トップ > 仕事&就職 > 資格 > 超入門 ITコーディネータ 〜上流を目指そう〜

超入門 ITコーディネータ 〜上流を目指そう〜

RSS

世界初のITコーディネータ(ITC)補試験対策メルマガ。ITCは戦略的IT投資を経営者と共に実現するプロであり、経済産業省の推進資格です。ゼロから経営を学び、キャリアアップしましょう!



メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


最新の記事リスト

  1. このメルマガは最新記事のみ表示されています

メルマガ情報

最終発行日:
2005-05-14
発行部数:
364
総発行部数:
15340
創刊日:
2003-08-19
発行周期:
週刊
Score!:
-点

【超入門ITC】第96号 絶対にはずせない52のポイント

発行日: 05/14

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■■■■ 世界初のITコーディネータ補試験対策メルマガ
■□■□■□ 
■□■□■□     超入門 ITコーディネータ
■□■□■□       〜上流を目指そう〜
■□■□■■
━━━━━━━━━ 2005/05/14(第96号)読者数:2,516名━━

第8回ITコーディネータ補試験(5月29日)まであと15日!


いよいよ総仕上げの段階に入っているのではないかと思います。

この時期に大切なことは、もう一度、ITCプロセスガイドライン
の全体フローを復習することです。

全体フローを押さえた上で、それぞれのフェーズの基本原則、ステッ
プ、インプット、アウトプット、リファレンスをしっかりと頭に入
れておきましょう。


もうひと踏ん張りです。

がんばっていきましょう!

あなたの合格をお祈りしています!


このメルマガで、少しでもあなたのキャリアアップのお手伝いをで
きれば、こんなに嬉しいことはありません。


今日も、ITコーディネータ補試験合格の体験から得た学習のコツ
をあますところなく全てお伝えします。

このメルマガを読んで、ITコーディネータになりたいと思ったら、
是非試験にチャレンジして下さいね。

------------------------------------------------------------
■第8回ITコーディネータ補試験

ITC補試験実施日: 5月29日(日)
受験願書受付期間 : 3月1日(火)〜4月14日(木)
           ※受付は終了しています
詳しくは、ITコーディネータ協会のホームページ
http://www.itc.or.jp/index.html からメニュー「ITコーディ
ネータ補試験」をクリックして、ご覧下さい。
------------------------------------------------------------

ITC補試験の学習には、「ITCプロセスガイドライン」が必要
です。まだお持ちでない方は、今すぐ協会のホームページからダウ
ンロードしましょう。
http://www.itc.or.jp/dlfiles/m_P-guide.pdf


<<目 次>>

 ◎1.今日のポイント
     絶対にはずせない52のポイント 
 ◎2.合格への道
     どうすりゃいいの? 判断型問題


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★☆ 1.今日のポイント! 
☆★
★☆    絶対にはずせない52のポイント 
☆★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●このコーナーでは、ITC補試験対策の勉強の中で、重要なテー
マをとり上げていきます。

●今日は、基本に立ち返り、ITCプロセスガイドライン(全体フ
ロー)の復習です。

●判断型の問題を解くための判断の基準は、ITCプロセスガイド
ラインです。まず全体の流れがスラスラと出てくるようにするのが
ポイント。白紙にスラスラと書けるくらいにしておきましょう。

●全体フローの穴あき問題を作ってみました。私が受験した時には、
これをやった知り合いはみんな合格しました。本当です。バカにし
ないで、やってみてくださいね。

●では問題です。次の四角の中を埋めて下さい。太線枠はリファレ
ンスをあらわします。

◇1.経営戦略策定フェーズ

┌─────┐┌─────┐┌─────┐┌─────┐
│   1  ││   2  ││   3  ││   4  │
└──┬──┘└──┬──┘└──┬──┘└──┬──┘
   │      └──┐┌──┘      │
   └────────┐││┌────────┘
            ↓↓↓↓
┏━━━━━┓   ┏━━━━━━┓   ┏━━━━━┓
┃   5  ┠┬─→┃   6   ┃←──┨   7  ┃
┗━━━━━┛│  ┗━━┯━━━┛   ┗━━━━━┛
       │     ↓
       │  ┌──────┐
       │  │   8   ├───┐
       │  └──┬───┘   │
       │     ↓       │
┏━━━━━┓└─→┏━━━━━━┓   │
┃   9  ┠──→┃  10   ┃   │
┗━━━━━┛   ┗━━┯━━━┛   │
             ↓       │
        ┌──────────┐ │
        │11 ┌─────┐ │ │
        │ ┌┴────┐│←┼─┘
        │ │  12  ├┘ │
        │ └─────┘  │
        └────┬─────┘
◇2.戦略情報化企画   │
   フェーズ      │
     ┌─────┐ │ ┌─────┐
     │  13  │ │ │  14  │
     └──┬──┘ │ └──┬──┘
        └───┐│┌───┘  ┏━━━━━┓
            ↓↓↓    ┌─┨  17  ┃
┏━━━━━┓   ┏━━━━━━┓ │ ┗━━━━━┛  
┃  15  ┠──→┃  16   ┃←┤ ┏━━━━━┓
┗━━━━━┛   ┗━━┯━━━┛ └─┨  18  ┃
             │       ┗━━━━━┛
   ┌──────┬──┴───┬──────┐
   ↓      ↓      ↓      ↓
┌─────┐┌─────┐┌─────┐┌─────┐
│  19  ││  20  ││  21  ││  22  │
└──┬──┘└──┬──┘└──┬──┘└──┬──┘
   │      └──┬───┴──────┘
   │         ↓
   │      ┏━━━━━━┓   ┏━━━━━┓
   │      ┃  23   ┃←──┨  24  ┃
   │      ┗━━┯━━━┛   ┗━━━━━┛
   ├────────→↓
   │    ┌──────────┐
   │    │┌─────┐ 25 │
   │    ││  26  │   │
   │    ││┌────┴┐  │ ┏━━━━━┓
   │    │└┤  27  │  │┌┨  29  ┃
   │    │ └──┬──┘  ││┗━━━━━┛
   │    └────┼─────┘│┏━━━━━┓
◇3.情報化資源調達   │      ├┨  30  ┃
   フェーズ      ↓      │┗━━━━━┛
   │      ┏━━━━━━┓  │┏━━━━━┓
   │      ┃  28   ┃←─┼┨  31  ┃
   │      ┗━━┯━━━┛  │┗━━━━━┛
   │    ┌────┴───┐  │┏━━━━━┓
   │    │        │  └┨  32  ┃
   │    ↓        ↓   ┗━━━━━┛
   │ ┌─────┐┌──────────┐
   │ │  33  ││┌─────┐ 34 │
   │ └──┬──┘││  35  │   │
   │    │   ││┌────┴┐  │
   │    │   │└┤  36  │  │
   │    │   │ └─────┘  │
   │    │   └────┬────┬┘
   └─────────┬───┘    │
        │    ↓        ↓
        │ ┏━━━━━━┓ ┌─────┐
        └→┃  37   ┃←┤  38  │
          ┗━━┯━━━┛ └─────┘
   ┌─────────┤
   ↓         ↓
┌─────┐   ┌──────┐
│  39  │   │  40   ├┐
└──┬──┘   └──┬───┘│
   │         ↓    │
   │      ┌──────┐│
   │      │  41   ││
   │      └──┬───┘│
◇4.情報システム開発・ │    │
  テスト・導入フェーズ │    │
   │         ↓    │
   │      ┌──────┐│
   └─────→│  42   ││  ┏━━━━━┓
          └──┬───┘│ ┌┨  44  ┃
             ↓    │ │┗━━━━━┛
          ┏━━━━━━┓│ │┏━━━━━┓
          ┃  43   ┃←─┼┨  45  ┃
          ┗━━┯━━━┛│ │┗━━━━━┛
             ↓    │ │┏━━━━━┓
          ┌──────┐│ └┨  46  ┃
          │  47   ││  ┗━━━━━┛
          └──────┘│
◇5.運用サービス・        │
  デリバリーフェーズ  ┌────┘
             ↓
          ┌──────┐
          │  48   │
          └──┬───┘
             ↓
          ┌──────┐
          │  49   │
          └──┬───┘
             ↓
          ┏━━━━━━┓   ┏━━━━━┓
          ┃  50   ┃←──┨  51  ┃
          ┗━━┯━━━┛   ┗━━━━━┛
             ↓
          ┌──────┐
          │  52   │
          └──────┘

●これを埋めるのって、大変でしょ? でもITプロセスガイドラ
インでは、たった2ページ(2〜3ページ)の内容です。

●これがITプロセスガイドラインの全体フローですので、きちん
とできるかどうかが合否を分けます。何度も繰り返し、チャレンジ
しましょう!

●解答を載せておきます。

 1. ミッション ゴール
 2. ビジョン
 3. 内部環境分析
 4. 外部環境分析
 5. ビジネスエクセレンスモデル
 6. ビジネスモデル(戦略版)作成手順
 7. 成熟度モデル
 8. ビジネスモデル(戦略版)
 9. 上位ビジネスモデル
10. ビジネスモデル(戦術版)作成手順
11. 経営戦略企画書
12. ビジネスモデル(戦術版)
13. BSC KPI
14. ITの現状
15. 下位ビジネスモデル
16. 戦略情報化企画(戦略版)作成手順
17. ジェネリック情報モデル(上位)
18. 成熟度モデル
19. 経営改革企画書
20. 当該企業のビジネスプロセスモデル
21. 当該企業の情報モデル(上位)
22. 当該企業のITの評価
23. 戦略情報化企画(戦術版)作成手順
24. ジェネリック情報モデル(詳細)
25. 戦略情報化企画書
26. ERD(上位)
27. DFD(上位)
28. 調達の手順1
29. 成熟度モデル
30. ジェネリック情報モデル(詳細)
31. ジェネリックデータモデル
32. ITプロダクトリファレンス
33. 調達の評価基準
34. RFI、RFP
35. ERD(詳細)
36. DFD(詳細)
37. 調達の手順2
38. ITベンダーの提案書
39. 経営改革企画書(アクションプラン)
40. 情報化実行計画書
41. IT投資プロジェクト(Q,C,T)
42. アクティビティ プロジェクト実行・管理
43. 開発のモニタリング手順
44. 成熟度モデル
45. ジェネリックデータモデル
46. ITプロダクトリファレンス
47. 情報化・経営改革モニタリング報告書
48. 目標確認 サービスレベルアグリーメント 業務改革 KPI
49. アクティビティ 運用サービス提供・運用・管理
50. 運用のモニタリング手順
51. 成熟度モデル
52. 情報化・経営改革モニタリング報告書

●やっぱり、たくさんありますね。スラスラ答えられないフェーズ
は、もう一度よく復習してみましょう。バックナンバーはこちら。
http://www.it-is-easy.com/itc/magazine/mag_index.htm


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■  2.合格への道 −どうすりゃいいの? 判断型問題−

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●このコーナーでは、私の受験体験を踏まえて、受験の手続きや合
格へのヒントになりそうなものをお伝えしたいと思っています。

●実際の試験では、知っているかどうかを問われる知識型問題と
ITCプロセスガイドラインに基づいて判断する判断型問題があり
ます。出題の割合は、判断型の問題の方が多いです。

●知識型問題については、とにかく覚えることです。知っていれば
すぐに正解できます。

●しかし、判断型問題は、そうはいきません。実際のところ、何が
正しいのかよく分からない問題が多いです。それでも、1問を1分
15秒で答えなければなりません。

●結局、判断基準である「ITCプロセスガイドライン」の内容を
理解しているかどうかがカギになります。

●基本原則と主なステップ・機能の語句を、まず覚えていることが
前提です。その上で、その内容を人に説明できるようにしましょう。

●私の場合は、全体フロー、基本原則、主なステップ・機能につい
ては、何も見ずに紙に書くということを、何回もやってました。

●そして、その内容を自分で自分に説明していました。そして、説
明できない時にITCプロセスガイドラインの該当箇所を見直して
いました。

●ちょっと地味な方法だと思うかもしれませんが、判断型問題の対
応に王道はありません。基本を繰り返すことが、大切なのだと思い
ます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆前回受験された方の受験の感想や勉強方法などを募集します! 
info@it-is-easy.com まで電子メールでお送りください。

◆次回の試験を受けてみようかなと思っている方の質問も受け付け
ています。お気軽にどうぞ!


──────────────────────────────
意見・感想・質問・相談等 → info@it-is-easy.com
購読登録  → http://www.it-is-easy.com/itc/regist.htm
  解除 → http://www.it-is-easy.com/itc/cancel.htm
──────────────────────────────
発 行 元:ITキャリアアップ研究会(ITC-METROグループ)
           http://www.it-is-easy.com/itc/index.htm
編集委員:篠木 輝彦(しのやん)
──────────────────────────────
『まぐまぐ』『melma!』『めろんぱん』の配信システムを利用して
います。
──────────────────────────────
◆記事の内容を許可なく転載することをを禁じます。ご連絡下さい。
ただし、メールの転送はOKです。キャリアアップを目指す知り合
いに、どんどん転送してあげて下さい。
◆当メールによる損害等については責任は負いません。各人の責任
においてご利用下さい。
──────────────────────────────
          (C) Copyright 2005
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


<追伸>


試験まで、もう一踏ん張り!

まだ時間はあります。あわてずに基本事項を忠実に身につけて下さ
いね。

あなたの合格を心からお祈りしています。

それでは。

by しのやん

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するはてなブックマークに追加del.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録/解除

メルマ!のおすすめメルマガ

  1. 経営戦略考

    最終発行日:
    2016/12/07
    読者数:
    4481人

    第一線のコンサルタントが毎日、日経新聞の記事を題材として経営戦略の原理原則を解説します。経営者はもちろん、キャリアアップを狙うサラリーマン、OLの方は必読!毎日発行だから、話のネタ仕入れにも最適です。

  2. 高度情報処理技術者試験の論文集

    最終発行日:
    2007/10/15
    読者数:
    1012人

    高度情報処理技術者試験で必要な論文について、私の書き下ろしや寄稿された論文をお届けします。IT業界で働く方、システムエンジニア・プロジェクトマネージャ・アナリストの方、必見!

  3. 一日一回!基本情報処理・シスアド知識習得から資格取得まで!!

    最終発行日:
    2005/03/07
    読者数:
    1529人

    国家試験の過去問題と詳しい解説を一日一回メール配信!初級シスアド・基本情報処理、各種PC系資格合格をサポートします!最新IT情報、PC技術向上のお力にも

  4. PMP試験対策

    最終発行日:
    2016/10/13
    読者数:
    1212人

     PMPを目指しPMBOK学習中のプロジェクトマネジメント業務の皆さんに最適!PMP試験対策メールマガジンです。練習問題連載中!