生涯学習

速読に挑戦!2

現代人に必須の「速読」の基礎知識と基本技術を講座形式で学んでいきます。NHK文化センターで「速読速解法」を公開指導してきた元講師陣が指導。評判のメルマガ『速読に挑戦!——★急がば、どうする』の改訂新版です。

メルマガ情報

創刊日:2003-09-02  
最終発行日:2004-11-08  
発行周期:月3〜4回  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガはサンプル記事のみ表示されています。

このメルマガはサンプル記事のみ公開されています(最新号を読むにはメルマガ登録が必要です)

サンプル記事

2000/01/01

 本メルマガ『速読に挑戦!2』は、本、書類、新聞、雑誌、あ
るいはメールやホームページなどを読むスピード、つまり「読書
スピード」「情報処理スピード」を飛躍的に引き上げる「速読」
の基礎知識と基本技術を学ぶことを目的にしています。

----------------------------------------------------------
----

◆現代人必須なのだから、まずチャレンジ、体験!

「速読」は特殊な技術、能力ではありません。“知の巨人”と評
される評論家の立花隆氏は、「現代社会において、速読能力とい
うのは、これからますます誰でも身につけなければならない能力
…」(『ぼくはこんな本を読んできた』)と書いています。

  このような考え方が、多くのものを読む人、読まなければなら
ない人の間では常識になってきているようです。

「速読能力」は、「読む力」と「必要性」への強い意識があれば、
その力を伸ばし活かすことによって身につきます。余り大げさに
考えたり、本当にできるものかどうか思い悩むことはありません。
誰にでもできることですから、まず、そのエッセンスにふれ、体
験していただきたいのです。

 学ぶのは、読書スピード、理解のスピードを引き上げる実戦的
な速読法です。むやみに数字だけを追うのではなく、確実に理解
を得られる何倍かのスピードアップと、読む目的、内容(対象)
に応じて、さらに自在にスピードを高め、調整できる力をつけて
いくことです。

 目的と内容(対象)に応じて、スピードのギアをチェンジする
——ここが実戦で活用していく上で、また、さらに力をつけてい
く上で、非常に重要なポイントになるのです。

 本メルマガでは、速読、情報処理法の基本を学んでいただきま
す。NHK文化センターなどで、すばやく読んで、すばやく理解
する「速読速解法」を指導してきた講師陣が、講座形式で、わか
りやすい基礎知識と、すぐ役立つ基本技術を開示していきます。

 本メルマガを通して速読のエッセンスにふれていただければ、
「速読能力」は誰にでもあること、トレーニングや実戦を通して、
その力がどんどん高まるものであることは、おわかりいただける
でしょう。

◆複数のメルマガで総合的に能力アップ

 RRC(速読速解法研究センター)では、2002年4月から、メー
ルマガジン『速読に挑戦!——★急がば、どうする?』を発行し
て、多くのご支持と高い評価をいただいてきました。

 さらに読者の皆さんからの強いご要望により、Q&A形式の“
実戦支援”マガジン『速読マスターへの道』、さらに時事用語な
どを読みながら速読・速解のコツをつかんでいく“実戦優先”の
『速読のコツ、速解のツボ——時事用語、現代キーワードを読み、
掴み、実戦活用!』を発行しています。

 複数のメルマガをより効果的に発行するために、それぞれのメ
ルマガの役割をより明確にする必要性から、『速読に挑戦!——
★急がば、どうする?』をリニューアルして、新たにスタートさ
せることになったのが、本メルマガ『速読に挑戦!2』です。

 本メルマガ『速読に挑戦!2』は理論と基礎技術。『速読のコ
ツ、速解のツボ』は実戦活用法と練習。『速読マスターへの道』
は速読体験集と訓練者への応援メッセージ——このような役割に
なります。

 それぞれを存分に活用していただければ幸いです。

                     (編集長 山本恵
之)
----------------------------------------------------------
----
【創刊号からの主な内容】

1 すでに何倍もの個人差がある読書スピード——だから、遅い
人は“追いつき追い越せ”、速い人は“より速く!”のスピード
アップ

2 必要に迫られている人は、自己流の速読をしている

3 しっかり理解できる読書スピードアップでなければ意味がな


4 こうすれば速く読んで速く理解できるようになる など。

==========================================================
====
■RRCメルマガ編集部    http://www.rrc-sokudoku.com/
■      ご意見ご質問        rrc-p@trust.ocn.ne.jp
----------------------------------------------------------
----
■本誌記事の無断転載はご遠慮ください。

最新のコメント

  • コメントはありません。