独立・起業

このメルマガは現在休刊中です。
関西起業家サークル 来夢

最近関西圏で事業をスタートさせた方、いずれスタートしたい方、目線を上に向け、知り合えることでより多くのビジネスチャンスと成し、生活の安定に向け、共にがんばり、助け合いましょう。

全て表示する >

ライダー・・・起業家サークル通信

2003/09/20

●○●○●=======================●○●○●


              起業家サークルマガジン 

  
                 「ライダー」


●○●○●=======================●○●○●
このメールマガジンの解除は
http://www1.ocn.ne.jp/~laimu/nakao/ からお願いします。
●○●○●=======================●○●○●

 こんにちは、起業家サークルの中尾です。
 
 皆さん、突然ですが、中尾はライダーです。
 
 中尾は起業前にはアフリカツインと言うでっかいバイクと、
セローと言う街乗り用のバイク、KDX125SRって言うレース用の
バイクを持っていました。
 
 でも・・・起業後、一台また一台と家賃や支払いのために
消えていきました。
 
 中古屋さんに運ばれていったバイク、心の中ではドナドナが
流れていましたっけ(号泣)。

 月日は流れて、中尾は今もライダーです。 
 
 スピードは出ないけど燃費が良くて(最高はリッター38キロ)、
頑丈なバイクに乗っています。 

 その名はセローと言うバイク。 

 前のは乗り潰したので、2代目です。
 
 このセロー、走行距離が19000キロに近づき、ぼちぼち
バイクの寿命が近づいてきたかなと、大事に大事に乗っています。
 
 さてさて、そんな今日のことです。
 
 友達が今あるバイクともう一台、2台目のバイクを買ったと聞きました。
 
 一台はオンロードバイク
 二台目はオフロードバイク
 
 羨ましいなぁ・・・と、正直にそう思った中尾です。
 
 で、自分も大きなバイクが欲しいけどどうして自分は我慢しないと
いけないのかを考えてみました。
 
 一番の理由は金がないからかな(大汗)
 
 いやいや、違いました。
 
 中尾は今の生活を守るために働いているのではなく、
先に楽しみを見いだして進んでいるからだと。
 
 今、多くの人がサラリーマン等で働いている訳で、我慢して
今を耐えている人達も多いと思うのですね。
 
 そう言う人達が仮に、今自分が居るポジションを守っている
立場の人だとしたら、それは何かご褒美がないと耐えられないですよね。 

 そのご褒美が物質・・・かな?
 
 でも、僕たち起業家や起業家を目指している人は、今のポジション
より、先の夢を目指して(ライダーらしく)ぶ〜んぶ〜んと前に進んで
いるはずです。
 
 そうしたら、物質でのご褒美なんかはそうそう無い訳で、でも
一山乗り越えたら、次のステップに登ったら、すごくすごく楽しく
そして嬉しい気持ちになれますよね。 

 ハハハ
 
 今は中尾がこういう事を言っても、それは中尾の負け惜しみに
聞こえるかもしれませんけどね、 

 でも、中尾はその山その山を超えたら来る楽しみを知っています。
 
 ライダーですから。
 
 このメルマガの読者の人ってライダーはどれくらいいるのでしょうね。
 
 居たら判ってくれる今回のメルマガです。
 
 ライダーって風を切る楽しさや、風の中の爽やかさが
皆さんに知られているところだと思いますが、雨の中や
風の中、雪の中に真夜中も走ったりして、目的地を目指します。
 
 途中で止めて、もうバイクを捨てて帰りたくなることもあります。
 
 でも、走りきった人にのみ味わえる風があります。 

 風景があります。
 
 実は中尾、この所ピンチです。
 
 収入の核となっていたバイトなどが、母親の介護の手伝いなどで
できなくなったり、その他いろいろ。
 
 でも、くじけては居ないんですよ。
 
 その場にいて、苦しいことをやり過ごしてしまおうなんかも考えていません。
 
 アラヨーッと担ぎ上げられるようになって、捨ててしまうのでなく
放り投げてしまうくらいまで自分を鍛えていきたいと思います。
 
 皆さん、今から20年くらい前の学生だった頃の苦しかったこと
思い出してください。 
 
 今の年になって思い出すと何でもないようなこともあるでしょう。 

 それは、その時より自分が多くの山を登ってきたので、その山・・・
その峠くらい楽勝になっているからですね。
 
 ハハハ
 
 そう、今も峠を走っているライダーな中尾。
 
 そして、このメルマガをここまで読んでくれている
ライダーの気持ちのわかる皆さん。
 
 前にもメルマガで書きましたが、その場に止まっているなんて
いけないことで、それはライダーらしくない訳ですよね。
 
 ライダーらしく、この峠の先に何があるかを楽しみに、
そして今の重荷も楽勝で持てるような人間になるために、
勉強しましょう。
 
 今を苦しいなんて評価をしないで、先に何かを
起こすための今でありましょう。 

 さっき、中尾は京都からバイクで大阪に帰ってきたのですが・・・
雨の中。
 
 途中、きつい雨に当たってカッパを水が通ってぬれました。

 「ああ・・・どうしてこんなことに・・・」なんて思いませんでしたよ。
 
 今のバイクで走っているという結果は自分が招いたモノですから。 

 そりゃあ、雨なんかは都合外かもしれませんが、それも
バイクに乗っていれば逢うリスク?(笑)
 
 それが雨ではなく、転倒しての怪我、雪、事故、いろいろと
有ります。
 
 これらを人生に当てはめたら、自分が進んでいる道だから
それに関してもリスクがある訳で、そんなリスクに出会ったからと
バイクを捨ててはいけないと思うんです。 

 そんなリスクはキチッと対応して、次からは楽勝で
乗り切っていきたいですね。

 バイクと起業、似ているんですよね。

 その心は・・・。
 
 転けたら「それ見たことかと」人に言われる。 

 同情もされないですよね。
 
 ハハハ 

 そんなの判っていて、自分が走りたいから走っているんだと。
 
 名神高速で雨風に遭いながら、思い立ち、帰ったら
すぐにメールしたくなった中尾なのでした。

 ハハハ
 
 数年以内にバイク、買うぞ〜。


追伸
 そうそう、読者の皆さん
 
 ライダーの皆さん
 
 CRMだってセローだってKDXだってカブだって構いません。
 
 一つ、中尾と約束しましょう。
 
 今、2003年ですから、5年後
 
 2008年の初夏に北海道ツーリングしましょう。
 
 2008年の7月初旬に、舞鶴発→小樽着のフェリーに乗って
ツーリングに行きましょう。
 
 5年後に自分にご褒美です。
 
 会社が続いていなくても、会社を興せてなくても、むろん
会社が続いている人も、その時までめいっぱい走ってみましょう。
 
 行きのフェリーの中では酒飲んで窓の外の海を眺めて
今からの5年間の思い出話をしましょう。

 帰りのフェリーではそれから1年後にまたツーリングに行くときまでの
目標を語りましょう。
 
 どうですか?
 
 それで、少しは頑張れますよね。
 
 中尾は言ったら約束は守りますから。
 
 ご褒美も用意したし、中尾はその時にはビックオフロードバイクに
乗ることも楽しみに、さて、今からまたまた仕事のプランでも
練ろうかな。
 
 うん、明日のため、先のため。
 
 楽しみのため。
 
 走りましょう。

 と、大雨の中、メットに当たる雨音を聞きながら
考えた中尾でした。
 
 ハハハ

 では起業家や起業家を目指しているライダーの気持ちのある方、
舞鶴のフェリー場で!

 あっ・・・でも、中尾は雨男なので・・・ごめんなさい。
 
 ワハハハハハ  

********************
発行 オフィス来夢         なかお
大阪市北区天神西町7−5 田口ビル4A
東京都新宿区西新宿6-12-4 8F NCA内
06-6316-5595     090-392-54354
メールアドレス
mtouring@silver.ocn.ne.jp
中尾が連載しているメールマガジンっす
http://www1.ocn.ne.jp/~laimu/nakao/
中尾プロフィール
http://www.myprofile.ne.jp/?2f7e24d8413fd
********************
書籍−「かなり不揃いの起業家たち」−36の起業物語
―――――――――――――――――――――――――
中尾が制作企画に参加させていただいた本でやんす。
「かなり不揃いの起業家たち」
http://tifana.com/fuzoroi/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-06-10  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 35 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。