小説

さくら −あるいはそれは、小説のような散文、散文のような小説−

いまから7年前、僕はまだ19で、20歳になるのを恐れていた。忘れられない初恋の思い出。僕は彼女のことを、サクラと呼ぶ。小説になれない文章の欠片を拾って、今日、僕は君のメールボックスにそれを届けよう。

メルマガ情報

創刊日:2003-08-12  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

最新記事

  • このメルマガはまだ発行されていないか、記事が非表示になっています。

最新のコメント

  • コメントはありません。