の拡大を防止するため、必要な情報をシステムユーザに、速
  やかに通知すること。

 ・ウイルス被害の状況を把握するため、ウイルスの種類及び感染範囲の解明
  に努めること。

 ・安全な復旧手順を確立して、システムの復旧作業にあたること。

 ・ウイルス被害の再発を防止するため、原因を分析し、再発防止対策を講ず
  ること。

 ・ウイルス被害の拡大及び再発を防止するため必要な情報を経済産業大臣が
  指定する者に届けること。



答えは【イ】となります。

ちなみに
【イ】ウイルス感染の必要情報を経済産業省が指定する者に届ける。

指定する者とはIPA(情報処理振興事業協会)のことを指しています。




------------------
 正解: 【イ】 
------------------



この問題についての質問・疑問・突っ込みは掲示板にどうぞ!
http://www.startingweb.com/bbs.cgi?job=bbsidx&bbsid=6624



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃┃ ● ┃  おわりの挨拶
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


今日もお付き合いいただき、ありがとうございます。

さて、皆さんコンビニなどよく行かれますか?
最近気付いたのですが、コンビニによって挨拶の仕方が微妙に違うんですよね。

セブンでは「ありがとうございました〜またお越しくださいませ〜」
ローソンでは「ありがとうございます〜またお越しくださいませ〜」

だったような気がします(^^ゞ

なんでもローソンでは「ありがとうございました〜」と過去形でなく、
「ありがとうございます〜」現在進行形で挨拶をするのです。

この「ありがとうございます〜」には、来店されたお客様に、また来てもらお
うという願い?というか「また来てくださいね〜」と言う意味があるそうです。

でも、店舗によってというか店員さんによって挨拶も違う気が・・・
それに、「またお越しくださいませ〜」と言ってますし・・・
細かいことはよく分かりません(^^ゞ


こういう細かいお客様への配慮も感心しますが・・・

トイレのほうには、「いつも綺麗にお使いいただきありがとうございます。」
なんていう札もたっていました。

・・・・そんな事いわれたら綺麗に使わないとイケナイみたいじゃないですか
(注)いけないのです!!


私もコンビにであるバイトの経験がありますが・・・
いろんな人がいました。

20分の間に来店してきたお客さん・・・
1,2,3,4人とそれぞれバラバラの時間に来たはずなのですが、
いつもナゼ同じようなタイミングでレジにナラブノジャー(T_T)

20分の間にたくさん空き時間はありました。
その時間帯に来てもらえれば楽々さばく事ができたのに・・・

そして、自分もコンビニによると、前から入っていた人、後から入ってきた人
と同じようなタイミングでレジに並んでしまい、アレ?と思うのです。

「なんかの呪い?ジンクスか?」

結局こういう流れなになってしまうのだなーと。

それでは、また(^o^)丿




■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■

メルマガ発行者の皆さん「シスアド一直線!」と相互紹介をしてみませんか?
内容を吟味させていただき、私たちからの推薦文をつけてご紹介いたします!
shisuken_project@yahoo.co.jp
お申し込みは上のメールアドレスまで、お気軽にどうぞ (^^♪

〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜

発  行  元: シスアド研究所
今日の担当者: ひで
ホームページ: http://hidegorou.fc2web.com/
お  便  り: shisuken_project@yahoo.co.jp

〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜

購読の登録・解除は下記のアドレスからご自分でお願いします。

ま ぐ ま ぐ : http://www.mag2.com/m/0000118200.htm
メ ル マ : http://www.melma.com/mag/41/m00099641/
めろんぱん : http://www.melonpan.net/mag.php?005514

〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜

このマガジンはお知り合いなど個人間での転送はご自由にどうぞ! 特に初級
システムアドミニストレータの試験を受けたり職場での役立つ知識を身に付け
たいと考えておられる方には、ぜひ転送してあげてくださいね (^.^)

ただ、その場合は全文をそのままコピーする形でお願いします。またその他の
ケースにつきましては別途ご相談ください。

なお、このメールマガジンによって生じ得るいかなる損害にたいしても、補償
はいたしかねます。記載されている情報は、読者である皆様の各自のご判断で
ご利用ください。

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■  Copyright (C) 2004 Shisuken  ■◇■


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-09-21  
最終発行日:  
発行周期:週2回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。