トップ > マネー・政治・経済 > 投資 > 株式市場の心理戦

株式市場の心理戦

RSS

創業50年の証券新報社が具体的な例を挙げながら、投資家心理を分析。筆者は本紙で人気の「実録兜町」の気の弱いベテラン投資指南役。市場の心理を先取りするメルマガです。



メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


メルマガ情報

最終発行日:
2010-08-02
発行部数:
1082
総発行部数:
3770004
創刊日:
2003-09-18
発行周期:
毎日、朝、昼、夕
Score!:
88点

最新のコメント

  1. 毎回の配信を楽しみにしています。今後共宜しくお願いします。

     2010/4/7 このコメントがついた記事>>

  2. 大体見させていただいております。

     2009/6/18 このコメントがついた記事>>

  3. 小原さん推奨銘柄色々考えてください。おざなり気味ですね。

     2008/12/11 このコメントがついた記事>>

  4. 記者の推奨銘柄ですが、小原さんは7956をずっと推奨しておられます。良い銘柄ですがそれに加えプラスアルファを希望します。失礼しました。

     2008/11/13 このコメントがついた記事>>

  5. 柴田さん メール有難う。災害時の帰宅時間ですが、5時間などの生易しいものではありません。災害で各地に火災、道路の陥没、障害物による通行止め、などなど想像を超えた道のりになります。5時間の予定が3倍から4倍になるでしょう。通勤靴では瓦礫の山は越せないし、何回も道路の行き止まりも経験してくたびれて家に到達する前にダウンする可能性が強いです。まず練習で通常に歩けるときに歩いてみることです。途中で水の補給も自動販売機が使用不可能で出来ませんよ。机上の空論でなく一度千葉まで歩いてみてはいかがですか。想像を絶する難事業ですよ。duke1931@hotmail.com
    お役に立てば幸いです。

     2008/4/3 このコメントがついた記事>>

  6. 配信有難う御座います。 いつも読んでます。

     2008/2/14 このコメントがついた記事>>

  7. 日本史全体を眺めて考えると、鉄鋼文化発祥の地は島根県の安来地方にあります。日本の鉄の将来を考えるためにも、是非出雲安来地方へこられることをお勧めします。

    スサノオ 2007/12/21 このコメントがついた記事>>

  8. 端的で良く分かる説明。

     2007/10/23 このコメントがついた記事>>

  9. その心理戦とはなにか?
    ラストサムライと関係するのか?

    大神 2007/8/17 このコメントがついた記事>>

  10. 究極の心理戦って日立金属の方なら
    しっているかも。

    アザミ 2007/6/6 このコメントがついた記事>>

メルマ!のおすすめメルマガ

  1. 株式最速情報館!

    最終発行日:
    2016/12/01
    読者数:
    3779人

    <グローバルエコノ研究所提供の株式メールマガジン。2016年で創刊18年目、日々進化・深化中です> <本年も”アベノミクス”相場の享受法につき徹底的に解説して参ります> <有料会員様には更に踏み込んで個別銘柄の売買タイミング等につき指南中です>

  2. NJI 新興市場株式投資最新情報

    最終発行日:
    2016/10/24
    読者数:
    3993人

    マザーズ、JASDAQ市場の銘柄やIPO情報など新興市場の株式投資情報に特化したメールマガジンです

  3. ♪株でお小遣いを稼ごう♪

    最終発行日:
    2013/08/30
    読者数:
    2207人

    カブステではトップ。まぐまぐでも既に殿堂入り。儲けたい投資家さん、株に興味がある初心者の方、まず登録を。知識・経験・情報・分析力はお墨付き。情報も満載。メディアにも続々掲載中。

  4. 「マエストロ」の株式デイリーコメント

    最終発行日:
    2016/12/02
    読者数:
    7037人

    1日の相場概況をマエストロが解説。相場解説、テクニカル判断からの日経平均株価や個別銘柄の予想。マエストロが提案する楽しみな銘柄など内容盛りだくさんです。読者皆様からの多大なご声援感謝しております。

  5. 金では買えない「金融裏情報」

    最終発行日:
    2016/01/14
    読者数:
    20449人

    世の中にはびこる金融商品や投資話の80%以上は投資家を欺きはめ込むためのものです。当研究会では、そんな金融業界に一石を投じます。

発行者プロフィール

過去の発行記事