このメルマガは現在休刊中です。
海外旅行

下川 裕治&旅人舎の「国境日和」

月に2回、下川裕治氏のエッセイ「僕、越えちゃいました」など国境情報満載の「国境日和」とお得な航空券・ツアー情報をご案内致します。現在下川裕治氏の書き下ろしエッセイ「今日も機内食」を配信中。

メルマガ情報

創刊日:2003-08-10  
最終発行日:2012-06-26  
発行周期:隔週刊+不定期  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

最新記事

最新のコメント

  • 旅人舎 林2007-09-15 17:28:21

    コメントありがとうございます。気が付くのが遅くなり大変申し訳ございませんでした。下川氏よりお返事をいただいております。



    <以下 下川氏のコメントです>

    ありがとうございます。たしかに僕はメモをとりますが、実際に原稿を書くときはあまり見ません。メモを読まないと思い出せないようなことは、書くべきではないと思っているからです。いつまでも気にかかること。そんなことを書くようにしているのですが。

    筋肉トレーニング? なにもしていません。旅を続けることは、そういった体力ではなく、ひたすら忍耐力と思っています。柳の枝のような体質というんでしょうか。弱いけど折れない。それしかない気がします。

    これからも旅は続きそうです。

  • 石井良佳2006-07-16 12:49:14

    いつも楽しい記事をありがとうございます。

    実は私、下川さんのお名前はいつも目にしていたのですが、よくある「アジアぜんぶまるかじり」系の本だと思って読まなかったのです。ところがバンコクに住む友人が「彼は 読ませる文を書くわね。」というので古本屋で買ってからはまってしまいました。遠い異国にいながらいつも考えているのは

    「日本人の今の生活はこのままでいいのか。

    もっと違う暮らし方もあっていいのではないか」

    という問題意識を常に感じているところに

    ものすごく共感します。そして、当地の人々の

    生きる生々しいエネルギーと生活環境に対するシビアでそれでいて温かいまなざし。

    人々のたわいもない日常がうまく描き出されていて

    いつも感心しています。

    それにしてもこんな旅をするだけでもへとへとになるはずだろうにさらに、そこで見た光景、感じたことをここまで細かく描写しているなんてすごいと思います。私など特に面白いことがあった日は疲れてとてもかける状況ではないので一体どうやってこれだけ続けられるのだろうと感心して読んでいます。

    ほとんど一日中メモを取っているような毎日なのでしょうか。一度取材メモみたいなのもアップしてもらいたい気もします。

    それからこれだけハードな旅を続けるにあたって

    筋力トレーニングとか何かされているのでしょうか?

    長旅に耐える体づくりの秘訣なんかも是非教えていただきたい!

    これからもどうぞお体に気をつけて

    楽しい文章を読ませてください。



    ありがとうございます