トップ > マネー・政治・経済 > 経営 > 小笠原昭治のマーケティング&ストローク

小笠原昭治のマーケティング&ストローク

RSS

3冊のマーケティング書と、1冊の自己啓発書を上梓した、現場たたき上げの著者が、マーケティングとストロークをテーマに贈るメールマガジン。経済的な満足を得るためのマーケティング編と、人間関係の仕組みを知って精神的な満足を得るためのストローク編の二部構成



メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


最新の記事リスト

  1. このメルマガはサンプル記事のみ表示されています

メルマガ情報

最終発行日:
2017-02-16
発行部数:
467
総発行部数:
134468
創刊日:
2003-08-04
発行周期:
週刊
Score!:
100点

このメルマガはサンプル記事のみ公開されています(最新号を読むにはメルマガ登録が必要です)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┏┏         小笠原昭治の マーケティング&ストローク
───────────────────────────────────
┏┏             【 経営戦略編 】
───────────────────────────────────
┏        No.524 先生と呼ばれて営業魂を失うことなかれ
───────────────────────────────────
発行総数 2930部
まぐまぐ 2460部 http://www.mag2.com/m/0000111010.html
Melma!  0470部 http://www.melma.com/backnumber_96400/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【CONTENTS】DATE:2017.1.18(水)


    1 CONTENTS & introduction 
    2 【本編】No.524 先生と呼ばれて営業魂を失うことなかれ
    3 マーケティング&ストローク/付記
    4 マーケティング&ストローク/提携誌
    5 メールマガジン相互紹介
    6 メルマガ『マーケティング&ストローク』関連サイト
    7 メッセージ紹介 or クッキングマーケティング or ストローク編
    8 編集後記


introduction─────────────────────────────



今回は、珍しく、随筆風に。


随筆(心に浮かんだ事や、見聞きした事などを、筆に任せて書いた文章)です
ので、

今回のメルマガから何かを学び取ろうという読者さんには向きませんが、士業
の先生方にはピッタリ(笑)ですよ。





───────────────────────────────────
ここから本編が始まります。ドンタコス ジョンソンヴィル ベダーウィズチェダー味
の用意はお済みですか?
http://news.walkerplus.com/article/97799/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




         No.524 先生と呼ばれて営業魂を失うことなかれ




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



ヒト・モノ・カネと呼ばれる経営戦略は、行きつくところ、

1)稼ぐ力
2)支払う力
3)借りる力

の3つに収斂されます(と、経営学で教えているかどうか分かりませんが)


支払う力は、お分かりになりますね?この力が2回、無いことが判明した時点
で(不渡り2回で)、倒産。


次に、借りる力は、お金を借りる力のみならず、

・紹介等、人脈や知恵を借りる力
・労力を借りる(雇用する)力
・リースやオフィス等、他人のモノを借りる力

も含まれます。

そして、稼ぐ力。

代表格の営業力のみならず(メーカーによっては営業力よりも重要な)技術力、
商品力、流通力、競争力etc.いろいろな力が含まれます。


この3つの力を高めるべく、経営者は、ヒト・モノ・カネを最適に分配しよう
と試みるわけですが、

とどのつまりは、そこで働く個々の意識だったりします。


ちょっと分かりづらいでしょうから、分かりやすい例を一つ。



───────────────────────────────────



士業の先生方へコンサルティングを始める前に、必ず、

「先生と呼ばれて、いい気になっちゃいけませんよ?営業マインドが骨抜きに
なりますよ?」

と申し上げています。仕事を頂く意識が薄れたら、依頼は逃げるからです。


「先生と呼ばれたら“営業さん”へ翻訳して聞きましょうね?」

と。

「士業で勝ち残る秘訣は、自分を、一介の営業マンだと思い込むことですよ?」


ところが、そう言う自ら、口自慢の仕事下手(口だけ達者で仕事ができない人)
を証明した(苦笑)出来事がありました。


我ながら、情けない話ですが、先生としての意識で臨むか、営業マンとしての
意識で臨むか、

たった、それだけの意識の差が、結果を大きく左右した実例を披瀝しましょう。

(いつも通り、相当、脚色してあります)


───────────────────────────────────


ある日、経営コンサルティングを依頼したいというメールが入りました。

どういう内容になるのか、経営陣4人で、拝聴したいとのこと。


「そういうことならば(依頼が前提ならば)」

と、次から始まるであろう仕事の打ち合わせのために、営業マインドで(当然
無料で)先方へ赴きました。


打ち合わせなら、だいたい、30分〜1時間くらいで終わりますが、


「先生。営業戦略の基本を教えて下さい」


「先生。経営戦略は、何から考え始めれば良いでしょうか?」


と、矢継ぎ早に“先生”と呼ばれ、いつしか、営業マインドから先生マインド
へシフトしていた筆者は(苦笑)ご丁寧かつバカ正直に応答してしまいました。


───────────────────────────────────


そうこうするうちに、2時間が経過し、

「先生。今日は、ありがとうございました。あとは、一旦こちらで揉んでから
にさせて下さい」

という、慇懃丁重でありながらも意味不明な終了の鐘を聞いて、辞去しました。


その後、何カ月たっても、ナシのつぶて。


もちろん、サンクスカードから始まるセオリー通りの接触を続けましたが、

「依頼を見送ります」

という、お断りもありません。これは、


「もしかしたら、接触ツールの実物を、受け取り続けるためか?」

と訝しみ、接触するのを中止しました。今では、何の接触もありません。


結局、丸一日の時間と、数千円の交通費を使い、くたびれ儲けの労力で遊んで
いたも同然の結果に終わりました。


決して、グチではありません。そういうことがあったという実話です。


───────────────────────────────────


あの時、営業マインドを保っていれば(先生を、営業さんへ翻訳できていれば)


「先生。営業戦略の基本を教えて下さい」

と問われたら、すかさず、

「それを、今後のコンサルティングの中で、お伝えしていくワケです」

と答えたに違いありません。「その打ち合わせに来ました」と。


ところが、矢継ぎ早に、

「先生。教えて下さい」

と請われて、先生モードに入ってしまったことで、ベラベラ(苦笑)しゃべり、

その結果、お互い、再接触しにくい関係になってしまったことだけは確か。


非は、先生づらして答えた筆者に100%あるわけですよ(苦笑)


我ながら、営業魂が抜けたというか、意識が錆びたと反省し、ここは、初心へ
戻るために、

「飛び込み営業でも、するか」

と腕まくりしたりして(ウソです:笑)



───────────────────────────────────



これこの通り、意識ひとつで、結果が変わります。

やる気と言い換えても良いでしょう。何をする気で、どう言動するか?です。


むろん、やる気がなくちゃ如何ともし難く、やる気がないどころか、

・やりたくない

とか、

・やらない

という意識、および、意思表示に至っては、もはや、どうにもならないことは
お分かりになるでしょう。


「それを翻心させるのがコンサルタントの力量です」

という卓見を聞かせてくれたコンサルタントもいましたが、

こちとら、コンサルタントでも、神様でもありませんので(笑)人様の意識を
変えるなんて能動的な働きかけは不可能です。


期せずして、何かに触れた人様の意識が、自発的に変わっていくことは、ある
でしょうけれども。


───────────────────────────────────



自分を営業マンだと思い込むのに抵抗がある士業の先生方もおられましょうが、

そのプライドを捨てる必要はありませんので、先生と呼ばれても、せめて、先生
マインドにならないこと。


これから、塾を開校するにしても、コンサルタントで独立するにしても、先生
と呼ばれる職業の皆様は、営業魂を失わないようお勧めします。



経験者は語る(笑)







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■マーケティング&ストローク■No.524 先生と呼ばれて営業魂を失うことなかれ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するはてなブックマークに追加del.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録/解除

メルマ!のおすすめメルマガ

  1. 経営戦略考

    最終発行日:
    2017/02/24
    読者数:
    4474人

    第一線のコンサルタントが毎日、日経新聞の記事を題材として経営戦略の原理原則を解説します。経営者はもちろん、キャリアアップを狙うサラリーマン、OLの方は必読!毎日発行だから、話のネタ仕入れにも最適です。

  2. がんばれ社長!今日のポイント

    最終発行日:
    2017/02/24
    読者数:
    1454人

    孤軍奮闘する企業経営者に毎日声援と刺激をお届けします。経営専用マガジンとして多くの読者に支持されています。

  3. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/02/24
    読者数:
    23942人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  4. 社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!

    最終発行日:
    2017/02/20
    読者数:
    5073人

    シリーズ第6弾!は『多様化するマーケットを読み解く力を身につけよう・編』。成熟した社会では「個としての在り方」が強く問われます。「みんな一緒」から「個」の時代へと大きく変革を遂げた日本の未来のために、エッジの効いたサジェスチョンを毎週月曜の朝お届けします☆

  5. 売れたマーケティング バカ売れトレーニング:売れたま!

    最終発行日:
    2017/02/23
    読者数:
    943人

    MBAレベルの経営・販売・マーケティング戦略をMBAの中小企業診断士が身近な実例で解説。わかりやすく理論と実践がつながり、売上も向上!? 向上心の高いビジネスマン必読! 無料の社員・営業マン教育にも最適

発行者プロフィール

おしょう

おしょう

https://0gasawara.blogspot.jp/1999/04/mailmag.html

3冊のマーケティング書と、1冊の自己啓発書を上梓した著者が、マーケティングとストロークをテーマに贈るメールマガジン。ビジネスの仕組みを知って、経済的な満足を得るためのマーケティング編と、人間関係の仕組みを知って精神的な満足を得るためのストローク編の二編構成