語学・言語学

<TOEICリスニング・リーディング特効薬>

日本人が英語を学ぶのに一番効果的な「同時通訳方式」で世界のニュースを読みます。日本人の悪癖「返り読み」を根絶。圧倒的な速読力が養成される、TOEIC、TOEFL、英検リーディングの特効薬です!

メルマガ情報

創刊日:2003-09-10  
最終発行日:2018-02-08  
発行周期:月2回(第2・第4木曜日)  
発行部数:208  
総発行部数:112401  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

【音声付】[特効薬!No.712] トランプ大統領、今年は中間選挙を控えて正念場

2018/02/08









━━━━━━━━━━
TOEICリスニング・リーディング特効薬!
<No.712> 2/8/2018
━━━━━━━━━━

こんにちは。東京SIM外語研究所 所長の上野です。

TOEICリスニング・リーディング特効薬!をお届けしますね。

その前に、先日、当研究所の英語教材「スーパーエルマー」受講生で、盛岡市にお住まいのY・Hさんからうれしいコメントをいただきましたので紹介させてください。

---------------
スーパーエルマーを受講しました60才代の主婦です。

英語は好きで自分なりに勉強を続けておりました。

以前に英検準1級までは何とか独学で取りましたが、TOEICは受けた事がなく、昨年、複数回受験してみましたところ、受講後に700点台から800点台へと上がりました(800点の壁を越えられて本当にうれしかったです)。

今まではニュースを英語で聞くような習慣はありませんでしたし、SIM方式に似たやり方を無意識にやっていた感じがしますが理論づけを聞いて、なるほどと、とても納得しておもしろく取り組めた感じがします。

まだまだリーディングの部分で時間が足りない状態です。

もっとこのメソッドをきちっとやって900点台をめざしたいと思います。
---------------

こちらはスーパーエルマーのテスト提出の際、感想欄にお寄せられたコメントです。

実物はこちら
http://www.tokyo-sim.com/voicepdf/voice_0156.pdf

スーパーエルマーCBSコースはY・Hさんのように、ある程度の英語力はあるけれどもTOEIC800の壁をなかなか越えられない、という方に最適の教材となっています。

Y・Hさんの場合、これからSIM音読トレーニングを強化することで速読力もつき、TOEIC900点の壁も越えられることと思います。

みなさんもY・Hさんのように「ネイティブ思考法」を身につけて、英語力の大幅アップを体験してみませんか?

TOEIC500点前後の方にはVOAコースがおすすめです。

★スーパーエルマーの詳細はこちらから
http://www.tokyo-sim.com/



それでは学習スタート!

━━━━━━━━━━
◆CONTENTS◆
━━━━━━━━━━

1.Today's News Story
2.Words & Phrases
3.解説
4.ワンポイントアドバイス:Skipで英語を英語のまま理解する
5.英語の聖書を読む


━━━━━━━━━━
■1■ Today's News Story 
━━━━━━━━━━
──────────
☆初めての方は記事を読む前に、必ずこちらを読んでください☆

< 同時通訳方式とは?>
http://www.tokyo-sim.com/tkytowa.html

< 学習の仕方>
http://www.tokyo-sim.com/tkyhowtoz.html

──────────
■本日のニュース音声を聞く
http://tokyo-sim.com/atkyd/sound712/
──────────

━━━━━━━━━━
Trump Looks to Build on Tax Victory Despite Weak Polls
━━━━━━━━━━
トランプ大統領、今年は中間選挙を控えて正念場
━━━━━━━━━━

Looking ahead to his second year in office,
就任2年目の行方を見据えながら

President Trump is hoping
トランプ大統領は望んでいます

to build on his congressional victory last month
先月の議会での勝利を足がかりにすることを

on tax cut.
減税(法案)での(勝利を)。


"It's gonna be tough
「難しいでしょう

to beat the year we just left
昨年を超えることは

because what we had last year was something very special,
昨年我々が手にしたものは非常に特別なものだったからです

especially to cap it off
とくに締めくくることができたことは

with the tremendous tax cuts and tax reform."
華々しい減税と税制改革(の法案可決)で」


The White House got off to a rocky start
政権は多難なスタートを切りました

with publication of a controversial book,
議論を呼ぶ本の出版によって

highly critical of Trump's presidential style
(その本は)トランプ氏の大統領としての振る舞いに極めて批判的です

that raised questions about his fitness for office,
(その振る舞いは)職務への彼の適性について疑問を呈してきたわけですが

especially among Democrats,
とくに民主党議員の間で

like Senator Kirsten Gillibrand.
キルスティン・ジリブランド上院議員のような。


"I didn't think
「私は思いませんでした

President Trump was the right person
トランプ大統領が適任の人物だとは

to be president.
大統領になるのに。


I didn't think
私は思いませんでした

he had the judgment or disposition
彼が判断力や気質を持っているとは

to do a good job
良い仕事をする上での

and this just confirms my concerns."
ですからこれ(この本)は私の懸念を裏付けたに過ぎません」


Trump and his aides slammed the book
トランプ氏と彼の側近はこの本を酷評しました

as mostly fiction.
ほとんど作り話であると。


Press secretary Sarah Huckabee Sanders.
報道官のサラ・ハッカビー・サンダース氏です。


"Again, there are numerous mistakes,
「やはり、多くの間違いがあります

but I'm not gonna waste my time
しかし私は自分の時間を無駄にするつもりはありません

or the country's time
もしくは国の時間を(無駄にするつもりはありません)

going page by page
1ページごとに指摘して

talking about a book
本について話をしながら

that's complete fantasy."
完全な幻想である(本について)」


The furor over the book
この本に関する大騒動は

and resulting rupture
そして結果的に生じた決裂は

between Trump and former strategist Steve Bannon
トランプ氏と元ストラテジストのスティーブ・バノン氏の間に

have once again sharpened the political divide
政治的分裂を改めて激しいものにしました

over the president,
大統領をめぐって

says John Hudak.
と言います、ジョン・ヒューダク氏は。


"Well, I think
「まあ、私は思います

what the book will do is
この本がやろうとしているのは

fit into pre-existing notions
既成イメージにぴったり合わせることだと

for some people
一部の世間の人の

that the president is mentally unstable
大統領は精神的に不安定だという

or is having challenges with decline.
もしくは人気低迷という問題を抱えているという。


But for the president's supporters
しかし大統領の支持者には

this book is going to be seen as a fabrication
この本は捏造本として見なされるでしょう

and as something not to be taken seriously."
そして真剣に考えるべきではないものとして(見なされるでしょう)」


Despite the victory on taxes,
税制法案に関する勝利にも関わらず

Trump remains historically unpopular
トランプ氏は歴史的に見ても依然として不人気です

for a first-year president,
1年目の大統領としては

and must now prepare
そして今や備えなければなりません

for what could be a wave of Democratic victories
民主党の大勝利のうねりとなるかもしれないものに

in the November congressional election,
11月の議会選挙で、

says Molly Reynolds.
と言います、モリー・レイノルズ氏は。


"I think Republicans will have to confront the fact
「私は思います、共和党は事実と向き合わなければならなくなると

that there is more enthusiasm on the Democratic side
民主党の方がやる気があるという(事実と)

than perhaps there is on the Republican side,
おそらく共和党よりも

in part because President Trump is and remains quite unpopular."
トランプ大統領が今もこれからも非常に不人気だろうということもあって」


2018 is shaping up as a consequential year
2018年は重大な年となる見込みです

for the White House
政権にとって

with a major fight
大事な戦いを抱えているので 

growing over party control of Congress
議会の政党支配をめぐって大きくなりつつある(大事な戦いを)

that could have a profound impact
それは深刻な影響を与えかねないものです

on the Trump presidency.
トランプ氏の大統領任務に。


Jim Malone, VOA News, Washington.



■このニュースストーリーの音声を聞く
http://www.tokyo-sim.com/atkyd/sound712/
※当サイトおよび音声ファイルはメルマガ配信60日後に削除します。

■SIM音読用英文を見る
http://www.tokyo-sim.com/atkyd/ondoku/712.html

■オリジナル英文を見る
http://www.tokyo-sim.com/atkyd/original/712.html




>> WARNING!

本メルマガの音声は、当研究所が開発したロングセラー英語教材「スーパーエルマー」の学習理論である「Hop, Skip&Jump」のうちのJumpに当たります。

Jumpそのものは元の英語そのままです。

ですからJumpばかり聴いていても「本物の英語力」は身につきません。

「英語の語順」で英語が理解できる「ネイティブ思考法」を身につけるためには、「Hop, Skip」が最も重要です。

英語総合力を伸ばしたい方には「スーパーエルマー」をお勧めします。

詳しくはスーパーエルマー総合サイトへ!
http://www.tokyo-sim.com/



━━━━━━━━━━
■2■ Words & Phrases 
━━━━━━━━━━

◆Trump Looks to Build on Tax Victory Despite Weak Polls
build on = 〜を足がかりにさらに上を目指す
*tax victoryというのは、昨年末にトランプ政権が、抜本的な税制改革法案を議会に可決させた成果を言っている。民主党議員だけでなく、同じ共和党の議員の中にも反対派を抱える中で票を取りまとめ、同法案を可決に導いたことは、政権にとって貴重なプラス要因になった。
poll = 世論調査、人気投票(の結果)

◆last month
*この報道記事は1月末時点のものなので、last monthは昨年12月を指す。

◆to beat the year we just left
beat = 打ち負かす、しのぐ、超える

◆especially to cap it off
cap (off) = 締めくくる、仕上げる

◆The White House got off to a rocky start
get off to a start = スタートを切る
rocky = 多難な、不安定な

◆with publication of a controversial book,
controversial = 議論を呼ぶ
*この本のタイトルはFire and Fury: Inside the Trump White House(『炎と怒り:トランプ政権の内幕』)といい、トランプ政権内部の混乱や確執を暴露した内容になっている。政権は完全否定の態度を取っているが、発売から1週間で売上が百万部を超えた。

◆highly critical of Trump's presidential style
critical of = 〜に批判的な

◆President Trump was the right person
right = 適任の、ふさわしい

◆he had the judgment or disposition
disposition = 気質、性質

◆and this just confirms my concerns."
confirm = 確認する、裏付ける

◆Trump and his aides slammed the book
aide = 側近、補佐官
slam = 酷評する、(ドアなどを)バタンと閉める

◆"Again, there are numerous mistakes,
numerous = 多数の

◆The furor over the book
furor = 激しい怒り、怒号、大騒動

◆and resulting rupture
rupture = 決裂、断絶
*ここは後段にある通り、トランプ大統領と元側近バノン氏との間の決裂という意味。もともとバノン氏はトランプ氏を当選させた立役者であり、公職の辞任後も良好な関係を維持していたが、今回の本の中で、バノン氏が、トランプ氏の最側近の娘婿を激しく批判していたことが明らかになり、結果的に二人の関係は決裂した。

◆have once again sharpened the political divide
divide = 分裂、分割

◆says John Hudak.
*同氏は、米国のシンクタンク、Brookings Institutionの専門家。

◆fit into pre-existing notions
notion = 見解、概念、イメージ
 
◆or is having challenges with decline.
decline = 下落、凋落、衰退

◆this book is going to be seen as a fabrication
fabrication = 捏造、うそ、作り話

◆for a first-year president,
*大統領の任期は4年で、最初の1年は、通常、当選直後の勢いに乗って高い支持率を維持するが、トランプ氏の場合、1年目から人気が低迷しているということを言っている。

◆for what could be a wave of Democratic victories
wave = 波、うねり

◆in the November congressional election,
*今年11月に行われる中間選挙(midterm elections)のこと。連邦議会では、上院議員の3分の1、下院議員の全員が改選されるため、結果によっては、米国の中央政界全体の力関係が一変することがある。

◆says Molly Reynolds.
*同氏もBrookings Institutionの専門家。

◆"I think Republicans will have to confront the fact
confront = 立ち向かう、直面する

◆in part because President Trump is and remains quite unpopular."
in part = 一部には〜のために

◆2018 is shaping up as a consequential year
shape up = 形がまとまる
consequential = 結果として起こる、重大な
 
◆that could have a profound impact
profound = 深遠な、深刻な

※学習音声では、一番最後にトランプ大統領の声("Who's getting this pen? Can I ask you to vote?")が入っている。今回の音声素材には元となる動画があり、ここではトランプ大統領が、関係者に囲まれながら、可決後の税制法案に署名している場面が映し出されている。重要法案に大統領が署名した後、そのペンを関係者が記念にもらうことは米政界では慣例であり、これは、その慣例に合わせてトランプ大統領が冗談(「誰がこのペンをもらうことになるのかな。投票で決めてもらえるかい?」)を言っているところが挿入されたもの。

--------------------
語注情報の一部は、英辞郎を利用して作成しました。制作グループ「EDP」(http://www.eijiro.jp/)の許諾取得済み。
--------------------



━━━━━━━━━━
■3■ 解説 ■
━━━━━━━━━━

いかがでしたか?

それではここで、この記事をどのようにしたら速く正確に読めるのか、具体的に解説していきます。

後半、Despite the victory on taxes, で始まる文を取り上げてみたいと思います。


まず、
Despite the victory on taxes, ですから、

「税制法案に関する勝利にも関わらず」ですね。

この部分は文全体を修飾する副詞句ですので、まだこの文の主語は出てきません。

次に主語が出てくることを期待しながら進んでみましょう。


すると次に、
Trump remains historically unpopular とあります。

つまり、「トランプ氏は歴史的に見ても依然として不人気です」と言っていますね。


次に進みますと、
for a first-year president, とありますので、

「1年目の大統領としては」不人気である、ということですね。


次に、
and must now prepare とあります。

ここではもちろんmustの前にこの文の主語であるTrumpが省略されていますので、

「そして彼は今や備えなければなりません」と言っています。

いったい「何に」備えなれればならないのでしょうか?


次に、
for what could be a wave of Democratic victories  とあります。

つまり、「民主党の大勝利のうねりとなるかもしれないものに」備えなければならない、ということですね。


そして次に、
in the November congressional election, とありますので、

「11月の議会選挙で」民主党の大勝利のうねりとなるかもしれないものに備えなければならない、と言っているわけですね。


そして最後に、
says Molly Reynolds. とありますので、

以上のことを「モリー・レイノルズ氏が言っている」ということですね。



このように前からどんどん理解していけば、戻る必要はありませんよ。

このような感じでぜひ、SIM音読を実行してください!!



──────────
SIM音読が学習のカギを握る!
──────────

SIM音読とは、上記「解説」にあるようなやり方で英文を音読することです。

SIM音読が学習のカギを握りますので、必ず実行しましょう。

英語の部分を大きな声で読み、区切りごとに頭の中で意味を考えたり、次を期待(Anticipation)したりしながら実行します。

ただし「期待」はすべての文でする必要はありません。

何度も音読しているうちに「期待」できる部分も少しずつ増えてきます。

区切りごとに意味を考えるわけですが、これは声には出さず、頭の中で考えます。

※詳しい学習の仕方はこちらをご参照ください。

< 学習の仕方> →  http://www.tokyo-sim.com/tkyhowtoz.html

──────────



━━━━━━━━━━
■4■ ワンポイントアドバイス
━━━━━━━━━━

【今日のテーマ】

「Skipで英語を英語のまま理解する(後編)」

ワンポイント・アドバイスはこのところ「日本人に最適の英語習得法」というテーマでお話しています。

前回は、「Skipで英語を英語のまま理解する(前編)」でした。

スーパーエルマーの独自メソッド「Hop,Skip&Jump」のSkipについて説明しました。

ところで、この Skipの訓練について、次のように質問してくる方がおられます。

「スーパーエルマーの案内資料を読みましたが、Skipの時に、フレーズごとの意味を頭の中でイメージするとは、具体的にどういうことですか」

…というご質問です。

ご質問にお答えしますと、英語音声の意味を頭の中でイメージするとは、その英語音声の意味が、自分なりの言葉、あるいはイメージで理解できるということです。

自分なりの言葉ですので、その際、SIM訳と全く同じである必要はありません。

たとえば、スーパーエルマーのテキストの中に次のような英文があります。

Angela Brawn has been winninng raves …

この英語音声のSIM訳は、「アンジェラ・ブラウンは絶賛を得ています…」ですが、これを聴いて、その通りのSIM訳を再現しなければならない、というわけではありません。

たとえば、「絶賛を勝ち得ている」「激賞を得ている」などそういった自分なりの言葉、あるいはイメージで、内容が理解できていれば良いのです。

そうしてSkipでトレーニングを積むうちに、ravesの raveを、「絶賛、激賞」と頭の中で日本語変換する過程をスキップして、rave は raveと、英語のまま意味がとれるようになってきます。

そして、日本語を介さずに英語が英語のまま、英語の語順で、理解できる範囲がどんどん広がっていきます。

要するに、どんどんネイティブレベルに近づいていく、ということですね。

Skipには、このような学習効果があるのです。

いかがでしょうか?

今日は、今日はHop,Skip&JumpのうちのSkipについてお話をしました。

次回は、Jumpについてお話しします。

ご期待ください。

…それではまた次回。

…お楽しみに!



━━━━━━━━━━
学習相談室
━━━━━━━━━━

■ どうしても英語力が伸びない!
■ 効果的な学習法がわからない!
■ スーパーエルマー効果って本当?


>>>  Leave it to me!

おまかせください!英語の悩み。


あなたの英語学習に関するご質問をお寄せください。
所長の上野がていねいにお答えします。

もちろん無料です。
http://www.tokyo-sim.com/sodan/



━━━━━━━━━━
■5■ 英語の聖書を読む
━━━━━━━━━━

【今日の英語の聖句】

Many, Lord my God, are the wonders you have done, the things you planned for us.

None can compare with you; were I to speak and tell of your deeds, they would be too many to declare.

Bible(Psalm 40:5)


わが神、主よ。あなたがなさった奇しいわざと、私たちへの御計りは、数も知れず、あなたに並ぶ者はありません。

私が告げても、また語っても、それは多くて述べ尽くせません。

聖書(詩篇 40:5)



Until next time.

──────────
<TOEICリスニング・リーディング特効薬!>(第2・第4木曜日配信)
発行: 東京SIM外語研究所  教育企画室 
tokyosim★tokyo-sim.com(メール送信時は★を@にしてください)
配信システム:『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
配信システム: melma! http://www.melma.com/
※本メールマガジンの無断転載はできません。 All rights reserved.
※本メールマガジン内音声リンクは配信60日後に削除します。
※登録解除・配信先変更は上記各配信スタンドにて、ご自身で行ってください。代理解除は受け付けていません。
──────────
http://www.tokyo-sim.com/
──────────


免責事項:弊誌はあくまで英語学習を目的とした読み物です。従って、東京SIM外語研究所は、本サービスを介した情報により発生あるいは誘発された損害、情報の利用により得た成果、またはその情報自体の合法性正確さについての責任を負いません。













                                                                .




最新のコメント

  • 名無しさん2013-10-10 14:41:42

    毎回、音声をダウンロードし、ワードプレスと音声の意味(順番逆)をコピー貼り付けをメモ帳にて行なっていますが、今回のメルマガはコピーが出来ないように設定しているような気がします。やはり、インターネット回線を遮断しても印刷して自由に持ち運べて見ながら音声を学ぶというスタイルは必要だと思います。今回はどういう理由でコピーできなかったのか存じませんが、これからの506はコピーできるようなメルマガをお願いしたいと思います。