経営

小笠原昭治のマーケティング&ストローク

3冊のマーケティング書と、1冊の自己啓発書を上梓した、現場たたき上げの著者が、マーケティングとストロークをテーマに贈るメールマガジン。経済的な満足を得るためのマーケティング編と、人間関係の仕組みを知って精神的な満足を得るためのストローク編の二部構成

メルマガ情報

創刊日:2003-08-04  
最終発行日:2017-10-25  
発行周期:月刊〜週刊(不定期)  
Score!: 100 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガはサンプル記事のみ表示されています。

このメルマガはサンプル記事のみ公開されています(最新号を読むにはメルマガ登録が必要です)

サンプル記事

2000/01/01

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┏┏         小笠原昭治の マーケティング&ストローク
───────────────────────────────────
┏┏            【 マーケティング編 】
───────────────────────────────────
┏       No.544 あなたがメーカーのマーケッターだったら?後編
───────────────────────────────────
発行総数 2831部
まぐまぐ 2367部 http://www.mag2.com/m/0000111010.html
Melma!  0464部 http://www.melma.com/backnumber_96400/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【CONTENTS】DATE:2017.09.27(水)


    1 CONTENTS & introduction 
    2 【本編】No.544 あなたがメーカーのマーケッターだったら?後編
    3 マーケティング&ストローク/付記
    4 マーケティング&ストローク/提携誌
    5 メールマガジン相互紹介
    6 メルマガ『マーケティング&ストローク』関連サイト
    7 メッセージ紹介 or クッキングマーケティング or ストローク編
    8 編集後記


introduction─────────────────────────────





今回は、前号の続き。前号を読んでいなくても、わかるようになっています。


久しぶりに、読み応えのある原稿用紙六枚分ありますので、お時間のある時に、
ごゆっくり御覧ください。





───────────────────────────────────
ここから本編が始まります。味覚糖陀羅尼助飴の用意はお済みですか?
http://news-act.com/archives/50415944.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




       No.544 あなたがメーカーのマーケッターだったら?後編




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



■ ファウンドリ(foundry)とファブレス(fabless) ■



───────────────────────────────────



自社工場を持たないメーカー、ファブレス(fabless)メーカー。

自社工場を持つメーカー、ファウンドリ(foundry)メーカー。



この二つには、日本古来から続く独特なマーケティングのダイナミズムといい
ましょうか、醍醐味といいましょうか、面白さがあります。



問屋(卸売)です。


日本には、鎌倉時代から続く問屋がありますので、

・生 産
  ↓
・卸 売
  ↓
・小 売

の流通が確立していて、馴染みがあり、社会へ溶け込んでいます。

かっぱ橋や、築地市場は、観光地にもなっていますよね。


───────────────────────────────────


ところが、日本以外には(特に、半導体産業を牽引してきた米国には)問屋が
無かったため、流通という切り口ではなく、工場の有る無しでメーカーを切り
分けたのかも知れません。


わかりやすく、独りごちてみますと、

「当社は○○メーカー株式会社だけど、工場までも一等地にある必要ないよね」

「当社は○○メーカー株式会社だけど、工場は、別会社にしてもいいよね」


こうして、

・工場あり=ファウンドリ(foundry)メーカー

・工場なし=ファブレス(fabless)メーカー

に分かれたといえば、わかりやすいでしょうか。さらに、


「工場は資産だけど、規模が大きくなると、リストラの対象になって大変よね」

「だったら、企業秘密とか関係ない範囲で、他社に作ってもらってもいいよね」


「国内の他社もアリだけど、台湾とかベトナムとか、海外でもいいよね」

「他社で作ってもらうなら、もはや、当社に工場は要らないよね」


「製造部門の工場がなくなっても、当社の名前は○○メーカー株式会社のまま」


という話を聞いたことはありませんが(笑)、わかりやすさ優先ということで。



───────────────────────────────────


一部の日本人にも昔から根強い“問屋不要論”を真に受けてかどうか、その昔、
某国のホールセール(BtoB向け量販店)が、


「本国から、卸ヌキで仕入れまっせ。問屋ヌキで売りまっせ。安くなりまっせ」


と、日本上陸し、某業界を震え上がらせたことはありましたが、ふたを開けて
みれば、数年以内に、全ホールセールの全店が撤退。


それだけ、日本の問屋(や業界)には、大きな底力がある証拠でした。



今でも確かに、メーカーから商品を仕入れて、小売店へ振り分けるだけの、昔
ながらの卸は、(小規模であればあるほど)たくさん存在しますが、


メーカーや、商社の機能を果たしている卸売・問屋も、沢山あり、社会に溶け
込んでいます。


たとえば、任天堂やダイドードリンコは、工場を持たないファブレスメーカー
ですので、

日本でいうところの問屋(卸売・商社)にあたります。伊藤園も、セガも。



───────────────────────────────────



シリコンで半導体製品を製造するという意味がファウンドリ(鋳物工場)には
あるため、ファウンドリは、半導体業界に特化したように使われていますが、


ファブレスは、半導体のみならず、昔から、いろいろな業界で使われています。


ファブレスやファウンドリと言わず、OEMやODM、外注や下請けといったほうが、
わかりやすいでしょう。昔からあった生産方式です。


化粧品業界が有名ですよね。

じつに98%の化粧品メーカーが、工場なしのファブレスメーカーです。


国内の化粧品メーカーは4,000社といわれますが、そのうち、自社工場で製造
から販売まで一貫しているメーカーは、80社(2%)のみ。


その2%のうちの一社が、

「わずか100個から作ります」

なんて、メーカーとしてはありえないロットのバナー広告を出していました。


・なぜに、たった100個?

・なぜに、インターネット広告?(営業活動しなくても売れているハズなのに)


・もしかしたら、レイザーラモンHGの奥様(下記)を増やすつもり?

・だとしたら、モデルや芸能人から直で買える流通ルートを増やすつもり?


・流通を変えることで、化粧品の業界地図も塗り替える戦略?


と、つい(笑)妄想してしまいます。市場が変われば流通も変わりますからね。



───────────────────────────────────



極端な話、ファブレスメーカーならば、マンションの一室でも開業できますし、
(倉庫は別に必要でしょうけれども)

10年前にブレイクした芸人レイザーラモンHGの奥様が、1億円を稼いだのは事実。
https://shikujiri-matome.com/razorramonhg-sumitaniannna/


こんな景気のいいことを書くと、また「あおっている」という苦情を頂くかも
知れませんが(苦笑)


決して、ファブレスメーカーになるように推奨しているわけではありませんし、

それどころか、製造の現場を知らない企業が、デザイン(意匠)や特許権のみ
商品化し、服を汚さずに商売するのは、工業立国の日本を根底から衰弱させる
でしょう。



しかし、売上が低迷する中、メーカー機能のない圧倒的多数の企業が、21世紀
型かつ知識集約型といわれるファブレスメーカーに活路を見い出す可能性は大!


つまり、第二の任天堂、第三のダイドードリンコを目指す企業が現れる(もう
現れては消えているかも知れない)ということです。



そうなったとして(工場のないファブレスメーカーになったとして)調査から
商品開発、テストマーケティング、市場導入まで、どう進めましょう?



あなたがメーカーのマーケッターだったら?




(ヒント)

筆者だったら、マーケティング・プロセス・サイクルの通りに進めます。
http://www.interactive-marketing.co.jp/cp-bin/3/form.html





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■マーケティング&ストローク■No.544 あなたがメーカーのマーケッターだったら?後編


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Copyright(C)interActive co.,ltd. & OgasawaraShoji.AllRights Reserved. 
> このメルマガは無料で読めます(が 著作権フリーではありません)
> 無断転載や二次利用を禁じます。流用する際は御相談ください


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 付 記 ■このメルマガを初めて御覧になる読者の皆さんへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメルマガを「もっと読みたい」と思ったら、バックナンバーか、あるいは
http://archive.mag2.com/0000111010/index.html

こちらの書籍をご覧下さい。

中小企業基盤整備機構/中小企業庁他協力「あの会社が元気なのには理由がある」
http://0gasawara.blogspot.jp/2001/04/no3.html

1テーマ見開き2ページでテーマごとに読める「売りこむな!期待をくすぐれ!!」
http://0gasawara.blogspot.jp/2001/04/no2.html

マーケティングが推理小説になった「あなたが会社の利益を殺す犯人だ!?」
http://0gasawara.blogspot.jp/2001/04/no1.html

幸せを数えよう「こんなに頑張ってるのにうまくいかない!!と思ったら読む本」
https://stroke-c.blogspot.jp/2014/04/blog-post.html

※このメルマガ『マーケティング&ストローク』の発行者が執筆した書籍です。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

            ■□■ 提 携 誌 ■□■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


メルマガ『マーケティング&ストローク』は

■ 売れたマーケティング、バカ売れの法則(売れたま!)
http://www.mpara.com/mag.htm

と提携しています。売れたま!は何冊もの本になっています。登録は今すぐ!


アマゾンが本を売り始めて以来十数年の歴史の中でビジネス書ベスト100」
を選んだ「オールタイムベスト ビジネス書100」
ow.ly/Cd7Hc

経営のすべてを顧客視点で貫く<社長の最強武器>戦略BASiCS
http://tinyurl.com/m6t2lsu


───────────────────────────────────
メルマガ『マーケティング&ストローク』では、提携誌を募集しています。
※高品質のマーケティングorストローク系メルマガと提携しています。提携の
目的や提携後の展望など審査は厳格ですので、予め御了承の上お申込み下さい

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

         ■□■ メールマガジン相互紹介 ■□■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ『マーケティング&ストローク』では、相互紹介メルマガを募集して
います。ご希望の方は
https://0gasawara.blogspot.jp/1999/01/mailmagsogo.html
をご覧ください。(ご覧になっていないお申込みには返信できかねます)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■□■  メルマガ『マーケティング&ストローク』関連サイト  ■□■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

インターアクティブ・マーケティング
http://www.interactive-marketing.co.jp/
マーケティング・ストラテジスト小笠原昭治オフィシャルサイト
https://0gasawara.blogspot.jp/
ストローク・コミュニケーション
https://stroke-c.blogspot.jp/
このメルマガへ対するお問い合せ・質問・読後感想は
http://www.interactive-marketing.co.jp/cp-bin/phpformmail/
こちら↑の問合せフォームからメッセージをお寄せ下さい。メールアドレスは
interactive7marketing@gmail.com
※寄せられた応援メールやメッセージは↓このメルマガにてご紹介しています
(多い姓の上位1,000[人口の50%]のみ苗字を載せています)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

         ■□■ ス ト ロ ー ク 編 ■□■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




今回は、64回目のストローク編。ボスの日。今から準備しても間に合いますよ。
メッセージカード1枚でイーんですから。



(Wikipediaより)
http://tinyurl.com/gpgbwjx



毎年10月16日は、ボスの日。

アメリカでは、10月16日に、上司を昼食に招待したり、プレゼントを贈ったり
して、日頃の労をねぎらう。日本でも1988年からデパート業界が実施している。


米国の女性、パトリシア・ハロスキさんが、日頃の感謝の気持ちを込め、多忙
で、責任の重い上司を、昼食に招いたことからはじまった記念日。


10月16日が選ばれたのは、彼女が、すばらしい上司だと考えていた人物、すな
わち、彼女の父親の誕生日だったから。






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


          ■□■ 禁 煙 日 記 ■□■


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



たばこを吸える場所が、屋外でもあっても東京は、少なくなってきました。


たばこが吸える喫茶店へ立ち寄るナドして、強引に吸うすべは、あるにしても、
1〜2時間ごとに喫茶店なんて、ナンセンスですから、

「吸 え なきゃ、吸 わ なくて、いいや」

と開き直って(笑)いると、

「あれ?今日は吸わなかったぞ」

という日が徐々に増え(個人差あるでしょうケドね)


たとえば、福岡や札幌へ一泊二日で出張するとして、宿泊先の部屋さえ禁煙で、
(全館禁煙のホテルが増えましたねえ)

帰京するまで、二日間、吸えないことがあります(空港等に喫煙所はあります
が、吸いたいときに吸うのであって、喫煙所があるからといって吸うのは本末
転倒や思いますし)


それを繰り返していると、1〜2日くらい、吸わなくても平気な自信がつきます。


その自信が積み重なると、1週間くらい、吸わなくても平気(という自恃)に
なります。

喫煙をコントロールできる自分が誇らしいんですよね。 <( ̄^ ̄)>エッヘン


こうして、吸わない日が増えると、


・あれ?たばこが無くなってる

・買いに行きたくない

・ライターのオイルが切れている


と、ますます喫煙環境が悪化(苦笑)して、10日〜2週間くらい吸わなくても
平気になります。


そうして、3日間吸わずに、1日は吸う。1日吸って、10日間吸わない。10日間
吸わずに、2週間吸う。


ところが、この、3週間以内の「吸った」「吸わない」の繰り返しが、知らず
知らずのうちに、禁断症状
http://nonsmokingbbs.net/2013/06/03/22day/
を招いていたのでした。

(禁煙する気がなかったので、知らずに繰り返していたのでした)




                           (3/3回目へ続く)






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      メールマガジン ■ マーケティング&ストローク ■ 終

───────────────────────────────────


筆者:小笠原昭治(インターアクティブ有限会社/経営者連邦)
https://0gasawara.blogspot.jp/2001/12/blog-post.html


小笠原昭治の電子書籍を立ち読み(インプレス QuickBooks)
http://quickbooks.impress.jp/?p=878


小笠原昭治のメールマガジン“マーケティング&ストローク”
http://www.interactive-marketing.co.jp/co/mailmag.html



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最新のコメント

  • コメントはありません。