名言

毎日の聖書

メルマ!の配信サービスは2020年1月末で終了になります。
「毎日の聖書」の配信希望の方は、標題に「配信希望」と書いたメールをm.shimizu@amfamily.net宛に送信してください。

全て表示する >

使徒の働き 9:13-16

2019/07/24

◆ 今日の御言葉 ◆
アナニヤは驚いて叫びました。「主よ、パウロですって! あの男がエルサレムのクリスチャンをどんな目に会わせているか、聞いております。
それに、祭司長たちから逮捕状をもらい、このダマスコのクリスチャンを一人残らず捕らえる権限を持っているという、もっぱらのうわさです。」
しかし、主は言われました。「さあ、行きなさい。このパウロこそ、わたしの教えをイスラエル人だけでなく、世界中の人々や王たちに伝えるために、わたしが選んだ人です。
彼には、わたしのために、どんなに苦しむことになるかを告げるつもりです。」
(使徒の働き 9:13-16)

But Ananias answered, “Lord, I have heard from many about this man, how much harm he did to Your saints at Jerusalem; 
and here he has authority from the chief priests to bind all who call on Your name.” 
But the Lord said to him, “Go, for he is a chosen instrument of Mine, to bear My name before the Gentiles and kings and the sons of Israel; 
for I will show him how much he must suffer for My name’s sake.”
(Acts 9:13-16)

所感と祈り:
パウロのところへ行くようにとアナニヤに主が語られた時点で、人の目で見るならば、パウロは、クリスチャンにとって最も危険な人物の一人であり、クリスチャンになることなどありえないと思える人物でした。
しかし、そこに神様のご計画がありました。
キリスト教の歴史の中で、最も偉大な働きと言っても良い成果を残したのがパウロです。
神様が働かれる時、人の思いを遥かにこえたことが成し遂げられます。

主よ。人の思いで、可能性を小さなものに押し留めてしまうことがありませんように。
主がなさるのであれば、人にとっての不可能な扉も開きます。
主のご計画の前進に、私たちを用いてください。
主の御名によりて、アーメン。

清水雅夫
http://ameblo.jp/amfamily/
日本語聖句:リビングバイブル(いのちのことば社発行)から引用
Scripture quotations taken from the NASB.
http://www.lockman.org/
-

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-08-10  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ毎日  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。