資格

シスアド一直線!

「なにそれパソコンの資格?」「パソコンも含め、実用的な知識が身につくので、現在とても人気の高い国家試験です!」「難しいんじゃ?」「シスアド研究所が丁寧に判り易くサポートします!」

全て表示する >

◆シスアド一直線! 089号

2004/08/08

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■

    シスアド一直線!  第 089 号        2004/08/08 発行

       〜 843人のシスアド取得を目指す方のために 〜

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■


┌─[ 目 次 ]─────────────────────────┐

   〆 はじめの挨拶
   〆 今日の問題
   〆 解説と解答
   〆 おわりの挨拶

├─[ ご注意 ]─────────────────────────┤

 このマガジンは図表などを文字で表すこともありますので、ぜひ等幅フォ
 ントでご覧ください。図表がズレなくなります。
 各種メールソフトの設定方法は下のアドレスをご参照ください!
 http://www.mag2.com/faq/mua.htm

└─────────────────────────────────┘


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃┃ ● ┃  はじめの挨拶
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


おはようございます! けーすけです。

いやはや、ついにお盆ですね。
暑い暑いといっている間に、連休に入ってしまいました。

私も明日から1週間は夏休みです (^_^)v


というわけで、ゴキゲンなまま問題の方もサクッと行ってみましょう♪




┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃┃ ● ┃  今日の問題  ( 平成11年度 春期 問26 )
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


CD-Rの特徴に関する記述のうち、適切なものはどれか。


 【ア】 格納したデータの書き換えができないので、公文書などの保存に適
     している。

 【イ】 記憶容量が大きく、更新が多発する大容量のマスターファイルの記
     録媒体に適している。

 【ウ】 特殊なフォーマットを使っているので、格納したデータは、CD-R専
     用ドライブでしか読むことができない。

 【エ】 ファイルを削除した後の記憶領域はゴミとして残るので、定期的に
     ゴミ領域を回収する処理を行って、空き領域を増やす必要がある。




----------------------------------------------------------------------
このスペースに広告を載せてみませんか? 文章のレイアウト上、もともと大
きなスペースが開く場所のため行数の多い広告でも受付可能です!
お値段は「読者数×(広告行数÷2)」なのでご都合にあった大きさでどうぞ♪
さらに広告の上下に最低4行のスペースを確保しますから、普通のヘッダー広
告よりも興味がひきつけられること請け合いです (^_-)-☆
[お問い合せ先]shisuken_project@yahoo.co.jp
その他ご相談に応じさせていただける部分もあるかと思いますので、まずは
お見積もりだけでもいかがですか? お気軽にメールください!
----------------------------------------------------------------------




┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃┃ ● ┃  解説と解答
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



CD-R(CD Recordable)の大きな特徴は基本的に書き込みができるのは1回だけ、
ということです。マルチセッション対応のメディアの場合には何度も書き込む
ことはできますが、それでも1度書き込んだ領域は使う事ができないので、あく
まで空き領域に追記するだけです。書き換えはできません。


この特徴を考えて選択肢をみていくと、書き換えは不可能なので

> 【イ】 記憶容量が大きく、更新が多発する大容量のマスターファイルの記
>     録媒体に適している。

このように更新が多発する場合には不適当です。


> 【ウ】 特殊なフォーマットを使っているので、格納したデータは、CD-R専
>     用ドライブでしか読むことができない。

また、これは普通のCD-ROMでも読み取る事ができるので誤りです。


> 【エ】 ファイルを削除した後の記憶領域はゴミとして残るので、定期的に
>     ゴミ領域を回収する処理を行って、空き領域を増やす必要がある。

さらに、このような方法で空き領域を増やす事も不可能ですね。


ということで書き換えができないというCD-Rの特徴を生かした
【ア】が正解になります!



------------------
 正解: 【ア】 
------------------



この問題についての質問・疑問・突っ込みは掲示板にどうぞ!
http://www.startingweb.com/bbs.cgi?job=bbsidx&bbsid=6624




┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃┃ ● ┃  おわりの挨拶
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


インターネットを使っておられる皆さんなら、ほとんどの方が迷惑メールを送
りつけられた経験があると思います。

大体の内容は怪しげな儲け話だったり、アダルトサイトの宣伝だったりするわ
けで煩わしいかぎりですよね。


で、まぁたぶん携帯電話のほうにもそういうメールって届くと思います。

でも私の使っている携帯はTU-KAで、マイナーっていうこともあってか今までは
短いアドレスでも迷惑メールなんてほとんど届きませんでした。

ところが最近、どこからかアドレスが漏れたのか知りませんが1日に10通くらい
迷惑メールが届くようになって、これのまた煩わしいこと。


「メールホスト募集!」とか「無料裏画像!」とか、そういうタイトルだけで
見分けられるものは、まだいいんですよ。

そのまま削除すれば済むわけで。

だけど中には「メールアドレス変えました」とか「久しぶり!」とか、いかに
も友達を装って届くのがあるじゃないですか。

それが煩わしい。


お、誰だろうと思って開いたら「ココでアドレス見つけてね♪」なんて書いて
あってURLが貼り付けられているという塩梅です。

なんか、このときの、騙された〜っていう気分が、ものすごくイヤ。

で、あんまりそれが続くと「またかよ」と思って、もう騙されないぞ、と思い
ながらもいちよう空けてみたら今度は本当に友達からだったり。

ああ、危ない。ああ、紛らわしい!


とまぁ、こんなプチストレスの原因になる迷惑メールなんですけど、先日届い
た迷惑メールはなかなか面白かった。

何しろ題名が「STOP!迷惑メール」ですよ。

いや、そういうオマエこそ明らかに迷惑メールだろう、と。
素敵なほど自分のことは棚に上げています。


…この開き直りっぷりが気に入って思わず開いてしまいました(笑)




■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■

メルマガ発行者の皆さん「シスアド一直線!」と相互紹介をしてみませんか?
内容を吟味させていただき、私たちからの推薦文をつけてご紹介いたします!
shisuken_project@yahoo.co.jp
お申し込みは上のメールアドレスまで、お気軽にどうぞ (^^♪

〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜

発  行  元: シスアド研究所
今日の担当者: けーすけ
ホームページ: http://www8.ocn.ne.jp/~keisoft/sad/index.htm
お  便  り: shisuken_project@yahoo.co.jp

〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜

購読の登録・解除は下記のアドレスからご自分でお願いします。

ま ぐ ま ぐ : http://www.mag2.com/m/0000118200.htm
メ ル マ : http://www.melma.com/mag/41/m00099641/
めろんぱん : http://www.melonpan.net/mag.php?005514

〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜〃〜

このマガジンはお知り合いなど個人間での転送はご自由にどうぞ! 特に初級
システムアドミニストレータの試験を受けたり職場での役立つ知識を身に付け
たいと考えておられる方には、ぜひ転送してあげてくださいね (^.^)

ただ、その場合は全文をそのままコピーする形でお願いします。またその他の
ケースにつきましては別途ご相談ください。

なお、このメールマガジンによって生じ得るいかなる損害にたいしても、補償
はいたしかねます。記載されている情報は、読者である皆様の各自のご判断で
ご利用ください。

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■  Copyright (C) 2004 Shisuken  ■◇■


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-09-21  
最終発行日:  
発行周期:週2回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。